■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■台湾のため

李登輝氏「尖閣は日本領」発言に台湾で「日本へ帰れ!」=中国(サーチナ)

 台湾の李登輝元総統が「文芸春秋」のインタビューで「前にも言ったように、尖閣諸島は日本の領土だ。日本は道理に合わないことを言う中国に譲歩すること必要はない」と語ったことについて、17日付の中国新聞社は「李登輝氏の発言に、台湾では一斉に罵声(ばせい)が飛び交い、ブログでも『日本びいきの李登輝、とっとと日本へ帰れ!』などの書き込みがあったと報じた。

 記事によると、李登輝氏の発言に対し、台湾当局関係者が即座に反駁(はんばく)し、台湾総統府の羅智強報道官は「李登輝氏の尖閣諸島は日本領という発言は歴史事実に反し、しかも国家主権を侵害している」、国民党の邱毅氏は「李登輝氏の政権はとっくの昔に終わったのだ。いつまでも発言するな!」と批判した。

 しかし、台湾のネットユーザーの評価はもっと厳しいという。台湾のブログでは「台湾当局は李登輝氏の俸給を停止すべきだ」、「国民党の馬英九総統が今年も李登輝氏のところに新年のあいさつに行くならば、2012年の選挙では投票しない」などの書き込みが見られた。

 東シナ海の南西部の尖閣諸島は中国のほか、台湾も領有権を主張しているが、李登輝氏は尖閣諸島は日本領との立場を一貫して主張しており、2010年9月に発生した漁船衝突事件で、中国人船長が釈放されたことに対し、李登輝氏は「非常に残念」と発言したうえで、「きれいなお姉さんを見て、自分の妻だと言っているのと同じ、まったく道理に合わない」と批判した。(編集担当:畠山栄)


 台湾の中国人は相手にしないほうが良い。
 台湾人と話をしよう。台湾人なら真心尽くせばわかる。なぜなら中国人ではないから。

 李登輝さんがどれだけ台湾の為に力を尽くしたか、キチガイサヨクと中国人にはわかるまい。

 彼の発言は第一に台湾の為、日本のことはニの次なのだ。
 その彼が「尖閣諸島は日本の領土だ」と言う。
 それが道理だからだ。それが普遍の事実だからだ。

 台湾も道理に合わないことは止めて、今すぐ日本と共に歩もうではないか。
 人類共通の敵中国人に「弁え」というものを教えてやろうではないか。
 日本人と共に歩むか、中国人の奴隷になるか、台湾のためを考えて日本は行動すべきだ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■Re: タイトルなし [ポール]

 こんばんは。
 はじめましてアラレさん。

 貴重なお話しありがとうございます。
 併せて、返事が遅れましたこと、ご容赦ください。


 李登輝さん嫌いの本省人さんのお話、台湾は民主国家ですので、もちろんそういう方々もおられることは承知しております。若い世代では比較的多いのかなと思います。国民党の反日風味な教育もありましょう。
 しかしバカみたいとは、ぼくがブログでやってるような短絡的な意見だと思います。彼は台湾の民主化をなしとけたアジアの大偉人です。それは決して持ち上げすぎではありません。

 確かに日本贔屓でしょう。なにせ昔は日本人だったのですから。
 彼は「台湾に生まれた悲哀」というような言葉を使います。
 日本にシンパシーを感じながら、彼は台湾人として台湾のためにできる限りのことをしたと思います。
 批判はあるでしょう。この前の選挙結果からみるとそういう面を捉える人々が増えてきたのかなとは感じます。
 でも台湾の素晴らしいところは、あの李登輝さんでさえ批判できるということです。比べるのもおこがましいですが、我々も首相をけちょんけちょんにけなします。これができるというのは本当に素晴らしいことです。
 是非ともこの自由を守らねばならないと思います。


 あと「台湾にいる中国人」という表現ですが、これはステレオタイプ的な総意での「中国人」です。
 ほにゃらか省ほにゃらか県ほにゃらか市ほにゃらか区ほにゃらか番地1号の中国人李さんは好き、ほにゃらか省~~2号の台湾人李さんは嫌い~~と、個人を知らぬぼく、あるいは個人を対象にしていないエントリでは、この短い書きなぐりブログにおいてとても説明しきれません。必然的に分かりやすい&書きやすい「本省人」「台湾人」、「外省人」「中国人」と書くことになります。時として「例外もいるが」とも書くときはありますが、やはりそれはくどくなる。批判の矛先が鈍る。
 外省人でも「台湾人として過ごして」、そして日本を好きでいてくれるなら、個人で付き合えば、その方の分は別に語ることはできますが、こういった場合はイメージとして捉えてもらえるとありがたく思います。


「差別する日本人が多くて~」の件は非常に心苦しく思います。
 しかしわからないのです。イメージとしてですが台湾人と中国人の区別ができないのです。台湾人だけど「中国人」のような人もいるでしょうし、中国人だけど「台湾人」のようなひともいる。もちろん日本人だけど「中国人」のような人も沢山います。本当に増えました。
 その人がわからないのに差別(ぼくは区別だと言ってます)なんて酷いとお思いかもしれませんが、ぼくにはかつて仕事で中国人に酷い目に遭わされた経験があります。ちなみその中国人の奥さんは外省人でした。
 左に傾いた日本のニュースでさえ中国人の犯罪、中国の傲慢無礼を伝えない日はありません。旅先で何人か出会った中国人にも、ぼくは良い印象を持っていません。
 経験上、中国人とは良い経験をまったく(まったくです)しておりません。しかし台湾人の多くの人(もちろん例外もあります、いえありました)とは良い経験を持っています。
 そういう程度の人間には、判断材料として先の区別が便利なのです。そうでないとあれほどまでの違いが説明つかないのです。


 くどくど書いてしまいましたが、ご理解いただけるとうれしく思います。


 追伸
 台湾のお友達を多くお持ちの様なので、不躾ながら一つお願いがあります。
 まことに勝手とは思いますが、先の震災におけるご好意のお礼の気持ちをお伝えしていただければと思います。
 台湾に幸多かれと是非お伝えください。
 よろしくお願いいたします。

 ではさようなら。

■ [アラレ]

はじめまして。
台湾旅行の写真など見させて頂きました。震災後の状況はあんな感じで励ましてくれてたんですね!


本省人の友達二人曰く、李登輝さんは台湾人皆が彼を好きとは限らない、この人は嫌い、バカみたい、と言っていました。

多分、日本贔屓過ぎて呆れてるのか?分かりませんが、あまり良く思われない部分が多いのかな…と思いました。
あんなに日本に傾倒してると、やはり多少の批判はあるかと思いますね。

台湾にいる中国人…ていう言い方なんか気になりました…。
本省人の友達は外省人だから~とかで差別する日本人が多くて嫌になる、と言ってました。
外省人でも日本好きは多いし、今は台湾人として過ごしている人も多いと言っていました。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。