■皇室

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■あるべきよう

【元気のでる歴史人物講座】(93)皇后陛下 御歌に込められた仁愛の心

 一昨年出版された『皇后宮(きさいのみや)美智子さま 祈りの御歌(みうた)』(竹本忠雄氏著、扶桑社)は実に感銘深い著作であった。今上陛下、靖国の英霊に対する畏敬(いけい)、国民への慈愛、切なる祈りに満ちあふれた皇后陛下のお心がにじみ出る御歌の数々に幾度も涙をぬぐった。

 皇后陛下の御歌の調べは清らかで美しく気高く大きくあたたかい。御歌を拝誦(はいしょう)すると心が浄められ高められるような思いがする。

 《神まつる昔の手ぶり守らむと旬祭(しゅんさい)に発(た)たす君をかしこむ》

 旬祭とは毎月3回、1・11・21日に行われる宮中祭祀(さいし)。皇后陛下はこう述べられている。

 「常に祈り続けていらっしゃる陛下のおそばで、私もすべてがあるべき姿にあるよう祈りつつ、自分の分(ぶん)を果たして行きたいと考えています」

 《海陸(うみくが)のいづへを知らず姿なきあまたの御霊(みたま)国護るらむ》

 《慰霊地は今安らかに水をたたふ如何(いか)ばかり君ら水を欲(ほ)りけむ》

 護国の英霊に捧(ささ)げられた皇后陛下の至情である。

 《めしひつつ住む人多きこの園に風運びこよ木の香(か)花の香》

 恵まれぬ人々を含めてすべての国民に皇后陛下の仁愛の心が注がれている。

 《岬みな海照らさむと点(とも)るとき弓なして明(あか)るこの国ならむ》

 雄大極まる国ぼめの御歌である。今上陛下につつしましくより添われ国母として人々を深く慈しまれる皇后陛下の万歳を祈念し奉る。(日本政策研究センター 主任研究員 岡田幹彦)



随分前に訪ねた出雲大社にも皇后陛下の御歌の石碑がありました。


 結構泣きそうになりますよ。
 何て言うのかな、琴線に触れると言うのかな。そういうのを感じます。
 御皇室という存在を持つ日本国民であることがいかに幸せなことか実感します。

「すべてがあるべき姿にあるよう祈りつつ、自分の分(ぶん)を果たして行きたい」

 正に日本の「和」を体言されている。

 自分も万歳を祈念し奉ります。
スポンサーサイト

■妙案だが、それは無理だ

【正論】日本財団会長・笹川陽平 政官民の協力で江戸城の再建を

 何となく世の中が暗い。閉塞(へいそく)感を吹き飛ばすため、ひとつ明るい提案をしたい。 江戸城天守閣の再建である。全国から広く浄財を集め、350年前の雄姿を再現すれば観光立国・日本のシンボルとして、この国に活気を呼び戻すことにもなる。

 ≪日本美術の粋を一堂に≫

 夢物語と一笑する向きもあるかもしれない。しかし、後ろ向き志向では混迷する政治、低迷する経済を再生させることはできない。政官民をひとつにまとめるような求心力のある新たな明るい目標こそ必要である。幅広い賛同をお願いしたい。

 江戸城天守閣は2代将軍秀忠の時代の1607(慶長12)年に完成した。高さ58メートル、5層の巨大建造物は同30メートルの大阪城を大きくしのぐ天下一の名城と言われた。1657年の明暦の大火で焼け落ち、以後、再建されることなく、巨城を支えた高さ18メートル、一辺44メートル四方の石垣の台座が皇居東御苑に残る。

 天守閣再建は、私が最初に提案するわけではない。2006年に設立されたNPO法人「江戸城再建を目指す会」(小竹直隆理事長)が天守閣を中心にした江戸城の遺構の再建を目指して幅広い活動を展開されている。中曽根康弘内閣時代の1985年には、天皇在位60年、昭和還暦を祝う記念事業として「昭和城」の名で天守閣建設が検討されたこともある。

 その江戸城天守閣の設計図は東京都立中央図書館に保存され、建設費も鉄筋だと300億円、木造建築だと500億円といった試算がある。江戸城は家康、秀忠、家光の3代にわたり、普請の命を受けた全国の大名が30年間、総力を挙げて完成させた。建築、工芸、装飾など、あらゆる分野の日本のトップ技術の結晶でもある。

 ≪民間から広く浄財を≫

 再建する以上、可能な限り当時の形を再現するのが望ましい。木造建築とするだけでなく、各分野の匠に参加してもらい当時の室内装飾や調度、美術品を再現すれば日本文化、日本美術の粋を一堂に鑑賞できる観光のシンボルとなり、廃れつつある伝統工芸の保存、継承にもつながる。

 世界遺産に登録される姫路城や大阪城、名古屋城をはじめ全国各地に多くの城が残り、江戸時代の街並み復元を中心にした地域興し、街興しの中心として大きな役割を果たしている。何といっても城は日本らしさの象徴である。

 同様に世界を代表する大都市にも、その国の顔ともいえる歴史的建造物がある。パリのベルサイユ宮殿、ロンドンのバッキンガム宮殿、北京の紫禁城、ニューヨークの自由の女神などがそれだ。日本のシンボルとして江戸城天守閣を再建すれば、家族や地域社会、日本人としての絆(きずな)を再確認するきっかけにもなる。

 そのためにも建設費は民間から広く浄財を集めるのが望ましい。1931年の大阪城天守閣の再建も庶民の寄付で実現した。日本一の初詣参拝客が訪れる明治神宮も、全国から寄せられた10万本の献木と11万人に上る青年団の勤労奉仕で1920年に完成した。一人でも多くの国民に城造りに参加してもらうことが、国のシンボルとしての重みにつながる。

 ≪明るさを取り戻す妙案≫

 同時に観光客の増加は景気回復の即効薬ともなる。各国に比べ観光客誘致の弱さが目立ったわが国も、2007年に施行された観光立国推進基本法で観光を「国民経済のあらゆる領域の発展に寄与する」と位置付け、新政権も昨年12月、前原誠司国土交通相を本部長とする観光立国推進本部を立ち上げ、10年後の外国人観光客を2500万人に増やす方針を打ち出している。

 しかし2008年の外国人観光客は835万人と日本人海外旅行者のほぼ半分にとどまり、目標と程遠い状態にある。食事からライフスタイルまで日本ブームが世界に広がっている現状を踏まえると、シンボル不在が決め手を欠く一因のように思えてならない。

 政治、ビジネスの中心として高層ビルが林立する東京にも、小石川後楽園や六義園など文化・歴史遺産は多数ある。天守閣を復元し、歴史的建造物をネット化すれば、260年間、戦乱もなく太平の世だった江戸の香りを平和・日本の象徴として売り出すことも十分可能である。日本文化発信、国際交流の場としても活用できる。

 ただし、一つ問題が残る。当時のまま復元することになれば、天守閣は現在も残る台座の上に再建され、皇居・吹上御所を見下ろす形になる。警備面を含め難しい注文が付く可能性も残るが、国民の総意が結集されれば自ずと解決の道も見えてくるのではないか-。

 深刻なデフレが進行し、国際社会での日本の地盤沈下が進む中、社会がおおらかさを失い、政官民の相互不信も広がりつつある。150億円を使った2016年の東京オリンピック招致も不発に終わった。先が見えない時代だからこそ、この国に明るさを取り戻す妙案として江戸城の再建をあえて提案させていただく。(ささかわ ようへい)


 これは素晴らしい!
 是非とも協力したい!

 と最後の2文を読むまでそう思った。

 笹川氏の上げる「一つ」「残る」「問題」、これがいかん。
「皇居・吹上御所を見下ろす形」、これはいかん。
「国民の総意が結集されれば自ずと解決の道も見えてくる」かもしれないが、これが完全な形で解決されないと賛成はできにくい。

 観光についてもアピールについても申し分はないだろう。城は日本のシンボルだから。
 でもその「問題」はあかん。これがあるから話は進まないのだろう。

 サヨク洗脳された頭なら「別にいーじゃん♪」と思うだろうが、残念ながらここはまだ一応日本だ。


 このブログでも常にエントリされる「和」の崩壊。既に見てくれだけ日本人で中身はどこぞの得体の知れぬ生物になった者がうじゃうじゃ生息している。日本破壊党の政策でどんどん不貞外国人が入ってくる上に、非日本人が大量生産される。
 こんな国になってしまった以上、この「問題」は解決できまい。
「家族や地域社会、日本人としての絆(きずな)を再確認するきっかけ」になればいい。
 でももう遅い。そんな「絆」は各地でズダズダに分断されている。なにせこの国の国民は日本破壊党を支持しているのだ。それこそ「絆」なんて「どーでもいーじゃん♪」のはずだ(イマジン歌詞にはでてくるだろうが、そんなのを聴いてる輩に限って「和」を破壊している実情)。

 素晴らしい案で正に「妙案」なのだが、唯一で最大の問題がある限り、いや日本がこんな国になってしまった以上、賛成はできません。非常にネガティブではありますが、そういうことです。

■礼がわからん奴には無礼もわからんのだ

特例で中国副主席と天皇陛下の会見要請

 中国政府が14日から来日する予定の習近平国家副主席が天皇陛下と特例的に会見できるよう日本側に求め、鳩山由紀夫首相が実現に向けて平野博文官房長官に指示を出していたことが11日明らかになった。日本政府は、外国要人が陛下との会見を望む場合、1カ月前までに文書で正式申請するよう求めており、各国は基本的にこの「1カ月ルール」を守っている。

 1カ月ルールは天皇陛下の日程調整をスムーズに行うために実施されている。

 平野氏は11日午前の記者会見で、「日中の関係というのは大事な関係であるというところから、(宮内庁に)お願いした」と述べ、応じる方向で調整していることを明らかにした。首相からの指示については「正しい記憶はないが、1週間くらい前に話があった」と語り、事実関係を認めた。平野氏は1カ月ルールについては知らなかったという。

 関係者によると、中国側から外務省に対して会見の申請があったのは11月下旬。同省は1カ月ルールを理由に会見を認めない方針だったが、首相官邸は特例的に認める方向で調整に入った。

 平野氏は習氏を特例扱いにすることについて「天皇陛下には各国要人が来られたときにはお出会いしていただく場合があり、今回、中国の要人が来るのでお出会いしてくださいというのは、政治利用でも何でもない」と述べた。

 天皇陛下は、来日した海外の国家元首とのご会見以外にも、各国の首相や国会議長などの要人とも皇居・宮殿で「ご引見」などの形でお会いになっている。海外要人とは幅広く交流されている。


 国家に仇なす民主党よ、即刻全員腹を切れ。関わった段階で既に万死に値する。
 テロは許されないが、こいつらがいなくなるなら、テロと民主党が共に滅べ。

 陛下と共産帝国のたかだか国家副主席風情とが釣り合うわけ無かろうが。
 特別扱いまでして会う必要性がどこにもない。特に日本にとっては。
 アホポッポとか自称野戦軍司令官程度に接待させておけ、どうせこいつらも敵だ。

 さあてどんどん破壊工作のスピードを上げてきましたよ。
 平和裏に進めると4年間すき放題やられます。どっちにしろ民主党の連中は相当酷い死に方するだろうから、早いか遅いかは・・・さあ誰が決めるんだろう?
 4年も手をこまねいていたら、ぼくはどっかの炭鉱か収容所でのたれ死んでるかもしれません。

■選択

<皇太子さま>赤坂御用地外周をジョギング 33分で2周(毎日新聞)

 皇太子さまは11日、お住まいの東宮御所がある東京都港区の赤坂御用地外周(約3.3キロ)をジョギングした。普段は御用地内(1周約2.7キロ)を走っている。外周での走りは6年ぶりで、この日は33分かけて2周した

 沿道に居合わせた子供に「殿下、頑張って」と声をかけられると、手を振って応えていた。東宮職を通じ「周りの景色を楽しみながら、大変気持ちよく走れました」と感想を述べた


毎日の物書きは一体何を意図してんやろか。

「殿下がんばれ」 皇太子さまが都心でジョギング(産経新聞)

 皇太子さまは11日、赤坂御用地の外周をジョギングし、春らしい好天の下、1周約3・3キロのコースを2周された

 スポーツウエア姿の皇太子さまは、午後3時半前に青山1丁目交差点に近い西門を出発し、赤坂見附方面へ向かわれた

 途中、女児から「殿下がんばれ」と声をかけられ、笑顔で手を振られる場面もあった。

 約30分間のランニングを楽しんだ皇太子さまは、「天気に恵まれ、周りの景色を楽しみながら大変気持ちよく走ることができました」と感想を述べられたという。

 ジョギングが好きな皇太子さまは普段、赤坂御用地の中を走られている

 宮内庁によると、1回につき、内周を2~3周走られるという。

 月間の総走行距離は1月が約105キロ、2月は約75キロだった。


比べると一目瞭然、やっぱり産経選ぶなあ。

■知りたいような知りたくないような

これは画期的なことじゃないですか!
なにか見てはいけないものを見ようとしてるような気がしますが、
歴史の研究はずずずーっと進んでしまうでしょう。

天皇、皇族の陵墓に初の立ち入り調査 奈良・神功皇后陵(MSN産経ニュース)

 宮内庁は15日、日本考古学協会に許可を通知していた奈良市山陵(みささぎ)町の神功(じんぐう)皇后陵の立ち入り調査について、今月22日に行うことを認めたと発表した。天皇や皇族などの陵墓について、学会側の要望を受けて立ち入り調査が実施される初めてのケースとなる。

 古墳時代のものとされる神功皇后陵は、全長約270メートルの前方後円墳。宮内庁によると、墳丘は前方部が3段、後円部は4段に分かれている。調査では、同協会など16学会の研究者最大16人が、墳丘各1段目の平らな部分まで入ることができる。発掘はできないが、撮影は行える。


発掘できないのは残念だが、これは第一歩だと思います。
神功皇后の存在もかなり「神話」ですから、墳墓との関係も含めて
学術的に新しい発見があることを期待したいものです。
でも、やっぱり見てはいけないものを見ようとしてるような、
なんとなくパンドラの箱というかなんというか・・・

■総理に「ばか」だと言われたぞ

日本会議が教育改革推進など宣言文採択(産経新聞)

 日本会議(会長・三好達元最高裁長官)と超党派の保守系議員でつくる日本会議国会議員懇談会(会長・平沼赳夫元経済産業相)は6日、都内で設立10周年記念大会を開き、改正教育基本法に基づく教育改革を進めることなどを明記した宣言文を採択した。大会には北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表の横田滋さん、早紀江さん夫妻ら約3000人が参加した。
 平沼氏は、女性・女系天皇を認める皇室典範改正の動きについて「油断できない。われわれが男系(維持)を主張したとき、今の首相が『男系を言い立てる人はばかだ』と言ったことが漏れ伝わってきた」と警戒感を表明。「改革すべきことは改革し、守るべき伝統はしっかりと守ることが必要だ」と訴えた。
 大会宣言文には、新憲法制定に取り組むことや、天皇陛下ご即位20年を迎えるにあたって全国で奉祝行事を行うことなども盛り込まれた。


「『男系を言い立てる人はばかだ』と言」うんやで、
福田という現日本国総理大臣を務めている男は。
こいつを総理にした保守政党の政治家は何を保守すんのや?

福田および古賀ら悪党が何かをやらかす前に、
こんな男を総理に選出した自民党に引導を渡さねばならん。

■わたくし・・・

本日、天皇皇后両陛下のご尊顔を拝する栄を得ることができました。


い、いや、ちょっとウソです。すいません。

まったく見えませんでした(大泣)


大阪で行われている、
世界陸上の開会式に天皇皇后両陛下がご臨席されました。
我々は両陛下が宿泊されるリーガロイヤルホテルに向って、
提灯と日の丸の小旗で奉迎いたしました。
写真はそのときのものです。

たくさんの人が近くの公園に集合して、
ホテル前の川を挟んだ向かい側に陣取り、
万歳三唱の練習をしながらその瞬間を待ちました。

いくつかの団体が集まっていたようですが、ぼくはよくわかりません。
あの塚本幼稚園の園児たち、その親御さん、園長先生もこられていたようです。
拙ブログ:大阪だよ!この幼稚園!!
ギャーギャー馬鹿騒ぎするド阿呆な餓鬼はいませんでしたよ。
ここの教育はやっぱり間違っていないんだと思います。


初めてこのような行事に参加したので色々と勉強になりました。
普段地方に住む我々は正月はTVでしか拝見することができませんから
非常に良い経験になりました。
明日もちょっと奉迎にでかけようと思っています。
ってもう今日やん(笑)

それにしても、ガールスカウトか何かわかりませんでしたが
心和む挨拶で奉迎参加者の交通整理をしてくれてたあの若い女性たちは
一体どういう関係なんだろうか。。。

■他人は黙っとれ

「プリンセス・マサコ」は事実無根政府が著者に抗議文(Sankei Web)

  オーストラリア紙の元東京特派員が皇太子妃雅子さまの苦悩などを取り上げた著作「プリンセス・マサコ」(英語版)について、外務省は13日、「事実無根の記述があり、読者に誤解を与える」として、政府が12日に現地の大使を通じ著者や出版社に抗議し、謝罪と訂正などを求める文書を手渡したと発表した。

 天皇陛下の側近トップである宮内庁の渡辺允侍従長名の著者への質問状も同時に手渡した。大使は豪政府幹部にも懸念を伝える異例の対応を取ったという。

 抗議文は、両陛下の言動や雅子さまの体調、愛子さまの誕生などについての記述を事実無根、非礼と指摘し「実態と乖離(かいり)した皇室像を描いていることに政府として看過することはできない」と強調している。

 侍従長名の質問状は、著作で「皇室がハンセン病問題に取り組むことはあり得ない」と断定していることに反論。両陛下がこれまでハンセン病療養所をはじめ多くの福祉施設を訪れ、関係者を激励していたことを挙げ、見解をただしている。

 外務省によると、著者側は「特に問題があると考えていないが、今後の対応については検討したい」と回答したという。


白人の分際で我々の「心」に踏み込まないで頂こう。

政府が「謝罪と訂正などを求め」ていることからして、
相当えげつない内容なんだろう。

殺されたか自分の良心の重みに耐え切れなくて勝手に死んだかした
あのアイリス・チャンとか言うバカ中華系人型生物が書いた
「レイプ・オブ・ナンキン」と同じようなものだろう。

「事実無根」なことを書いてるというところは同じ。
どうせ基地外サヨクとか中華に心も体も買われた輩だろう。


そういえば思い出した。
よくこの嘘つきオージーの故国について母が言っていた。
「あの国は、昔白人しか来ないでくれと言ってたのに、
(日本が金を持ったからか)いつの間にか平等とか言っている。
おかしい国だ(かなり要約)」と。

そんな事実があったことは良く知らないが、リアルを生きた母が
そのようにオーストラリアのことを印象として持っているということは
少なくともそんな人種差別的な志向はあったのだろう。

そんな国のおかしな輩が書く文章など、読まなくても「自然にやさしく」
無いってことはわかる。

他人の国を「事実無根」のヨタ話で貶める時間があるなら、
国内で生き残ったアボリジニに対して謝罪行脚でもしとけ!

■おめでとうございます

祝 新宮さまご生誕
秋篠宮ご夫妻第3子  皇位継承順第3位(Sankei Web)

 秋篠宮文仁親王殿下(40)と同妃紀子殿下(39)の第3子が6日午前8時27分、東京都港区の愛育病院で誕生された。宮内庁によると、お子さまは親王(男子)で、体重は2558グラム、身長は48.8センチ。皇族としては初めてとなる帝王切開でのご出産となったが、母子ともにお元気。皇室では昭和40年にお生まれになった秋篠宮さま以来、41年ぶりの男子で、皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次いで第3位。天皇、皇后両陛下には皇太子さまの長女、愛子さま(4)に続く4人目の孫。皇室は23人となられた。

 宮内庁の金沢一郎皇室医務主管と執刀医の中林正雄愛育病院院長によると、「紀子さまは術後の経過も順調で、お子さまもオギャーと元気に泣かれた」という。手術は午前8時23分に始まり、同9時7分に無事終了。紀子さまは手術室を出られ、個室の病室に戻られた。

 中林院長が「おめでとうございます」と述べると、紀子さまは「大変ありがとうございました。気分は良好です」とこたえられた。

 控室で男児のご出産の報告を受けた秋篠宮さまは静かに「ありがとう」と話され、お喜びはすぐに第16回「国際顕微鏡学会議記念式典」ご出席のため北海道にご滞在中の天皇、皇后両陛下へ宮さまから電話で伝えられた。両陛下は非常に喜ばれたという。

 皇太子さまにも宮さまが電話で報告された。皇太子ご夫妻もとてもお喜びだったという。

 始業式のため、それぞれ学習院女子中等科と学習院初等科に登校していた長女の眞子さま(14)と2女の佳子さま(11)も、吉報を知らされ、初めて弟ができたことにとてもうれしそうなご様子だったという。

 皇室では秋篠宮さまのご誕生以来、妹の黒田清子さん(37)から皇太子ご夫妻の長女、愛子さままで9人続けて女子が誕生されていた。

 皇位継承順位の第4位は天皇陛下の弟の常陸宮さま、第5位は三笠宮さま、第6位は寛仁親王殿下、第7位は桂宮さま。

 紀子さまは今年2月7日に医師の診断でご懐妊の兆候が確認された。7月12日、宮内庁病院での検診の際、胎盤が子宮口の一部をふさぐ「部分前置胎盤」の状態で帝王切開の必要があると診断され、8月16日、早期入院された。


秋篠宮殿下、紀子殿下、まことにおめでとうございます。

民草が僭越だとは存じますが、正直な気持ち、ほっとしました。
また心から「ありがとうございます」と述べさせていただきます。

ほんとうによかった。

■ご無事で・・・

紀子さま「前置胎盤」 帝王切開の必要も(Sankei Web)
 宮内庁の金沢一郎・皇室医務主管は18日、記者会見し、ご懐妊中の秋篠宮妃紀子さまが、胎盤の位置がずれて出血の恐れがある「前置(ぜんち)胎盤」の状態であると発表した。ご出産時は帝王切開が必要としており、9月末の出産予定が同月初旬から中旬に早まる可能性が高い。胎児の発育は順調という。
 金沢医務主管や主治医の中林正雄・愛育病院院長によると、超音波検査の結果、胎盤が子宮口の一部にかかる「部分前置胎盤」と診断された。現在妊娠8カ月ですぐにご入院の必要はないが、大量出血が起きる危険があることから安静が必要という。

 予兆的な出血や頻繁な腹部の張りの症状が出た場合、投薬治療などのため入院されることになる。現在のところ軽度のお疲れはみられるものの、出血や痛みなどの症状は出ていない。

 前置胎盤は、妊婦の200-500人に1人の割合でみられる症状。超音波検査が普及する以前は母体の生命の危険が10%にのぼったが、現在は早期に診断が可能となったことから0.2%程度。

 天皇、皇后両陛下は前置胎盤が以前は危険性が高かったことを知っていたため大変驚かれたが、詳しい説明を受けて安心されたという。

 秋篠宮さまと紀子さまは冷静に説明を受け、秋篠宮さまは出血の可能性などを尋ねた後、「医師団を信頼していますのでよろしくお願いします」と話され、紀子さまは「できるだけ安静にします」と話されたという。

 ご公務に影響することなどから、秋篠宮さまと紀子さまの「隠し立てすることはない」とのご意向で発表された。


 【用語解説】前置胎盤
 通常は子宮の上部にある胎盤が下にずれ、赤ちゃんの通り道となる子宮口を覆ってしまう状態。主に子宮口の全部をふさいでしまう「全前置胎盤」と、部分的にふさぐ「部分前置胎盤」がある。妊娠中の超音波検査で診断できる。

 妊娠の後半に痛みもなく突然出血し、大量出血すると母子の生命にかかわる危険もあるが、近年は医療の進歩により的確に対応できるようになったという。帝王切開で出産するケースが多い。何回も出産を経験した女性ほど、前置胎盤の状態が出やすいという。

ああびっくりした。

ワタクシ男ですし、子供もいないもんですからよくわかりませんが、
とにかくとにかく、ご無事でご出産を終えられるようにお祈りします。

記事は危険ではないような伝え方ですけど・・・
いやあもうほんまたのむでって感じですぅ

■言葉は大事なのよ

朝日新聞購読者の方は是非一度考えてみてください。

両陛下への敬語不使用に疑問、違和感 小坂文科相、安倍官房長官が表明(Sankei Web)
 小坂憲次文部科学相は8日午前の衆院教育基本法特別委員会で、天皇、皇后陛下に対する一部新聞報道に敬語が使われていないことについて、「新聞だから、字数が限られているから、では済まされない。敬語を使う方がどういう方なのかを学び、また親しみを持つ言葉と混ぜて伝えることが必要だ」と述べ、報道のあり方を批判した。

 これに関連し、安倍晋三官房長官は「天皇陛下に対する敬語の使い方については、報道各社で検討した結果だと思う。政府はとやかく言うべきではない」と指摘。そのうえで、個人的感想として「ここで使わなければ誰に使うのか。天皇陛下が強制することを望んでいるとはまったく思わないが、こうした記述ぶりには政治家個人として、国民の1人として違和感を覚える」と述べた。

 無所属の保利耕輔氏への答弁。

ぼくは1人の日本人として、両陛下及び皇族の方々に敬意を持っているつもりです。
昔はバリバリの左派・リベラル・反戦・イマジン・同和その他諸々の
被洗脳者でしたのでそれなりの心の葛藤はありましたが、
今は素直に皇室の安泰、ひいては日本国の安泰を願うものとなりました。

さて「一部新聞報道に敬語が使われていない」という「一部新聞」の例を
次のサイトさまより引用します。
昨年の両陛下のサイパンご訪問の際の社説について。
枝垂れ桜の部屋さま「自在放言 208 美しい日本語を破壊する者」
読売新聞社説(6月27日)から
天皇、皇后両陛下が・・・サイパン島を訪問される。  天皇陛下はかねて・・・と希望されてきた。  即位10年に際しての会見で「・・・」と述べられている。  (天皇は)「・・・」とも語られている。 お二人は硫黄島へも出掛けられている。  両陛下は・・・の慰霊碑などを訪ねられる。  天皇陛下は・・・繰り返し強調されてきた。  陛下は身をもって実行されている。

産経新聞主張(6月29日)から
天皇、皇后両陛下が サイパン島訪問の旅を終えられた。 今回のご訪問は・・・慰霊されるのが目的であった。  天皇が足を運ばれたのは・・・初めてだった。  両陛下は・・・頭を下げられるとともに、・・・耳を傾けられた。  ご訪問に対し・・・両陛下のお姿に感激の声をあげていた。

朝日新聞社説(6月27日)から
両陛下がサイパン島を訪れる。   慰霊の旅にふさわしい静かな訪問だ。  天皇は「・・・」と語ってきた。  天皇は「・・・」と答えている。  (天皇は)硫黄島や広島、長崎なども訪れた。  両陛下は三つの碑を訪れ、それぞれに花をささげる。  両陛下はそこに立つことが自分たちの務めだと考えたのであろう。  両陛下の訪問は・・・激戦地の悲惨な過去に向けさせた。    天皇が足を運ぶことで・・・記憶が呼び覚まされる。

毎日新聞社説(6月28日)から
両陛下は三つの碑を訪れて供花する。  両陛下の海外訪問は・・・相手国の招待を受けて実現する。   両陛下は・・・「スーサイド(自決)・クリフ」も訪ねる。  両陛下が供花するのも、犠牲者の霊を慰めたい、という気持ちの表れだろう。  昭和天皇も両陛下も参拝していない現実もある。  両陛下は・・・東京下町を訪問し、平和を祈った。  悲劇の現場へ足を運び「祈ること」を行動で示しているといえよう。

毎日新聞記事(6月29日)から
サイパン島を訪問した天皇、皇后両陛下は・・・羽田空港に帰国した。  海外訪問は天皇としての活動をさらに広げた側面もあったが・・・。  天皇陛下は「・・・」と強い決意を語り・・・表情を崩すことはなかった。    天皇・皇后両陛下は傘もささずに拝礼した。  両陛下の慰霊目的の訪問は・・・状況にある。   両陛下の「気持ち」をかなえるための課題はなお大きい。

読んでひと目でわかるように、朝日と毎日は、両陛下に対して全く敬語を
使っていません。
一般の朝日や毎日読者は読み比べなのしないので、
サラリと読んでいるのかもしれませんが、これで違和感ありませんか。

ちょっとでも違和感あるならまだ大丈夫です。
産経も読売もまあアレなところありますが(^^;;まだマシです。
今すぐ、いや今の契約が終ってからでも良いですが、契約変えましょう。


朝日や毎日の凋落をテレビのワイドショーなんかで頻繁に
取り上げられたりするような時代になると、
すこし世の中が明るくなってくる、そんな気がしませんか(笑)。

■今更の「天覧競馬」

かれこれ何年も競馬場には足を運んでいないが、かつては桜花賞を見に、
早朝長蛇の列の一員になったこともある。
自慢といえば、ナリタブライアンの三冠単賞馬券を持っていることくらいか。


さて昨年の秋の天皇賞において、天皇皇后両陛下が競馬をご観戦されましたね。

勝ち馬であるヘヴンリーロマンスの馬上から、
両陛下へ一礼する松永騎手のその凛々しい姿に日本人の美しさを見ました。

そしてその際、騒がしかったスタンドが一瞬静まり返ったそうですね。

これこそ日本が天皇という存在を戴いている理由であろうと思います。
この空気を共感し持ちえることを、日本人として誇りに思いますし、
この上ない幸福感を感じます。




こんな感じのエントリを書きたかったんですが、タイミングを逃していたので
今になりました。
なぜ今になって取り上げたのかというと、こんなブログさまを読んだからです。
日本の元気さま「第132回 天皇賞(秋)(GⅠ)での出来事」
この日、場内に日の丸が揚がっていなかったというのです。
 いつもは、ターフビジョン近くに日の丸が揚がっているのですが、何故かこの日に限って揚がっていなかったというのです。感動のシーンに夢中になっており、この記事を読むまでそんなことが起こっているとは夢にも思っていませんでした。

(中略)

 さらに、ちょっと気になったのが、当日は来場していた外国要人の中に、「あの」王毅が入っていたというのです。そのために、弱腰の外務省が「日の丸を揚げないで」と横槍を入れたという説もささやかれているとか。外務省は否定しているということですが、王毅ごときが、のこのことこういう場所に出てくること自体が不快です。

両陛下のご臨席に国旗を掲揚していないとは何事だ。
外務省が王毅などという共産党の使い走りに気を使ったという説が
あるようですが、今までの外務省の動きを見ると信憑性がある。

そもそも何で王毅が来てるんだ?
何楽しんでるんだよ?
てめえに食わすタンメンどころか一粒の米も日本には無いんだよ。

せっかく松永騎手の美談で語り継がれる天皇賞になったと思っていたのに、
王毅風情のせいでぶち壊しだ。
謝罪と賠償を求めようか(笑)

■*今、一番大事なこと*

絶対譲れないものがある!

みなさまご協力をお願い致します。
【皇室を崩壊させる女系天皇反対!】
日本の最後の砦、皇室が崩されようとしてます!
[女系天皇問題まとめサイト]
[皇統断絶問題TBセンター]
[女性天皇に賛成。女系天皇に反対!]
 ▼抗議の声をお願いします!
[首相官邸] [内閣官房] [自由民主党] [安倍晋三]
[平沼赳夫] [世耕弘成] [神社本庁] [伊勢神宮]

当分、このエントリをトップに上げて置きます。
がんばりましょう!

■祝! 紀子さまご懐妊


紀子さまご懐妊 第3子、経過は順調(Sankei Web)
 秋篠宮妃紀子さまが懐妊されたことが7日、分かった。宮内庁関係者によると、経過は順調とみられる。秋篠宮ご夫妻にとっては、1991年10月に誕生した長女の眞子(まこ)さま、94年12月誕生の二女、佳子(かこ)さまに続くお子さまとなる。男子誕生ならば、皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに続く第3位。

 天皇、皇后両陛下にとって4人目の孫となる。(共同)

何も言うまい。
非常にめでたいことであります。
何卒、お体をご自愛くださいますよう。



今思うとこのお歌の意味が・・・

文仁親王殿下お歌
 人々が笑みを湛へて見送りしこふのとり今空に羽ばたく
                  
文仁親王妃紀子殿下お歌
 飛びたちて大空にまふこふのとり仰ぎてをれば笑み栄えくる

■やはり平沼新党カモン

「女系天皇」自民議員の3割が反対署名 皇室典範で超党派集会(Sankei Web)
 超党派の保守系議員でつくる「日本会議国会議員懇談会」(会長・平沼赳夫元経産相)と民間団体が1日、都内の憲政記念館で皇室典範改正による女系天皇容認に反対する集会を開いた。懇談会側は「拙速な改正に反対し慎重審議を求める」署名が173人分集まったと報告した。

 内訳は自民党135人、民主党23人、国民新党5人、無所属10人。自民党の場合、衆参両院を合わせた国会議員406人のうち、3人に1人が署名したことになり、改正案の今国会提出を目指す政府の対応に影響を与える可能性がある。

 集会には約40人の国会議員が出席。「皇室の歴史と伝統を踏まえた慎重な検討を強く求める」として今国会提出に反対する決議を採択した。近く小泉純一郎首相あてに提出する。

 また3月7日に、女系天皇に反対する1万人規模の集会を日本武道館で開催することを決めた。

 平沼氏は「一致団結して、内閣が提出しないようにするのがわれわれの責務だ」と強調。民主党の中井洽前副代表は「首相が強行するなら超党派で退陣を求めていく」と訴えた。

 自民党の衆院当選1回の赤池誠章氏は昨年の衆院選で初当選した党所属議員の有志が2日に皇室典範改正問題で勉強会を開くと報告。「慎重審議を求めることで意見集約する」と述べ「小泉チルドレン」にも慎重論が根強いと指摘した。(共同)

先日の寛仁さまのご発言に少々驚き、また改めて事の重大さを知りました。
寛仁さまご発言(要旨) 「女性天皇」は男系断絶の危機:保管用)

ぼくも及ばずながら参加させていただいたメール送付作戦が、実を結んだのか
やはり「禁断の果実」であったのか事がココに至って、やっと動いてきました。

自民党の1/3の議員が賛同、しかも旧社会党の残党という連中がいる
民主党の議員もそこそこの数が賛同。
「保守」の要素もかなり高いのではないだろうか。
いっそのこと、これで平沼新党になればなと思います。
まあそれが結局親米であるということが不安の種ですが。
(平沼さんが親米とかじゃなく、現状の日本では親米にならざるを得ない、
というのがぼくの基本的なスタンスです。小林氏の言うところの「ポチ」。
ってことなんだろうと思います。)

でも保守の仮面を被った売国奴が多い自民党より、
社会党系と分けれる民主党のほうがわかりやすいかもしれませんね。

小泉も郵政とは違うということを薄々感じているのではないだろうか。
少なくとも、良い感じで推移してきているのは確かですね。
このまま、どれだけ畏れ多いことをしているのか、ということを
わからせてやらねばならないと思います。


記事にご登場された代議士の公式サイトです。応援&激励お願いします!
平沼さん  中井さん  赤池さん

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。