■憲法問題

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■この人

仲井真沖縄県知事

県民が石投げたことあるか=暴行事件、米高官に抗議―沖縄知事(時事通信)

 【ワシントン時事】訪米中の仲井真弘多沖縄県知事は22日午後(日本時間23日未明)、ワシントンの国務省でキャンベル国務次官補、リッパート国防次官補と会談した。知事は県内で起きた米兵2人による女性暴行事件について「県民の怒りは尋常ではない」と抗議。「沖縄県民は基地にさまざまな意見はあっても、これまで米兵に石を投げたりしたことはない。一方的に被害に遭っている」と述べ、綱紀粛正の徹底を強く求めた。
 これに対し、キャンベル氏は「米国政府を代表し、悲しみと謝罪の気持ちを伝えたい。県民が受け入れ難い事態であることは分かっている」と表明。クリントン国務長官から会談内容を報告するよう指示を受けていると明かし、再発防止に全力を挙げると約束した。
 また、リッパート氏は米軍人の家族に対する行動制限も実施するとの方針を示した。

 
 どんどん胡散臭くなってくるなあ・・・

 もちろん今回の「米兵2人による女性暴行事件」は言語道断。
 いい加減にしろと言いたい。

 それに対する抗議は良い。当然。
 だが胡散臭い。

 かなり偏見に満ちているが、
 顔がなんかサヨクっぽい(笑)。
 どこがどうとは難しいが、
 なんかそう見える。
 だからか更に胡散臭く見える。。。


 そいで発言もどうだか。
 石は投げてないが、凧は揚げている。
 やってることは同じ。

 穿った見方だが、
 アメ公からしたらですけど、
 守ってやってるという意識は相当あると、
 だからと言ってそんな犯罪を犯して良いのかと
 それはアカンねんけど、
 そんな意識が少なからず、
 政治的とか余り気にしない若い米兵にはあると思う。

 もちろん、ぼくは(広い意味での)女の売春婦趣味も
 その助長になっていると思ってはいるが、
 やはり自国を自国の武力で守れない日本、
 というのが一番の原因ではないだろうかと
 そういうことになる。

 9条。
 やはり9条、ということになる。


 ちなみに
 日本がかつての帝国陸海軍並みに軍備を持つなら
 米軍基地などはいらんと思うが、
 現状、9条を無くして普通の国になっても
 沖縄には米軍基地はいると思います。

 中国は、日本が日本である以上、
 必ず「敵」だからです。
 対等という意味ですが、
 中華に対等という概念は無いのでそういうこと。


 この仲井真さんというか、沖縄の人は、
 アメ公が出て行ったあとの沖縄の
 安全保障をどう考えているんでしょうね。

 自衛隊かな?
 9条はどうするのかな?


 米兵が女性を襲うのなら、
 中国が沖縄を襲わない保証なんて
 どこにもない。

 こらアメ公アホするな、ならわかる。
 でも出て行けはよくわからん。

 そのへんが胡散臭いんやねえ。
 ほんなら守りはどうすんの?てこと。

 守らんでエエなら女性、
 弱者はたまったもんちゃうで。

 守らなアカンやろ。
 ほんなら何で守るねん?てこと。
スポンサーサイト

■よね!

改憲を次期衆院選の争点に 消極的な議員は退場を、自民・安倍総裁

 自民党の安倍晋三総裁は30日、京都府綾部市で講演し、次期衆院選で憲法改正を争点の一つにしたいとの意向を示した。改正の発議要件を衆参両院とも3分の2以上と定めた憲法96条に関し、「たった3分の1を超える国会議員の反対で発議できないのはおかしい。そういう(改憲に消極的な)横柄な議員には退場してもらう選挙を行うべきだ」と述べた。

 沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題については、「自民党政権時代には、中国はこれほど露骨に野心を示さなかった」と民主党政権の外交政策を批判。中国に対抗するには日米同盟の強化が必要として、集団的自衛権行使を禁じる憲法解釈の見直しを重ねて訴えた。

 地元選出の谷垣禎一前総裁の労をねぎらうとともに「野党の総裁は難しい立場だ。紳士的にやれば『もっと追及しろ』と言われ、追及すると『足ばかり引っ張るな』と批判される」と指摘した。


ですよね!

 自民党総裁選、サヨクどもにとっては最悪の結末だろう。
 早速、性懲りも無くネガティブ・キャンペーンを始めている。
 このキャンペーンに参加している連中のことを覚えておくこと。
 彼らが日本で内部工作をしている「工作員」です。
 恐ろしいことに普通を装っているが、心は腐っています。
 自覚していない場合が多いのでタチが悪く、非常に悪質です。

 民主党はもちろんですが、野田もそうです。
 改造内閣の顔ぶれを見てもわかります。
 ちゅうか、民主党です。日本破壊工作団体です。
 何度でも言います。彼らは日本の敵です。
 よくもまあ選んだなと、思います。アホ丸出し。

 最後っ屁のように汚いことやりまくる予感がします。
 キチガイサヨク政権の最後。
 なんたら談話出しまくって日本の破壊を進める可能性あり。


 それにしても安倍さんナイス。
 自称保守政党の自民党にも沢山巣食う売国奴。
 その多くが憲法改正反対派。
 自民の党是は憲法改正。それもわかっていないアホども。
 老害ジジイどもは改正について何もしなかった。

 そいつら含めて、安倍さんは「消えろ」と。
 貴様らキチガイサヨク(拙ブログでは≒売国奴)は用済みだと。

 かなりナイスです。
 ある意味、政界再編です。

■つまりは9条。何にしても9条。

 石原慎太郎のせいで日中関係めちゃくちゃだと。
 時期が悪いとか野田が更に余計なことしたからだとか。

 遅かれ早かれこういう事態にはなっているはずです。
 こんなこと石原さんも誰も彼もわかっているはずです。
 未来の叡智など、そんな保証はどこにもない。正にイマジン。

 領土でもめるのはいつやっても同じ。
 未来はもっと殺しあってるかもしれん。
 それは人間の本能であるとしても不思議ではない。

 もしあちらさんが撃ってくれば9条バンザイでたくさん死ぬ。
 まあそれで目覚めるてなストーリーもあったのでしょう。

 撃たなくても、日本には実効支配というパイがある。
 出るとこ出ようやないけ、でいける。
 領土問題、ほとんど「理」は日本にあるが、
 国際社会てのはそういうわけにわいかん。甘くない。

 日本人はまだ国連とかにポワーンと期待しているようだが、
 国際司法で正しい判決出ても竹島から朝鮮人は出て行きません。
 日本なら尖閣から出て行くかもしれない・・・
 まあこれは世界から見れば正にワンダーな民族なだけであってね(^^;

 そういう意味で橋下さんは「共同管理」とかどうたら、
 言ったんだと思います。
 支持するかどうかは別として、素直に現実主義ってことだ。

 居座ったものが勝つ。何もしないほうが悪い。
 今世界を支配する西洋型民主主義法てのはそういうこと。
 日本からドンパチでけへんねんから、
 国内の工作員の皆殺しもでけへんねんから、
 そんな程度の覚悟で島は帰ってきませんよと、そういうこと。

 お花畑で乳繰り合ってノホホンとしてる間に、
 事実暴力で奪い取られた島は戻ってきませんと
 そういう事実を日本人は再認識すべきだ、
 という石原流橋下流の問題提起、ちゅうか確認作業。


 暴力で奪われた島だと、韓国てのはそういう国ですと、
 奴らの同胞北朝鮮に至っては正にキチガイですよと、
 きちんと事実に則って教育すれば、
 次の世代ではこんなことは起こらないと思う。


 早い話が、9条止めなほんまに知らんでてこと。



 ちょいと国連について。

 確か最初に授業で国連のことを聞いたとき、
「拒否権」というものがあると、
 その行使によって東西(当時)の思惑がどうこう・・・
 とまあそんな感じの説明があった。

 普通やったら「そんなんアカンやん」「意味無いやん」と思う。
 その時点で国連至上主義なんて生まれるわけないのだが、
 岩手の小沢とか、その他色々夢見ているヒトがまだ山ほどいる。

 これもずーっと不思議なんです。
 なんで?

「拒否権」とか「常任理事」とか、特別枠がある時点で
 平等じゃないじゃん、と思わないのか?
 思ってたらそんなんに期待することのおかしさがわかるはず。

 そもそも9条にすがって生きている日本人だから、
 色々なおかしさなんて思うはず無いのかもしれない。。。


 だから9条は諸悪の根源。

 これはもう議論の余地すらない。

■そういう雑誌だとはわかってはいるんですが(笑)

千葉・松戸で憲法記念日の集い――大江さん「人間のモラル」強調(週刊金曜日)

「2012年松戸憲法記念日の集い」(主催・実行委員会)が五月三日、千葉県松戸市で開催され、大江健三郎さんの「ひろげよう!憲法9条 不戦の誓い…ノーモア ヒロシマ・ナガサキ、そしてフクシマ」と題した講演会は、一三〇〇人を超える来場者で賑わった。

 大江さんは「五月三日は自分たちが戦争という過ちを犯したことを国民全体が認め、それを世界に宣言した日。憲法は私にとって大切なもので、これによって未来が開けた」と、日本国憲法と自身の結節点を語った。  

 また、昨年の東京電力・福島原発事故については「少なくとも一〇年、原発を再稼働させないという法律を作る必要がある。この一年、再稼働への動きを私たちは押し戻してきた。日本の民主主義は決して弱くない。再稼働を歓迎するのは政界や経済界、官僚、それに米国だけ」と、再稼働を急ぐ民主党政権を批判。「次の世代がこの地球上で生きていくことを妨げないことが人間の根本的で最大のモラル。すべての原発を停止すると不景気が少し長引くかもしれないが、今を生きる私たちが担えるものを引き受け、次世代への重荷を軽減させましょう。自分の一生を考えると、今一番大きな変化を迎える時代を生きていると思う。あきらめていては何もできない。一人一人が声を上げることが大切」と呼びかけた。

 憲法で保障された教育を受ける権利を奪われているとして、松戸自主夜間中学を運営する「松戸市に夜間中学をつくる市民の会」が始めた憲法記念日の集いも、今年で二九回目。実行委員会には七三の市民団体が参加した。

 今年初めて参加したという一児の母親は、「原発事故をきっかけに、誰が私たちを守ってくれるのか考えた。それは憲法だと気付いた。憲法は難しいと思っていたが、私たち生活者が主権者であり、主役なんだと知った」と話した。

(吉田敬三・フォトジャーナリスト、5月11日号)


なんでやねん!!

 自分の足でロクに調べもせずに偏ったイデオロギーで事実と思わせるような嘘八百の作文書き、日本人に対して「罪の巨魁」なるおどろおどろしいネーミングを用いて罵倒し、多くの人生を大きく狂わせたその張本人に「人間のモラル」などといっちょ前に言って欲しくない。
 大江健三郎こそ、「人間のモラル」の対極に位置する人間だ。困ったことに日本人であって、作文の巧さは認めるが。。。

 こんな死にかけの嘘つきまで引っ張り出して、あいもかわらずヒダリ臭い芝居を沢山の人間が演じとる。
 一児の母なる人物は「誰が私たちを守ってくれるのか考えた。それは憲法だと気付いた。」とのたまう。

 おいおい。まったくおいおいだ。
 9条があっても、津波・原発から何も守ってくれへんぞ。あの映像見てわからんのか。
「考えた」とは一体何を・・・一児の母ということは最低でも17,18歳だ。まあ(十代に限らず)日本人の多くは自分一番キチガイ教信徒やからアホなことを言うのは既にデフォルトやけど、「考えた」上でその結論に達している。
 これはもう救いようが無い。
 意見は意見としてあって言いと思うが、その思考の回路が理解できない。「我々を守るのは憲法」だと考えるその、別にヘリクツでもええけども、それがまったくわからん。
 日本人が手を出さんかったら他の世界は誰も悪無いてか?どんだけ日本人をコケにしとんねん。
 自分だけはちゃうてか?どんだけ他人をコケにしとんねん。


 いったい9条が守るのはなんや?
 通り魔から守ってくれんのか?
 外国の工作員から守ってくれんのか?
 戦争から守ってくれんのか?
 だったらチベットにもウイグルにもべトナムにも、そしてあんたらの大好きな中国にも、大嫌いなアメリカにでもおすそ分けして差し上げたらどうや?
 ソマリアの人や東ティモールの人、セルビア、イラン、イラク、クウェートの人々に、9条が無いから戦争になったんですよと言えんのか。それは逆に殺されても仕方ないくらいの侮辱やぞ。

 一体この連中は何を守るんやっちゅうねん。

■9条原理主義

山下さん「黙って殺されろと言われたのと同じ」(読売新聞)

 長崎県西海市の山下誠さん(58)方で母の久江さん(77)と妻の美都子さん(56)が殺害された事件で、山下さんが27日、心境などをつづった文書を報道機関に寄せた。

 殺人容疑などで逮捕された筒井郷太容疑者(27)(三重県桑名市霞町1)が三女に繰り返していた暴力について、千葉県警から被害届の提出を「1週間待ってほしい」と言われたことなどを明かした。事件はその10日後に発生。山下さんは「この国で、だれが筒井容疑者のような危険人物から命を守ってくれるのか、今も分からずにいる」と不信感をあらわにした。

 山下さんは、報道各社が弁護士を通じて提出した質問書に文書で回答した。

 それによると、千葉県に住んでいた三女のマンションに筒井容疑者が押しかけ、壁をたたくような音がするとして、隣人から不動産業者に苦情が寄せられていた。三女と連絡が取れなかったため、同県警習志野署に通報。三女の勤務先の上司らは10月30日、署員とともにマンションの部屋に入った。その場にいた筒井容疑者は任意同行され、「三女には、もう近づきません」との誓約書を書いた。

 しかし、山下さんが西海市の自宅に三女を連れ帰ると、筒井容疑者は三女の友人や職場の同僚に「三女の居場所を教えなければ殺す」と脅迫するメールを送るようになった。山下さんは筒井容疑者の両親に携帯電話やパソコンなどを取り上げるよう依頼し、三重県警桑名署にも筒井容疑者の実家を巡回するよう求めた。三女は今月初旬、習志野署に「(傷害事件について)被害申告したい」と電話。同署は「いつでもいい」と回答し、三女と山下さんは6日に訪れたが、同署は「1週間待ってほしい」と告げた。2人が三女宅で待機していると、筒井容疑者が訪ねてきたり、周辺を徘徊(はいかい)したりしていたという。

 山下さんは「私が筒井容疑者を捕まえるしかなかったのかと思う。警察からは(筒井容疑者に)『手を出すな』と言われたが、『黙って殺されろ』と言われたのと同じ」と主張。筒井容疑者を死刑にするよう求め、「今の法律では一般市民の生命を守ってくれない」と法整備を訴えた。


 9条ですよ。

『黙って殺されろ』は日本国憲法第9条の原理です。

 殺されてから、加害者者に優しい法律で罰が与えられます。
 精神障害を装ってそれすら避けられる可能性もありますが、まあそんなところです。

 9条は悪人がいることを想定していないので、この筒井のようなキチガイは想定外になります。
 想定外にされると全て責任の所在がわかりません。今でも東電・原発ブレーンどもはのんのんと生きてます。

 この先何十年かかけて裁判して万が一死刑になっても、キチガイ大臣がそれを執行させません。普通の人の命よりキチガイの命を優先します。


 正に悪人キチガイ天国です。普通の人は悪人・キチガイに、殺されるしかないのです。殺すのは悪人の思い次第。キチガイの触れ次第。これは想定外とされることなのでどうしようもありません。
 残念ですが、これは9条の国では致しかたないことなのです。
 キチガイに殺されるか、9条を変えるか、ぼくはどちらかだと思いますが、頭の良い方々はもっと良い方法があれば、是非ご教授いただければと思います(悪人、キチガイはいない、てのは無しですよ)。

■日本で死ねてありがたいと思え

発砲警官に懲役4年求刑=中国人死亡、被告は無罪主張―宇都宮地裁(時事通信)

 職務質問に抵抗した中国籍の無職男性=当時(38)=に発砲し死亡させたとして、特別公務員暴行陵虐致死罪に問われた栃木県警警察官平田学被告(34)の論告求刑公判が21日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)であり、検察官役の指定弁護士は懲役4年を求刑した。弁護人は発砲は正当として無罪を主張した。判決は来年2月10日。
 指定弁護士は、男性からの積極的攻撃はなく、正当防衛にも警職法の正当行為にも該当しないと指摘。「発砲は判断ミスだった」と主張した。
 これに対し被告の弁護人は、男性は近くにあった灯籠の一部で殴ろうとしており命に危険があったとして、「発砲はやむを得ない行為だった」と述べた。
 最終意見陳述で、被告は「亡くなったのは気の毒だが、私の行為は警察官として適法だった」と述べた。

 
 暗黒大陸で死んでたら裁判などできたかどうか・・・
 それだけでもアタマを地に打ち付けて感謝されるべきなのに何を調子にのって懲役まで求刑しとるこのバカチンが。

 職務上中国人のような連中と関わらなければならない方々には本当に同情する。
 ぼくもかつて上場企業で働いていたときに酷い目にあったからよくわかる。全員ではないが(←こう書くところが日本人の良いところであり悪いところでもある)本当にやってられない。人の皮を被る化け物としか思えないという結論をぼくは得た。関わらないほうが良い。それが日本人にとっての防衛手段だ。やつら(の多く←また・・・やさしいにもほどがある)はキチガイだ。


 ひとの国に来て悪事を働いた上に逃げて暴れて、治安維持担当者に対して「灯籠の一部で殴ろうとし」た。
 

 そんなもん撃って当然じゃ。
 張子の虎やあるまいし、そういうキチガイの為に腰に物騒なもんぶらさげとるんやんけアホかまったく。


 平田さんのおっしゃるように「亡くなったのは気の毒だ」とは思うが、彼に罪は無い。100%無罪だ。
 これが有罪なら、警察は職務を遂行できなくなる。日本人の被害者はどんどん増えるだろう。どんどん流入するキチガイ犯罪者を駆除できないのなら警察などいらない。

 そしてこれこそが9条信者が求める「平和」だということを、念仏平和教に洗脳されているノーテンキ日本人はよく知るべきだ。
 軍も警察も要らないと彼らは言うのだ。「灯籠の一部で殴ろう」としてくるキチガイが良い人だと勝手に決め付けて「話し合いしましょう」と言えというのだ。どう考えても「おまえ(日本人)死ね」と言っているとしかとれない。
 カルトとキチガイがここで繋がる。9条信者の大多数が犯罪者輸出大国の肩を持つ意味もこれでわかろう。
 9条は反日なのだ。理想としては良かったのかもしれないが、既に反日理屈の一部に加えられて事実上念仏化してるし、論者は意識しているしていないにしろ、反日活動をしていることに他ならないということになる。
 我々が今できるのは、そういうアホに「NO」を突きつけることだ。

■三権崩壊

【耳かき殺人判決】被害者の父「悔しくて涙も出ない」「反省示せばいいのか…」

 東京都港区で昨年8月、耳かき店店員、江尻美保さん=当時(21)=と祖母の無職、鈴木芳江さん=同(78)=が殺害された事件で、判決を受け、美保さんの父親は次の通りコメントを発表した。

 「この判決を聞いて、悔しくて涙も出ませんでした。この事件は、家の中にまで入ってきて、関係のない祖母(芳江さん)まで殺害するという、本当に陰湿で残虐な事件です。被告人に前科がなければいいのか、『自分なりに』反省を示せばよいのか、人間を2人殺してこんな判決でいいのかと思います。この事件で無期になるのであれば、一体何人殺せば死刑になるというのでしょうか。また、判決の中では、検事の言い分を否定した部分もありましたが、その理由も明らかでなく、納得できません。検察官にはぜひ控訴していただきたいと思います」


 本村さんの血のにじむような努力とふんばりも、やはり法をもてあそぶ鬼畜どもの前ではムダになった。努力が報われない。「和」が存在しない今の日本を如実に現している判決と言えよう。
 やはり奴らが懲戒されなかったことがやはり大きい。結果として今でもその汚らわしいツラをさらして法をもてあそび続けている。
 どういう理屈を並べようが、「身勝手で短絡的な動機に基づく犯行」であるならどうして「極刑に値するほど悪質なものとはいえない」のか、まったくもって理解ができない。「身勝手」に罪無き人を殺している。「短絡的」に罪無き人を殺している。その行為は明らかに「悪質」だ。未熟であろうがノータリンであろうが関係無い。
「反省」は死刑の執行まで十分すれば良い。判決から最長半年も「反省」できる時間がある(歴代法務大臣はその法を破って執行しないのだが)。

あなたは間違ってるわ

 裁判員は相当悩んだであろう。重圧は想像を絶するものだったと思う。
 しかし、その判断を尊重はしますが、拙ブログとしては間違ったと思います。
 誤解を恐れずはっきり言うと「逃げた」とぼくはとります。

 その理由はずーっと書いている以下の点に集約できます。
 ”こうなると復讐による私刑を否定できない”、と。

 もちろんそれをやってしまったら、法による裁きを受けねばならないことは言うまでも無いが、そうなることは十分に考えられるはず。
 もしそうなったらその復讐者は死刑になるか? 最悪連鎖ということも考えられるのではないか。いやもし再犯したら誰が責任とるのだ? 裁判員か? 信じたのにとか言って逃げるのか? 日本は基本的に責任を取らないようにシステムされている国だ。役人見ればわかるだろうそれくらい。唯一はっきりした責任の取りかたが、この「死刑」だ。それがどれほど重いことかわかって無いとそういうカードは使えない。
 そういう意味で、素人がそんな重い判断を下すことを求められる裁判員制度には反対の立場ですが、これが制度として実施されてる以上、死刑をしっかり適用してもらわないと困るのです。「身勝手で短絡的な動機」で殺人まで犯してしまった以上、きちんと責任を取らせるのが法(+日本は納得という概念もある)です。そうでないと法治などできない。それをきちんと適用するのが裁判員の責任です。反省なんてものはサルでもできるのだ、ぶっちゃけ。


 日本は自国の領土を保全できない。北方領土、竹島、尖閣と政府の対応を見ればわかる。
 自国国民の生命も財産も保護できない。北朝鮮の非道ぶりと政府の対応を見ればわかる。
 行政府は嘘をつきまくり、立法府は売国奴の巣窟と化し、司法府でも法の適用は崩壊した。
 どこからどうみても、既に三権分立の体を成していない。国として成立していない。これはサヨクが喜びを爆発させる状態だ。ぼくは地球市民なんかではないぞ。日本国民、大阪府民、大阪市民、天王寺区民だ。

 この国はそのうち恐ろしい修羅場になるだろう。「和」の無いサヨクどもにめったくたにされるだろう。
 大陸がそうなるのが日本の国益であったが、諸々敗れるということは、こちらがそうなるということだ。

■遅い

<ミズノ>中国の反日デモで対策本部 西安市の直営店に被害(毎日新聞)

 スポーツ用品大手のミズノは18日、中国西安市の反日デモによる直営店の被害を受け、水野明人社長を本部長とする対策本部室を設置した。現地法人や広報担当の社員ら約10人で組織し、今後新たなデモなどで被害が発生した際に情報収集する。

 西安市の直営店は入り口のガラスを割られたほか、店内にあった商品が壊され、営業再開のめどは立っていないという。中国店舗は10年3月現在、販売店が576店、うち4割が直営店で、日本人社員23人が勤務している。


 あの大陸で金儲けしようと下品な色気を出したんだから、それなり覚悟はしていて当然。出向く人間も「靖国で会おう」程度の覚悟はしているはずだ。まさか企業戦士で平和ボケではあるまい(笑)。
 社員が何人かとんでもないことに巻き込まれることは十分想定していないとおかしい。当たり前の話し、あちらは中華帝国だ。

 9条を信奉したまま(変えないということはそういうこと)なんだから日本国は何が起こっても助けられません。9条はご存知のとおり日本人は先に死ねってことですから。
 相手は共産党が独裁を敷く軍事政権です。暴力で奪い取った権力の担保を「徳」だと解釈して正当化する国です。「話し合い」などできるわけがありません。イマジンなんて本当に通用しない。するわけが無い。

 あちらで商売がしたいのですが9条では心もとない。だからそれを変えて善良なる日本国民の生命と財産を守る憲法にしてください、と活動している企業ならまだわからんでもないが、ミズノはそんなことしてない。もちろん他の大多数の大陸進出企業でもそんなことしてない。

 要するに自業自得だということだ。
 社員を何人も危険な目に遭わせても、例えば下っ端が何人か死んだとしてもカネが欲しいんだろう。カネカネカネ。そういう企業だということだ。「人よりカネ」。
 念仏平和教の連中も、実際見て分るように「人より9条」なんだわ。まだそれさえわからん連中が多いが。

 まあそういうことなのであしからず。

■ゴミはゴミ箱へ

自民が「徴兵制」検討? =幹事長、即座に否定談話(時事通信)

 自民党憲法改正推進本部が4日まとめた論点整理で、徴兵制の検討を示唆するかのような表現があり、大島理森幹事長が慌てて否定の談話を発表する一幕があった。
 論点整理は、「国民の義務について」の項目で、ドイツなどで、国民の兵役義務とともに良心的兵役拒否の権利が定められていると指摘。その上で「民主主義国家における兵役義務の意味や軍隊と国民との関係などについて、さらに詰めた検討を行う必要がある」と、徴兵制検討とも受け取れる表現が盛り込まれている。
 これに関して大島氏は同日夜、「論点整理はあくまでも他の民主主義国家の現状を整理したものに過ぎず、わが党が徴兵制を検討することはない」との談話を発表した。


 なんですかこの揚げ足取りの典型。

 このご時世、どこぞの将軍さまの国でもないのに徴兵制は非現実的すぎる。
 マスゴミはそれをわかっていてこんなアジを行う。
 ゴミと呼ばれるゆえん。

 きちんと読まず、というかわかってるくせに別の意味に取れるように解釈して記事にする。
 下品すぎてもう脱力する。大島のおっさんも「ガハハ」で笑って済ませばいいのに。

 時事さんよ、ほんまに、もっと他にやることあるやろ。な?

■先にやることがある

陸自連隊長発言、処分含め検討=北沢防衛相(時事通信)

 陸上自衛隊第6師団第44普通科連隊長の中沢剛1等陸佐(47)が「(日米)同盟は『信頼してくれ』などという言葉だけで維持されない」と発言したことに関し、北沢俊美防衛相は12日の閣議後会見で、処分を含め対応を検討する考えを示した。
 防衛相は「(政治や外交という)国家意思にかかわることを現場指揮官が公式に発言する規律の問題を、シビリアンコントロール(文民統制)の観点から整理する必要がある」と述べた。

 
 中沢剛1等陸佐は何も間違ったことは言っていない。正にそのとおりだ。
「信じてちょーだい」とか言っておきながら裏切ってるんだから、そんなんじゃ信用されませんよってこと。
 人間なんだからあたりまえの話。
 現場で命張ってる人間からしたら危なくてしょうがないし。


 確かに文民統制の観点から、言っちゃいけないことだとは思う。

 ならどうして、自衛隊などという中途半端なことをやめて、日本軍としてきちんと位置づけて法整備しないのか。
 中途半端な立場と装備と法律と、こんな状態でとやかく言えるものなのか?
 そもそもこの自衛隊は憲法に規定されていないのだ。実は恐ろしい集団(になりうる)ということをなぜ政治家は言わないのか?


「国家意思にかかわること」を言わせないのなら、まずその「国家意思」をきちんとしたらどうだ。

■答えになってないぞ

米の防衛義務、竹島には「生じない」 政府答弁書

 政府は12日午前の閣議で、竹島(韓国名・独島)について、日米安全保障条約に基づく米国の防衛義務は、現状では生じないとする答弁書を決定した。

 亀井亜紀子参院議員(国民新)が質問主意書で「武力によって不法占拠された竹島は(安保条約が規定した)『日本が武力攻撃を受けた場合』に当たらないのか」とただしたのに対し、答弁書は「現在の竹島は、わが国が施政を行い得ない状態にある」と指摘。米国が防衛義務を負うのは「日本の施政の下にある領域における武力攻撃」と説明した。


 事実上の竹島放棄になるんじゃないですかこれ。
「武力によって不法占拠された竹島」が「わが国が施政を行い得ない状態にある」なら、国がどうすべきか、直接的に言うなら9条をどうにかするかとか、議論しなくてはならないのではないのか。
 不法占拠された状況をどう打破するのか、お話で解決するにせよ、他の方法をとるにせよ、その話なしでいつものように逃げ口上のみを答える。
 そういうこと言及せず、「不法占拠」されちゃってるんだからしょうがねーよ、見たいな答弁はどうかと思いますね。
 普通は答えになってないと突っ返されますよ。

 今の政府に限ったことじゃないけど、こんなことやってるから国が歪んでいくのだ。

■守れない

「銃撃のこと言えなかった」…国後沖で操業の乗組員

 北方領土・国後島沖で操業中の日本漁船2隻がロシア国境警備隊のヘリコプターから銃撃された問題で、羅臼海上保安署(北海道羅臼町)などの調査に、第58孝丸(平藤孝幸船長)の乗組員が「迷惑を掛けてしまうので、銃撃を受けたことは言えなかった」と話していることが31日、関係者への取材で分かった。

 羅臼海保は同日、船長らの立ち会いで孝丸と第63清美丸(小島清美船長)の船体をあらためて調べ、当時の状況について事情を聴いた。

 2隻は羅臼漁協所属の刺し網漁船で、29日午後、ロシア側に協力金を支払って四島海域に入る「安全操業」からの帰港準備中に銃撃を受けた。同日夜に帰港し、乗組員らは「ヘリから照明弾のようなものを発射された」と説明したが、30日になって2隻の船体に計20カ所の銃撃痕が見つかった。


 無法者といえばロシア。だからこんなのはいつでも起こると思っておいたほうが良い。
 やつらのご都合次第で土地もカネも命もいつでも「自由に」奪われるのが9条下にある日本なのだ。

「紛争を解決する手段」として軍事力を使えない日本は、もうすでに60年以上、それに代わる解決策を出せていない。そしてどこの国もこんな日本(の素晴らしい9条)に追従しようとする気配さえ見せない。
 つまり、それは無いってことだ。厳密に言うと人間などという下等な生き物には無理ということだが。
 現実、北方領土も竹島も解決していない。それどころか、対馬や沖縄をも問題にしようとする勢力まである。

 日本人は何も特別優れているわけではない。唯一誇るべき特質「和」も失われてしまった。
 そんな普通の日本人に世界で誰もやっていない(=できない)ことを実現しようなどということ、それこそおこがましいということだ。
 傲慢すぎるぞ日本人は。


 「言えなかった」船員諸氏の哀しみを汲み取れるのか? 9条で。
 
 殺されかけても言えないんだぞ。敵がいると言えば「迷惑」になるんだぞ。
 こんなおかしなことってあるか?


 国は守ってくれない。

 いや、守れないのだ。

 9条では国民の命を守れないのだ。
 これが戦後日本の唯一にして最大の矛盾だ。

■に?

「外国人参政権反対」のデモに催涙スプレー 新宿で高校生逮捕

 デモ参加者に催涙スプレーをかけてけがを負わせたとして、警視庁新宿署は24日、傷害の疑いで神奈川県に住む高校3年の男子生徒(17)を逮捕した。同署によると、男子生徒は容疑を認め、「声をかけられてかっとなり、もみ合いになった。催涙スプレーは護身用に持っていた」と話している。

 逮捕容疑は、同日午後1時ごろ、東京都新宿区西新宿の新宿中央公園多目的運動広場で、33~41歳の男性3人の顔に催涙スプレーのようなものを吹き付けて、軽傷を負わせたとしている。

 同署によると、3人は「在日特権を許さない市民の会」が主催するデモに参加した後、帰る途中だった。デモの警備をしていた警察官が異変に気づいて駆けつけ、男子生徒を取り押さえた。デモには約500人が参加し、「外国人参政権に反対」などと声を上げながら行進していたという。


「外国人参政権反対」なのはまともな日本人なら当たり前の話だが、このタイトルはちょいとおかしい。
 産経による誘導のように読める。

「外国人参政権反対」を主張する「良い人」たちが民主的にデモを行っているときに、催涙スプレーがかけられたと読める。「デモに」とあるからだ。デモ側に同情を引き込む算段か。

 しかし記事を読むと違う。
 あくまで「デモに参加した後、帰る途中」に催涙スプレーをかけられたのだ。

 確かにサヨクは穢れた薄汚い連中なので後をつけて各個撃破したのかもしれないが、そんなことは判明していない。このガキの国籍ももわかってない。あくまで「参加した後」の揉め事になっている。
 だが普通の男子高校生が「催涙スプレーは護身用に」というのは胡散臭い。いまどき学校間闘争の兵隊でもあるまいし、3人のおとなを相手に「声をかけられてかっとな」るようなちょっと危ないガキだったのかもしれない。
 洗脳された工作員の可能性もある(日教組が牛耳っている以上、日本の学生のほとんどは洗脳されていると見て間違いない)が、少なくとも、産経のこの記事のタイトルはおかしい。「てにはを」もきちんと使えないのに、言葉を扱う仕事はしてはいけません。もちろん朝日のようにウソばっかりは論外だけど。

■破壊者来たれ!

政府筋「7、8分たったら終わっている」北ミサイル迎撃に懸念(MSN産経ニュース)

 政府筋は23日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した場合に備える日本のミサイル防衛(MD)システムについて、「(事前予告がなければ、ミサイル発射から)7、8分たったら、浜田靖一防衛相から麻生太郎首相の所に報告に行ったら終わってる」と述べ、政府内での迎撃手続きに時間がかかると、撃ち落とすチャンスがなくなるとの見方を示した。

 また、「『鉄砲の弾で鉄砲の弾を撃つようなもんだ。当たると思うか』と、石破(農水相)と昔、話したことがある。すると、(石破氏は)『当たると思う』と答えた」と、石破氏とのやりとりを紹介した。

 さらに、政府筋は、「『実験で今から撃ちますよと言って、ぴゅーっと来るから当たるんで、いきなり撃たれたら当たらないよ』と言ったら、石破氏は『それは信じようよ』と語った」とも述べた。


 結局、長年の9条からみのツケなんやねんて。
 悪い人はいない。いると言ってもいけない。いないのだから備えも必要ない。
 当るか当らんかわからんものにすがらなければいけない日本。
 アメ公もそれを買うしかない日本にしておけば、不確実すぎるMDシステムのような高価なシロモノが売れる。
 三馬鹿もそれを買うしかない日本にしておけば、拉致したり土地を奪ったり好き勝手に主権侵害ができる。

 親米右翼(これにぼくも含まれる)もサヨクも最終的に言ってることは同じ。
 本当の意味の日本軍はダメ。アメ公の言いなりか、そもそも軍ではない何かか。

 石破のおっさんも『それは信じようよ』と言うしかない。
 そうしないと全ての前提が崩れるんだから。

 でもその前提をぶっ壊してくれる政治家の登場を、実は国民は待っている。

■つまりは「窮状」なんだよねジュリー

【民主党解剖】第1部「政権のかたち」(1)「小沢首相」は大丈夫か(抜粋)

 2月上旬、都内で開かれた民主党議員と支持者による会合。党代表、小沢一郎が発した言葉に会場は一瞬凍りついた。

 「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」

 日本人の人権と日本の主権を蹂躙(じゅうりん)した北朝鮮の犯罪をカネで決着させる-。あまりにもドライな小沢発言は、当然のごとく、箝口(かんこう)令が敷かれた。

 外交・安全保障をめぐる小沢の「危うさ」が露呈し始めている。

(以下略)


 「小沢の「危うさ」」もそうだが民主党の危うさが怖い。
 結果的に今の自民党より酷い可能性のほうが高い気がするが、この流れはもう止まらないと思う。ほぼ間違い無く民主党に政権が渡ると思われる。保守系の報道はその「危うさ」を喧伝する声を大きくし始めて、「ほら言ったじゃないか」と言える保険をかけ始めている。


 今回は自民党では無いとぼくは宣言している。しかし民主党でもないことも明言している。
 それほどまでに日本の政党・政治家はぼく(一国民)の信頼を失ったのだ。どっちにしても酷いことになるということ。

 自民党が酷いのは全国民が実感しているとおり。既に末期症状の様相を呈しているのは見事に哀れだが、同情するなら「票」をくれってところだろう。残念だが「票」はあげれない。潔く腹を切れ。

 そして小沢(民主党)も酷いのは上記引用を見てもわかる。
 北朝鮮の手下に成り下がった野中とか中山(父)とか加藤とかと同じことを言っている。誘拐犯に身代金を献上して返していただくという考えだ。
 もしこんなことを普通にやるとすれば、もちろん国内を含む世界中で日本人が拉致されることは間違い無い。「自分探し」の途中で、自分と自分の国の愚かさを思い知る事になる。

 しかし、現状の日本を見ればそれしかないという結論も、支持はしないし絶対反対だが、理解はできないこともない。
 野中らは日本に軍隊が無く、他の国ができることができないからカネ・モノで話し合いをさせてもらわねば進展は無いという言い訳をしていたが、ある意味これは的を得ている。

 日本は敵に拉致された国民を救出できず、見殺しにする憲法を持っている。実際、日本国および国民は北朝鮮による拉致被害者を見殺しにしている状態だ。数限りなく積み重ねた外交の拙さもかなり痛い。

 本当に救出するのなら、北朝鮮と戦争して勝つことが最も有効な手段なのだ。キン豚野郎をとっちめて悪事を暴くしかないのだ。自滅を待っている余裕は、もうご家族には残されていない。

 小沢とか既出の売国奴どもが汚いのは憲法を改正しないと事実上救出できないことをわかっているのに、「カネしかないだろ」と言っていることだ。国民に憲法改正の意義を問う事もせず、サヨク思想の作った空気に流されている今のある意味愚民洗脳に迎合してキン豚野郎の金蔓になれと言っているのだ。いや世界中の悪の金蔓になれと奴隷になれと言っているのだ。
 結局小沢は自民党の売国政治家と何も変らないのだ。となると党内に余計アホな旧社会党系などを抱える民主党のほうが余計に酷いことをやらかしそうだと思うのは、もう1+1=2より簡単な話しになってしまうのだ。

 小沢になっても拉致事件は解決しない。
 民主党の良識ある政治家よ、それで良いのか?
 手に入れようとしているその権力は、何のために使うのだ?

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。