■TV番組

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■朝まで生テレビ 大阪市長“独裁・橋下徹”

大阪の歴史を作っています。

これが日本の歴史になるのかどうか、
さすがに朝生なんで内容は長いですが、
見逃した方は是非ご覧になってください

http://himado.in/80995


たぶん、
なぜ橋下さんが勝つか、
わかると思います。
番組には「分かりたくない人」が
たくさんでていますので、
そのへんの関係も見てください。
橋下さんは色々な面でかなり「上手い」、
というかアンチがしょぼすぎるんですけども、
そのあたりも十分留意して見てください。
発信力、これは相当なものです。
恐ろしいと思うサヨクの気持ちもまあ
わからんでもないかな(笑)。


今は大阪の話ですが、
これは日本の話になる可能性があります。

もう民主党に投票してしまうような
間違いを犯すことはやめましょう。

これは大阪から始まるかもしれない。

スポンサーサイト

■見てしもた


良かった。
特にベラ。

■彼の分はクランクアップ

ツイッター騒動の高岡蒼甫、新事務所を通じ「申し訳ない」(サンケイスポーツ)

 韓流ブーム批判などのツイッター騒動で7月末に所属事務所を退社した俳優、高岡蒼甫(29)が17日、新事務所「NOWHERE」と契約することを発表した。

 新事務所を通じ、サイン入りの直筆コメントを寄せた高岡は「この度は演技者の自分の発言から波紋を広げてしまった事、申し訳ない気持ちです」と改めて謝罪。今後は誤解を招く発言を慎むとし、「自分から伝えていけるのは芝居やそれに関わる表現のみです。この経験を生かし、質の高い表現を身につけ、目先の仕事に集中できる環境を整えます」と誓った。

 新事務所によると、高岡は来年1月の舞台「金閣寺」に出演し、同3月に映画「僕等がいた」が公開される。18日に事務所の公式HPがオープンする。


 彼が起こした一連の問題は大きな意味を持つ。

 ぼくのような普通の日本人がいくら呟こうがブログ書こうがほとんど何も変わらん。多くは「ネトウヨ」としてレッテル貼られてちょんちょん。
 彼(嫁の存在がデカイことは重々承知)クラスが書き、マスゴミが煽ったからこそ韓流の胡散臭さがちょっとだけ広まった。あのサヨク運動家とちゃう、普通のおとなしい日本人がデモまでしとんねん。
 普通の日本人は違和感を感じとる。「なんでやねん」と思っとんで。
 マスゴミの中にも抵抗者はおるんやろうけど、残念ながら民主党に政権を獲らすような無様な国民が多数を占める国なんや。ほんまのことをゆうてしもたばっかりに干されてしもても誰も助けてくれへんのや。闇に葬り去られてしもた有志もそらよおけおったやろ。

 彼も色々とあったやろなあ。
 そりゃあすごいことになっとったと想像するわ。
 結果的に韓流を批判することは芸能界では「死」を意味することになった。
 これがどんだけ恐ろしいことか、無自覚サヨクは死んでもわからんやろ。「ワテアホやねん」だけではすまんぞ。ザキヤマのあの醜態を見てみい。人間落ちるとあそこまで汚らしく見えるんや。

 高岡蒼甫くん、君のやったことは結果すごいこと。たとえ意図していないとしても。
 半島は胡散臭い。マスゴミは本当に腐っている。芸能界も同じ。
 これがちょびっとやけど広まった。この影響を受けた人の中から日本の未来を救う人材が出てくるはず。
 君の役目はここまでやろう。いやもう十分や。

 今度は演技の世界ですごいことをやってください。
 お役目、ほんまにごくろうさんでした。

 さて、次のキャストは誰やあ(^^)

■フラグオン

愛ちゃん、大丈夫かなあ・・・

反韓コメントは軒並み抹殺されるこの日本だからなあ。
おめでたい連中はこれがどういうことか分かってないんだろうなあ。
自分は大丈夫とか思ってんのやろか?

この動画も消されるかもしれんので
本当のこと、知りたい人はとりあえず落としておいて損はないよ。

■代表TV

 無理とは承知しつつ・・・

 代表TVなんてものはでけへんのかなあ?

 いやね、もうテレビなんかほとんど見いひんねんけど、やはりスポーツの中継、特に日本代表のものは気にならないはずが無い。まあそれだけでもフジのキチガイぶりは分かるやろし、反日ウォッチャーの役目も十分果たせるちゅうもんや(^^;;

 さてその代表TV。
 どんなスポーツ、いや文化的なもの-囲碁でも絵画でもええ(大食いはいらん)。
 国際大会において日本の代表が参加するものは全て、代表チャンネルでまとめてやって欲しい。
 もちろんサッカーもフル代表、なでしこ、ユース、少年クラス全てやる。
 マイナーな競技も当然取り上げる。ガチガチ利権で凝り固まっているワールドカップとかF1(代表が参加してるんかと言われれば微妙だが)とかはライヴでなくてもかまわん。ライヴは民放がカネ払って勝手にやれば良い。その後に代表TVができるだけ早く、しかも編集前映像を格安で提供受けれるようにすれば良いのだ。これくらい政治でなんとでもなるはずや。売国キチガイを何人も囲ってる犬HKに大金ぶっこむよりよっぽど日本の為になる。

 そんなチャンネルがあれば他の放送全て見られへんかっても、代表TVにカネ払って見ますけどね。極論専用モニタであっても買うけどね、ぼかぁ。。

 需要無いんかな?
 まあ今のマスゴミからしたら、国民の需要もへったくれもないからなあ。

 どっかカネ余って困っている上に”志のある”企業でやってくれんかなあ。。。
 いやそれも、いつの間にか特定国代表チャンネルに乗っ取られるのが怖いので、政府主導で・・・って政府もとっくにやられてるやん!

■ヤマヒロかシンボウか

 2700人近い日本人が参加した10月2日の反政府&反中華デモ。
 日本のマスコミがいかに腐りきっているかという事実を白日の下に曝した。
 正直死んで欲しい。自分に正直になりすぎて○で隠したり、ごまかしたりなんかできない。日本のマスコミ関係者は本当に死んで欲しい。確実に「穢れ」だ。しかも汚染元だ。

 今ネットで検索してもほとんど無視状態。
 内心忸怩たる思いの関係者もいるかもしれない。原点へ戻れ。報道を志したのは何のためか!
 こういうことが続けば一部が過激化しても仕方がないだろう。民主的手段では埒があかないと判断してしまうからだ。
 過激行動ももう否定しない。まずはわかりやすい朝日新聞を滅ぼせ。次は犬HKだ。標的はいくらでもいる。マスコミ関係者もだか、戦後いちびりが過ぎた反日サヨクもだ。これら合わせると相当な数だ。日本を修羅場にするのは何を隠そうサヨクとマスコミだ。反動はでかいぞと拙ブログではずーっと書いてきた。そろそろやられても致しかたあるまい。罪が深すぎる。


 週末、「委員会」でたかじんが触れるだろう(その前に「アンカー」のヤマヒロがやると期待しているが)。
 そのとき関係者たるシンボウジロウはどう答えるのだろうか。

 事実上言論統制下にあり北朝鮮化した東京にはもう自由は無い。アホと化した腐れ日本人の巣窟となった。
 ヤマヒロかシンボウか、ここでやらないと彼らの将来も無い。そして日本の将来も、無い。

■腐乱するまえに

日本で反中デモ、日本国旗を手に菅内閣の対中外交を批判(サーチナ)

 尖閣諸島(中国名:釣魚島)を巡り、日本と中国の緊張が続くなか、日本で尖閣諸島の主権を主張する反中デモが行われた。香港メディアの鳳凰網は2日、「反中デモが行われ、馬淵澄夫沖縄担当相兼国土交通相は尖閣諸島の警備を強化すると言及する一方で、仙谷由人官房長官は世界経済の復興のため、日中は緊張関係を改善する必要があると述べた」と報じた。

 記事では、「東京では日本国旗を手に持った800人が反中デモに参加し、菅内閣の対中外交の軟弱さを批判し、国土の保全を呼びかけた」と報じた。

 一方で、仙谷由人官房長官は2日、ロイター社のインタビューを受けた際、世界経済のために日中両国は関係を改善する必要性があるとの認識を示し、日本は中国との戦略的互恵関係を強化し、アジア経済のいっそうの発展を目指すべきであると述べた。(編集担当:畠山栄)


 このデモ(2500人規模だったようだ)、なぜか日本のマスゴミでは報じられない。エントリしたサーチナは報じてはいるが参加者数を捏造。隠すよりはまし・・・・・・サーチナのほうが「まし」って、もうホンマにお仕舞いもえーとこやで。


 報道内容を選別できる権利を持つ工作員(報道局長クラス?)は、もう命は捨てたんだろう。
 亡命したところで国を売った外道を遇する国などない。日本に残ったところで売国奴として死ぬまで卑下されるだろう。家族はとっくに暗黒大陸へでも避難していることと思う。
 それくらいの覚悟がないと、こんな重要なニュースを無視することなどできはしない。


 日本のマスコミは10月3日、確実に死んだ。

 いや、とっくに死んでいたことを国民は知った。
 腐乱する前に、きちんと処理せねばなるまい。日本人は清潔が大好きな国民だ。腐っているものはさっさと捨てなければならない。ミカン程度の腐敗ではないのだから早いに越したことは無い。この際全体を始末すべきだ。

 もちろん、処理される(腐っている+始末される)側はもう分っている。
 自分達の拠って立つ精神を蔑ろにした結果、その結末がどうなるかを。
 確信的売国行為を働いた代償がどれだけのことに値するかを。

 このような連中には、早く手を下してやるのが日本的なやさしさだ。

■なんという恥さらしか

NHK支局長のビザ更新拒否 インド政府が報道批判

 【ニューデリー=田北真樹子】インド政府が、NHKニューデリー支局長(46)に対し、同国滞在のための査証更新を拒否していたことが8日、関係者の話で分かった。

 インド側は拒否の理由を明らかにしておらず、NHKは7日付で在日本インド大使館に対して、事情説明を求める文書を送付した。支局長は今月5日に帰国している。

 インド外務省高官は産経新聞に対して、「NHKの報道は建設的でなく客観性に欠けているため」とコメントした。インドでは、政府側が記者証発行の拒否をちらつかせて外国メディアに報道姿勢の修正を求めることはあるが、実際に査証更新を拒否するケースは珍しい。

 NHKでは昨年、インド総選挙の報道をめぐって、特派員の査証発給が遅らされたことがあった。また、今年3月、同国西部ムンバイの原子力研究施設を取材・撮影した際には、取材許可を出した原子力庁が、内務省から事実関係を問いただされる事態となった。

 NHK広報局は産経新聞の取材に対し「突然の措置で驚いている。インドに関する報道や取材との関連も含め、理由はまったく推測できない。インド大使館の説明を聞いたうえで、今後の対応を考えたい」とコメントしている。


 この恥さらしの犬HKめ。さっさと腹を切れ。
 友邦インドでも例の犬っぷりをさらしているのであろう。まったく情け無い話だ。
 犬の分際で、何やらカースト絡みのネタでいちびったことやらかしやがったらしい。
君は卑怯だ

 犬HKよ、貴様らの存在価値はもうとっくにZEROだ。もはや自浄を期待するときではない。
 他国に「建設的でなく客観性に欠けている」とまで言われて恥ずかしくないのか。
 日本人は「恥」を知る。恥ずかしいのであれば、自ずとなすべき事はわかるはずだ。
 恥ずかしく無いのなら、「我々犬HKは、反日のみなさまの為に常に誠意を持って報道に取り組んでおります」とかなんとか、今すぐ正体を明かし、滅びの道へ進め。
 そうすれば日教組とか共産党とか総連とかから、ありがたい視聴料もいただけるぞ(笑)。

■亀井も亀井だが、一番悪いのはいつでも朝日

亀井氏、テレ朝をドタキャン! 発言の長さを指摘され激怒 

 国民新党の亀井静香代表は5日夜、テレビ朝日「報道ステーション」の参院選に向けたコーナーへの出演を“ドタキャン”した。関係者によると、亀井氏は各党党首らと出演した4日のテレビ朝日「サンデー・フロントライン」でCM中にコメンテーターに「発言が長い」と言われたことに激怒した。番組関係者が亀井氏の遊説先にまで出向いて謝罪したが、亀井氏の怒りは収まらなかったようだ。


 朝日なんだから何でもしますよ。日本さえ無くなれば(笑)

 まあ亀井のなおっさんのような政治家一人くらいおっても面白いとは思う。今のアホ連中が好きな「自分らしい個性」としても不自然でない。無党派は軒並み亀井で投票だ(呆)

 しかしいくら朝日といえど、仮面は報道機関(目的は日本の破壊)。出演を拒否し、自分の政策を国民に説明する義務を放棄したことに他ならない。
 確かに、朝日だから説明しても朝日式に捏造されて操作されちゃうかもしれないが、それならそれで朝日には正式に断交宣言すれば良い。朝日は敵だと断固戦えば良い。奴らは日本の敵であって何も日本に貢献してないんだから、良識ある人はそれこそ亀井で投票するかもしれない。
 朝日なんかと関わり持つからイライラするのだ。「和」を破壊して日本を破壊する朝日と関わるからイライラするのだ。とにかく朝日だから悪いのだ。理由は一つ、朝日だからだ。情けも容赦も無用だ。朝日の罪は地球より重い。

■犬にカネなど払えるか!

NHK受信料不払い、今夏にも強制執行へ(読売新聞)

 NHKが受信料支払いの法的督促を行った後も不払いを続けている世帯・事業所に対し、今夏にも初の強制執行を行う方針を固めたことが、15日わかった。

 対象は3月末現在で76件に上るが、話し合いを続けながら数件ずつ着手していく。

 相次ぐ不祥事の発覚により、NHK受信料の支払い拒否・保留者は2005年11月末、ピークの128万件に達した。このため、NHKは06年11月、東京都内の33世帯について、東京簡裁に支払い督促の申し立てを行い、初の法的督促に踏み切った。その後、再三の支払い要求に応じないなど悪質なケースを中心に、法的督促は全国に拡大し、今年3月末現在で総数は841件に上る。このうち506件は支払いに応じ、162件が異議を申し立てた。

 督促を受けた場合、送達日から2週間以内に異議申し立てがなければ仮執行宣言がされ、さらに2週間以内に異議申し立てがなければ、確定判決と同一の効力を持つ。その段階まで進んだケースは100件あり、うち24件は分割払いに合意。残る76件が強制執行の対象となり、財産の差し押さえが可能となった。

 ただ、NHK営業局は「話し合いで支払ってもらえるよう説得するのが本来のあり方」として、慎重に手続きを進めていく。

 ◆強制執行=民事裁判の判決などで請求権を認められた債権者の申し立てにより、支払いに応じない債務者の不動産や所有物(動産)を差し押さえ、売却し、債権者への支払いに充てる手続き。民事執行法に詳細が定められている。


そうはいかねえんだよ

 ここにもわきまえない激烈クソ野郎がいた。

 現在の「和」が消滅した日本を象徴する組織、犬HK。
 ぼくは以前、人○しだとも書いた(節ブログ:この件の犯人は、N○○だろう)ように、関係者を人であるとさえ思わないようにしている。犬野郎だと思うようにしている。実際そう思わせる活動をこの犬野郎どもはやっている。
 悪魔の洗脳組織日教組と同じく、日本を敵の組し易いアホばかりの国にする為に粉骨砕身日々まい進する売国団体。破防法適用でも別段驚きはしない。

 そのクソ基地外団体が何を血迷ったか個人の財産を差し押さえる暴挙に出るだと。

 洗脳番組を見ても無いのに、または見る気も無いのにカネだけ払えだ?
 洗脳されろってことか? おまえ頭完全にイッてもーてるやろ?

 まったくどのツラ下げてそんなことができるのだろうか。
 普通であれば内部にうじゃうじゃいる敵の工作員を一斉検挙でもして追放し、”日本の”公共放送たる姿勢を示した上で理解を求め、ふさわしい番組作りを続けて地道に信用回復に努めるべきなのに、なんだこれは?

 あれ(拙ブログ:)から1年も経って無い。
 どういう了見なんだろうか。連中の全てを疑う。

 恥を恥とも思わない犬HK(とついでにポッポ)、正に滅ぶに値する。

 絶対に払わない。
 そんなカネは持ち合わせていない。日々の労働の成果なのだ。
 支払うにたる対象は、個人である自分が決める。

 こんな犬野郎に使うカネがあれば、猫を飼いたい(オイオイ)

■不毛な感想

 「不毛地帯」が視聴率も不毛らしい。
 ちんちくりんないちびりドラマが多い昨今、社会派といおうか普通のドラマであるはずのこのドラマがどうして不調なんでしょうか?
 難しい話は嫌いだとかいうグータラな人間が増えたという話も聞いた。暗いのはヤダという話も聞いた。J事務所のガキやAKBとかの外見のみで中身の無いパッパラパーが出てないからとも聞いた。

 他のドラマは見てないので知らないが、「不毛地帯」は面白い。実話(に近い)と勘違いしている人も多い(この作者の話はその手のトラブルが結構ある)が完全フィクションとして見るなら、多少時代をオーバーラップして見るなら相当に面白いと思う。


 基本的にスポーツ中継以外は録画でしかテレビは見ない。もちろん「不毛地帯」も録画。
 スポーツも野球はほとんど見ない。サッカーかバレーボールかマラソンか、そんなところ。

 あとは「そこまで言って委員会」「秘密のケンミンSHOW」「旅サラダ(早送り)」くらいか。
 気が向いたときに○HKのドキュメンタリーを流し見程度。

 事実上、ぼくの中ではテレビ時代は終末を迎えている。
 最大原因は番組の質の悪さにあるのだが、当事者は気づかずに堕落し続ける脳みそ溶解番組を作り続ける。

 アホのぼくでさえ既に「終末」なんだから、かなりのアホじゃない人はもうとっくにテレビから離れているはず。その残りが今の視聴率を作っていると、アホな視聴者に迎合するアホなテレビマンどもがアホな番組を作り続けて自滅している、と(あくまでイマジンですが)暴言を吐いているわけです。

 いやもうね、イマジン9条で国の大事が左右されている国なら、何を言おうが何しようがイマジンで無罪放免になっちゃう気がするんですよね。諸悪の根源になってしまってますね9条は。
 と正に不毛なエントリ(爆)

■個人の悪も良くないが集団で大悪事を働いている連中がいますよ

【外信コラム】台湾有情 NHK番組の傷跡

 日本で4月に放送されたNHKスペシャル「シリーズ JAPANデビュー 第1回『アジアの“一等国”』」が日台の民間各界に深い傷跡を残している。番組内容をめぐり視聴者が集団で提訴する事態に発展したのにNHK側にいっこうに反省の気配がみられないからだ。最も傷ついたのはこの取材に応じた台湾の日本語世代の人々だろう。

 先日、産経新聞台北支局に福地茂雄NHK会長あての「偏向番組に対する抗議状」の写しが届いた。差出人は「老台北(ラオ・タイペイ)」の敬称で知られる蔡焜燦(さい・こんさん)さんを代表とする「台湾歌壇」の有志60人だ。

 抗議状は「私どもは日本時代に日本国民として生まれ、日本人としての教育を受けた日本語世代を中心に、日本の伝統的な短歌を40年以上詠み続けています」との自己紹介から始まる。NHKには植民地統治の功罪両面を話したのに、放送されたのは批判部分ばかりだったという。

 NHKが「恣意(しい)的で偏向、歪曲(わいきょく)に満ちた編集態度で日本語世代を傷つけた」にもかかわらず、何ら誠意ある対応をとらないことを厳しく批判、「(番組の)訂正」を求めている。

 末尾の「日本語世代の台湾人は知日、親日、愛日、懐日(日本を懐かしむ)はあっても『反日』はいません」との言葉からは叫び声が聞こえてくるようだ。近隣で最も親日的な台湾の人々の痛みを顧みないようでは日本の明日はない。(山本勲)



 少し前の記事だが、のりピーヤク漬け事件なんぞで犬HKの大悪事をすっ飛ばすわけにはいかない。
 ニセサーファーも汚れた元アイドルも、敵による工作の結果。ついでにお塩とかいうチンピラも劣化日本人の慣れの果てだ。

 そしてこの台湾侮辱事件。犬HKでふんぞり返ってプロパガンダ映像を作り続ける工作員もまた、敵の工作だと見る事もできるのだ。こういった連中は敵の前では恭順の姿勢。あたりまえだがこいつは日本人でも敵の工作員。
 犬HKの罪は恐ろしいほど深く大きい。知れば知るほどあの天下の大悪党朝日○聞と肩を並べてしまうほどだ。

 しかし犬HK職員(工作員)のほとんどは日本人なのだ(と思う、多分)。
 なぜ日本人が敵の工作員に成り下がるのか。
 工作員に成り易い様に洗脳されているのだ。教育によって。

 今でさえこんな状態の日本で、反日工作員育成機関である日教組の支持する民主党が政権を盗ればどういうことになるか、そんなことはぼくのようなアホでもわかる。
 日本国中工作員だらけになって国が混乱する。洗脳の浅い人、幸い洗脳されずに済んだ人、こういった「日本人」と敵のコマに成り下がった自覚の無い日本人工作員とそこら中に潜伏している本物の工作員が争うようになる。
 得をするのはどいつだ? ほら得意のイマジンだ。
 わかるはずだ。得をするのは日本人ではない。

 敵だ。

 犬HKがこの件でやっているのは、「日本人」側に立つ人間を減らしていることに他ならないのだ。
 犬HKは間違い無く、敵の工作機関だ。ビタ一文払う必要は無い。ケリでもくらわせてやれ。

 そしてもちろん、民主党にもケリだ。
 輿石が参院議長だという噂もある。こうなることは、正に死刑執行書に自ら署名することに等しい。

■だからわきまえろって

受信契約求めた訴訟取り下げ=NHK(時事通信)

 テレビを設置しながら受信契約を結ぼうとしない埼玉県内のホテル会社を相手取り、NHKが受信契約の締結などを求めた訴訟で、会社側が契約に応じて未払い受信料全額(約142万円)を支払ったため、NHKは9日、さいたま地裁への訴えを取り下げた。
 この訴訟は、未契約者に契約締結を求めた初の提訴として注目されていた。

 
 犬の分際でなにをやらかしとんねん。

 強制的に契約を結ばせるほどのことをやってんのか?

 やってないやんけあほ。
 犬にカネ払うほど余ってないんじゃぼけ。

■犬


【断層】潮匡人 NHK反日プロジェクト(MSN産経ニュース)

 NHKの「プロジェクトJAPAN」。看板とは裏腹に、内容は「プロジェクト・アンチJAPAN」と題すべき反日番組と堕している(「正論」6月号「クロスライン」拙稿参照)。

 批判が集中したのは4月5日放送「アジアの“一等国”」。川添恵子氏は「『NHKに騙(だま)された』“反日台湾”を捏造(ねつぞう)した許されざる取材手法」(前掲「正論」)を指弾。湯浅博氏も「歴史を歪曲(わいきょく)する方法」を批判(4月30日付産経)。小林よしのり氏も西尾幹二氏も批判する。

 批判を浴びたNHKはどうしたか。「日本李登輝友の会」の公開質問に、番組プロデューサーはこう「回答」した。

 「私たちは番組内容が偏向していたり、事実関係に間違いがあるとは考えていません」

 われわれはそう考えていない。明らかな「偏向」と考えている。現に取材を受けた当事者が「騙された」と言っているのだ。公共放送としてほおかぶりを決め込むのは許し難い。

 政府が「村山談話」を閣議決定し、踏襲している以上、公共放送として、その歴史認識を踏襲せざるを得ません。私がNHK会長なら、そう「回答」したかもしれない。いずれにせよ、特殊法人(NHK)特有の役人根性に染まっている。

 政府公認の歴史観でも、こう言えよう。日本は台湾統治に成功した。だからこそ朝鮮半島では失敗も犯した。NHKはそうした視点も放棄した。

 番組は3年間続く。その間、受信料を強制徴収する正当性が回復する見込みはない。(評論家)


 犬NK、またやらかしたようですね。
 いい加減○んでくれんかな、犬NHさんよ。
 日本人はプッツンしたらそれはそれは酷い事するぞ。貴様らの思想では特によく知られたことだと思うが、そのプッツンを受け止める用意はできているのか?

 工作員が色々と逃げ口上を打っているようだが、「受信料を強制徴収する正当性が回復する見込みはない」ぞ。
 こんなことをやってると、「強制徴収」どころか普通に徴収してるのもおかしいと思う(当然ですが、ぼくはそんな無駄カネは消費しておりません)。
 官僚も政治家も犬HKも朝日も毎日もその他諸々のサヨクとされる集団は、内なる「害」を自浄作用によって排除せねばならない。すでに罪が大きすぎて手遅れの連中も多いが、それさえしないのはもうお笑い種にしかならない。

 ちょっと前にあったあのクソ映像「靖国」と同じように、出演者の方を完全に裏切っている。
 裏切られた出演者の方は「日本」というある意味ブランドに誇りをもって、あるいは敬意を表して出演されている。
 それを裏切ったのだから罪は重い。個人の尊厳を傷つけただけでなく、法云々以前に人として確実に腐ってしまっている。
 日本というブランドを利用して作品を作る。その作品を使って確実にそのブランド力を弱める。汚す。貶める。
 とてもじゃないが、まともな人間のする事とは思えない。
 犬HKには確実にまともでない人間が仕事をしている。しかも結構カネももらっているはずだ。

 恥ずかしくないのかと普通の日本人は思うが、連中は既に日本人ではないので、恥を恥とも思わないのだろう。
 そういう意味では理屈として合っている。
 がそんなこと、当然許される事ではない。覚悟はできているだろうから、日本人の怒りの鉄槌が下るのを待っておけ、犬HKのまともでない人間よ。
 他に若干いるであろうと希望的に観測するまともな人間は、巻き添えを食いたくなければ自浄作用を発揮せよ。



 「私はエントリで書いた内容が偏向していたり、事実関係に間違いがあるとは考えていません」

 ようはこれで何でもできるってことだろ?

 え? 犬HKよ。

■キタ!桜井女史!

フジ日曜夜の顔に美女トリオ(nikkansports)

 フジテレビが、安藤優子キャスター(48)と滝川クリステルアナウンサー(29)をキャスターに起用し、ジャーナリストの桜井よしこさん(61)をコメンテーターとする新番組を開始することが6日、分かった。4月スタートの報道番組「日曜“新”報道(仮題)」(日曜午後10時)で、放送中の「スタメン」は3月末までに終了する。

 同局によると、新番組は、通常のニュースのほか、実際に起こった事件や事故などを、俳優を起用した本格ドラマやアニメ、CGなどで再現しながら問題の真相を探る。安藤キャスターは「硬いというより、深い報道番組を目指したい。クリステルを甘やかさず、でも、リラックスしながら彼女の違う部分を見たい」。

 フジの看板女性キャスターの安藤さんに加え、日本テレビで長くキャスターを務めた桜井さんとの共演に人気の滝川アナも緊張気味だ。「2大巨匠と一緒の自分をイメージできませんでした。プレッシャーと不安を感じていますが、同じ土俵に立てることをうれしく思います。休みが減るのはつらいけど頑張ります」と話している。

 安藤キャスターは、夕方の報道番組「スーパーニュース」を、滝川アナは「ニュースJAPAN」を、それぞれ続投する。


産経やっとチカラ入れてきましたね。
本当は朝日のプロパガンダ放送にぶつけて欲しいんですが、まあしょうがない。

なにより桜井さんが出るってのが、期待大ってところ。ゲストとかも期待。

念仏平和主義の人とか親三馬鹿の人とかを呼んで論破する企画があると
視聴率も爆発すると思います。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。