■2009年11月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■1 or 2

 最近、何かエントリ書いてもほとんど二つの結論に落ち着く。食いつくネタがそうだということなんだけど、どうも精神的によろしくなくて結局アップしないのが数件・・・
 その二つの結論とは

 1.民主党権力行使で日本オワタ
 2.公共の和の崩壊で日本オワタ


 こりゃいかんと、1に対しては左寄りな考え方も実は・・・なんて前向きな見方をしてみようと。
 2に対しては自分の行動から見直してみて、似非日本人にももう少し寛容になろうと。

 と書いてるしりから、思い出して1に対して不安が、2に対して怒りがこみ上げてくる。。。


 このままだともともと短い寿命が更に短縮されそうな勢いなので、もし倭族自治州になっても「マオツァートン同志万歳革命万歳」と言おうかなとか、電車で化粧している女に「お美しくなりましたね」と言おうとか、先々見据えて保身を図ろうと画策中です。。
 まあ○んだら○んだで住宅ローン完済できて良いことは良いんだけど。



 そうそう、こんな親もいるそうです(日本人です)。
 ツレのツレなんで、まあ関係ない人の親ですが、なんと年金払ってなかったことが60歳を越えてやっと判明したそうです。
 どこぞの連中と違って日本人なんで、払ってないのにクレクレとは言わないのですが、来年中学生になる子供を持つそのツレのツレは困ったそうです。もちろんそんなだからその親の財産はZEROだそうで・・・更に難しい人らしくその親もツレのツレの嫁も同居は無理だと。
 挙句の果てにどうして払ってないのか聞くと「お前を育てる為に全部使った」と言われたという。

 むうこれはツライ。息子としてそれを言われちゃあ何も言えないではないか。
 ちゅうかそれは言うなよ親、と思った次第。

 面倒見れない子供もそうなのだが、そんなことを言ってしまう親もどうかと思う。
 これはどちらのパターンにも当てはまらないかな。強引に2か(ドツチヤデモエエカ)。

 まあ現職の総理大臣であるアホポッポも、カネが無いのは自民党が悪かったからだとかなんとか、それを言っちゃあ・・・という発言を臆面も無くするくらいだから、平民もそれにならってということなのかもしれないが、それにしても上から下まで品が無い国になってしまいましたね。
スポンサーサイト

■越南旅行邂逅18

高級ホテルでまたーり中


ホテル敷地内散策


白人はデブでもハゲでも似合うのはどうしてだ?


まだウェルカムなんたらがあるというのでレストのひとつに


この辺りの名物ホワイト・ローズをいただきました


もちろん足らないのでまたもやハンバーガー


とナポリタン。これがめちゃめちゃ美味かった


越南旅行邂逅19へ続く

■人類の革新

人類進化の行方:4つの可能性を提示(ナショナルジオグラフィック)

(前略)

◆予測4: スペース・コロニーで新しい進化が起こる?

 ウィスコンシン大学マディソン校の人類学者ジョン・ホークス氏は、「大規模な隔絶メカニズムが新たに登場しなければ、新しい人類は出現しない。実際、オーストラリアやパプアニューギニアでは一部の種族が最大3万年も隔絶した環境で生きていたのに、人類の種分化は起こらなかった」と指摘する。

 しかし、遠い未来に太陽系外で居住可能な惑星が見つかり、植民が進んで隔絶された環境下で生活するようになれば、人類のニュータイプが出現することも考えられる。ホークス氏も、「はるかかなたの惑星に人類の一部が移住し地球との交流が絶たれれば、種分化も充分にあり得る」と述べている。



ガンダムは「よげんの書」だったのか?

■どいつもこいつも

【光市母子殺害】実名本差し止め却下で元少年側が即時抗告

 山口県光市母子殺害事件の被告の元少年(28)=死刑判決を受け上告中=を実名で記した単行本について、元少年側は24日、出版差し止めの仮処分申請を却下した広島地裁決定を不服として、広島高裁に即時抗告した。弁護団が同日夜、明らかにした。

 本は、大学職員増田美智子さん(28)が元少年への接見などをもとにまとめた「A(実名)君を殺して何になる」。広島地裁は9日の決定で「プライバシーの侵害はあるが、元少年も実名使用に同意していた」として差し止めを認めなかった。

 増田さんは「元少年は取材に本心を明かし、弁護団批判も少なからずあった。このままでは彼が本の中で語った贖罪(しょくざい)の気持ちまで疑わしくなり、残念でならない」とコメントしている。


 この基地外野郎の本名を巡って胡散臭い争いが起こってます。
 ぼくはこの基地外野郎に正しい裁きが下り、正しく罪を償えばそれで良い(具体的に言えば死刑、もっと直接的に言えば「はよ死に場所を与えたれ」)と思ってるだけなので、別に基地外野郎の本名など知らなくても良い。
 知りたい側も半分はマスゴミの煽る興味本位なのかもしれないが、こういった場合、大体は知らせたくない方に胡散臭さが爆発する(抗告したのも「少年側」とあるので「少年」の意思なのかどうか)。

 とんでもない事件を起こした基地外野郎でさえ一丁前の「自由と権利」を主張するのがパターン。自由自由なんでも自由。何でもできる、だって何やっても良い「自由と権利」があるから。
 人に迷惑かけても良い「自由と権利」、人の自由と権利を踏みにじっても良い「自由と権利」。
 最たるものは「殺し」だが、そこまででなくとも街を歩けば「自由と権利」を行使しまくっている小悪党がゴロゴロいる。ケータイピコピコ弄くってる奴もそう、我が物顔でチャリ乗り回してる奴もそう。騒音を撒き散らしてる奴もそう。学校に行きながら「教師の話を聞かなくて良い権利」を主張するそれこそ基地外もいる。

 こんな連中になんでもかんでもそこいらで「自由と権利」を振り回されちゃあ、普通に真面目に生きている国民は迷惑なんですよ。ホントに。
 「自由と権利」を行使する以上、結果には責任を持たせる。
 「基地外野郎を殺して何になる」だ? 子供の悪戯とちゃうねんぞ。やらかしたことにはきちんと責任を取ってもらいまっせ、という極々当たり前のことやないけ。何になるもクソも、それが秩序っちゅうもんちゃうんかい。子供が悪戯しても誰にも怒られへんから今みたいなアホそのものの餓鬼ばっかりになるんやんけ。
 こんな基地外野郎が基地外やからとかいう理由で人を殺してものうのうと屁こいてクソして寝る生活を送れるとするなら、これほど不平等なことないでしかし。そう思わんか?

 ほんまこの事件のあっち側の人間とはどうも合わん。仕事30分中断してしもたやないか(笑)。

■越南旅行邂逅17

ホイアンのリゾートホテルの続き


洗面台もこんな感じ


裏のスペースにもシャワーがあったりする


こいつはミーソン遺跡観光の猛暑で役に立った


外の風景を一枚。何やら雲行きが・・・


忘れ物を取りに来て一枚。どれだけ天井が高いかの証拠写真


プライベートビーチの向こう側は一般用のようだ


越南旅行邂逅18へ続く

■不毛な感想

 「不毛地帯」が視聴率も不毛らしい。
 ちんちくりんないちびりドラマが多い昨今、社会派といおうか普通のドラマであるはずのこのドラマがどうして不調なんでしょうか?
 難しい話は嫌いだとかいうグータラな人間が増えたという話も聞いた。暗いのはヤダという話も聞いた。J事務所のガキやAKBとかの外見のみで中身の無いパッパラパーが出てないからとも聞いた。

 他のドラマは見てないので知らないが、「不毛地帯」は面白い。実話(に近い)と勘違いしている人も多い(この作者の話はその手のトラブルが結構ある)が完全フィクションとして見るなら、多少時代をオーバーラップして見るなら相当に面白いと思う。


 基本的にスポーツ中継以外は録画でしかテレビは見ない。もちろん「不毛地帯」も録画。
 スポーツも野球はほとんど見ない。サッカーかバレーボールかマラソンか、そんなところ。

 あとは「そこまで言って委員会」「秘密のケンミンSHOW」「旅サラダ(早送り)」くらいか。
 気が向いたときに○HKのドキュメンタリーを流し見程度。

 事実上、ぼくの中ではテレビ時代は終末を迎えている。
 最大原因は番組の質の悪さにあるのだが、当事者は気づかずに堕落し続ける脳みそ溶解番組を作り続ける。

 アホのぼくでさえ既に「終末」なんだから、かなりのアホじゃない人はもうとっくにテレビから離れているはず。その残りが今の視聴率を作っていると、アホな視聴者に迎合するアホなテレビマンどもがアホな番組を作り続けて自滅している、と(あくまでイマジンですが)暴言を吐いているわけです。

 いやもうね、イマジン9条で国の大事が左右されている国なら、何を言おうが何しようがイマジンで無罪放免になっちゃう気がするんですよね。諸悪の根源になってしまってますね9条は。
 と正に不毛なエントリ(爆)

■結局みんな

【風を読む】論説委員長・中静敬一郎 友愛と自衛隊のモラル

 鳩山由紀夫首相がさる15日のシンガポールでの外交演説で、自衛艦を「友愛ボート」とする構想を打ち出した。持論の「東アジア共同体」を実現するため、来年、太平洋・東南アジア地域で医療活動や文化交流などを行おうというものだ。「友愛ボート」と名付けられた海上自衛隊の護衛艦には民間人やNGO(非政府組織)の人たちも乗る。

 米海軍が2年前から南太平洋などで一定期間、展開している災害支援活動にも参加するとしている。アジア太平洋諸国と「友愛」の絆(きずな)を強めることは大事なことだ。

 ただ、「友愛ボート」業務は不明な点が少なくない。海自は米海軍の活動に対し、医官などを派遣している。護衛艦を一時的に派遣して協力するのか、それとも護衛艦を張り付けるのか。首相が「現地の人々の役に立てることを期待している」と語った以上、後者なのだろう。

 そうなると「友愛」業務を、護衛艦が担わなければならない理由の説明が求められよう。政府が、民間国際交流団体「ピースボート」の旅客船をチャーターしても代行できそうな内容に思えるからだ。

 自衛隊という軍事組織を動かすには、その任務が国家にとって必要であり、国益に資することを国民だけでなく、隊員にも示さなければならない。そうでなければ、モラルや士気は保てない。自衛隊員は「ことに臨んでは危険を顧みず、身をもって専心責務の完遂に努める」と宣誓する。自らの生命を代償に国家と契約を交わす唯一の職業である。

 自衛隊の組織目的は国防だ。「友愛」業務を自衛隊の任務にどう明確に位置づけるのか。国防へのしわ寄せにならないのか。いまだ、隊員に直接訓示していない自衛隊の最高指揮官が語るべきことは多い。


 アホポッポは本当にどうしようも無い。
「友愛」中にミサイル飛んできたらどうするんでしょうね。敵が撃ってからでないと日本の護衛艦は撃てないんだとしたら、まず日本側に被害が出る。「民間人やNGO(非政府組織)の人たち」をどうやって守るのでしょうか? 9条フィルタで見ると「友愛ボート」かもしれないが、敵からしたらただの「敵艦」ですけどね。

 某小泉氏の仰天発言のとおり、自衛隊の往くところ全て紛争無しということなんだろうか?
 憲法に明記してない集団だから、超私的な思想である「友愛」でもってどうとでも使えるとの判断なのだろうか? 恐ろしいぞこれは。


 つまり期待するだけ無駄なんだろう。そもそも「いまだ、隊員に直接訓示していない自衛隊の最高指揮官」が国防の何たるかを理解しているとは到底思えない。
 そんなアホ極まりないトップを日本国民は選んでしまった。選択肢が無いのだろうが、日本国民もアホなのだ。トップはもちろんアホ、ぼくもアホ、そしてあなたもアホなのだ(泣)。もうこれは涙無くしては語れない。

 アホばっかりの国の末路がどういうものか、歴史を見れば。。。。いや半島北部に超ド級のアホがいる国があるが、あそこはまだ生き残っている。ということは日本も・・・友愛の挙句にああいうところまで落ちるのかもしれないな。南無。。。

■越南旅行邂逅16

行き先は古都ホイアン


空の玄関であるダナン空港からクルマで一時間ほど


で、大奮発の豪華リゾートホテルに到着


先着の白人団体のあと、ついに部屋へ


ウェルカムフルーツもあたりまえ


フカフカフワフワ、窓に海が写りこんでいます。


バスルームはこちら。


越南旅行邂逅17へ続く

■越南旅行邂逅15

四日目、遂にサイゴンを離れます


うまいものはうまいのだ


飛行機からタクシーからテキパキ手配してくれました


空港へ向かう途中にいきなりの雨


ベトナムも連休中だったので予想外の混雑


この飛行機で


ジャンプ!!


越南旅行邂逅16へ続く

■話合いは相手もそれなりでないと成り立ちません

「日本は840万人誘拐」「拉致で満足いく説明ない」 日朝代表、国連で激論

 【ニューヨーク=松尾理也】「840万人もの朝鮮人を誘拐しておいて、日本は人権についてとやかくいえる立場ではない」。国連で19日、日本などが提案した対北朝鮮人権非難決議案の採択を受け、北朝鮮代表が日本を口汚くののしる「反論権の行使」を行い、日本代表も「(日本人拉致について)北朝鮮は調査を約束しておきながら具体的な行動は何もしていない」とやり返す一幕があった。

 北朝鮮の朴徳勲国連次席大使はまず、日本による戦前の強制連行として北朝鮮が主張する840万人という数字や、同じく従軍慰安婦として主張する20万人という数字を挙げ、「日本に人権について語る資格はない」と攻撃。その上で、「13人の日本人拉致被害者については必要なすべての説明をしており、問題は解決済み。日本はうそを言っている」と開き直った。

 これに対し、日本の奥田紀宏国連次席大使は「日本政府は17人の被害者を認定しているが、帰国したのは5人のみ。残りの12人については満足いく説明はない」「拉致の可能性が排除できないほかの複数のケースもある」と反論。「北朝鮮側ができることはすべてやると述べるのを何度も耳にしたが、具体的な行動は一切行われていない」と厳しく非難した。

 これに対し、朴次席大使は机をたたき激高、「17などという数は知らない。拉致された日本人は13人であり、そのうちの生存者はすべて帰国している。だいたい日本は調査を行えば制裁を解除すると約束しながら逆に制裁を強化している」とやり返した。

 決議案が採択された国連総会第3委員会(人権)では、決議に関係する国に「反論権」が認められている。北朝鮮の人権決議の採択は5年連続だが、委員会で日朝は毎年のように応酬を繰り返している。


言ってもわからぬバカばかり

 馬鹿相手の話し合いがいかに不毛か、よくわかる記事です。
 9条のみなさんは、こんな馬鹿と話し合いをするためにその正にチョンバレのウソを信じ込んでいるんですかね。馬鹿の言い分を認めないと話し合いにならないからどうしようもないのかな。おかしな話だ。

 しかしまあ国連もこんな基地外国家をよく放置しておきますね。拒否権の存在同様、国連の価値を完全に落としている。
 その国連なんぞを至上のものとするアホもこの日本にいますが、関わっても関わらずとも相手に大迷惑たあ、さすが世界の嫌われ者の面目躍如といったところです。

■越南旅行邂逅14

三日目が更けていきます


こんなホテルにお世話になりたい


夜のホーおじさん


こちらも高級ホテル


夜でも結構みんな出歩く(原付でだけど)


ベトナムぽくないビアマグもひやかしつつ


街角も撮りながら帰宿

越南旅行邂逅15へ続く

■同情するけど

「なぜ営業を」家族、安全管理に怒り…射撃場火災(読売新聞)

 福岡空港で19日夜、長崎県雲仙市の死傷者の家族8人が記者会見した。

 亡くなった農業大久保章さん(37)の父信一さん(64)は「火災が起きれば死者が出るのはわかりきっている。なぜ営業を許していたのか」と韓国側の安全管理に怒りを向けた。

 遺族に公開された火災現場は、消防車も通行できない細い路地にあり、出入り口は一つしかなかった。

 信一さんは「私たちは、家庭で一番の働き盛りを亡くした」と残された家族の苦境を訴えた後、「釜山でも負傷者4人が手術を受け、懸命に生きようとしている」と、支援を求めた。


 非常に残念な話で同情はするのだが、ちょいと違う気がする。

 「火災が起きれば死者が出るのはわかりきっている」店に「営業を許」すレベルの「安全管理」の国に遊びに行ったということで、そもそもそこは日本ではないということをちゃんと自覚すべきだと思うんです。
 「家庭で一番の働き盛りを亡くした」のは本当に残念なんですけど、どうもね、怒りベクトルというかなんと言うか。

 極論、あんな国に行ったって良いことなんて無いということですよ。あの国にあるものはほとんど日本にもあるし、あの国に無いものは日本には沢山ある。若気の至りだが、3回も行ったぼくが言うから間違いない。


 ぼくには遊びで銃を撃つってのも理解しがたい。
 9条カルトで兵役が無い国において実際に経験を積めないから、非常時のためにせめて最低限でも、という考えなら別だがそうではないだろう。
 そういうことを遊びでやっていたということ、運が悪かったがそういうことでもある。

 未だに韓流だか何だかであちらの国で大事な日本のカネを捨ててるババアどもには、これを期に考えを変えてもらいたいものですね。

 まあでも家族もそうだが、日本のすることは、客を呼びたいんなら、そちらの「安全管理」では駄目ですよと言ってあげるべきです。今回の件でそれなりの賠償を払ってもらいましょう。
 これはあちら側に倭人(蔑称ですよこれ)の言うことを聞く度量があればの話ですけど、やっぱり根本的に解決するには、第一に行かないこと、第二は日本ではないということを理解すること、これしかないです。
 あんまり言い過ぎるとキレて逆に「謝罪と賠償」求められちゃうかもしれません。

■やはりこの連中に懲戒を請求したのは正解だったと思う

【光市母子殺害】橋下知事とTV局を提訴へ 元少年の元弁護団

 山口県光市の母子殺害事件で殺人罪などに問われ、広島高裁で死刑判決を受けた元少年の男性被告(28)=上告中=の弁護団だった弁護士十数人が、番組内で懲戒請求を呼びかけられて名誉を傷つけられたとして、放送した読売テレビ(大阪市中央区)と大阪府知事の橋下徹弁護士を相手に、27日にも広島地裁に損害賠償請求を起こす方針を固めた。

 関係者によると、平成19年5月に放送された「たかじんのそこまで言って委員会」で、コメンテーターとして出演した橋下氏が、弁護団への懲戒請求を視聴者に呼びかける発言を行い、読売テレビ側は、その内容をそのまま放送した-などとしている。

 番組をめぐっては、これまで弁護団の一部の4人の弁護士が橋下氏を相手取った損害賠償請求訴訟があり、今年7月に広島高裁が橋下氏に計360万円の支払いを命令。原告、被告双方が上告している。


 この弁護士どもは一体どういうつもりだろうか。
 多くの人が、この弁護士どもには何らかの制裁が必要だと思ったから懲戒請求という行動を起こしたことを理解していない。法を犯してはいないのだろう(納得などできない)が明らかに反社会的行為だったのだ。
 それが橋下氏の扇動だとするのは行動を起こした人に対するそれこそ名誉毀損だ。

 こいつら(弁護士ども)おかしいぞと思っている多くの人の一部が、テレビで懲戒請求なるものを知り、これだと思ったのだろう。
 軽率に動いた人もいたかもしれない。説明不足という点において橋下氏及びテレビには幾分の非はあろうが、あくまでこの弁護士どもは自分たちが多くの人から乖離しているということを自覚していない。そこが問題だ。

 何度か拙ブログでも書きましたが、この弁護士どもは完全に弁護士の品位なるもの(あるとすればですけど)を失墜させた。
 自分がもし事件の被害者になったとして、その犯人にこんな弁護士どもが能書きたれて罪を罪としないような活動をされてはたまらない。安心して生活など送れない。この弁護士は、少なくともぼくにとっては、社会不安の元凶になっているのだ。

 多くの人はそこまでいかずとも、この弁護士どもには「NO」の判断を下しているだろう。
 世間と乖離しても法を守るために戦うという美談(になるかこんなの)にするつもりか。

 法には従う。法治国家の原則だ。
 しかし、それを錦の御旗にして更に人を不幸に追い込むようなことはするな。
 この弁護士どもはそれをやろうとしている。
 今の法でこの弁護士どもが懲戒にあたらないとするなら、懲戒にあたると変えるべきだ。
 今は悪法によって懲戒されずに済んでいるだけなのに、そもそもそんな弁護士どもに名誉などあろうはずもないのに、何を調子に乗って訴訟起こしとんねん。ふざけるな。

 と法にはまったく疎い一国民は思うのであります。法の番人たる天下の大弁護士さま方。

本当に汚らわしい人間だわ


 この件に関しては完全に理性を欠きますのでご了承ください。ま、理性を欠くほどのことをこの弁護士どもはやりくさっとる。ほんま安心して生活するために懲戒なりなんなりされて法曹界から消え去ってほしいわ。

■越南旅行邂逅13

暑くて一旦宿へ避難


スコール明けを待っているときの図


再び出陣の前にまた!


で夜の散策。これはゴミ箱


半分観光客相手のローカル屋台


カメラ向けて失礼しました


街角ショットは難しい


越南旅行邂逅14へ続く

■会社にて

 いやなにね、職場の若手がアニソンは何が好きですかとかあーだこーだまったく知らない名前をつらつら並べるのでこれが好きだというのを僭越ながらあげておきます。久し振りに聞いたら、やっぱり良いなあと思います。


 ついでに思い出したようにこれも大好き。


 あそしてハーロックはOPもかなりいけてる。



 それからケータイに保存してあるAKBの画像を何枚か見せてもらい、お気に入りを選ばされました(^^;;)
 で選んだのがこの娘↓ こじはると言う娘だそうです。

かわいいじゃん(ナンカイロイロトアリソウダケド)。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。