■2005年12月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■年の瀬に・・・

・・・知りし華麗な歌姫に
  やまとのひとの誠心を思う      


巡回ブログのひとつであるとりかごさんのブログで
今年最後の強烈なヤツをお見舞いされました。脱帽。

とりかご「奇跡の慰安歌手 渡辺はま子の物語」

渡辺はま子さんのことは全く知りませんでした。
へたな小説読むより感動しました。

能書きはいりません。何も引用しません。
直接リンク先でご覧下さい。
スポンサーサイト

■国民投票をやる護憲

とある筋からおしえてもらったマガジン9条というサイト。

ここで9条改憲についてのアンケートが行われています。
基本的に一人一票しか投票できないのでまあ現実に近い結果が、
でるのではないでしょうか。
護憲基地外による悪あがき(操作)がなければという前提ですが。

6つの意見から自分の考えに近い意見を選んで投票しますが、
このサイトの発起人がまた匂う(笑)
石坂啓(漫画家) 上原公子(国立市市長) 香山リカ(精神科医)
姜尚中(東京大学教授) きむらゆういち(絵本作家)
小林カツ代(料理研究家) 小室等(ミュージシャン)
斎藤駿(カタログハウス社長) 佐高信(評論家)
椎名誠(作家) ピーコ(服飾評論家) 毛利子来(小児科医)
森永卓郎(経済アナリスト) 吉岡忍(ノンフィクション作家)
渡辺一枝(作家) 渡辺えり子(女優/演出家/劇作家)/(50音順)

ほらね(^^;

上記サイトから投票結果をごらんになれば、この護憲組みがいかに
現実離れした浮世の存在かわかります。

あなたも是非、投票ください。
ちなみにぼくは「2」です。


念のため、05.12.31 4:57PM現在の結果をエントリに残しておきます。
「1」4823票
「2」4341票
「3」 324票
「4」 143票
「5」 449票
「6」 643票
現在の総投票数 10723票



■旅行記更新 in ヨルダン後編&エジプト

本家サイトの更新です。
しかし旅行記長いなあ。。。文才無いと意味無く長くなるのです・・・

今回はヨルダンの後編(ペトラとアカバ)&エジプト(カイロ)です。
エジプトはカイロのみの超ド短期でしたが、美味いものも胡散臭いおっさんも
色々ありました。
まあ正直、薦めるならヨルダンのほうかな(笑)

お暇でしたら是非(誤字脱字チェックを)

よろしくお願いします。

H.S Homepage

[Travel]から
13th:中南東欧からトルコ・中東大旅行(2004年5月~8月)
へアクセスください。

■ああスペインも

伝統のシエスタ廃止 スペインの公務員(Sankei Web)
 スペイン政府は28日までに、来年1月1日から国家公務員の昼の休憩時間を正午からの1時間に限定することを決めた。同日付の英紙フィナンシャル・タイムズは「スペインはシエスタ(昼寝)を正式に廃止した」と伝えた。

 スペインでは昼食と休憩の時間をたっぷり取る習慣があるが、セビリャ公共行政相は「昼食時間は(従来の)午後2時から4時までではなく、他の欧州諸国同様、正午から午後1時までになる」とし、行政組織の無秩序な時間の使い方に終止符を打ち、仕事と家庭生活の両立を可能にするのが目的だと説明。

 「これまで午後8、9時までかかっていた仕事を6時には終えることができる」とシエスタ廃止の利点を強調している。

 シエスタは非効率だとして見直しを求める声が以前からあったが、一方で同紙は「昼食は人間関係構築の場だ。45分間の昼食時間では何も得られない」との市民の声も伝えた。(共同)

うらやましいと日本人のほとんどがため息をもらすだろう奇跡の慣習、
シエスタがあの陽気なスペイン人をもってしても維持できなくなった。

弁当持参という習慣がスペインにあるとは思えず、会社勤めの人間は
近くのバールやらに食事に行くんだろうけど、45分という時間でそれは
可能なのだろうか?

日本でも結構しんどく、早く会社に戻ってゆっくりしようと
メシをかっこんで会社に戻るという日々をぼくも経験している。

あのスペイン人たちが45分以内にメシを食って仕事を再開するなんてことが
本当にできると思うのか?
そんな消化にも悪いことを、人生を楽しむことを信条とするスペインで
可能だとは思えない。

まあ働くことが美徳である日本ではありえない話なんだけど、
あの国ではそれはあってもよかったと、ぼくは思う。

■ダブル太郎対談

今日の産経新聞に、麻生太郎外務大臣と政治評論家の屋山太郎氏による
ダブル太郎対談が掲載されていました。
Sankei Webでもあがってますのでご覧下さい。
アジア外交・ポスト小泉を語る 麻生太郎外相/屋山太郎氏 保管用

全文引用しようと思ってたんですが、長いので気になる部分だけ引用します。
(それでも長くなったので上の対談だけでも読んでみてください。)
続きを読む >>

■テンプレ変更

テンプレートを変更しました。

引用するとき、フリー素材のテーブルを使ってますと
色々と不都合ができきたので。。。
プレビューとまったく違う状態でアップされるもんだから
びっくりしますよ、ほんま。

新年用らしいですが、当分このイメージでやらせてもらいます。
よろしくお願いします。

■火病例

ぼくのような初心者も一目で理解できる「火病」の例がありました。
ご一読ください。

どうぞ。

棒太郎の備暴録 radical memo by boutarou「[小ネタ情報]Ver.2.0」より
ベトナム人と韓国人の会話(少し長文)ところがおもしろいから
(ENJOY Korea,現在削除)


ベトナム人「なぜ、日本人を、憎みますか?」

韓国人「それは、日本人が韓国を侵略したからです。」

ベトナム人「私たちも、55年間、フランスに占領されました。」

韓国人「36年の日製支配は、世界思想、最悪だったことです。」

ベトナム人「なぜ?」

韓国人「日本は、韓国の文字・ハングルを奪って、日本語を強要しました。」

ベトナム人「私たちは、フランス支配後、フランス文字を、国語にしました。」

韓国人「韓国人は、ベトナム人と違い、独自の文化を持っていました。」

ベトナム人「ベトナム人も、漢字を使った独自の文化を持っていました。韓国も漢字を使って損傷されて糸口?」

韓国人「韓国人も、漢字を使ったが、韓国の文化は、ベトナムより、ずっと、高かった。」

ベトナム人「ベトナム人は、中国の侵略を、何度や撃退した。半万年中国の属国だった、韓国と言う(のは)、違う。」

韓国人「韓国人は、独立後、「漢江の奇跡」と言う、奇蹟の経済成長をしました。ベトナム人と言う(のは)、違います。」

ベトナム人「ベトナム人は、フランス、アメリカと30年間争って、自力で独立しました。経済は、遅れたが、自力で独立しなかった韓国人に日本とアメリカの助けで成長した韓国人が、偉いように一ものを言うのを願わない。」

韓国人「韓国人は、日本人と争って、自力で独立した。嘘を言わないでね!」

ベトナム人「テロは、あった。しかし、韓国人は、アメリカのおかげで独立した。フランス、アメリカと30年間読者に争って勝って来たベトナム人と完全に違う。」

韓国人「韓国人は、現在、GDPで、世界11位だ。最貧国のベトナムと言う(のは)、違う。」

ベトナム人「ベトナムは、現在、最貧国だ。しかし、私たちと戦ったフランスや、アメリカに、お詫びや賠償を要求した時はない。日本にお金を強要して米軍の駐屯で成長した韓国と違う。ベトナムは韓国のように日本アメリカにお金を強請してごきぶりみたいに成長するより自ら起きる。付け加えて韓国はアメリカの属国でベトナムを侵略したがベトナムが韓国がお詫びと賠償を要求しなかった。これがまさにベトナム人と韓国人の民度と国家自尊心の差であることだ。列強に支配されたアフリカの多くの国々とアメリカに原爆を受けた日本人も韓国のように減らず口を使わない。」

韓国人「死んで!代弁!ベトナムである!!!!!君たち殺す!!!!!!!!!!!!!!ベトナムは最貧国!乞食国家!貧しいベトナムである!乞食だ!私と争うか?私のsuper kickは強い。ハハハハンハハハハ」

ベトナム人「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・論議で結果をイクルオネルスオブヌン韓国人が暴力に頼って花瓶をし始めた。。。。。。。可哀想だから承諾しよう。」



半角の読点、句読点、空白やアテンションマークなどは、
様々な不都合を引き起こすのでこちらで直しております。
さらに引用する際に使用していたテーブルではもっと大きな不都合を
引き起こしたので、今回の引用では使用していません。
お見苦しい点、ご容赦ください。

■オヤジを知ってビックリ

梅田で、フレンチ創作寿司という大層なものを食べてきた。

こじゃれた食べ物がコースで、しかも終盤は寿司を食べ放題というもの。
値段も少し安くキャンペーンされていてかなりお得だった。

スタッフの接客もとてもスマート。
満足して、また来たいなという感じの店でした。

でそこのスタッフの話。
ぼくらのテーブル担当(多分テーブルの受け持ちがあると推測)の女性が、
とても辺見えみりにそっくりな方でした。
個人的に辺見えみりが好きとかは全然無いんだけど、
本物は芸能人だろうしとてもキレイに見えるんだろうなぁと
美味い寿司を食べながら考えてました。

ちなみに今もっともホットな方はこの方!

長澤まさみ

前置きが長くなりましたが、このアイドル(←これが古いか)のお父上は
なんとあのジュビロ磐田の初代監督で往年の名選手として名高い長澤和明氏。

あの吹石の娘がデビュー(しかも結構かわいいではないか)したのにも
相当驚いたものだが、こちらにもビックリ。

親子って似るのか?

以上、辺見えみりから続く壮大な連想ゲームでした。。。

■飛ばなかったのか

今年初めて馬券を買った有馬記念。(古くてすいません)

ディープインパクトからハーツクライとリンカーンとデルタブルースに流し、計3点。
ぼくが競馬を頻繁にやっていた頃は、それで当たり。
でも時代はかわり、馬単というのが誕生してしまっていて、
無敗の三冠馬信仰にほだされてディープの1着固定を選択してしまった。
(ダイユウサクのあのシーンが目に浮んだ)

最後の最後までマルチにするか悩んだが、己の現状を鑑みて6点分の資金を
計上すること敵わず、外れ馬券となってしまった。
そんな勇気ないけど、買った4頭で三連単マルチを買ってれば・・・

いやもう忘れよう(笑)

ディープインパクトが負けたのはもったいない。
最後の最後でインパクトがかすんでしまったような・・・
でも強いのは強いので、来年も間違いなく中長距離路線、海外と
活躍の場を広げてその雄姿をみせてくれると思います。

■男たちの大和

「男たちの大和」観てきました。(以下ネタバレありまくり)
日本人としての「哀しみ」に共感した人は泣ける映画でしょう。
その死に方、生き方に大泣きする人もいるでしょう。

       ↓

       ↓

       ↓


朝日が大きくかんでいるのにほとんどイデオロギー的な、
最近大いに盛り上がる「右・左」「朝日・産経」色、共々ほとんどない。
これで「右」を感じる人がいるとすれば、それは完全に念仏平和教に
洗脳されているということでしょう。

多分、観た方ほとんどが涙を流すと思います。
そして今の自分と比較して、到底及ばないことに考えが及ぶでしょう。
同世代あるいはもっともっと下の「ガキ」であるはずの子供が、
どんな心情で死んでいったのか、また、生き続けたのか。


さて、ぼくは団塊ジュニアという世代に当てはまります。
小学生のときから百貨店で開かれている戦争展なるものに、
親にせびって毎年通い続け、「二百三高地」を泣きながら見、
「零戦燃えゆ」「連合艦隊」と友達が嫌がるのを無理やり連れて
観に行ったりしてました。
ウォータラインシリーズも15隻程度、机の上に鎮座ましましていました。
その艦隊は引越し時に、当時住んでいた家と一緒にブルドーザーの下敷きと
なりましたが、かなり変わっていた小学生だったのではないでしょうか。

そういう意味で、凄惨な戦闘シーンは見慣れたものなのかもしれません。
確かに、技術が進歩しているという点でのダイナミックさは相当凄いものでした。
がいわゆる「戦争映画」を見たことの無い方々には、結構生々しいシーンが
続出だったのではないでしょうか。

映画そのものは、戦争があったという現実を少しでも近いものとするための
ものと思ってよいのかもしれませんね。
「大和」はそのための格好の材料ということでしょう。
良し悪しは別として。。。

余りにもこういったことを日本人として共有する努力を怠った自分達がいた。
確かに日教組や朝日などの、日本人を貶めて喜んでいる連中の工作もあっただろう。

このことに反省しつつ、本当の歴史を取り戻す流れを止めないようにと
改めて思った12月25日でした。
この映画が「洗脳からの脱却」の第一歩を記した若者を、
沢山生むきっかけになればいいな。

男たちの大和[YAMATO] オフィシャルウェブサイト

■大阪ダービー

天皇杯準々決勝を長居に見に行った。
長居で開催されたゲームが大阪ダービー。
物凄い組み合わせになりましたね。

初優勝した勢いをそのまま見せ付けるか、
目前の優勝を取りこぼした雪辱を晴らすか。

チケットはかなり前から購入していたが、希望どおりの大阪ダービー。
セレッソの強さを思い知りました。
   
写真は2点目を決めた直後と、3点目が入って爆発するゴール裏です。

ガンバはやはりアラウージョと大黒の欠場が響いたよう。
ほとんど機能しない若手とフェルナンジーニョの2トップという
なんとも怖くも無い布陣でした。
引きずられたのか二川もぱっとしなかったし。。。

対してセレッソはベストメンバー。
前線の西澤・森島・古橋が小気味良いパス回しで面白いサッカーを展開しました。

前半始まってすぐはちぐはぐな面もありましたが、森島の1点、
更に後半直後の怒涛の2点で勝負あり。
リーグ優勝を逃したショックから立ち直ったセレッソは相当強いと思う。


試合終了後にサポータ同士でちょっと小競り合いがあったようです。
ガンバ側から「ブタ」という罵声を浴びせられました。

チームカラーであるピンクと、スポンサーである日本ハムから連想されるのでしょうか。
どっちが仕掛けたか知りませんが、あれはちょっと酷いと思いますよ。

■下衆野郎、勝手に解釈するな!

ちょっとあまりにも無礼すぎて頭にきた。
常々日本の天皇のことを「日王」とランクを下げて呼ぶ朝鮮ゴミ野郎が
白々しくも「天皇」と記事に書いている。

明仁天皇「日本の歴史、正しく理解するのが大切」(中央日報)
明仁天皇が23日、72歳の誕生日を迎え、日本国民に対し、日本の過去の歴史について正しく理解することが大切だ述べたと、朝日新聞などが報じた。

明仁天皇は誕生日前日の22日、皇居・宮殿で記者団と行った誕生日記念インタビューで、「日本では1920年代半ばから連合国に敗亡した1945年まで、平和な時代がほとんどなかった」とし、「過去の歴史を正しく理解しようと努めることは、日本人自身にとって、また日本人が世界の人々と交わっていく上にも極めて大切なこと」と強調した。

明仁天皇はまた「今年は戦後60周年を迎え、過去の多くの事実が明らかになった」とし、「今後とも多くの人々の努力により過去の事実についての知識が正しく継承され、将来に生かされることを願う」と要請した。

天皇が異例にもこうした発言をしたのは、日本の侵略史を美化・歪曲しようとする一部の右翼勢力に対する憂慮を表示したものと解釈される。

小泉純一郎首相はこの数年間、第2次世界大戦のA級戦犯らが祭られている靖国神社への参拝を繰り返し、韓国・中国との間に深刻な摩擦を引き起こしている。

にもかかわらず、自民党は来年にも靖国神社参拝を続けることなど含む06年運動方針案をまとめたと、読売新聞が23日報じた。

東京=金玄基(キム・ヒョンギ)特派員

朝鮮式解釈か。この野郎。
いつまでそんなことやってるのか、この朝鮮族という連中は。
だから「無駄だ」と言われるのだ。
哀れかな、で済む話がほとんどだが、
ことが天皇陛下の話に及べばまた別の話になる。
お前ら本当に何をやってるのかわかってるのか。
日本時代を生きたご老人たちは内心心苦しいことだと思う。
だが、そちらからも声を上げてもらわないと朝鮮は変わらんぞ。
共に歩んだ時代があったではないか。


朝鮮では未だに一流紙であるだろう朝日新聞にある会見全部を、
本当に読んだのか?
日本語の勉強を本当にしたのか?
↓彼らのブログでもう一度やりなおすことを提案する。
yellow korean
コリアン・ザ・サード
韓国系日本人、賢治の本音。

せっかくの良き日を反日バリバリの朝鮮人に汚された気がしてならない。
せっかくだから朝日にある会見の全文を引用します。
天皇陛下の誕生日会見全文(asahi.com)
【天皇陛下】最近、北陸地方を中心に各地を豪雪が襲い、各地に被害が生じ、死者も出ていることに心を痛めています。遺族の人に心から哀悼の意を表したいと思います。速やかに天候が好転し、人々が穏やかな生活に戻れるよう、そして負傷した人々が順調に回復していくよう願っています。

【質問】この1年、国内外で様々なことがありました。陛下は病の治療を続けられながら、戦後60年にあたってサイパンを慰霊訪問されるなど、数多くの公務に取り組まれました。初めての海外での慰霊についてのお気持ちや、かの地で感じたこと、今後の慰霊のあり方、次世代への継承などについて陛下のお考えをお聞かせ下さい。

【天皇陛下】質問に従って十分にお答えができるよう紙にまとめましたので、それに従ってお話ししたいと思います。

 先の大戦では、非常に多くの日本人が亡くなりました。全体の戦没者310万人の中で外地で亡くなった人は、240万人に達しています。戦後60年にあたって、私どもはこのように大勢の人が亡くなった外地での慰霊を考え、多くの人々の協力を得て、米国の自治領である北マリアナ諸島のサイパン島を訪問しました。そこには、この地域で亡くなった戦没者のために国が建てた中部太平洋戦没者の碑があります。

 ドイツ領であったサイパン島は、第1次世界大戦後、国際連盟により日本の委任統治領となり、多くの日本人が移住し、砂糖産業や農業、漁業に携わっていました。

 昭和19年6月15日、米軍がサイパン島へ上陸してきた時には、日本軍はすでに制海権、制空権を失っており、大勢の在留邦人は引き揚げられない状態になっていました。このような状況下で戦闘が行われたため、7月7日に日本軍が玉砕するまでに、陸海軍の約4万3000人と在留邦人の1万2000人の命が失われました。軍人をはじめ当時、島に在住していた人々の苦しみや島で家族を亡くした人々の悲しみはいかばかりであったかと、計り知れないものがあります。この戦闘では、米軍にも3500人近い戦死者があり、また、900人を超えるサイパン島民が戦闘の犠牲になりました。また、この戦闘では、朝鮮半島出身の人々も命を落としています。

 このたびの訪問においては、それぞれの慰霊碑にお参りし、多くの人々が身を投じたスーサイド・クリフとバンザイ・クリフを訪れ、先の大戦において命を落とした人々を追悼し、遺族の悲しみに思いを致しました。61年前(ぜん)の厳しい戦争のことを思い、心の重い旅でした。ただ、高齢のサイパン島民には、かって日本の移住者が島民のために尽くしたことを今も大切に思っている人がいることはうれしいことでした。私どもが島民から温かく迎えられた陰には、かっての移住者の努力があったことと思われます。

 この度のサイパン島訪問に携わった日本側の関係者をはじめ、米国側ならびに北マリアナ諸島側の関係者に深く感謝しています。

 日本は、昭和の初めから昭和20年の終戦までほとんど平和な時がありませんでした。この過去の歴史をその後の時代とともに、正しく理解しようと努めることは日本人自身にとって、また、日本人が世界の人々と交わっていくうえにも、極めて大切なことと思います。戦後60年にあたって、過去の様々な事実が取り上げられ、人々に知られるようになりました。今後とも多くの人々の努力により、過去の事実についての知識が正しく継承され、将来に生かされることを願っています。


【質問】紀宮さまのご結婚について、現在のお気持ちと36年間の思い出、ご夫妻2人きりになられた暮らしぶりについてお聞かせ下さい。

【天皇陛下】2人の結婚に対して、多くの人々が心のこもった祝意を寄せてくれたことをうれしく思います。

 2人が2年近く十分に話し合い、心を決めることができたことは、非常に幸いなことでした。2人が結婚の日を迎えるまで、様々な面で力を尽くしてくれた多くの人々に深く感謝しています。

 清子は皇族として、国の内外の公務に精いっぱい取り組むことに心がけ、務めを果たしてきました。また家庭にあっては、皇后と私によく尽くしてくれました。私の即位の年に成年を迎えた清子が、即位の礼には皇太子、結婚して4カ月あまりの秋篠宮とそろって出席し、私どもを支えてくれたことは心に残ることでした。

 清子の結婚後も、私の日常は様々な行事で忙しく、今のところはそれほど変わったという感じはしません。皇后はさぞ寂しく感じていることと思いますが、今までにも増して私のことを気遣ってくれています。ただ、これまでおかしいことで3人が笑うとき、ひときわ大きく笑っていた人がいなくなったことを2人で話し合っています。清子は心の優しい人でしたが、とても楽しいところがありました。

 新しい道が2人にとって幸せなものであるよう願っています。


【質問】皇室典範に関する有識者会議が「女性・女系天皇」容認の方針を打ち出しました。実現すれば皇室の伝統の一大転換となります。陛下は、これまで皇室の中で女性が果たしてきた役割を含め、皇室の伝統とその将来についてどのようにお考えになっているかお聞かせ下さい。

【天皇陛下】皇室の中で女性が果たしてきた役割については、私は有形無形に大きなものがあったのではないかと思いますが、皇室典範との関係で皇室の伝統とその将来についてという質問に関しては回答を控えようと思います。私の皇室に対する考え方は、天皇及び皇族は国民と苦楽を共にすることに努め、国民の幸せを願いつつ務めを果たしていくことが皇室のあり方として望ましいということであり、また、このあり方が皇室の伝統ではないかと考えているということです。

 女性皇族の存在は、実質的な仕事に加え、公的な場においても私的な場においても、その場の空気に優しさと温かさを与え、人々の善意や勇気に働きかけるという非常に良い要素を含んでいると感じています。その意味でも、皇太子妃の健康が現在、徐々に快方に向かっていることは喜ばしく、一層の回復を待ち望んでいます。

心温まるじゃないですか。
下衆野郎の無礼千万なる基地外解釈がなければ。

陛下は、サイパン戦においてお亡くなりになった全ての方々を慰霊されています。
そのうえで、当時の日本人が為したことを現地の人々が忘れずにいたことに
感謝されています。
戦争という非常事態で起こった数々の不幸なことは反省し、そして
日本の進んできた道が必ずしも三馬鹿+朝日など国内反日組織の
言うことなどではないことを「過去の事実についての知識が正しく継承され」
というお言葉で諭しておられるのかもしれません。
一平民の勝手な解釈をお許しください。
多くの日本人が、三馬鹿+朝日などの国内反日組織の歴史捏造に気づいています。
ただ、余りにもその内容が酷い内容であるがため、反動として右に寄りすぎな
行動に出てしまう人があるかもしれないという憂慮を
されておられるのかもしれません。


皇室典範についても述べられておられますが、お言いになられたくても
おできになれないお心苦しさがみてとれます。

政治的発言のできない皇族の方々のご苦労は大変なものでしょう。
それを悪用する下衆な連中は恥を知るべきです。

皇室の件は違うエントリで扱うかもしれませんのでこのへんで。


最後においキン・ゲンキとかいう朝鮮人、無礼なる朝鮮人キン・ゲンキ。
お前、本当にシャレにならんことをやってるのがわかってるのか。

真面目に暮らしている在日朝鮮人のことを考えているのか。
大衆の心情として、何かあったときは一緒くたにされるんやぞ。

■この声よ届け!

拉致問題解決に国際圧力を 被害者の家族らが集会(Sankei Web)
 拉致問題の早期解決を目指す「めぐみさんたちは生きている!国民大集会」が22日夜、東京都千代田区の日比谷公会堂で開かれ、日本や韓国の被害者家族のほか、来日中のタイ、レバノンの失跡女性の家族らが北朝鮮への国際的圧力の必要性を訴えた

 曽我ひとみさん(46)も新潟県佐渡市から上京して参加。横田めぐみさん=失跡当時(13)=の父で拉致被害者家族会代表、横田滋さん(73)は入院中のため欠席した。

 代わってあいさつした田口八重子さん=同(22)=の兄で家族会副代表の飯塚繁雄さん(67)は「横田代表は過酷な活動で体調を崩した。家族も年を取り、我慢の限界はとっくに過ぎた。日朝間の交渉が長引けば北朝鮮の思うつぼだ。『ごめんなさい、全員返します』と言うまで強い態度で当たり、解決につなげたい」と述べた。(共同)

先の関西集会に続いて関東集会。

いくつかのブログを読んで、神発言を発見しました。
関西大会のときにはほとんど見えなかった国政担当者の方々が
数人こられていたようですが、
代議士まわたり始末控え「拉致被害者救出」
中川農水大臣から「職を賭して、北朝鮮には一粒の米も支援しない」との発言があり、場内から、割れんばかりの拍手がありました。

「職を賭して」

「職を賭して」

「職を賭して」

ここまでの決意を「公」の場で述べた大臣がいただろうか。
さすがです。
安倍さんだろうが麻生さんだろうが、間違いなく有力大臣に任命されるでしょう
中川さんのご発言。
あの場に来ない=日本の国民を守らない政治家とは一線どころか
太い五重線ほども違う気概を見せていただいた。
国政を預かる漢というのは、このような人物をいうのだろう。

■デムパ炸裂

農民デモは韓国の力?(朝鮮日報)
アンディ・シェ氏が「香港で行われた韓国農民のデモは韓国の経済的競争力を見せた」と異色の主張を明らかにした。

 同氏は20日付の『2005年韓国の年』というレポートで「韓国農民デモを見て最近の韓国の成功の原因が理解できた」という趣旨の発言をした。

 韓国経済について厳しい指摘をしてきた同氏は「5年前まで低価格で輸出してきた韓国が、さらに安い価格で大量生産している中国にどのように対抗しているのか理解できなかった」と述べた。

 だが実際に韓国は(中国の成長にもかかわらず)経済的に成功した。同氏は「香港で行われた農民デモで見せた卓越した組織力と凝集力がその理由を説明している」と書いている。

 同氏は「韓国企業はすばらしい組織化という強みで中国市場を攻撃してきた。デザインやブランド化でサムスン電子・LG電子・現代自動車などが中国を席巻した。彼らの成功は最上の楽観的シナリオも超えたもの」と主張した。

 同氏は「2005年、世界は高度成長をしている中国とインドに注目したが、アジアで株価が最も上がり、ウォンほど強かった通貨がない点から見ても、2005年は韓国の年。韓国は開発途上国から先進国への発展に成功していると見られる」と話す。

 しかしウォン高と低いインフレに加え、高齢化で貯蓄率が上昇、金融財産に対する需要が溢れる状況が80年代の日本の状況と似ているとし、韓国経済の最大の危機要素は『バブル』だと警告した。

 同氏は「中央銀行が警告しなければ財産バブルにつながるかもしれない」と指摘している。


↑超有名コメントイメージ↑

アンディ・シェなる人物が三馬鹿系かどうかということは、ここでは触れません。

でも、ウォンなんてものがどの程度なものなのか、
↓ここをご覧になればよくわかります。
日本が朝鮮に行った良いこと
1997年、韓国政府が破産。
先進各国は「韓国をサポートする必要は無い」と断言しました。
そのまま推移すれば、韓国は北朝鮮の生活水準に転落した筈でしたが、旧宗主国である日本政府は韓国の窮状を見かねて、韓国通貨ウォンを保証して韓国を国家破産から救い出しました。

~中略~

韓国の通貨危機克服には、実は日本の政治力が大きく貢献しています。
上記の支援が発表されてもウォンの暴落は止まらなかったんだけど、その後、日本政府が迅速に邦銀から債務の返済期限繰延の約束を取り付け、欧米系銀行の同調を引き出して初めてその暴落が止まっている。

要するに、
韓国政府がIMFに約束しただけでは信用は回復しなかったわけで、「韓国は日本がbackで支えている」ことが示されて初めて一息つけたコトになる。


しかしまったく・・・

どういう幸せ回路が繋がればこんなデムパを想像できるのか。
不思議な国です本当に。

■東京どこ系?

なんだかんだと言っても東京には憧れも嫉妬もやっかみも(^^;あります。

東京どこ系?

名前と生年月日と血液型を入力して・・・
ポールさんは巣鴨 です!

● 巣鴨系のあなたは、奥ゆかしく見える才人です。恋愛パターンは見た目同様、古風です。情の深いタイプなので、現代風のドライな恋愛観を持つ相手は不向きです。カンの鋭さから、出会った瞬間に恋に落ちてしまうことも多いのですが、相手に思いやりの心を持って接するため、抜群の成功率を誇ります。ひとたび仕事となると、物事の飲み込みが良く、ポイントを押さえるのが得意。天性のカンも冴え、何でも器用にこなせるマルチな才能を発揮します。が、攻めが得意なため、守りはちょっぴり苦手。受け身の状況下では、焦りから自らミスを招いてしまうことも。常に自分を見失わないように、冷静で客観的に自分を見られるようになれば、鬼に金棒です。

● ポールさんの結婚相手のイニシャルは、M.Wです!

「出会った瞬間に恋に落ちてしまうことも多いのですが」
ということですが、一目ぼれの経験は・・・無いですよ(^^;

「何でも器用にこなせるマルチな才能を発揮します」
でもですね、極められないんですよ(爆)

「冷静で客観的に自分を見られるようになれば、鬼に金棒です」
誰でもそうでしょう?


ちなみに巣鴨ってこんなとこらしいです。
まあ興味はあります。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。