■2009年08月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■興味はもう未来の「再編」に

【09衆院選】民主、防衛大綱改定を来年に先送りへ 混乱は必至 (1/2ページ)

 民主党は27日、衆院選で政権を獲得した場合、現政権が年末に改定を予定していた防衛計画の大綱のとりまとめを来年以降に先送りする方針を固めた。同党は現在の改定案を抜本的に見直したうえで、新たな「防衛大綱」を整備していくことにしており、年内に検討作業を終えるのは困難と判断した。防衛省は年内の大綱改定を前提に来年度予算の編成作業に着手していることから、混乱は避けられない見通しだ。

 大綱をめぐっては、首相の私的諮問機関「安全保障と防衛力に関する懇談会」(座長・勝俣恒久東京電力会長)が今月4日、集団的自衛権の行使を勧告するなどした報告書を麻生太郎首相に提出した。政府はこれをたたき台として、年末に大綱と今後5年間の主要装備品の整備内容を定める中期防衛力整備計画(平成22~26年度)を閣議決定する方針だった。

 しかし、こうした報告書に対し、民主党内に慎重論が強く、鳩山由紀夫代表は政権獲得後に報告書の内容を見直す考えを表明していた。懇談会は半年で報告書をまとめたが、同党は「改めて人選をして報告書を出してもらう」(前原誠司副代表)としている。

 このため、民主党が策定する「防衛大綱」は現政権のものとは抜本的に違う内容となることが予想されるため、時間もそれだけ必要となるもようだ。

 現大綱は21年度末で切り替わるため、党内には「来年3月末ぐらいまでは(改定を)延ばせる」との意見もある。ただ、来年3月の改定では今年末に行われる来年度予算編成に反映させることができないため、改定自体を1年間延期する案が有力となっている。

 また、同党は旧社会党から保守系まで安保政策に大きな幅があり、これまで自衛隊の具体的な防衛力のあり方について一致した見解をまとめてこなかった。連立相手で自衛隊の規模削減を掲げる社民党との調整も難航が予想される。

 また、民主党はマニフェスト(政権公約)で、日米地位協定の改定や在日米軍再編計画についての見直しを行うとしており、米政府が来年初めにまとめる予定の「4年ごとの国防戦略見直し」(QDR)の検討状況もにらみながら大綱策定を進めたい考えだ。

 一方で、大綱改定を1年間延期した場合、来年度予算は今年度で期限が切れる現中期防を修正するなどして編成することになり、大胆な予算編成は困難となりそうだ。


 国の一大事である防衛に関して未だにこんなことをやっている民主党。
 そんなことも決めれないのに選挙にだけは勝つ気満々(笑)。
 これで政権交替だなんだと、どうかしてるとしか言いようがない。

 空気で民主党に投票しようとしている連中は、自分は敵に殺されても良いけど役人の天下りはダメだとか、自分は敵に殺されても良いけど政治家の世襲はダメだとか、自分は敵に殺されても良いけどキュウリがあと10円安くなったら良いやとか考えてるんだろう。

 まったくもってどうかしてる。



 恐ろしいのは、民主党が今回選挙で勝った(多分)のは自分達が認められた結果だと勘違いしてしまうことだ。
 本来(日教組や自治労などに支持される)民主党のような得体の知れない不気味な政党なんか勝てるわけは無い。正体が「反日」なのだから。
 あくまで自民党がプーだったのが原因だ。まともな自民党議員は大いに恥じて欲しい。そして一念発起してサヨクを駆逐して欲して本来の姿に戻って欲しい。仲間はいる。


 日本人はあまり変化を好まない。
 なにせ9条でさえ変えれない国民なのだ。
 それが(空気に流されるという傾向はあるにせよ)、自民党にNOを出した。
 民主党にYESではなく、自民党にNO、いやサヨクになびいた日本の保守にNOを出したのだ。

 そこのところをよく考えて欲しい。
 政界再編とは、つまるところ保守再編なのだ。
スポンサーサイト

■ベトナム宿:ハノイ:ホアビンパレス

 宿編第5弾。少しだけランクを上げて、一応3つ星らしい宿に移動。
 湖にも近いし買い物も便利な場所にある「ホアビンパレス」。
 みやげ物屋の女の子の愛想もよかったし(^^)

外見。向かって右方向は湖方面になります。
近くには胡散臭い商売人もいますが、無視無視。


宿を出て正面はこんな感じでローカル市場になっとります。


部屋の見た目も結構グレードアップ。
良い宿でしたが、投函をお願いした絵葉書は届いていません(笑)

■ベトナム宿:ハノイ:コンチネンタルホテル

 宿編第4弾は最終訪問地である首都ハノイ。立地はまずまずで旧市街にあります。
 ちなみにインターコンチではなく、コンチです(笑)。
 到着が夜になるのでサイゴンで予約したのですが、エレベータが無かった。

外見はこんな感じ。
向かいに親切な旅行会社スケッチトラベルがあります。

値段は40US$。比較的宿代の高いベトナムだが、
まずまずの部屋で従業員も非常に親切。
夜に宿前の道を暴走原付が長々とレースらしきものをやってたのがマイナス。

■毎度お騒がせしております

逮捕後3時間死んだふり、警察官に体当たりの男 大阪

 19日午後11時半ごろ、堺市堺区大町東の国道26号で、それぞれ3人と2人が乗ったミニバイク2台が赤信号を無視して走行しているのを、街頭犯罪などを担当する府警のスカイブルー隊員2人が発見。追跡したが、約1キロ離れた府道で3人乗りのミニバイクが隊員のバイクに体当たりして転倒させた。

 男らはミニバイクを放置して逃走したが、約100メートル先で運転していた男を取り押さえ、公務執行妨害と傷害の疑いで現行犯逮捕した。転倒した男性隊員(25)は軽傷。

 堺署によると、逮捕されたのは堺区大浜北町の職業不詳、松村雄二容疑者(22)で、取り押さえられた直後から約3時間、目を閉じたまま身動きせず死んだふりをしたという。病院で尿検査できず、尿道にカテーテルを挿入された際も反応を示さなかったが、呼び出された母親の声を聞き、観念して目を開けたという。

 堺署は「拘置されるのが嫌だったんだろうが、意識があるのは分かっていた」としている。松村容疑者は「眠かったので寝ていた」と供述している。ミニバイクの同乗者らは逃走したままで、堺署などが公務執行妨害などの容疑で行方を追っている。



 22歳、どうしてここまで馬鹿なのか?

 おい日教組、こんなパッパラパーを作り出してきて恥ずかしいと思わないのか?
 おい民主党、そんな日教組に支持されて選挙やって恥ずかしいと思わないのか?

■そんなんあらへんがな

「女性差別、早急な対策を」 国連委が日本政府に勧告

 国連の女性差別撤廃委員会は19日までに日本政府に対し、男女別姓を認めていない民法の「差別規定」改正など女性差別の完全な撤廃に向け早急な対策を求める勧告を発表した。2003年の勧告に続き、対策の不備を指摘、女性差別撤廃条約の履行を迫る厳しい内容で、政府は迅速な対応を迫られそうだ。

 勧告書によると、委員会は日本が前回の勧告後も差別撤廃に向けた十分な取り組みをしていないことに「遺憾」を表明。特に民法などの法律や、雇用・賃金で男女差別が残っていると指摘、早急な取り組みを要請した。

 委員会は先月23日、6年ぶりに日本の同条約の実施状況を審査、日本政府が現状を報告した。(共同)


恐らくそれは幻覚でしょう

 この日本のどこに「女性差別」がある?
 男性差別なら駅へ行けばいつでも目の当たりにする事ができる。あちらこちらの店でも女性限定品があふれている。癒しだ御褒美だ何だかんだと、つまりはそれだけ余裕があるのだ。
 日本では「メス」は特権階級なのであり、そんなのはもう誰もがわかっている。わかってないのは権利だけを主張するしか知らないフェミ基地外だけ。

 そんなフェミ基地外が国連に紛れ込み、その名前を使って日本を貶める。
 立派な反日活動ではないか。

 この長い歴史を持つ国を、白人のどっかと勘違いしてるのではないか。
 我々の住む国は日本なのであって、バイキングの国ではない。
 胡散臭い価値観を強制するな。貴様らの嫌いな「強制」だぞ。


 ちなみに日本人の和の中から「別姓」を求める声がでたなら、ぼく個人的にはそれの選択可を否定はしません。

■これも本当に悪いのはアイツらだ

【酒井法子覚醒剤】加藤めぐみブログ、酒井容疑者中傷で炎上休止

 ものまねタレント、加藤めぐみ(38)が13日、公式ブログを突然休止した。

 所属事務所によると、12日にアップした「酒井法子について」と題したブログが原因。「とにかく詫びろよ 逃げてうそついて 人間として最低じゃん 恥ずかしいな」などと非難中傷に近い内容を掲載したことでサイトが炎上したという。

 この日、「多大なるご迷惑をお掛けしましたこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪し、しばらくの休止を発表。過去の記事も削除している。


 取りたてて酷い事を書いているとは思わないけどね。
 「非難中傷」て、「逃げてうそついて」るしシャブやって「人間として最低」で「恥ずかしい」人間だし、まったくもって本当のこと(判決はまだですが)なんですけどね。
 強いてあげれば「とにかく詫びろよ」が何様だと思わせるが、この程度で炎上とは、そうさせるのが趣味になってるような変態が結構いるのだろうということだろう。
 なんでもサヨクのせいにするぼくから見れば、それもサヨク教育の結果だとしておきましょう(笑)

 まあこの加藤めぐみなるタレントがどういう人物かは知らないが、それほど有名でない(はずの)芸能人でもそれなりのけじめを、つける必要も無いのにつけなくちゃいけないてことなのかな。
 それが有名(ではないと思うのだが)税ということになるのかな。割に合わんな。
 言葉狩りか寄ってたかっての弱いもの苛めにしか見えないけど。

■今のうち批判

国旗切り民主党旗、首相「許し難い」…鳩山代表は謝罪(読売新聞)

 17日の党首公開討論会で、麻生首相は、民主党が鹿児島県内で開いた集会に言及し、会場に掲げられた民主党のマークが「国旗を切り張りして作られたものだった」と指摘した。

 民主党の鳩山代表はその場で「そんなけしからんことをやった人間がいるとすれば、大変申し訳ない」と謝罪した。

 この集会は、今月8日に民主党の鹿児島県内の衆院選立候補予定者が開催し、小沢一郎・党代表代行らが出席。ステージの後ろに、二つの赤い円を上下に重ね合わせたデザインの同党のマークが掲げられたが、麻生首相は17日の討論会で「よく見ると、国旗を切り刻んで上下につなぎ合わせていた。民主党のホームページにも載っている。とても悲しい、許し難い行為」と追及した。

 鳩山代表は謝罪したうえで、「我々の神聖なマークなので、マークをきちんと作らなければならない話だ」とも述べた。民主党関係者は「(国旗は)党のマークを表すために支援者が持ち込んだものと聞いている」と説明。同党のホームページからは同日、この会場の模様が写った写真が削除された。

 同党のマークは下の円がゆがんだ形。「今は完全ではないが、雪だるまも転がしているうちに大きくきれいな球に育つ」(1998年の結党当時の菅代表)という思いを込めたためだ。しかし、問題の会場では、下の方もきれいな円になっていた。


 自分の国の国旗を切り刻むことができる者は、普通世間一般にはまともではないと判断される。
 アッチ系とか、そもそも自分の国でない工作員なら、何の躊躇も無くそんなことはできるが、実際それをやったのが「(民主党の)支援者」だ。まともではないとこれでわかる。

 自治労や日教組のようなとてもまともとは思えない連中もまた、熱心な民主党の支援者だ。
 こういうことを平気でやる、明らかにまともではない連中の意見がどんどん通る政治になるのだ。
 多分、そのうちこういうことも書けなくなるだろう。

■8月15日

靖国へはそう簡単に行けないので、大阪護国神社に。
帰り道には何人も白い上着を羽織ったおじい様方とすれ違いました。
麻生さんはじめ、自称保守の売国議員どもは結局行きませんでしたね。
自民党は間違いなく、もうその存在意義が無くなっている。

■淀川花火

 
 8月8日になりますが、淀川の花火大会を観に、ベストロケーションにマンションを持つ知人の家にお邪魔してきました。
 正直ここまでとは、というくらいのポジション。来年もお願いします(笑)





■最後の望み

【櫻井よしこ 麻生首相に申す】名誉挽回に死力尽くせ

 今月末の総選挙に向けた自民・民主両党の主張は日本における政治の矜持(きょうじ)の喪失と保守勢力の凋落(ちょうらく)を痛感させる。日本はいま、歴史を重ねて蓄えてきたすべての力を使い切ろうとしているかのようだ。

 日本のすべての力は、歴史のなかで先人たちの苦労によって培われてきた。にもかかわらず、麻生太郎首相も鳩山由紀夫民主党代表も、あまりにも日本の土台を構築する価値観や歴史に無神経である。両党首の下の自覚なき政治で、先人の残した諸々の価値観がいまや消し去られてしまいそうだ。

 8月15日、麻生首相も鳩山代表も靖国神社には参拝しないらしい。首相の言い分は「国家のために尊い命を捧(ささ)げた人たちを政争の具にするのは間違っている。(靖国神社は)政治やマスコミの騒ぎから最も遠くにおかれてしかるべきもの。もっと静かに祈る場所だ」というものだ。

 本気であろうか。靖国神社参拝は長年「政争の具」にされてきた。中国が靖国参拝を日本抑圧の切り札とし、切り札を突きつけられた日本側が砕け続けてきた。政争の具にしないためには、まずこの構図を打ち破り、靖国参拝を巡る状況を正常化することだ。日本の首相が「国家のために尊い命を捧げた人たち」を慰霊するのに、外国政府に言われてとりやめるという異常からの脱出が正常化への第一歩だと気づき、熱い心をもって全力で臨まなければならない。そのこともなしに参拝を避けるとしたら、それは、無気力の極みである。異常を是として、異常を継続することにほかならない。

 吉田茂以来、不幸にも戦後日本に根を張った政治風土の最も深刻な欠陥は、この種の、異常を正常と思い込む価値観の倒錯である。総選挙を前に国民に訴えるべきは、返済不要の奨学金や農家への戸別補償の効用ではなく、靖国参拝に象徴される日本人の心の問題である。

 だが、首相が国民に語りかけていることのほとんどが金銭、物質に関する事柄でしかない。国家の基本的な問題点、たとえば安全保障、増大する中国の脅威、激変する米国外交こそを訴えるべき時、バラ撒(ま)きから透視される有権者への迎合こそ見苦しい。首相は日本の最も深刻な欠陥である安全保障の不備に関して、集団的自衛権さえも打ち出せていない。

 占領下、吉田は日本の再軍備に抵抗し、ついにまともな軍隊を作らせずして引退した。米国のダレス特使に対しては、「日本を広い意味で米国にインコーポレート(合体)してほしい」とさえ述べ、米国の庇護(ひご)の下での経済優先を貫いた。吉田は引退後、軍事をないがしろにしたことを悔いたが、冷徹に言えば、それは繰り言にすぎない。物事をなすべき地位にあるとき、政治家は国益だけを考えて全力で事をなさなければならない。それなくしては、辞した後の言葉は虚(うつ)ろである。

 麻生首相は、就任直後の2008年9月、ニューヨークで集団的自衛権について「基本的に解釈を変えるべきものだ」と語った。

                   ◇

 だが、首相は集団的自衛権の解釈を変更するどころか、その件に触れることもなく、選挙に臨もうとしている。首相は祖父と同じ間違いを犯し、後世に憂いを残すのか。

 そのうえ、「静かに祈る場所」と言って、靖国神社には近づかないのか。静かな祈りは口実か。「保守」の首相のそんな祈りを英霊たちは喜びはしないだろう。

 首相以上に、鳩山代表の靖国についての考え方は奇妙である。氏は8月11日、党本部で、「(靖国神社に)参拝するつもりはない」、民主党内閣が誕生する場合、「閣僚にも(参拝を)自粛するよう言いたい」と明言した。

 「村山談話」に関しては、「尊重し、談話の思いを十分に受けた政権にする」と強調した。先の大戦について、日本が間違っていたとし、ひたすら「心からのお詫び」を強調する「談話の思い」を鳩山氏は「十分に尊重」するそうだ。

 次期政権をうかがう二大政党の党首がいずれも、国家のために努力し、戦い、敗北し、命を落とした人々の魂を、慰め、鎮め、感謝の祈りを捧げることを、他国に気兼ねして行わないと表明したことに、私は深い喪失感を抱く。日本はここまで大事な価値観を失ってしまったのか。精神の支柱を腐らせたかのようなこんな国がほかにあるだろうか。

 鳩山氏はまた、非核三原則について、8月9日、「法制化を党としてしっかり検討する」と述べた。2日後には「本当に(法制化が)なじむかは検討の中で議論したい」と後退したが、そもそも「非核三原則は法律を超えた国是」というのが氏の考えだ。

 北朝鮮が核を保有し、日本を射程にとらえ得る中国の核ミサイルはすでに1000基を超えた。核抑止の担保は日本の安全保障上、死活的重要事だ。結果、非核三原則はいまや守るのではなく、見直しこそが必要である。鳩山氏の三原則論は日本を脅威の前に裸で立たせるようなものだ。

 一方、政と官の関係を新たに規定する公務員制度改革について、麻生、鳩山両党首の言葉は共に、国民を騙(だま)すものである。麻生内閣の改革案は、結局、政治に対する官僚支配を強める内容となった。同案は廃案となったが、民主党案は、おそらく、自民党案より酷(ひど)い内容になる。鳩山氏は、幹事長だった今年6月30日、政権をとれば「局長クラス以上は辞表を出していただき」、民主党の大胆な官僚改革を行うとした。だが、いま「法的には難しい。辞表という形に必ずしもならない」と語る。長年、人事院と労組の連合の間には協調関係があった。民主党はその連合の支持を当てにする。大胆な公務員制度改革を阻む構図のなかに民主党が存在するのであり、事実、改革案の後退が早くも始まっているのだ。

 こうしてみると、民主党の政策には多くの疑問符をつけなければならない。だが、麻生首相のふがいなさゆえに、自民党に期待することも難しいのだ。そのふがいなさを、首相はいま、だれよりも深く肝に銘じよ。名誉挽回(ばんかい)に死力を尽くせ。


 とても良い提言なので全文載せておきます。
 自身の勉強用にもなるしね。


 この提言は麻生さんもそうだが、全ての”日本の”政治家が「深く肝に銘じ」るものだ。
「民主党の政策には多くの疑問符をつけなければならない。だが、麻生首相のふがいなさゆえに、自民党に期待することも難しいのだ。そのふがいなさを、首相はいま、だれよりも深く肝に銘じよ。名誉挽回(ばんかい)に死力を尽くせ。」

 こんなにも麻生さんがボロボロだとは思いもしなかったが、まだ桜井さんはお見捨てでは無い。
 自民が負けすぎない「奥の手」は、保守政党だということをきちんと示す、これだけだ。

 今までなら民主党のような腐れサヨクに牛耳られた連中がこんな跳梁跋扈することは無い。
 それを許しているのは「凋落」と書かれた保守の「ふがいなさ」に尽きるのだ。

 前に似たような事を書いたが、8/15に靖国参拝、村山&河野の駄弁撤回、憲法改正、普通のことをやれば良いのだ。
 まだ日本にも優秀な人材は残っている。たくさんの憂国系ブログを見てもわかる。
 日教組の天下で子供たち次世代が基地外にされる前だからもう今しかない。
 日本が普通になれば、自身と自信とを取り戻せば、必ず経済問題も解決する。二の次とは言わないが、優先事項は「カネ」ではない。世界は平和ではないのだ。

 とりあえず15日まで麻生さんに最後の望みをかけておこう。

■なすがままに あるように

アビイ・ロードの横断歩道、移動を=ファンは「あるがまま」望む-英(時事通信)

 【ロンドン時事】「アビイ・ロード」の横断歩道と言えば、ロンドン北西部セントジョーンズウッドで40年前の1969年8月8日、ビートルズのメンバー4人が横切ったジャケット写真で世界的に有名だが、「交通事故が多発しているので、別の場所に移すべきだ」と地元議会の一部議員が発言、ファンの反発を招いている。10日付の英大衆紙サンが報じた。
 地元自治体のある議員によると、大勢の観光客がこの歩道上で写真を撮ろうとするのが事故につながっており、2000年以降で22件発生した。
 事故撲滅のため横断歩道を移動せよとの議員らの無粋な提案に対し、ファンたちは「断固戦う」と激怒。地元自治体の広報官も「他の道路以上に懸念されるほどではない」と述べた。同紙はこの発言をとらえて「地元当局はlet it be(そのまま、あるがまま)にする方針を示唆した」と、ビートルズの曲のタイトルをさりげなく記事に織り込んで伝えている。

 
 別の場所にすると意味が無くなる。

 あのロケーションを御存知の方には言わずもがなだが、あそこにあってこそだ。
 ジャケットでもわかるが、向かって左側にはアビーロード・スタジオ。FAB4の名曲の殆どを生み出した伝説の場所だ。
 数分歩けばポールの家。サンダルで通勤?していたということもここからわかる。

 そしてなにより、あの場所で直接感じる歴史の共有感。
 あの場所で次々にやってくる日本人、彼らはそこに到着すると、看板や落書きなどひととおり辺りを見まわして一息つく。そして先に低い塀に腰掛けているぼくと目が合って、「(*)ここですね」と言う。ぼくは「ええ、(*)ここです」と答える。
 (*)この間(ま)は当事者にしかわからないので書けないが、不思議な一体感というか共感というか、それを感じることができる。もちろん外人(現地ではぼくが外人だが)とも会話できなくとも通じる何かをはっきり感じることができる。

 あそこは特別な場所なのだ。
 場所を移す事にまったく意味はない。
 当局が[let it be]とすることに期待したい。

■連中とは

反日の台湾女性議員ら靖国神社でもみ合い

 反日活動家として知られる台湾の高金素梅・立法委員(国会議員)らのメンバーが11日、東京都千代田区の靖国神社の拝殿前で靖国神社反対活動を行い、制止した神社職員ともみ合いになり、警察官が出動する騒ぎがあった。靖国神社によると、職員数人がけがをしたといい、警視庁麹町署に被害相談している。

 靖国神社によると、高金素梅委員ら約50人が11日午前9時ごろ神社に訪れ、同9時半ごろから約20分間に渡り、拝殿前で拡声器で「ヤスクニNO」と訴えたり、持っていた写真やパネルを掲示。このうち1人が拝殿に登ろうとして、制止しようとした神社職員ともみ合いになった。職員数人が突き飛ばされ、打撲などの軽傷を負ったという。

 警視庁によると、高金素梅委員は今月7日から11日までの予定で来日し、「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」シンポジウムを開催。8日には中国人強制連行殉難者合同慰霊祭に出席し、9日にも東京・上野でデモ行進をしていた。


 いつまでたっても、やって良い事と悪い事がわからない連中だ。
 冷静になどと穏やかな対応で済ましていれば、そのうちとんでもないことをするだろう。
 下郎には下郎に対する相応のやり方がある。

 普通最低限やっておくことは、コウキンソバイはなぜか台湾の国会議員なので、礼を失した行動をしたことを彼女の国に伝えるべき。まあ彼女も中共の工作員ですからあの本国に伝えても良いけど(笑)。
 本来は国として抗議すべきなんだけど、日本はおかしい国ですからね。それはできません。

 このニュースは台湾に伝わって、普通の台湾人の心を刺激するだろう。
 コウキンソバイはやっちゃあいけないことをした。日本を侮辱した。
 それはもちろん、ほとんどの台湾人にも受け入れられないことだ。

 反日はやってはいけないことを平然と行う。
 何の疑いも無いおかしな連中なのだ。

■邪魔だ下郎

平沼氏の岡山3区に民主候補、対決姿勢示す(読売新聞)

 民主党の小沢代表代行は10日、岡山市で記者会見し、衆院選の岡山3区で弁護士の西村啓聡氏(33)を公認すると発表した。

 同区では、保守系無所属の「平沼グループ」を率いる平沼赳夫・元経済産業相が出馬する予定だ。民主党は、選挙後の平沼氏との連携も視野に入れ、いったんは候補者擁立を見送る方針を固めたが、対決姿勢に転じた。

 「(平沼氏の)政治行動を見守ってきたが、自公政権に代わって政権をつくるという行動に踏み切るのは困難なように見受けられる」

 小沢氏は記者会見で、西村氏擁立の理由をこう説明した。

 小沢氏は3日、自身の岩手4区への出馬などを決め、「小選挙区の候補者はすべて決まった」としていた。その方針を転じたのは、連合岡山の強い要請のためだ。

 連合岡山の幹部は4日、小沢氏と直談判し、「平沼氏は保守だ。このままでは連合の票の行き場がなくなる」と公認候補の擁立を求めた。小沢氏は、比例票の掘り起こしにもつながるとして理解を示したという。
(後略)


 三下が邪魔をするな。

 「連合の票」欲しさに「保守」の平沼さんの邪魔をするということは、自ら革新政党だと宣言したことに他ならない。目指すは「革命」だとはっきり言ったらどうだポッポ。
 
 民主党の有志諸君は、今すぐ離党してこの党の気持ち悪さを公表して欲しい。
 そして真にあるべき姿に戻って、己の政治信条を活かす選挙活動を行って欲しい。
 日教組や自治労、そして連合などの支援で当選することに何ら後ろめたいものを感じないとしたら、もう終わっている。
 我々は日本人で、日本が大好きなのだ。わかるか、この意味が。

■野田以外のアホ

民主・岡田氏が野田消費者相の靖国参拝表明を批判

 民主党の岡田克也幹事長は11日昼、水戸市内で記者団に対し、野田聖子消費者行政担当相が15日に靖国神社参拝の意向を表明したことについて「首相がA級戦犯を合祀(ごうし)した靖国神社に参拝するのは適切ではなく、野田氏も閣僚の1人だから基本的に同じだ。(参拝見送りを示唆した)麻生太郎首相は閣僚に思いを伝えるべきだ」と批判した。

 岡田氏は民主党政権での首相の参拝について「どうするかはその時に首相が考えを述べるべきだが、行くべきではないというのは民主党の歴代代表に一貫した姿勢だ」と強調した。

 民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)の下敷きとなった政策集「INDEX2009」で、首相や閣僚の参拝に関し、「A級戦犯」の合祀を理由に「問題がある」と指摘。国立追悼施設の設置に向け取り組みを進めるとしている。


 おいスーパー屋、お前はアホか。いやアホだ。
 原爆まで落として勝った敵が決めた「戦犯」なるものを、この日本は永遠に侮辱し続けなければならないのか?
 貴様それでも日本人か?
 
 いや、まさか日本人じゃないだろうな?
 違うはずだ。日本人ならそんなアホではない。
 大陸で共産党員相手に農薬まみれのチンゲンサイでも売ってろ。
 この売国奴が。


 自民党のお歴々が次々と15日非参拝表明。
 正にクソサヨクの出す踏絵を踏まされているようだ。これが自称保守政党である自民党最後の姿だ。
 こんなことやってるから自分達は終わるんだということを未だに理解していない。

 例大祭に行ったから8/15は行かなくて良い、見たいなこと言うアホもいる。

 例大祭はもちろん、8/15も行くんだよ。
 国の代表だろうが。日本国の。
 別に毎日行ってもおかしくないのだからそれくらいはやれこの無礼者。

■なるほど

台湾歌壇がNスペに抗議 「排日的と誤解与える」

 NHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー アジアの“一等国”」が「台湾をよく知らない人に排日的だと誤解を与える」として、出演した台湾人、日台友好団体などから批判が相次いでいる問題で、台湾歌壇の蔡焜燦代表らがNHKの福地茂雄会長に対して抗議状を提出していたことが分かった。

 抗議状は60人の連署で、日本統治に関する番組の内容に訂正を求めている。抗議状に添えられた、日本語の和歌は以下の通り。

 日本人になり切らんとせる人等指し反日と言ふ現なるかや(鄭●耀)

 親日の台湾人に無情なる打撃あたへし君にくらしや(荘進源)

 帰国せし米寿を迎ふる吾が恩師のひとり暮しに思ひ走らす(游細幼)

 引き揚げの恩師見送る寂しさに拭ひし涙胸に残れる(李錦上)

 同歌壇は「万葉の流れを台湾にとどめたい」と昭和44年に台北で創立した。

●=土へんに良


 情けない。本当に申し訳無い。
 涙出てくる。

 我々は彼らが思い焦がれる日本を、犬HKのような卑怯で下劣な「日本」にしてしまった。
 一度我らは裁きを受けねばならないのかもしれない。

 イザヤ・ベンダサン氏の言う人間教の教徒である我々が、その根本である人間を無視した行為にひた走っている。白人趣味に溺れ下品な隣国のみを慮る。
 既にそういう意味では日本は無いのであろう。
 だとすると、もう日本は滅ぶべきであると思う。
 正に民主党の出番、ということになる。

 ・・・そういうことか。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。