■日本の政治

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ぜ・・・いや「で」

 よくできた首相だ(った)。

 いやなに野田首相のこと。
 あくまで民主党政権ではという条件付き。

 最後の最後で安倍さんやられたなという印象。
 あくまでTV録画の討論内容を見てだが。

 あの場で(野田首相の決意に心打たれた感を出し)、
 即決でYESを出せば相当株が上がっただろうと思う。

 人間味溢れ、しかも決断できる男を演出できただろう。

 そういう意味で安倍さんやられたなと思う。

 野田首相も生き残る道を残した。



 話し変わるが、
 まあ保守というのがよくわからない。

 野田首相も保守だそうだ。

 民主党で?
 中華デレデレで?
 人権擁護法を閣議で出すのに?

 保守とは何を保守するのだ?

 俗にいう保守が目の敵にするのは中韓、特アだ。
 なぜ特アが敵なのかというのは、
 これは奴らは日本の国体(言い方難しいが)
 天皇、ご皇室を無いものにしようとしている
 そのことを本能的にわかっているからだ、と思う。

 中華の頂く自分だけが一番、他はカス。
 これは日本の天皇を受け入れない。他は全てカスだから。
 これはサヨク以外は誰にでもわかる話し。
 だから中華が中華である以上
 基本的に中華は敵であるとせねばならない。
 ただ、敵であってもドンパチしないよう努力は必要。

 言いたいのは今のようにドンパチしないために
 媚びへつらいありもしない誹謗中傷を信じ込む
 ということではない、ということ。


 かつて日本は相当イカレていた。
 そんな昔の話ではない。

「日本は天皇を中心とする神の国」
 そんな当たり前の話をしただけで
 なんと総理大臣のクビが飛んだ。

 完全にイカレていたのだ。
 その成れの果てが民主党政権という成果。

 今は、というかこれから、
 その後遺症と戦っていかねばならん。



 そろそろ元気に行こうぜ。


 もうすぐ選挙、
 スマホ弄くりで下向いてる場合ちゃうで。

 前を向いて歩こうぜ。




 っとあw


 三宅さん・・・・・

 あああ。。



 謹んでご冥福をお祈りいたします。



 安倍さん、これは死ぬ気でやらんとあきまへんで。

スポンサーサイト

■普通の政党

石原新党めぐる橋下氏発言に不快感 たち日幹部

 石原慎太郎東京都知事が結成を表明した新党の母体となる「たちあがれ日本」幹部は31日、日本維新の会代表の橋下徹大阪市長が石原新党との連携は困難との認識を示したことに関し「石原氏とだけ一緒にやればいいのか。取り合わない」と不快感を示した。

 新党結成前の日本維新との政策協議に関し、別のたちあがれ日本幹部は「石原氏が『まずは話し合ってみよう』と言っている。新党結成前に日本維新と擦り合わせないといけない」と述べ、早急に協議すべきだとの認識を示した。

 一方、藤井孝男参院代表は記者会見で、国政政党となった河村たかし名古屋市長率いる「減税日本」との連携については「現時点で接点はないが、会いたいとなれば対応する」と柔軟な姿勢を示した。


 橋下さんの発言の経緯は知らないが、
 ヘタ打ってる気がします。ま、気がするだけです。

 対朝日(=敵)という意味で橋下さんを支持はします。
 でも八策とかもろもろ政策を聞くと
 多くは賛成できそうもない。危なすぎる。

 政策では「たちあがれ日本」を基本に考える。
 (具体的に出ているものは少ないという現実には奮起を願う)
 キチガイサヨクに支配された中では「極右」に見えるだろうが、
 そんなキチガイを基準に考えられては困る。

 石原のおっさんも橋下の「上手さ」が欲しいばかりに
 痛い目に合わないことを願うばかり。

 安倍さんが強力に指導する自民党ならば、
 そちらのほうが石原のおっさんにしてもやり良いと思うが。。。
 息子の件もあったりはしますけど(^^;

 とにもかくにも、自民は加藤とかの中華工作員が邪魔。
 民主にいる長島さんのような内部工作を画策してるのか、
 どっちにしてもそんなわけわからん状態から早く脱して欲しい。

 政界再編がよく言われるのは、
 そんな普通かキチガイかわからんような政党ではなく、
 きちんと普通の政党を選びたい、
 という多くの国民の声だと思う。

■哉

非常任理事国、韓国に投票 日本、外交ルートで事前伝達

 外務省幹部は25日、国連安全保障理事会の18日の非常任理事国改選で日本が韓国に投票したことを認めた上で、事前に韓国側に外交ルートで投票することを伝えていたことを明らかにした。李明博大統領による島根県・竹島への不法上陸などへの対抗措置として不支持も検討したが、日中関係が悪化する中で韓国との関係改善を優先した形だ。

 同省幹部は25日、韓国への投票について「安保理にアジアの友好国がいることは日本にとり意義が大きい」と説明。

 ただ、政府は「基本的には公表しない」(玄葉光一郎外相)との立場を取り、韓国への投票を公式には認めていない。

 日韓関係をめぐっては、9月の国連総会演説で双方が名指し批判を避け、その際に外相会談を行うなどの接触を継続しているが、23日には韓国の国会国防委員会に所属する議員が竹島に不法上陸した。


 外務省には勉強ができる人が沢山います。
 あくまで想像ですが(笑)。

 そのたぶんいるであろう勉強のできる人たちが
 熟慮の上に熟考を重ね、内容を吟味精査した結果がこれです。

 たしか韓国は日本の常任理事国入りも
 いつものようにヒステリックに、
 しかも世界に向けて反対ロビーはったはずです。

 そんな無礼かつ傲慢無知な隣国に
 今更なにを期待するのですかね。

 彼らは永遠に日本を支持しない。
 反日は彼らの国是である。
 彼らは我らを辱めてその不潔な自尊心を満足させている。


 勉強ができると何か違うことが見えるのかもしれない。

 しかしそうでは無いのではなかろうか、
 実はテストが上手いというだけで、
 正体は本物のアホなんではなかろうか、
 と思える発言がある。

 それは韓国を「アジアの友好国」だとみなしていること。

 三馬鹿(拙ブログでは中国韓国北朝鮮のことをいう)以外の
 アジアの国のことを「アジアの友好国」と普通は言います。

 勉強をして何か一般国民とは違う何かがその脳裏に浮かぶのか。
 勉強をして「友好」という言葉の意味を新たに作り出したのか。

 まったく、
 勉強のできる人のやることがわかりません。


 それにしてもまあこれが外交かと。

 強硬手段に出られたら、日本はこれしかできない。
 こちらの手段は「話し合い」のみ。
 そのためにカネも出すし(自国の)人も助けない。

 話し合う為に(自国の)人を犠牲に税金を無駄に使う。



 すばらしきかな日本外交。

 すばらしきかな


 憲法第9条。

■毎日やん

<石破幹事長>外国人献金問題で釈明 「お返しした」(毎日新聞)

 外国人からの献金や暴力団との交際問題で田中慶秋法相への追及を野党が強める中、自民党の石破茂幹事長にも外国人献金問題が発覚した。石破氏は18日の記者会見で「そういう方であることを承知しないまま受け取ったので(献金は)お返しした」と釈明した。

【ニュースの一報】石破自民幹事長:外国人企業が献金…6年間で75万円

 石破氏が代表を務める自民党鳥取県第1選挙区支部が06年からの6年間、韓国籍の男性が経営する企業から計75万円の献金を受けていた。石破氏は「その方は日本名を使い、会社も地元の有力企業として認知され、付き合ってきた」と説明。今後は献金を受ける際に国籍を確認できるものの添付を求める考えを示した。

 田中法相も自身の民主党支部が台湾籍の男性の企業から献金を受けていた問題が発覚。昨年3月には、前原誠司外相(当時)が自身の政治団体に在日韓国人から献金を受けていた問題で辞任した。「献金を受けている認識がなかった」と説明した前原氏に辞任を迫ったのは自民党だ。

 石破氏は「前原さんは外相を辞めたが、なんであなたは辞めなくていいのかという話が国会で必ず出る」と法相の辞任も求める構えを見せていた。記者会見では法相を追及する立場との整合性を問われたが説明を避けた。自民党の安倍晋三総裁は記者会見で「日本人だとの理解の中でなされた献金だ。根本的に違う」と述べ、「事務所のミス」としている法相との違いを強調した。【念佛明奈】


 念佛さん、あんたもつっこむところおかしい。
それじゃ何の解決にもならないよ

 何が一番あかんて、
 外国人が日本人を装って、
 法で制限されている政治献金を
 あっさり簡単にやれてしまうこと、
 これやろ。

 悪意に満ちた周辺国(9条は夢想)からしたら、
 もぐりこんでいる工作員にカネ渡して
 名前勝手に「豊臣秀吉」でもええんや、
 名乗らせて献金させたらええんやろ。

 これでクビ飛ぶんやで。政治家の。
 大臣の!


 なんでそんなことができるのか、
 そこをきちんと報道しなさいよ。

 通名がこんな悪事に使われる、
 特定外国人はそんな特権を持ってる、
 どうしてそれを報道しない。
 差別の助長か。反日得意の逆差別の利用か。

 記事には「通名」の「つ」の字もでてない。

 外国人の献金があかんねんやったら、
 それで政治家のクビが飛ぶほどの罪なんやったら、
 なんでそんなことが簡単にできる「通名」を
 のさばらせておくのか!

 と世論を起こすのがマスコミちゃうんか
 アホか念佛。アホか毎日。

 って毎日やん(失笑)

■政治家みんな犯罪者

石破氏側に外国人献金…3社75万円、全額返金(読売新聞)

 自民党の石破茂幹事長が代表を務める政治団体が2006~11年、在日韓国人が代表取締役などに就く鳥取市内の企業3社から計75万円の献金を受けていたことがわかった。

 政治資金規正法は外国人や外国人が主な構成員になっている団体からの献金を禁じており、石破氏側は同法に抵触するとして全額を返金。石破氏の事務所は「代表者は通称に日本人名を使っており、外国人とわからなかった」と釈明している。

 事務所などによると、11年3月に発覚した前原誠司・国家戦略相(当時外相)の在日韓国人献金問題を受けて、石破氏側が調査。石破氏が支部長の「自由民主党鳥取県第一選挙区支部」が、パチンコ店などを経営する企業グループの3社から献金を受けていたことが判明した。


 だから、

 こんなんほぼ全ての政治家アウトやて。

 献金を受けた側に献金者の国籍調査を義務付けるか、
 外国人が偽って献金した場合のキツイ罰則を作るか、
 それしかあらへんやろ。

 議員側にそんな調査できるか?
 プライバシー大好きな連中は反対するやろうし、
 現実問題ムリ。そんなカネあらへんし。

 ほんなら献金した側に、
 法律では外国人はアカンとなってんねんから、
 罰則を与えなアカンとなるわいな。

 政府広報、各自治体、国中の隅から隅まで知らせ渡らせる。
 外国人は政治家に献金してはならない。
 すると懲役云々と。
 少なくとも罰金ではダメ。
 カネはそいつらの祖国(=敵)から出とる。
 これは政治工作、反日工作なのだから。

 そもそもその前に、
 このヨミウリの報道もそうやけど、
「通称に日本人名を使」う特別な連中の存在を
 どうして疑問視しない?

 差別が大嫌いな連中は、どうしてそこを訴えない?


 まず通称(通名)という逆差別的な制度を止める。

 そして外国人の政治献金はする側に罰則を設ける。
 もちろん、国外追放もアリだ。
 資金の出所まで捜査できるようにする。

 なぜこれができない?

 日本があらゆる場面で、
 敵に支配されかかっている証拠ではないのか。

 陰謀説やなんたらかんたら、
 こんな現実がある以上、それも真実味がある。

 こんなことがまかり通っていること自体、
 笑い話で済ませるレベルではない。

■別に村上氏に対して言ってるわけじゃないけど

「支離滅裂な資料」 玄葉外相の尖閣日本名明記指摘で中国

 中国外務省の洪磊報道官は11日の定例記者会見で、玄葉光一郎外相が1960年に中国で発行された世界地図には沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)が日本名で明記してあると指摘したことについて「支離滅裂な資料を持ち出している」と非難し、日本の領有権を証明するものではないとの考えを示した。

 洪氏は尖閣問題について「国家主権という厳粛で重大な問題。日本が日清戦争を利用して釣魚島を盗み取った事実は両国の学者や日本側の記録で証明されている」と主張。日本に対して「挑発的な言動を誤りと認めて、対話による解決の道に戻るよう」要求した。(共同)


おとなしくしてればどこまでつけあがって



 冷静になれ、とヒトはいう。

 しかしそういうヒトに問いたい。

 中国人に、冷静に対応して、この事態が好転するのかどうか。
 それでもひたすら冷静に、殴られても冷静に、殺されても冷静にか?

 自身の取材力で資料を精査し、冷静になって考え、
 日中どちらの論が正しいのか、冷静な答えを聞きたい。
 冷静にということは、その答えを出すことと関係はないだろう。

 尖閣は日本の領土だと宣言した上で、
 どこまで中国人と議論ができるか、是非見てみたい。
 どこまで冷静で’お互い”話ができるか、
 向うさんが聞く耳を持っていられるか、
 片方だけ冷静でなんてしてると、何されるかわからん。

 相手は凶悪犯だ。


 もしかすると・・・

 日本人は冷静さを失うと「あの」酷い戦争になると、
 GHQとか中華朝鮮の反日資料とかに影響された思考を
 植えつけられているから、そんなビビリ症になったのではないか。

 そんなに日本人が信用ならんのか?

 少なくとも
 冷静になれ、という相手を間違ってはいないか?


 ・・・なんか
 今さっき読んだ産経抄(2012/10/12)みたいな内容になったなあ・・・
 意識下で確実に影響されてるなこれは。
続きを読む >>

■良い兆し

慰安婦、韓国に反論=自民副総裁(時事通信)

 自民党の高村正彦副総裁は10日夜、都内で講演し、旧日本軍による従軍慰安婦問題について「韓国で日本の軍が直接的強制連行をした事実はない。韓国以外ではあったが、日本軍による軍法会議で裁かれた」と述べ、強制連行があったとする韓国側の主張に反論した。
 また、自身が外相を務めていた1998年に日韓共同宣言をまとめた際、金大中大統領(当時)から「一度謝れば韓国は二度と従軍慰安婦のことは言わない」と説得され、「痛切な反省と心からのおわび」を明記したことを紹介。「国と国の関係で一度決着したものを蒸し返してはいけないし、蒸し返させてはいけない」と強調した。

 
 高村氏についてまったく評価はしないが、反論することは良し。
 国際社会に向かって、我が国を貶める大嘘を平気で吐く朝鮮人。
 この先、反論以上のことをしていかねば、好転は無いと確信する。

 その点で、安倍さんに期待するトコ大であることは言うまでもない。


 しかし、更に重要な点が一つある。
 朝鮮人の言うことを信じた、朝鮮人という生き物を信じたがために
 この「我が国を貶める大嘘」が世界に喧伝されてしまったという事実。
 高村氏も肝に銘じていることであろう。
 二度とこのような失敗をしてはならない。


 朝鮮人は息を吐くように嘘をつく。

 絶対、信じてはならない。
 彼らは正真正銘の敵である。

 現実から目をそらしてはいけない。
 高村氏のように騙されてはいけない。

■いつものよおーに

安倍総裁「高級カレー報道」でスパイス効いたマスコミ批判!?

 「高級カツカレー」報道に“反撃”だ。自民党の安倍晋三総裁(58)は4日の記者会見で、9月26日の総裁選直前に「高級カツカレーを食べた」と一部マスコミが批判的に取り上げたことついて、直接的な批判は避けながらも皮肉っぽく言及した。(サンケイスポーツ)

 安倍総裁は若者の間でのネット情報の広がりについて触れたなかで「高級カツカレー問題」を引き合いに出した。

 「(総裁選直前に食べた)カツカレーが3500円する高級品だと批判した新聞社の(ビルに入っているレストランの)カツカレーは5000円を超えているとネットで流れていた。時代は変わったと感じる」と、マスコミが発信していない情報でも広くネットで流れる現状について、笑いを交えながら話した。


 サンケイスポーツさん、
 若干受け取り方が違う気がします。

「マスコミが発信していない情報」が
「広くネットで流れる現状」云々ではなく、
 うす汚いネガティブ・キャンペーンに対するアンチが、
「広くネットで流れる現状」であると、
 もうキチガイサヨクの思うようにさせないと、
 そういうことなんだと思いますよ。

「時代は変わったと感じる」というのは
 そういうことを言っているんだと思うんです。


 安倍さんに対しては
 これからも汚らしい妨害が山ほどでてきます。
 もうこれはイメージ操作、洗脳と同じです。
 なんとなーくマイナスに持っていくのです。
 経験ありますよね。マスゴミのいつものアレです。
 維新に対してもそうです。小さな穴を思いっきりほじくり返す。
 マスゴミは日本の敵。そんなことはもう周知のはず。

 ネットを鵜呑みにするのは危険だとか、
 そんなのは誰でもわかっている。

 だったら朝日新聞に本当のことが書いてあるのか?


 書いてないではないか!

 少なくとも、確実な嘘が書いてある朝日新聞も
 真贋がはっきりしないネット情報も同じようなものだ。


 危険なのはそれを見極める人間、
 この場合は日本人になるのだが、
 今はソコが危ういのだ。

 ケータイ弄くりながら「和」を破壊しまくってる連中に
 そんな見極める能力があると思うか?
 日本人の基本能力である「和」を装備していると思うか?


 していないではないか!

 なんだあの自己満足の極みを表現しながら下向いている連中は?
 どうして「公」で「私」をひけらかして
 平然としてられるのだ?
「和」を感じていないからではないか!


 危険なのはマスゴミだけではない。
 日本人そのものが既に危険な状態なのだ。

日本列島ズタズタ作戦
進行中

■「考え方違う」―ポール氏

自民の国土強靱化法案に反対=「考え方違う」―橋下氏(時事通信)

 新党「日本維新の会」の代表に就く橋下徹大阪市長は27日の記者会見で、自民党が先の通常国会に提出した国土強靱(きょうじん)化基本法案について、「国土強靱化の名の下に公共事業をやるなんていうのは全然、僕らの考え方とは違う。基本的には反対だ」との認識を示した。同法案は災害時の避難路や緊急輸送路の整備を進めるのが狙い。自民党は民間資金も含め、10年間で200兆円規模の事業費を想定している。

 
 基本的に賛成!

「国土強靱化の名の下に公共事業をやる」のは正しいと思う。
 公共の事業なんだから国土の強靭化の名の下にやって何が悪い?

 アカンのはやりすぎ。
 片側1車線で十分なのに2車線にするとか、異常なほど電灯つけるとか、
 なによりそのためにわけのわからん天下り会社を作ったり、
 役人が接待欲しさに視察に来るとか、そんなこと。

 ただ問題は自民党には前科があるということ。
 中華の手先となった売国奴のような輩も自民党である。

 自民党は今回の「災害時の避難路や緊急輸送路の整備を進める」のように
 エエこと名目にしてアカンことようけやってきた。

 そやからゆうて民主党に投票までしたやつの免罪符にはならんけど、
 少なくとも、橋下さんの「反対」は違う。

 まあ「やり方の違い」とか「目指すところは同じ」とか
 そういうことなのかもしれないが。。。

 いやあ今日はヒマだなあ(爆)

■4点

日本がアジアでリーダーになるには中韓への支援止めよと識者(SAPIO2012年10月3・10日号)

 一部の日本人は自虐史観が強すぎて、東南アジアには日本をアジアのリーダーとし、今も期待する人々がたくさんいることを知らない。現実はどうか。日本会議専任研究員の江崎道朗氏が具体的な“期待”のエピソードを紹介する。

 * * *
 ASEANの人々が日本をアジアのリーダーとして期待し、応援している最近の事例を紹介しよう。

 まずは靖国神社参拝問題である。小泉純一郎首相(当時)の靖国神社参拝をめぐって中国政府が連日ヒステリックな批判を繰り返していた2005年、来日したインドネシアのスシロ・バンバン・ユドヨノ大統領は「国のために戦った兵士のお参りをするのは当然のことだと思う」と靖国参拝を支持した。

 2010年9月、尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突するという事件が発生した。この時、日本政府の腰の引けた対応は日本人として痛恨の極みであったが、その後、石垣市が1月14日を「尖閣諸島開拓の日」と定め「尖閣を守ろう!」と高らかに声を上げると、これが東南アジアの英字新聞で大々的に報じられ、その直後からベトナム、フィリピンでは、領有権を巡る南沙諸島問題で反中国デモが頻発するようになった。日本が立ち上がるならASEANの国々も一緒に立ち上がるとの意思表示である。

 2011年6月、先のユドヨノ大統領が東日本大震災のお見舞いのため再来日した。その際には海上の安全保障で相互協力を深めることで合意した。中国の海洋覇権に対抗して、日本との軍事的関係強化に踏み切ったのだ。日本がアジアのリーダーとして中国の覇権主義に立ち向かうのなら、ASEANの国々は喜んで日本の味方となってくれるのである。

「リーダーというのは帝王ではない。リーダーシップとは指導する責任を果たすことを意味する。日本が動こうとせず、ワシントンの許可を得ない限り発言もしようとしないことについて失望感が生まれている」

 ASEAN創設の功績によって国際ハマーショルド賞を受賞したマレーシアのガザリー・シャフェー元外務大臣は筆者のインタビューの中で、現在の日本をこう批判した。

 今、日本がすべきことはアジアのリーダーとしての責任を自覚し、アジアのバランスある発展に貢献することである。その第1は、軍事的側面をタブーとせず、中国の覇権主義を抑える側に廻ること。そしてASEAN諸国の海軍力を高めること。「武器輸出三原則」を撤廃して、海上自衛隊の退役艦や海上保安庁の巡視船の中古をASEANの国に無償で譲渡すればよい。

 第2には、中国と韓国への経済支援を止めることである。これまで日本は企業進出を含め、中国、韓国に偏重した経済政策をとり、両国を必要以上に肥大化させてアジアの経済発展のバランスを壊してきた。そのことを反省して、限られた資源をもっとASEANに向けるべきだ。企業進出への財政支援、アジア各地からの輸入拡大、そして、留学生(華僑・華人系を除く)を受け入れて人材育成、技術支援をしていくことである。


 よしのり氏がちょいとおかしなことになっているのもあるので、最近のサピオは立ち読み流し読み程度になってました。

 しかしさすがというかなんというか、まさに

 みたいな話が載ってましたので一応ひっぱっておきます。

 書いて覚えるため、箇条書きで(^^;

 ・軍事的側面をタブーとせず、中国の覇権主義を押さえる側に廻ること。
 ・「武器輸出三原則」を撤廃して、海自の退役艦や海保巡視船の中古をASEANの国に無償で譲渡。
 ・中国と韓国への偏った経済支援を止めること。
 ・ASEANに進出する企業への財政支援、輸入拡大、留学生受入(華僑・華人系を除く)、技術支援。

 くわぁーーすばらしいい。

 こういうのがどうして日本人にできないのか、本当に理解に苦しむ。

 イマジンの連中(不思議に中華朝鮮に異常に肩入れしているのが多い)は中国は覇権主義ではないとか日本が武器を輸出すれば戦争になるとか、中華朝鮮への偏りはないとか、近くから(永遠に支援)やれとか、そういう風に考えているのだろうか。

 確実に頭おかしい。

 戦後60年70年かけて、まじめな日本人が結構気を使って色々やってきた。
 涙を飲んで恥を忍んでやったこともあろう。
 贖罪の気持ちで押さえた面も多々あったろう。
 (報道されない)裏切られ傷ついた人々も数え切れないだろう。

 しかし今でもアレだ。
 三国(南北朝鮮と中華)は我々を敵だとしてその権力の担保としているのだ。
 それを覆す革命を支援せずに、現政府を支援して変わろうはずがない。
 永遠に後ろめたさを持たされて「従」の状態を維持させられているのだ。

 日本の平和主義者は「親日」を犯罪とする政府、独裁者が民を飢えさせわが同胞を誘拐する政府、共産党が支配し今現在周辺国に侵略を続ける軍事大国を、どうしてか、本当にどうしてか羨(うらや)むように支持する。
 不思議なことだと本人は気付いていないのかもしれないが、立派な売国行為であり、反社会、いや反世界的行為だ。


「昴」のハゲたおっさんがこんな言ってました。
「交流を途絶えさせてはならない」と。

 それは正しい。途絶えさせる必要も無い。
 そして途絶えると煽る必要も無い。
 例えば国交がなくなっても、人々の交流は続く。
 そういうもんだ。

 問題は我々を永遠に敵だとする連中に異常なほど肩入れしているという現実だ。
 記事ではマレーシアのガザリー・シャフェー元外務大臣は「両国を必要以上に肥大化させてアジアの経済発展のバランスを壊してきた」と語られている。

 我々の今までの(キチガイサヨクに主導される)やり方は「バランスを壊して」しまったのだ。
 どうしてそこまでして三国に取り入る必要がある?
 もっともっと我々を必要としてくれる国が世界中にある。
 我々の助けを待っている国があるのだ。

 敵視するのは勝手だが、そしてそれを変えるつもりもないなら、普通は手を引く。
 そうさせないために、敵視しているのにそうではないとイメージ情報戦争を仕掛けているのが、今の韓流とか中華マンセー発言のいわゆる進歩人の類だ。
 特に最近酷いのが反日デモも実は・・・みたいなアレ。「本質を見誤る」とかとにかく自制しろとのたまうアレ。
 酷いことやられてるやん。暴行受けた人もおるやん。店めちゃくちゃにされとるやん。
 そんなん国家からみで許しとるやん。相手側に慮り過ぎて「反日≒愛国」を許す土壌を事実上容認してどないすんねん。

 そんなんに乗せられていること事態、「戦争」に加担しているということに気付かないのか。

 と「気付かないのか」となったとことでいつもの結論。

 日本人は民主党に投票するほどアホなので、「気付きません」。

 とそうなるともう本当にオワタと表現するしかなくなる。


 できることはなんだ?
 頭の良い人、だれかヒントでも良いから教えて欲しい。
 どうして日本人はここまで(民主党に投票してしまうまで)アホなったのか?

 答えはやはりあの9条なのか?


 上の箇条書き4点、これを選挙区の立候補者に投げかけてみるのも良いかもしれない。
 もうイカレサヨクはお呼びでない。

 どこかのアホが「右ばかり」と嘆いていたが、見当違いも甚だしい。
 ヒダリから落ちそうな連中から見れば、誰だって「右」だ。

 自分の位置さえわからんアホが「中」を気取ってカシコぶるのはいい加減止めて欲しい。
 そういうアホが日本を含め特アを除くアジアのバランスを崩してきたのだ。
 これは平和に対する、明らかな罪だ。

■GO AHEAD!

旭日旗


天皇訪韓には「謝罪が必要」=竹島訪問への反発に当てつけか―韓国大統領(時事通信)

 【ソウル時事】韓国の李明博大統領は14日、教育関係者との会合で、天皇陛下の訪韓の可能性について、「(天皇陛下は)韓国を訪問したいのなら、独立運動で亡くなった方に真の謝罪をするべきだ」と述べ、実現するには植民地時代の独立運動家への謝罪が必要との考えを示した。
 天皇訪韓については、李大統領は記者会見などで前向きな姿勢を示してきたが、計画が具体化しているわけではない。今回の発言は、10日の竹島(韓国名・独島)訪問に関連して言及された。反発する日本への当てつけとみられ、日本側のさらなる反感を買いそうだ。
 李大統領は「(天皇陛下が表明した)『痛惜の念』などという単語一つを言いに来るのなら、必要ない」と述べた。天皇陛下は1990年5月、当時の盧泰愚大統領が訪日した際の宮中晩さん会で、日韓の過去に関し、「痛惜の念を禁じ得ない」との考えを示した。
 竹島訪問については、「思い付きではなく、深い配慮をし、副作用を検討した」と説明。「日本は今や世界最高の国家ではないか。それなのに加害者と被害者の立場をよく理解できていないので、諭そうとしている」と語った。

 
 滅ぶに値することを証明した「リ・アキヒロ」。ん?オオヤマやったっけな。ヤマダやったかなんたら「田」やったか?・・・まあどうでもええかこの地雷踏み亡国大統領の犯罪用氏名なんか。

 近い将来の悲劇が思いやられる。

 ちゅうか楽しみ。



 まあ率直に「死」であろう。
 そう言う事を述べるのにもうこちらも躊躇しない。
 罵倒は同じ土俵でやる。
 冷静で頭良い人、理路整然と相手の間違いを突いて攻撃できる人はその次元でやりまくってください。

 大衆はこのレベルでやりあう。
 それでいい。



 こいつは絶対に越えてはならない線を越えた。
 保身でだ。半島のため、朝鮮人民のためでもない。自分の保身のためだ。
 強烈にキチガイだ。

 日本人としては死んでもらいたいと願うのみだ。
 しかも可能な限り悲惨に。
 いやなら日本人に殺されても良い。

 逆にそうなるとスターなんではないか(失笑)。


 まあそんなアホなこと日本人はしないが、
 そろそろ日本も次の段階へ進むときだ。


 こういうアホ丸出しのキチガイを大統領に推す国民に対して、更に日本国内で策動する在日の工作員に対して、きちんとその罪を償わせるとことをはじめるべきだ。

 日本がこいつらから得たものは、ゴネて強請りタカる術、暴力を伴い力ずくで快楽を得る術、生活保護もらって玉うちして寝て暮らす術、差別を使って普通の人を逆差別する術などなど、良いものはほとんど(とフォローにもならないフォローを一応しておく)無い。


 ぼくは基本的に移民受入れ賛成派なのだが、特定の、いや中華朝鮮に限っては大反対の立場をとる。
 彼らを認めるなら反対だと100%断言できる。

 彼らを受け入れることのデメリットがあまりに大きいと、大阪に住むぼくは心底そう思うのだ。
 彼らを否定するのはその行為によるもの。人種でも色でもない。その行為だ。その精神だ。
 まあそれを「穢れ」として忌み嫌う日本人的感情を差別だと言うのも否定はできないということなんだろうが・・・


 普通のサラリーマンの考えがココにいたるまでのことをサヨクは考慮しない。
 人殺しや特定外国人の心の闇を声高に叫ぶ連中が、ここまで排他的にならざるを得ないその要因(彼らの行為の汚さ、精神の汚さ)を探ろうともしない。

 一言「ネトウヨ」で終らせる。

 本当の差別主義者とはこういうサヨクのような連中のことを言う。



 一歩踏み出そう。

 日本を受け入れない在日を叩きだせ。

 そいつらと一線を引き、ゼロベースで交渉を開始しろ。


 まずは、そのゼロまで戻すことだ。

 中華朝鮮の在日をそのすんばらしい祖国へ送り返せ。
 そこからが前へ進むスタートだ。

 まずはゼロに戻すことだ。

■国民対鳩山

“刺客”堀井氏「鳩山氏に必ず勝つ」(産経新聞)

 自民党は11日、次期衆院選の候補者となる北海道9区支部長に、リレハンメル五輪スピードスケート銅メダリストで道議の堀井学氏(40)を正式に選任した。民主党の鳩山由紀夫元首相(65)の対抗馬となる堀井氏は党本部で記者会見し、「『国民対鳩山元首相』の戦いだ。必ず勝利して国民の期待に応え、政治を進める」と決意を語った。


急げ!始まる始まる

 必ず勝って下さい。応援します。

 まともな日本人であれば、この期に及んでまだアホポッポに票を投じるとは思えんが、なにせあの北教組が手塩にかけて洗脳した連中ですからわかりません(笑)。
 堀井氏も過去の遺物自民党から出馬するのだが、少なくとも民主党よりマシ。究極の選択と同じですが、まあアホポッポを(少なくとも政治的に)殺すことが第一義です。それ以上でもそれ以下でもありません。
 
 北海道9区の住民、今はアホそのものですが、よろしくお願いしますよ。
 ぼくはとっくに(シネ)と言っちゃってますが(爆)。

■アマアマ

慰安婦ではなく「日本軍の性奴隷」 クリントン米国務長官が指摘 韓国紙報道

 9日付の韓国紙、朝鮮日報は、クリントン米国務長官が最近、国務省高官から日韓両国の歴史について報告を受けた際、旧日本軍の従軍慰安婦について「性奴隷」との名称を使うべきだと指摘したと報じた。ソウルの外交筋の話としている。

 慰安婦の名称をめぐっては、韓国の市民団体や国際人権団体などが、実態を反映していないとして「性奴隷」を使うよう求めている。

 高官が報告で「慰安婦」という言葉を使ったのに対し、クリントン氏は「慰安婦という表現は間違っている。強制的な日本軍の性奴隷だった」と述べたという。(共同)


乱れ飛ぶ怪電波

 ほんまにクリントンがそうゆうたんかいな?
 ネタ元も「筋」、しかもソウルやし、「・・・という」という言い回しやし、なんといっても朝鮮日報(失笑)。
 韓国程度のカス相手におべんちゃら使うとは思えんし、可能性としては反日どもの得意技「捏造」やと思うのだが、もしゆうたとしたらこれは由々しき事態。
 クリントンほどの超高官まで騙すほど、その活動が本格化しているということ。手の込んだ技術を伴ってきているということ。ウソ八百で外国の歴史まで作るというある意味奇跡を、反日どもは成し遂げようとしているのだろうか?

 そもそも「慰安婦」なら実在したが「性奴隷」とかになるともうイメージの世界。
 世界一の売春婦輸出大国であるあの国でしか誕生し得ない世界。
 わざわざクリントンがそんなことゆうとは、考えにくいんやけどなあ・・・。

 まあどっちにしろ、反日勢力の工作はしゃれにならんことになってきている。
 今までどおりのアマアマ対応では、本当にぼくらは世界の大悪人にされてしまうぞ。


 ちなみに今、ほんまにちょうど今、アマアマ対応が炸裂しました。

韓国に「厳重に抗議」=藤村官房長官(時事通信)

 藤村修官房長官は9日午前の記者会見で、在ソウル日本大使館に韓国人運転のトラックが突入した事件を受け、大使館を通じて韓国外交通商省に「厳重に抗議」するとともに、再発防止を求めたことを明らかにした。事件の受け止めについては「現在警察で取り調べが行われているところだから、まだ話す段階ではない」と言及を避けた。

 

 あのね、藤村(敬称略)。
 大使館にトラックで突っ込んできたんですよ。

 わかる?藤村(敬称略)。
 大使館にトラックで突っ込んできたんですよ。

 テロですよ。
 9条には書いてないけど、こういうこともあるんですよ。
 想定外の津波、いや想定外のトラックか?アホ。
 いつまでこんなことやってんねん。

 こいつも信用せなあかんのか?その「諸国民」か?
 そもそも、韓国とかいう恥ずかしい国のドアホ連中は信用に値するのか?

 もうすぐ野党になるんやから、そのへん勉強して、不明を恥じ入り腹を切れ。
 腹を切るんやぞ。せめてもの情けや。わかるやろ。


 しかしまあ、ほんまにようけ死なわからんのか。
 2万では足らんのか。
 アマアマ対応延々続けてきて、結局これやで。
 そろそろほんまにやらんとあかんのとちゃうかね。

■連戦連敗の先に

日本海に「東海」併記へ オーストリアの地理教科書

 オーストリアの小中高校で9月から使われる地理教科書の「日本海」の表記に、韓国が主張する「東海」が併記されることが27日までに分かった。オーストリアの大手教科書会社「ヘルツェル」が明らかにした。日本は日本海の単独表記を主張し、東海の併記を各国に働き掛ける韓国に反対の立場を取っている。

 オーストリア科学アカデミーに所属する地理学などの専門家グループは3月、同国教科書での日本海の表記に関し、東海との併記を「推奨する」との方針を打ち出し、各教科書会社に伝えていた。同グループは「ドイツ語圏のメディアで東海を併記する例が近年増えている。併記は現実的な選択だ」と説明する。

 日本の外務省によると、ブラジルやオーストラリアなど数カ国の教科書が現在、日本海と東海を併記している。(共同)


 外交的敗北ということですね。

 こういう敵対行為をやってる国に対して、しかも我々を愚弄し嘲笑し搾取と暴行の対象としかみない人々の国に対して、我々の政府は何ら有効的な対策を取らずにきた。
 理由は「相手が嫌がることはしない」、この精神だ。

 すばらしい(失笑)


 だが結果はこうだ。
 日本人が自己満足するのには良いだろう。
 こっちは「相手が嫌がることはしない」のにあっちが無理言う、なんて逃げれるから。

 結局誰も彼も自己満足だけ。自分だけ。オンリーミー。個人サイコー。
 ケータイ・スマホがなぜ「和」を破壊するか、拙ブログがいつも言うことだが、それは自己満足の塊だからだ。
 あれを弄くってる醜い人間たちを見ろ。周りをまったく見ていない。
 自分だけの世界で他人の邪魔しかしていない。男の口は開きっぱなし、女の股も開きっぱなし。

 どこもかしこもガバガバなアホばっかりの国になれば、そのアホが選んだ政治家による外交でも自己満足で終り、結局敗北を重ねていくことになる。役人も結局は国民=アホなんだから負ける。

 まず(ぼくも含め)下民どもからその汚らしい機械を取り上げろ。
 学校では事故満キチガイではなく「和」を守る人間を作れ。

 そうすれば対馬壱岐、いや下関が取られるか取られないか位の時期には少しはまともな国になっているだろう。

 あんなニダニダ言うことば、強制されたいか?
 慰安婦になりたいか?
 世界中で嫌われたいか?


 今一度考えてみることをお勧めする。
 そしてこんなアホみたいな負けをしない、アホには遠慮なくアホと言う政治家を”いれば”是非選んで欲しい。


 ええ

 いれば、です。





 いなけりゃ、ドボンです。

■新ネタ「内紛」

橋下徹氏の「維新の会」内紛勃発か? 「うちは北朝鮮並みの橋下独裁」と関係者(週刊朝日)

 橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」が運営する維新政治塾の入塾式(第2期)が6月23日、大阪市内で大々的に行われ、晴れて入塾を許された約900人の塾生を前に、石原慎太郎東京都知事らが講師として熱弁を振るうなど、華やいだムードに包まれた。だが、この維新塾の運営を巡り、維新の会で内紛が勃発していたのだ。

 それは、6月17日に大阪市内で行われた全体会議でのこと。維新の会が次期衆院選の公約とする「維新八策」の公表について議題が移ったときだったという。

 橋下氏が「7月7日までにブラッシュアップした『維新八策』を先生方にお渡しするのでそれを見てください」と発言した。

 一人の議員が「それを見て意見を言わせてもらったらええんですか?」と尋ねると、橋下氏はにべもなく、こう言い放った。

「先生方が維新八策を見るときは、もうメディアに公表されるときですから」

 議員が「それはどういうことですか?」と聞くと、橋下氏はこう言った。

「いや、個々に事前に見せると、また、いろいろと情報が流れる恐れがあるので、政治的な配慮です」

 それを聞いたある議員は席上、皮肉を込めてこう発言したという。

「ようわかりました。それじゃあ、見せてもらわなくて結構です。ただし、われわれ議員が新聞で維新八策を知る、ということだけは、勘弁してくださいよ」

 会議場からは失笑が漏れたという。会議に出席した議員がこう解説する。

「うちは北朝鮮並みの橋下独裁ですわ。執行部は以前、たたき台の段階で維新八策を見せると約束したが、2月に先に新聞に出てしまい、僕らは新聞で内容を初めて知った。八策を練っているのは浅田さんと大阪市議団幹部で、他の議員はほとんどタッチしていないから、マスコミに情報を流したのはどちらかでしょう。その事情を知っているはずの橋下さんは、八策づくりに関係していない議員にも注意した。お門違いだから、嫌みで言い返した」


 この程度で「北朝鮮並みの独裁」と表現するトンチキ議員。表現した内容を嬉々として使う先があの反日総本山朝日関係の週間朝日。
 最近の反橋下は「独裁」だけでは逆効果とようやくわかったのか新ネタ「内紛」を持ち出してきている。

 民主主義なんだから違う意見は出る。
 反橋下はそれを「内紛」という。
 民主主義の否定か?正体バレバレではないかこのキチガイサヨクめ(笑)

 このトンチキ議員は今は維新所属なんだろうが、やってることは「内紛」の工作。それは記事を読んでも理解できる。内部工作=正に内紛の火種になっている事実上の工作員だ。
 こんなトンチキどもに「たたき台の段階で」見せれるわけが無い。信用されてないひがみかもしれないが、敵である朝日にブー垂れる。自らの恥さらしもほどほどにして欲しい。


 だいたい記事の書き様がおかしい。

「内紛が勃発」
「にべもなく」
「言い放つ」
「失笑が漏れた」
「北朝鮮並み」
「橋下独裁」

 よくもまあ書けるものだと思うが、そうなんと言っても記事は朝日。朝日なのだ。

 これが朝日なのだ。
 だから、橋下がちょいと危なくても支持なのだ。

 もちろん朝日とか犬HKとか日教組とかを全員ブタ箱にぶち込む(もっと酷いことを希望)とか、それはそれは恐ろしいヤツが出てきたら、支持する(かもしれない)。
 それくらい色々な意味で日本はギリギリだということです。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。