■拉致問題

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■田中慶秋などもちろん論外

拉致担当相が「遺族」と失言

 田中慶秋拉致問題担当相は15日、北朝鮮による拉致被害者の家族を「遺族」と言い間違え、あわてて訂正した。外国人献金問題や暴力団幹部との過去の交際が発覚して野党から辞任を迫られている渦中だけに、批判はさらに強まりそうだ。

 田中氏は官邸での野田佳彦首相との面会後、記者団に「遺族の皆さん…」と発言し、すぐに「遺族じゃない、家族会の皆さん方」と言い直した。


人として最低なやつだ

 しかし扱いが小さいな。

 安倍さんはカレー食っただけで叩かれるのに
 民主党はこのキチガイ発言でもこれだけ。

 かろうじて百歩譲って唯一ギリギリセーフ、
 記事によってはアウト!の産経でさえこの程度。

 ウソが書いてある朝日新聞をはじめ、
 他の新聞は察して知るべし。


 恐ろしい国になってしまったもんである。

 今の日本とは、
 同胞を何百人拉致した国の連中が
 うじょうじょヘラヘラのんきに暮らす
 ヘタすりゃ生活保護でベンツに乗る
 そんな国なのだ。

 日本人の頭は一体どうなっているのだろうか。
 これは寛容ではない。ただの「逃げ」だ。


 スマホ弄くってるヒマあるんやったら、
 ブルーリボンの一つでも
 配って歩いたらどないやねん。
スポンサーサイト

■これがネウヨだ!

めぐみさん47歳誕生日に集会=両親「全ての被害者救出を」(時事通信)

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさん=失跡当時(13)=の47回目の誕生日の5日、川崎市で政府の拉致問題対策本部などの主催で集会が開かれ、めぐみさんの両親が改めて救出を訴えた。
 集会には約750人が参加。父滋さん(78)は講演で「めぐみは47歳になりました。拉致されて34年になります。単なる人権侵害でなく、主権侵害の問題。ぜひ全ての被害者を救出するよう進めていただきたい」と訴えた。
 集会では、めぐみさんが子どもの頃に口ずさんでいた「おぼろ月夜」などを両親とともに合唱、バースデーケーキも贈られた。

 
 日本人とはなんと冷たく、愚かなのであろうか。
 これでは大中華様とその下僕様のおっしゃる「反日論」が正解に思えてくる。

 反日サヨクどもは正にそうなのであろう。
 逆説的に日本人を体言していたのか、あの反日日本人(へんな言葉)は。ちっとも解決でけへんアホな日本人を、かの方々は猿だ殺人鬼だ強姦魔だと、そう蔑んだのであろう。真に受けるアホもアホだが。。。



 カンボジアで学校を建てようとか、イラクで子供助けようとか、まあやることはええわいな。

 でもちょーっと待って欲しい(この行のみ朝日調で)。


 まず同胞やないか?
 いや優先せんでもええわ。

 同時やないんか?

 なんちゃらリボンだどうだ、ブルーリボンはなんでしてないねん?
 子供達を守れだどうだ、結局守れてへんやないか。気持ち悪い外人(北朝鮮人)に誘拐されとるやないか。

 おおそやそや。

 そもそもなんで民主党やねん。

 なあ、

 聞かしてくれや民主党に投票した連中よお。

 なんで民主党やねん?

 なあ、

 なあほんまに。

 お前ら何してくれてんねん。

 やったことわかってんのか?

 なんでポケーとケータイいじくっとんねんお前ら。
 フジなんか見てる場合ちゃうぞおい。


-----
続きを読む >>

■大嘘つき大臣

拉致足踏み「おわびしたい」=柳田担当相(時事通信)

 柳田稔拉致問題担当相は15日午前の記者会見で、北朝鮮による拉致被害者の帰国から同日で8年を迎えたことについて「あれ以降あまり動きがないことは、わたしの方からもおわび申し上げたい。一生懸命やらなければならないという思いを強くしている」と語った。
 仙谷由人官房長官は「ここから先も(拉致問題の解決に向けて)難しいところはあるが、あらゆる手段を使って頑張らなければいけない」と強調した。

 
「一生懸命やらなければならない」
「あらゆる手段を使って頑張らなければいけない」

 まったく、どのツラ下げて言っているのか。
 恥も外聞も無いとはこのことだろう。やる気も何もないくせに本当によく言う。

■DA・KA・RA

拉致問題「やる気あるのか」 松江で車座集会、国の対応批判 島根(産経新聞)

 北朝鮮による拉致問題について考える車座集会が29日、松江市内で開かれた。拉致問題解決に取り組む「東アジアネットワーク」(石原倫理代表幹事)の主催で、約20人が出席。特定失踪(しっそう)者問題調査会の岡田和則副代表らの講演に耳を傾ける一方、参加者全員で意見交換した。

 岡田副代表は「これだけの拉致被害者が出ているのに、日本の協力者や拉致実行犯が逮捕されないのはどういうことか。拉致問題についてこの国はやる気があるのか疑問」と政府の対応を批判した。

 続いて講演したフリージャーナリストの佐村多賀雄さんは、拉致問題の取材活動について「タイルを1枚1枚めくるようなもの。何度も関係者のもとに足を運んで記憶を蘇らせるしかない」と話した。

 この後、特定失踪者問題調査会の妹原仁理事も加わり、意見交換を行った。


 「やる気」などありません。民主党にも自民党にも。
 だからまったく進展も何もありません。

 それは実は日本国民全体の意思です。かんけーねーじゃんです。我々の国はそういう国であり、我々はそういう国民です。
 だからずーっとそういう選挙結果だったではないですか。「やる気」の無い連中や邪魔をする外道をも国政の場に送り続けていたのは他ならぬ日本人です。「やる気」の有る無しどころか「潰す気」満々です。
 自分だけ食って寝て適当に働いて払いもしない年金もらえれば、他はどうでも良いのです。
 自由なのです自分だけ。ビバフリーダム!!

 だから日本は終るのです。そういうことなんです。

■どこ向いて言ってるのか

金元工作員招請で中井氏「何の成果もなかった」

 中井洽(ひろし)拉致問題担当相は26日午後、首相官邸を訪れ、大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元北朝鮮工作員の日本招請について菅直人首相に報告を行った。

 中井氏は官邸に入ると、金元工作員が長野県軽井沢町から東京都内へ向かう途中にヘリコプターで遊覧飛行をしたと批判されているせいか、「何ら成果のなかったことの報告に来た」と記者団に発言。首相への報告後には「どこが国賓級でございましたか」などとすごんだ。

 首相は中井氏に「大変、有意義な会談だと聞いている。国民もそう感じている」と述べたという。


おまえは何を言っているんだ

 もしもし首相?

 担当大臣が「成果なし」と言ってますよ。
 そして国民だれも「有意義」だなんて思ってませんよ。勝手に代弁しないでください。
 大抵の国民は「なんだったんだ?」と思ってますよ。勝手に代弁してますけど(笑)

 もっとも、選挙で落ちた人間を大臣のまま据え置きするくらい民意など介さないお人ですからね。
 そんな期待はしてませんけど、どうしてこう・・・他人事なんだろうか?

 かつて犯した罪(拉致実行犯シン・ガンス釈放嘆願)の贖罪意識があれば、今までの政府以上に率先して解決に向けて行動するでしょうに。カンとかハトヤマとか、一体なんなんでしょうね?

■話合いは相手もそれなりでないと成り立ちません

「日本は840万人誘拐」「拉致で満足いく説明ない」 日朝代表、国連で激論

 【ニューヨーク=松尾理也】「840万人もの朝鮮人を誘拐しておいて、日本は人権についてとやかくいえる立場ではない」。国連で19日、日本などが提案した対北朝鮮人権非難決議案の採択を受け、北朝鮮代表が日本を口汚くののしる「反論権の行使」を行い、日本代表も「(日本人拉致について)北朝鮮は調査を約束しておきながら具体的な行動は何もしていない」とやり返す一幕があった。

 北朝鮮の朴徳勲国連次席大使はまず、日本による戦前の強制連行として北朝鮮が主張する840万人という数字や、同じく従軍慰安婦として主張する20万人という数字を挙げ、「日本に人権について語る資格はない」と攻撃。その上で、「13人の日本人拉致被害者については必要なすべての説明をしており、問題は解決済み。日本はうそを言っている」と開き直った。

 これに対し、日本の奥田紀宏国連次席大使は「日本政府は17人の被害者を認定しているが、帰国したのは5人のみ。残りの12人については満足いく説明はない」「拉致の可能性が排除できないほかの複数のケースもある」と反論。「北朝鮮側ができることはすべてやると述べるのを何度も耳にしたが、具体的な行動は一切行われていない」と厳しく非難した。

 これに対し、朴次席大使は机をたたき激高、「17などという数は知らない。拉致された日本人は13人であり、そのうちの生存者はすべて帰国している。だいたい日本は調査を行えば制裁を解除すると約束しながら逆に制裁を強化している」とやり返した。

 決議案が採択された国連総会第3委員会(人権)では、決議に関係する国に「反論権」が認められている。北朝鮮の人権決議の採択は5年連続だが、委員会で日朝は毎年のように応酬を繰り返している。


言ってもわからぬバカばかり

 馬鹿相手の話し合いがいかに不毛か、よくわかる記事です。
 9条のみなさんは、こんな馬鹿と話し合いをするためにその正にチョンバレのウソを信じ込んでいるんですかね。馬鹿の言い分を認めないと話し合いにならないからどうしようもないのかな。おかしな話だ。

 しかしまあ国連もこんな基地外国家をよく放置しておきますね。拒否権の存在同様、国連の価値を完全に落としている。
 その国連なんぞを至上のものとするアホもこの日本にいますが、関わっても関わらずとも相手に大迷惑たあ、さすが世界の嫌われ者の面目躍如といったところです。

■イコジ?ヘンコツ?

拉致問題担当として中山氏の起用「あり得ない」=民主幹部(時事通信)

 民主党幹部は7日夜、拉致被害者家族会が中山恭子首相補佐官を民主党政権でも拉致問題担当として残すよう求めていることについて、「(中山氏は)自民党の参院議員なんだから、民主党政権での起用はあり得ない」と述べ、河村建夫官房長官にこうした見解を伝えたことを明らかにした。
 同幹部は「党に申し入れは来ていない」と述べた上で、中山氏の起用を否定。河村長官は同日午前の記者会見で、家族会の要望を「新政権に伝えたい」との意向を示していた。


 まあ理屈はわかるが、民主党に「担当」できる人物がいるのか?

 いないとは言わないが被害者家族会の方々の信頼度とか心の繋がりを考えると、それこそ超党派で考えても良い話だと思う。「担当」できるかもしれない日本人が信用できる民主党議員は、党内ではいわば日陰者扱いだろう。権力欲の塊になっている連中に期待はできまい。
 やっと手に入れた権力だからその蜜を思う存分味わいたいのはわかるが、空気で投票した多くの連中は覚めるのも速いので気をつけたほうが良いぞ。

■これでもまだ「遺憾」

北の国連決議反発「極めて遺憾」-官房長官(MSN産経ニュース)

 河村建夫官房長官は15日午前の記者会見で、北朝鮮が国連安全保障理事会の追加制裁決議を受け、ウラン濃縮の作業着手やプルトニウムの全量武器化などを宣言したことについて「国際社会の声を無視し、安保理への挑戦ともいうべきもので極めて遺憾だ」と非難した。

 その上で、「決議の履行が北朝鮮自身の利益につながる。強硬路線を維持すればますます孤立を招き、北朝鮮にとって良き道ではない。拉致・核・ミサイルという諸問題の解決に向け具体的な行動を取るよう強く求めたい」と述べ、北朝鮮に自制と安保理決議の履行を求めた。


 頼むよ騒いでくれよ、日本の平和団体。
 原子力空母に体当たりするくらい根性あるんだから、総連に抗議デモくらいできるでしょうに。

 もっとも、実はどっちがバカタレなのかわかってるからできないのかな?
 それとも洗脳済みの証明として、全ては日米の帝国主義が悪い、とでも言うのかな?

 下々の動員される方々は、どうしてこういうときには動員かからないのか不思議に思わないのか?
 そこが一番気になる。全員アウチなのか、ただの同調サヨクなのか。

■ジャンプする時期だと思うよ

【主張】金賢姫面会 拉致を日韓連携の弾みに(産経新聞)

 大韓航空機爆破事件(1987年11月)の実行犯、金賢姫(キムヒョンヒ)元死刑囚と、拉致被害者で金元死刑囚に日本語を教えていた田口八重子さんの家族との面会が実現する見通しとなった。

 田口さんのケースは、北朝鮮工作員だった金元死刑囚の「李恩恵という日本人女性から教育を受けた」との供述をきっかけに明らかになった。その後の警察当局の調べで、「李恩恵」は拉致された田口さんと判明し、日本政府が拉致問題に本腰を入れて取り組む契機にもなった。

 金元死刑囚と田口さんの家族の面会が実現すれば、北朝鮮による拉致が国際テロを実行する工作員を養成するための国家犯罪だという事実を改めて世界に発信することになる。拉致問題解決と被害者救出に向けた国際世論の盛り上がりが期待される。

 面会は、北に融和的だった盧武鉉(ノムヒョン)政権に代わって過去の政権とは一線を画す李明博(イミョンバク)政権が韓国で誕生したからこそ、実現の運びになったともいえる。これを機に、新しい形の日韓の協力関係が一層強化されることを望みたい。

 北朝鮮は「李恩恵なる日本人女性はいない」と言いつつ、田口さんについて、「84年10月に原敕晁(ただあき)さん(拉致被害者)と結婚し、原さん病死後の86年7月に田口さんも交通事故で死亡した」と説明している。

 しかし、田口さんの兄で拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さんは最近、「韓国人男性と結婚した」との情報を聞いた。帰国した拉致被害者の地村富貴恵さんも、北が死亡したとする時期の3カ月後に田口さんを平壌で見かけたという話を聞いている。北の説明のウソは明白である。

 16日、ヒラリー・クリントン米国務長官が来日する。クリントン氏は先の中曽根弘文外相との電話会談で、拉致問題を重視する姿勢を示した。拉致問題へのオバマ新政権の理解をさらに深めるため、クリントン氏と被害者家族との面会が実現できるよう、日米両国政府に調整を求めたい。

 北朝鮮が拉致被害者の再調査を約束した昨年8月の日朝協議から半年が経過した。北は約束を果たすどころか、弾道ミサイル発射の脅威をちらつかせている。クリントン氏の来日とその後の金元死刑囚と田口さんの家族との面会は、不誠実な北を動かす突破口となり得る大きなチャンスである。


 これは大きなステップだ。普段なにも役に立たないマスゴミさん、これはしっかり報道してくださいよ。これこそ「報道」の仕事ですよ。邪魔する社内の連中は、その邪魔の内容も込みで記事にしてくださいね。そうすると読者も「あ、あの記者は工作員だな」と理解できますから。
 朝日は社を上げて無視なんかすると、それもある意味わかりやすいですけど。

 オバマさんは自国のことでそれどころではないのでクリントンさんがどれだけ食いついてくるかになりますね(そもそもアメ公に頼らなくてはならない日本の安全保障のあり方が問題のはずだ)。
 クリントンさんがこの事件のありのままをきちんと報告すれば、普通の人間は怒る(怒らないのは当の日本人だけ)。アメリカが怒れば、今のところ一応唯一の超大国でもあるし、人権や権利にうるさい欧州白人の国も動かざるを得ないようになる(希望)。

 その時の日本の政府が、さてどうするか(どうなっているか)。
 韓国が親北のノとかいうおっさんのときは、まったくダメだった。もちろん日本でも総連とか社会党などが強いときは同じようにダメだった。何もできなかった。その外道たちが何もさせないように邪魔するからだ。
 小泉氏の最大の功績は北の工作員に成り下がった(金丸から繋がる)野中を引退に追い込んだことだと思っている。だからちょっとだけ、本当にちょっとだけだがコトが進んだ。

 まあそれはいい(よくないんだけどホントは)。

 そのときもし小沢だったらどう? 民主党だったらどう? 社会党の残党が結構いるぞ。こいつらは日本が何もできないように邪魔するぞ。野中や手下の中山がやったように日本よりキン豚野郎(が与えてくださるエサ)が大事なんだから。
 蟹工船ブームか何か知らんが、中華の指令で共産党も同じようなもんだぞ。そのへんわかって「赤旗」読んでるのか・・・日本には、日本より大事なものがある政治家が結構いるのだ。

■アウチ

北に2カ国協議を打診=斎木局長も北京入り(時事通信)

 【北京7日時事】6カ国協議の日本首席代表を務める斎木昭隆外務省アジア大洋州局長は7日午後、北京入りした。斎木氏は同日夜、宿泊先のホテルで記者団に対し「日朝をやらないかと申し入れている」と述べ、北朝鮮側に2国間協議の開催を打診したことを明らかにするとともに、「向こうが会う気がなければ成立しない」と述べた。日朝協議が実現すれば、約束している拉致問題の再調査を早急に始めるよう求める考えだ。
 また、斎木氏は、北朝鮮外務省スポークスマンが6日に6カ国協議で「日本を相手にしない」などと表明したことについて、「一つ一つコメントするのもいかがと思う」と述べ、冷静に対処する姿勢を見せた。



 もうほんまにこれだけヘタレなんやから、ええ加減に。なあ?

 基地外が「お前どっかいけ」ゆーてんのにやで、いやいやそう言わんとねえ、お願いしますよ、お話さしてくださいよ。こういわざるを得ない日本の外交って、どうよ?ほんまに?
 そんなんで始まった交渉なんか、始めから譲歩からスタートやんけ?おかしかないか?

 どこぞの工作員に洗脳された連中が金科玉条のごとく奉っている憲法は既に破綻してるんですよ。「公正と信義」を「信頼」できない国が、すぐ近くに複数存在してるんですよ。既にこんな憲法前提崩れてます。

 いちびった基地外野郎が更にいちびってるのに何もできない。
 今の日本そのままじゃないですか。ガキがいちびってるのに大人は何もできない。そんな社会の行く末なんて、悲観以外の何者もない。日本が北朝鮮ごときカスの相手もできないということは、世界を国際社会を悲観させているのだ。

 日本、変わらんとみんなアウチです。

■勝手にくたばる権利など貴様には無い

金正日総書記、脳卒中で重体か 米情報当局筋 AP通信報じる(MSN産経ニュース)

 【ワシントン=有元隆志】AP通信は9日、米情報当局者の話として、北朝鮮の金正日総書記が脳卒中を起こし、重体となっている可能性があると伝えた。

 金総書記は9日に行われた北朝鮮の創建60周年の式典に姿をみせなかった。情報当局者は「金総書記が病気のため式典に出席できなかったと信じるだけの理由がある」と語った。病気と判断する根拠などについては言及していない。

 金総書記は約1カ月、公の場に姿を現さなかったため、米情報機関は北朝鮮国内の状況について注視していたという。


 この金ブタ野郎、ベッドの上で死にやがるのか。一般の北朝鮮人と普通の日本人を含む世界の大多数の人間にとって災いにしかならない鬼畜が、罪を償いもせず、自身の権力の保全以外に何の心配もなく、のうのうと死ぬのか?
 そんなおかしなことがあっていいのか?

 金ブタ野郎がくたばる事自体は何の問題もない。日本はおろか世界にとって、正に地球にとって大歓迎だ。
 しかし、勝手に死なれても困る。死んで北朝鮮の体制に変化が起こってさまざまな問題(特に拉致問題)が解決の方向に向かうかもしれない。それはそれで良しだ。
 しかししかし、こいつは罪を償わねばならん。沢山の善良な人間を地獄へと突き落とした張本人なのだ。英雄は輝かしい業績を残す裏で沢山人を不幸にするが、こいつはその不幸を大量に産み出した裏の業績しか残していない。
 北朝鮮人民をはじめ、日本人にも韓国人にもその薄汚れた面をさらして詫びねばならぬはずだ。その醜態(正体)を見せ付け、散々生き恥を晒したあと、他力によって死を与えられるべきなのだ。北朝鮮人民の総意によって死を与えられるべきなのだ。一人一人の人間の苦しみを、その脂ぎった不潔な肥満体で感じ、恐怖し、己の罪の深さを懺悔せねばらんのだ。こいつには裁きを受けるまで生きる義務があるはずだ。


 まったくもって死んで良い輩だが、勝手に死なれても困るのだ。正義というものは、こいつをベッドで死なせるのか? おかしな世の中だと思うが、これが人間の作る社会であり、歴史なんだろうなとちょっと悲観する。

■そもそも日本ができる国だったなら

北朝鮮、核施設の無能力化を中断すると表明=朝鮮中央通信(ロイター)

 [ソウル 26日 ロイター] 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は26日、米国が6カ国協議の非核化合意に違反したため、北朝鮮は核施設の無力化作業を中断することを決定し、寧辺の核施設を復旧させることを検討すると報じた。
 北朝鮮外務省高官の話として伝えた。


 この期に及んでまだ北朝鮮と仲良くお話ができるなどと思っているおめでたい野郎は、売国列伝に名を連ねる連中と9条イマジン派くらいなものだろう。おめでたいにも程があるが、せめて他の大多数の良識有るまじめな日本人にまで危害が及ぶような行動及び言動は控えて欲しいものだ。

 半島から核を無くすなどほとんど不可能だろう。暴力によって立つヤクザが、その暴力装置の中で最も有効かつ実益のある「核」を捨てるわけが無いのだ。テレビドラマでもあるまいし、そんなの当たり前の話。
 産経の黒田さんもこう書く。
北、核無能力化を中断 テロ指定解除延期に反発(産経新聞)

(前略)

 北朝鮮は、核を放棄すればただの国になって誰も相手にしてくれないことをよく知っている。

 核放棄は交渉と譲歩ではなく、北朝鮮の“体制変化”でしか実現しないことをあらためて思い知らせてくれる動きだ。


 金ブタ野郎の一味を一網打尽にする。それしかないのだ。今の日本がやっている、金ブタ野郎帝国を続けさせる方向というのは、核はもちろん拉致もテロもあちらの貧困もなにもかも解決しない。北朝鮮の金ブタ野郎を(ex1)火祭○にあげろ(ex2)八つ裂○にしろ(ex3)市中引き回し○上獄門だと言わない連中は、その実、世界平和を乱していることに他ならないのだ!(興奮)

↑こんなのに動員されたいのか?

■加藤は工作員だ

加藤氏「拉致被害者を北朝鮮に返すべきだった」と発言 家族会・救う会が抗議声明(MSN産経ニュース)

 自民党の加藤紘一元幹事長 自民党の加藤紘一元幹事長が拉致被害者5人について「国家と国家の約束だから北朝鮮に返すべきだった」と発言したことをめぐり、拉致被害者家族会(飯塚繁雄代表)と「救う会」(藤野義昭会長)は9日、「拉致被害者や家族の思いや不安をまったく理解しようとしない加藤氏に強い憤りを覚える」と抗議声明を出した。

 加藤氏は7日夜のBS番組で、小泉純一郎首相(当時)が訪朝した平成14年秋、拉致被害者5人が帰国した際、政府が5人を北朝鮮に返さないことを決めたことを「当時官房副長官だった安倍晋三前首相を中心に(拉致被害者を)返すべきでないと決めたことが日朝間で拉致問題を打開できない理由だ。返していれば『じゃあまた来てください』と何度も何度も交流していたと思う。そこが外交感覚の差だ」などと発言。金正日総書記が拉致問題を認め、謝罪したことについても「天皇陛下みたいな人物だ」と述べた。

 「家族会」と「救う会」の抗議声明では「5人が北朝鮮に戻されていれば『自分の意思で戻った』と言わされたあげく『拉致問題は解決済み』という北朝鮮の主張に利用されたであろうことは少しでも外交感覚のある人には明らかだ」と指摘。「不見識極まりない発言だ。加藤氏の精神構造を強く疑わざるを得ない」と批判した。


なんなんだこいつは?まったくもって理解不能。
大阪もおかしな輩(例:北大阪の赤軍オバハン)を国政に送り込んでしまっているが、山形も酷い。こいつなまじっか「力」を持ってるだけに余計やっかいでもある。山形県人のみなさん、次、わかってますよね。意思表示しないとこいつ永遠に売国しますよ。


金のブタ野郎をこともあろうに「天皇陛下みたいな人物だ」と放言している。
どういう精神構造をしているのだろう?「疑わ」しいのではなく完全におかしい。
右翼が凶行に走るのもわかる気がする。彼らにしてみればそれは万死に値する罪になる。
もちろん普通の日本人からみても加藤の感覚はおかしい。まさに精神構造がおかしい。
極端な皇室否定者でも、金ブタ野郎を「天皇陛下みたいな人物」とまで言いきるのは難しいのではないだろうか。
どこまでその精神構造がおかしくなっているのか、売国奴の実例として研究してほしい。


オノレの家が放火されたときは被害者然として断固戦うと正義を装ってはいたが、本当に痛みのわかる人間ならこんな発言は絶対にありえない。こいつは悪だ。
どうしてこんなおかしな野郎が自民党である程度の地位まで登ってきたのだろうか?

これだけ反日に利する行動を取りつつ、未だにこの国に居座っているのは、自分がこの国で何をなすべきかわかっているからだろう。そしてそれは日本国内におけるあらゆる破壊活動だということが明確になった(なっていた、のだろうけど)。
加藤は工作員だ。まあやつにすればそれが名誉なんだろう。

ひょっとして、あまりの反発の激烈さに恐れをなして言い訳するかもしれない。
「誤解だ」とか「そういう意味ではない」とか「悪い意味で捉えられて残念だ」とか。
だまされてはいけない。加藤はポール公認の工作員だ。(オイオイ)

■どうすれば変わるのか

北朝鮮が「テロ支援国家」では無くなるそうだ。
もちろんアメリカがそう言ってるだけだが、現実の北朝鮮は「支援」程度ではない「テロ国家」そのものだ。

拉致被害者のご家族の心痛はいかほどか・・・
何も出来ない日本という国は一体なんなのか。

こんなことになってもまだアメリカにすがらねばならないご家族のお気持ちを考えると胸が痛い。
どうして日本は何も出来ないのか? 唯一出来る経済制裁をしても、味方であるはずの日本の中から「効果が無い」やら「対話が重要」などの意見がでる。
軍という暴力装置を最大限に悪用して権力を維持している金の野郎に、「お話していただけませんか」などというやり方で本当に話が前に進むと思っているのか?
日本も「力」で脅すんだ。それが国際社会だ。もちろん戦争してでも拉致された日本人を助けるのが本来の日本政府であり日本軍だ。
無理して正面切ってぶつかる必要もない。そのための戦略・戦術だ。そして軍とはそういう使い方をするものだ。我が国にはほんの数十年前の輝かしくも哀しい経験がある。
アメリカ軍が要らないというなら日本軍でやれば良い(日本軍もいらないとか言う9条タイプはもうそれこそ「テロ支援」に等しい)。現にアメリカはそう言っているに等しい。

スパイ防止法さえできない、連れ去られた同朋を助けることもできない、あげくカネをまきあげられる。
何だこの国は? 先の戦争のときのように何十万人も死なないと変われないのか? たった百人程度の拉致者の数では日本は変われないのか?

■アニメ「めぐみ」


アニメ「めぐみ」がダウンロードできます。ココからお願いします。
是非ご覧いただき、何も終わっていないということをもう一度思い出してください。
(DL時間はフレッツ光・マンションタイプでも2分かかりませんでした)

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。