■2010年05月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ひろいだけど


なんかいい。

スポンサーサイト

■居座る

5月末到来

 子供に説明でけへんやろ?

 ウソついたらアカンで、って。

■なんか前にも聞きましたよ、その「捏造」って言い分

哨戒艦沈没事件は「捏造」 朝鮮総連(産経新聞)

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の実質ナンバーワンである許宗萬(ホ・ジョンマン)責任副議長が、韓国海軍哨戒艦の沈没事件で米韓合同調査団が「北朝鮮による魚雷攻撃が原因」と発表したことについて、「事件と調査結果は米国の承認と庇護(ひご)による捏造(ねつぞう)劇だ」と批判していたことが25日、分かった。北朝鮮の主張と一致しており、総連が北朝鮮と一体であることを裏付けたといえる。

 許氏は23日に都内で開いた第22回全体大会で再任された後、あいさつで哨戒艦沈没に言及した。

 韓国で6月2日に統一地方選を控えていることにからめて許氏は「選挙の惨敗を何としても避けようとした政治的捏造劇だ」と李明博政権を非難。「危機のたびに事件を捏造し、北の仕業という世論を起こそうと歴代南朝鮮の傀儡(かいらい)が使ってきた愚かな常套(じょうとう)手段だ」と語った。

 22、23両日に開かれた全体大会には、来賓として与党では民主の石井一選対委員長、社民の又市征治副党首、国民新の自見庄三郎幹事長の3人が出席。野党も自民の馳浩、公明の高木美智代、共産の笠井亮の各衆院議員が出席していた。6人は許氏の発言時には会場にいなかったという。

 沈没事件をめぐって鳩山由紀夫首相は20日、「韓国を強く支持し、北朝鮮の行動は許し難いもので強く非難する」とのコメントを発表した。

 韓国が国連安全保障理事会に提起すれば、日本も支持する方針だ。

 全体大会は朝鮮総連の最高意思決定機関で3年に1度開催される。前回(平成19年)には国会議員の出席者はいなかったが、前々回(16年)には自民党から甘利明筆頭副幹事長(当時)が出席し、小泉純一郎総裁(首相)のあいさつ文を代読した。


 総連の連中って、コトが明るみになってその母体が消滅したとき、一体どういう態度を取るのだろうか?
 デフォルトで被害者面して泣き喚き、ガラッと豹変するのだろうか?
 どっちにしろ、今の豚野郎帝国擁護の態度も、IFの豹変時の態度も、どちらも好意を持たれることは無い。恥ずかしいことに変わりない。

 昔から朝鮮とはこういう連中だったのだろうか?
 そもそもなぜ日本でこれ程までに嫌われるのだろう(ぼくが知る限りでは日本以外でも結構嫌われている)。昔で言えば関東大震災のときでも、どうしてあんな風評が立ってしまうのだろう?

 結構手遅れなのだが、日本に住む朝鮮人が本来何をすべきかずっと前から書いている。
 キンの豚野郎帝国を崩壊させ、あなた方の同胞を解放し、民主的な国家を樹立するために行動を起こせ。
 今のままではいつまでたっても「朝鮮」のままだ。

 この期に及んでまでまだこんな態度の総連の総会に顔を出す、石井とか又市とか自見とか馳とか高木とか笠井とかはそのとき、必ず天誅を受ける。こいつらは日本にとって、朝鮮人民にとって正に敵だ。

 もう遅いが完全に手遅れというわけではない。
 今すぐ北朝鮮の正常化、民主化のため、決起せよ。

■スタンス

【外信コラム】台湾有情 重荷を解く旅

 日本と台湾の若い世代の相互理解をめざした「第7回日台文化交流 青少年スカラシップ」(主催=フジサンケイビジネスアイ、産経新聞社、共催=台湾・行政院新聞局)の研修団に先週、台北で同行、青少年交流の重要性を再確認した。協力していただいた台湾各界に深く感謝するとともに、こうした活動がさらに広がるよう期待したい。

 参加者は作文、書道、絵画部門の受賞者17人中の16人。中学生から大学生まで幅はあれ、台湾への並々ならぬ関心は作品からも明らかだ。

 「親日台湾」への期待が膨らむ一方で、学校教育などで受けた過去の植民地統治や巻き添えにした戦争への“負い目”も抱きながらの台北入りだった。

 活動初日の李登輝元総統表敬では全員緊張した面持ちだったが、元総統から「日本は台湾近代化に大貢献した。否定的観念を脱し、母国の歴史を肯定しなさい」との力強い激励に目を開かれたような表情に。

 ホームステイを終えた翌々日の朝は、日本語世代の高齢者を中心に構成する日本語勉強会「友愛グループ」との合同学習会。同会主催の夕食会では全員がすっかりうち解け、大家族の一家団らんのようだった。

 彼らが肌で触れた台湾の人々の人情味や日本への熱い思いは、帰国後何十倍、何百倍にもなって語り継がれることだろう。(山本勲)

 
 参加した青少年たちは、このご老人たちの「温かさ」に触れるだけでも人生の大きな糧となろう。もちろん日本と台湾の明るい未来の大きな力にもなるはずだ。今の日本のようなギスギスした空気ではない、本当の温かさ。産経は良いことをやっている。どこぞの便所紙とは大違い。

 人によっては産経の書く記事だからかなり右寄り台湾寄り(反共)とする。
 そらそうだ。そういう新聞なのだから。でもそういう人のスタンスは(わかってないんだろうけど)圧倒的に左にあるだけの話しなのだ。左に立っていると右方向にあるものは全部右に見える。自分は真ん中だと思いたいんだろうけど、案外そうじゃない。
 かくいう自分は若干左だと自認している。洗脳がまだまだ解けきっていないんだろうと思う。
 だからぼくがサヨクと呼ぶ連中は相当に左だと見える。左の人間(ぼくです)が左に見えるくらいイってしまっているのだ。
 産経は右に見えるが、それが真ん中近くなのかもしれない。まあ結構「おいおい行きすぎ」ってな記事もあるんだけど、全体を見るとこれしか選択肢が無いのが今の日本の現実。
 実際問題、真ん中ってできるわけが無いと思わん?
 人間とはそういうもんだとわきまえたほうがはっきりして良い。
新聞右左

■書きなぐり



 いやもう、最後のほうは嫁に「えらい怒ってんなあ」となだめられました(苦笑)
 何ってサッカー代表日韓戦の話。

 あれじゃあ岡田監督が自ら進退伺いという異例の行動に出てもおかしくは無いです。
 まったく相手になってない。サッカーになってない。

 玉際が弱い。
 ぼくらのヘタレサルでもよくある。弾いてもカットしても何しても相手にボールが行ってしまう。
 なぜかは分らないが、同じようなレベルでやっていてもそういうときはままある。でも昨日はちょっと違うような気がする。
 気持ちが入ってないとかそんなレベルでは彼らは無いと思う。プロであり、代表選手であるから。

 ではなぜあれほどまでにやられるのだろうか?
 パク・チソンはやはり別格としても、他は実力的に差は無いと思う。でも倒れるのは日本選手、倒されるまで追いかけて狙ったボールはほとんどの確率で相手側に渡る・・・こちらの攻めもシュートの前の前くらいの段階でほとんど潰される。

 やはり岡田監督の采配にも疑問符は付く。あれだけの敗戦だから当然・・・
 俊輔はまったく良くなかった。あんなコンディションであれしかできないのなら、少なくとくともスタメンに名を連ねるレベルではない。よって最初の交代選手となったのは分る。だがタイミングが遅い。最悪、前半終了で交代だとぼくは前半15分くらいから言っていた。これはアカンと。

 本田を下げたのもよくわからん。森本とのコンビを確認する時間もなかったのではないか。
 俊輔があの体たらくでは本田が中心でゴールに向かわねばならんはずだ。ドリブルで持っていける選手が他にはいない(石川も香川も山瀬もいない)のだから。そのためのトップ下ではなかったのか。憲剛はかなり良い選手だが、代わるなら俊輔の位置で、彼とだった。

 及第点をどうしても出すとすれば、長友(唯一確実に期待が持てた)、長谷部(個人的贔屓)、大久保(かろうじて期待が持てた)くらいではないだろうか。それでも6点平均採点で6点。続くのが本田くらいか・・・


 もうチェックするときりが無いが、一番の問題は選手間に「和」が見て取れないことだ。
 試合後の呆然とする多くの選手たち。その中に大声を張り上げてチームを鼓舞する選手はいなかったと思う。
 会話が無い。試合中もお互い声を出して「繋ぐ」ことはほとんど無いと今朝「めざまし」で松木さんが言ってた。
 日本は「和」の国だから「和」が無いとただのイエローモンキーの群れだ。これは国を背負う若者を作る教育の問題もあろうけど、あのチームはそれ以前の問題に見える。その点、岡田監督はチーム作りに失敗したと言えるだろう。
 象徴的なシーンは、最初に交代した俊輔と次に交代した本田と、画面上では同一フレーム内に映らなかったが、距離を置いていたこと。まったく機能しない攻撃について、それを担う中心選手としてお互いどう感じたか何かディスカッションすべきではなかっただろうか。すぐにでも話をしたくなると思うのだが・・・
 もちろん試合中だからそちらに集中しろというのはわかる。
 でもどう見てもあの二人確実にチョンチョンだ。そうなると、というかチームがこうなってしまっている以上どちらかが歩み寄るか、引くか押すかして少なくともわだかまりを無くす努力をすべきだろう。チームの為に「私」を捨てて「和」の構築のために働くべきだろう。それが日本代表のためになるのだから。
 ぼくはそれを30歳を越えた俊輔に求めているのだが、交代後の彼は正に茫然自失、そんなことを考える余裕は無い様子だった。お互いのコメントでさえも相手(俊輔だと本田、本田だと俊輔)に対してどこか他人行儀ですっきりしない。直接のコメントはまったく無い。あそこに「和」は無い。だからそこで途切れる。実際そうだった。

 日本が世界から見れば結構な格下だとはみんな知っている。
 だがそれをひっくり返すのは、「和」で纏まったチームであることが前提。11人プラスアルファはそこから発生すると思っている。それが無いと、本当にグループリーグベスト4になってしまう。
 今からやることは、もうメンバーのチェンジは無いのだから、全員自分を晒して一体何を要求しているのか、どうしたいのか選手で議論して、「和」を作り上げるべきだ。そうでないと日本の代表として成立しなくなる。 岡田監督の最後の仕事は戦術技術云々ではなく、その「和」作りの手助けをすることだ。

■良い赤字

朝日新聞社、営業赤字40億…3月期連結決算(読売新聞)

 朝日新聞社が24日発表した2010年3月期連結決算は、景気低迷で企業からの広告収入の落ち込みが響き、本業のもうけを示す営業利益が40億円の赤字(前期は34億円の黒字)に転落した。

 営業赤字は、連結決算の公表を始めた00年3月期以降で初めてだ。

 税引き後利益も33億円の赤字(前期は139億円の赤字)と、2期連続の赤字だった。売上高は、連結対象から子会社が外れた影響などで前期比12・5%減の4702億円だった。


 いいぞいいぞ。

 朝日の為に働いている時点で既に反国家活動に手を染めているのだから、路頭に迷おうが共産党の奴隷として大陸の炭鉱で生き埋めに合おうが、金豚野郎の足元に這いつくばって靴を舐めておこぼれを貰おうが、どうにでもなれば良い。一切情けは必要ない。余りにも罪が深すぎる。
 理由は朝日新聞の為になることに、分っていながら手を貸したこと。これに尽きる。
 他のどこにも迷惑をかけず、全社ぶっつぶれて工作員(社員やその他関係者)がいなくなれば、これに勝る幸せは無い。

 世の中には良い赤字もあるのだ。
 一概に「アカ」はアカンとは言えんもんやなあ(笑)
ゴミ箱行き

■ネタの天才

【首相訪沖速報】首相は「県民の思いを勉強する」と理解を求めた

 鳩山由紀夫首相は23日午前、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古付近に移設する政府案に仲井真弘多(なかいま・ひろかず)沖縄県知事が遺憾の意を表明したことに対し、「厳しいことは十分理解している。県民の思いをしっかり勉強させていただき、理解が深まるよう最善を尽くしたい」と述べた。


 このおっさんの話で脱力&失笑しない話は無い。ある意味提供者としてのネタ作りの天才では無いだろうか?勢いだけの若手コント屋(漫才師とはとても言えない)は大いに参考すべきである。

 残念なことではあるが、拙ブログでは自衛隊の最高指揮官でもある鳩山現首相に対して敬称やら敬語やら、その他「敬い」を含む言葉を使わないようになっている。正直に言って、首相として真に恥ずかしいばかりか、人間として軽蔑するに至っている。最近はそれを支持した同胞にまで悪口をきくようになってしまった。。。

 そのポッポ鳩山は、今更「県民の思いをしっかり勉強させていただき」などと口走っている。
 勉強に勉強を重ねた上での政治判断としての「最低でも県外」と言うことではないのである。
 これでは政治家としての仕事をしていないと言うに等しい。日本には安全保障について念仏平和教でそれを補うと考える、およそ政治家としての資質も何もが完全に欠落している連中が相当数いるが、このおっさんもその類であろう。ただの脱税していたアホな大金持ちなのである(脱税もしていない金持ちでもない他の議員は、シンプルにアホである)。


 嫁の会社の同僚(組合員)が沖縄に行ってたらしい。もちろんバカンスではなく、活動をしにだ。
 かの地で声を上げているのは、中華に心を売り飛ばした売国奴と、本土からやってくる、実は沖縄のことなどどうでもいい反日活動家が大半である。
 その嫁の同僚(年賀状に「9条を守ろう」と書いてくる)も人間の鎖の一人として沖縄の混乱に手を貸したそうだ。およそ動員指令でもかかっているのだろう。反日組織のやることは日教組や朝鮮総連よろしく、とにかく動員だ。北朝鮮でもよく動員されている映像をよく見るが、こいつらが権力を握ればどういうことになるかわかるだろう?あんたも大嫌いな強制で動員されることになるのだ。
 十分恐怖して欲しい。そしてこれからは正しい選択をして欲しい。

 沖縄沖縄と、声高に叫ぶ連中にまともなのはほとんどいない。現地に行っても活動するだけで「沖縄」を見ない。見ようとしても屈折率が異常なメガネしか無いから見えないのかもしれないが、実質を見ていない連中が非現実的な理想論と空想論だけで感情的に日本を混乱させている。ポッポを見てみろ。本人に意識は無くとも、これは立派な反日行為だ。
 作文が多少上手いだけでウソ八百平気で並べ立て善良なる国民とその国家を侮辱し尽した大江とかいう超ウルトラ級の変態野郎も沖縄を見ていない(現地取材さえしていない)典型的な売国奴だ。

 鳩山にこれだけは言いたい(官邸へメールした)。
 こんな大江とかいう超ウルトラ変態野郎と名前を並べられたくないなら、即刻自らを処せ。日本人なら意味はわかるはずだ。まだ「日本人」なら・・・

■だからそれがありがたいことだってことをどれだけわかってるのか

【スポーツ深層】人種差別に鈍感な日本人 Jリーグ差別発言に想う (1/2ページ)

 不明を恥じるとともに、深く考えさせられる“事件”だった。

 7月22日に東京・味の素スタジアムで行われたJリーグ2部(J2)東京V-甲府戦で、東京Vのブラジル人FWレアンドロが相手選手から人種差別的発言を受けたと激高した問題。両チームの当該選手らを事情聴取したJリーグは24日、「人種差別的な発言は確認できなかった」として処分しなかった。“言った”“言わない”は水掛け論。結論にケチをつけるつもりはない。

 それより、問題となった「言葉」が、黒人系社会では人種差別的な意味になることを初めて知った。レアンドロは周囲がなだめるのに苦労するほど取り乱し、一時は「ブラジルに帰る」とまで言い出したという。果たして、そこまで激高するような「言葉」が自分にあるだろうか。正直ピンとこなかったのも事実だ。

 かつてスペインでは、バルセロナのFWエトーが相手サポーターから人種差別行為を受け、試合中にピッチから去ろうとしたことがあった。国際サッカー連盟(FIFA)は2006年に人種差別に対する罰則を強化。勝ち点剥奪(はくだつ)や無観客試合などを盛り込むなど、断固たる姿勢で臨んでいる。

 ところが日本はサッカーだけでなく、社会そのものの差別全般に対する意識が低い。新聞などではここ数年、いわゆる差別用語として使えない単語が増えてきたが、日常レベルでは知らず知らずのうちに遣い、受け流していることがある。


 日本人は差別に鈍感ということなのだろう。だがサッカーは世界のスポーツ。Jクラブも日本代表も、世界に羽ばたこうとしている。もし無知が理由で来年のW杯で勝ち点を剥奪(はくだつ)されたら、「差別のつもりではなかった」ではすまされない。

 Jリーグの羽生英之事務局長は「僕らには遠い話題と思っていた。日本は関係ないと。でも、これからは大きな課題と思って取り組まないといけない」と話した。折しも、日本協会とJリーグは共同で「リスペクトプログラム」推進を発表したばかり。日本サッカー界は今回の“事件”を人種差別根絶の第一歩としなければならない。(森本利優)


 ちょっと待ってーなもりもっさん。。

 差別だと知っていてわざと使うのは別として、差別意味のない日本語をなんでアウトにすんの?
 日本人が普通につかう日本語がたまたま「黒人系社会では人種差別的な意味」を持ってるだけでそれは差別とちゃうやろ。
「「差別のつもりではなかった」ではすまされない。」とあるけど、済まさないほうがおかしいのとちゃうか。いやいやこれは日本語でこういう意味で使いますと。不快にさせてしまったのは不本意やけど、これは日本ではそういう意味でございません、でえーんとちゃうの。それで不利な判定があったとしても、それはその判断がおかしいとなるんとちゃうの。世界が全て正しいということではなかろうに。
 あらぬ誹謗中傷には断固として闘わねばならんでしょうに。それをしないから無いこと無いこと反日どもに捏造されていくんやないけ。そこまでせなあかんのか?言われたら言われっぱなしか。あんた役人か?声がでかいもんが勝つんか?それをゴネ得とゆーのとちゃうんか?それを正直に喝破した大臣を引きずりおろしたんはあんたらちゃうんか?
 ちなみにこの件に出てくる甲府の選手が使った「差別語」をぼく知らんねんけどね。


 例えば、例えばやで。
 「ァヤヌゥコウジェ」が(「タナカ」でも「サトウ」でも良いけど)、ある国では強烈な差別語であったとしようや。ついでに「ゥテェ」も相当な侮蔑語であったと。
 その国の選手がJリーグのチームで試合に出る。な。
 相手チームに綾小路ほにゃらかという点取り屋がいたとして、試合中「アヤノコウジ!(シュート)ウテェ!!」と味方が叫ぶ。
 綾小路をマークしていたその外国人選手がそれを聞き、「激高」。。。

 これでアウト?

 おかしいやん。

 これ差別か?

 ちゃうで。
 ちゃうちゃう。

 やろ?「綾小路打て」は「差別のつもりではない」では済まされへん、っておかしいやん。
 日本語を侮辱するのか?日本語を差別しとることにならへんのか?


 そもそも日本には人種差別は無い。(基本的には”血”で)穢れた人々を区別する差別があっただけだ。人種や肌の色ではない「穢れ」だ。これはこれで根が深くて深刻な問題や(けどここでは置いておく)。
 半島や大陸の連中はその行為が穢れているから区別されている。するほうもされるほうもある意味お互い様なのに、するほうが一方的に勝手に自虐に陥って、されるほうはそれを盾にふんぞり返って特権と奪い取っているのが今の日本だ。
 このサッカーの件も同じではないか。
 日本に差別意識は無い。欧州のように「お前のかあちゃん×××」とか下品なことは言わない。旧ユーゴ圏なんてすごいぞ。
 差別の無い日本だからこそ「鈍感」であることのありがたさは感じないのか。
 これは差別です、と日本には無かった新しい差別を広めることこそ、差別の助長に繋がっていると、差別を使った新しい差別を生み出すその手法に危機感を覚える。もちろんこれこそ反日サヨクが良く使う手ではある。

 こういうアウトを勝手にどんどん作り出して自らを卑下し続けると、万博で国旗を掲げない不思議な行為に出る人間を作りだす。こういうのを言葉刈りと言うのとちゃうんか。
 マスゴミは差別だなんだと、自分の商売毒具である言葉をどんどん破壊している。本来の正しい言葉なのにあらぬ難癖をつけてその言葉を消し去る。創るのではなく実は壊しているという、その意識がまったく無いところが民主党の危機管理並みに恐ろしいところだ。
 必要以上に萎縮する必要はまったくないと思う。


 差別問題というのは非常に恐ろしい。
 今の世の中、相手が差別と感じればそれは差別になってしまう。らしい。

 このブログでぼくをネット右翼だと感じた方も多いかもしれない。
 大抵は差別を嫌うサヨクがそう思うのだろうが、ぼくがそれは差別だと言えば、その時点で差別の嫌いなサヨク自身が差別をしていることになる。逆でも同じ。本当に恐ろしい。
 痴漢の冤罪もまったく同じ。多くの正しい男性が汚らわしい売女の犠牲者になっている。これこそ男性差別に他ならないとは思わないか。なんだ女専用の車両て?あれに乗ってるのはみんな差別主義者であろう。・・・これは脱線脱線。


 それにしても、本当にたかだか人間風情に差別なるものを無くせるとでも思っているのだろうか?
 思い上がりも甚だしいと思うのだが、まあ無くす努力は惜しんじゃいかん、と奇麗事も述べておく。
 ちゅうか、本当に差別の無い、区別の無い世界が、本当にご希望か?
 ぼくはケータイ弄くるしか能の無いアホと一緒にされたくは無いんですけどね。
 そこからして、こんな絵空事を平気でのたまう人間が信じられんのだが。

■怪我で済んでありがたいと思え

携帯操作に夢中で気づかず?電車に接触、重傷(読売新聞)

 18日午前10時10分頃、東京都中野区のJR東中野駅で、都内の30歳代の女性が中央線下りホームに入ってきた千葉発三鷹行きの各駅停車(10両編成)の後ろから3、4両目付近に接触。

 女性は左側頭部を強打しており重傷という。警視庁中野署幹部によると、ホームにいた人たちが事故直前、女性が携帯電話を操作しながら前のめりでホームの端に立っているのを目撃しており、同署は女性が携帯電話の操作に夢中になり電車に気づかなかった可能性もあるとみている。JR東日本によると、同線下り線5本に遅れが生じ、約1500人に影響した。


 ほんまに前を見て歩かないアホが多い。
 30歳代やて。えー歳こいてアホ極まりない。
 社会の迷惑になったことを、普通の親なら恥じているだろう。親不孝なおばはんだ。

 ここからが本題。
 いい加減にこの機械のあり方を考えたらどうだろうか?

 この機械をいじくってる連中を見てみろ。
 100%アホ丸出しの顔をしている。100%だ。

 これは人間をアホにする。アホ予備軍がこんなものを持たされたらアホまっしぐら。
 きちんと社会的にも自立して自己を確立した人間のみがケータイを携帯できるようにせねばならん。すなわち誰も持てないてこと。自己の確立なんて誰も判断できない。
 この機械が巻き起こす人間社会の問題を考えてもみろ。

 間違いなく、この機械は多くの人間にとって必要の無いものだ。
 デメリットが大きすぎる。アホでは少ないメリットさえ有効活用できまい。

 まあこれは嫁にさえ理解してもらえない論だから・・・

 でもこの機械はやはりおかしい。
 少なくとも、この機械の増加と日本のアホ増加は比例している。

■黄桜売ってる?

消費者の日本酒離れが直撃 日本酒キャップ製造会社が破産申請

 日本酒のキャップなどを製造する高見王冠(神戸市東灘区)は18日、神戸地裁に自己破産を申請した。破産申請代理人の弁護士によると、負債総額は約2億5600万円。

 信用調査会社の東京商工リサーチなどによると、高見王冠は大正3年に創業。地元の酒造会社に納品し、年間約7億5千万円を売り上げた時期もあったが、消費者の日本酒離れや紙パック商品の普及で、キャップの売り上げが減っていたという。


 残念な話ですね。

 子供のころ、牛乳のキャップほどではないが日本酒の王冠を集めるのが流行った時期があった。
 収穫場所はあの飛田にある百番近くにあった集配所。結構一杯落ちていた。というか捨てられていた。

 アホな子供なので直ぐに他に興味が移って、もちろんその収集の成果も残ってはいないが、そういうなんと言うのだろう、収集癖を刺激するようなモノが無くなっていくというのはやはり寂しい気がしますね。

 日本酒王冠コレクション

 日本酒離れなんだそうで、聞くと、ビール離れ、ハードーリカー離れ、若者は何にでも離れるんだそうだ。
 旅行にも行かない。クルマにも興味が無い。草食系。
 なんだかよくわからんが、腰で椅子に座らんときちんと座れ。シャカシャカ煩い雑音を出すな。ケータイに支配されている自分をもっと恥じろ。
 この程度のことを守ってくれれば、どこまでも、突き詰めれば日本を離れてもらっても結構だとぼくは思います。


 日本酒の話(笑)

 最近実は日本酒を飲もうと挑戦中です。
 基本はやはりウィスキーなんですけど、いやビールも飲みます。焼酎も飲みますけど。
 でも、やはり日本人は日本酒でしょう、ということでたまに挑戦。実際旨い。
 小林-江川の件もあって黄桜を探してるんですけど、紙パックの呑(どん)と、小さいカップ酒のデミタスというのしか見かけない。販路とか契約とかもあるのだろう、近所の酒屋にも置いてない。
 仕方なしに他の銘柄を飲むことになるのだが、まあ間違いなく旨い。今は剣菱か賀茂鶴が多いかな。

 ただ、賞味期限が短いのが難点かなと思う。
 基本的に常温(「ひや」という)で飲むのだが、一度あけるとやはり風味があるので早く飲まないといけない。冷酒だと飲み安す過ぎて飲みすぎてしまう・・・
 メタボのからみで週末しか飲酒を許されてない身にとっては、無理して空けてしまわないといけない状況にもなる。これがマイブームにまでならない第一の理由かもしれない。

 だからといって、日本酒から離れるのは間違いなくおかしい。
 どこぞのアホが飲めないと思い込んでるのと、すぐ酔うと勘違いしてる上に、それを酒の席で言いふらすのが問題だと思う。特に女、「日本酒、すぐよーてまうねん」とか。でワインとかを飲む。アルコール度数はほとんど変わらない。

 日本人には日本酒が合うと決まっているのだ。マッコリなんぞ合うわけなかろう。
 もちろんモルトが合うとも思ってませんよ(爆)合うのもあったりするけど。。。

■この程度で大臣になれる国って

基地負担、沖縄より全国へ分散=政府の基本方針で―北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は16日午後、長野市で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に関する政府の基本方針について「鳩山由紀夫首相の考えで(基地負担を)一部、沖縄にお願いせざるを得ないということを基本に、それをはるかにしのぐ形で負担を全国展開することの大枠を決定するのが、5月末決着の大筋だ」と述べた。



 共産党独裁軍事帝国と金豚独裁破綻国家が起こす有事に対応する為に、特に悪魔そのものである共産党独裁軍事帝国の本性丸出しの侵略に対応する為に沖縄にその基地があるということを、この北沢とかいうアホはわかっているのだろうか? ちなみになんとびっくりこんなアホなのに防衛大臣だそうだ。 ・・・なんと恐ろしい。

 上記で上げた悪の国が存在しない、サヨクの夢見るイマジンな世界なら沖縄にもどこにも基地はいらない。
 しかし現実はそうではないのだ。目と耳と普通の頭があれば、誰にでも分る話なのだ。

 沖縄に基地が無いに越したことは無いだろう。もちろん日本にも世界にも。
 だが必要なのだ。わかる?
 沖縄にそれがあることが、今現在必要なのだ。

 悪の国が悪事を働けないように工作(外交でも諜報でもなんでも)するのならわかるが、堂々と悪事を働いて頂けるような国になってしまってるのに、更に悪事を重ねて働いてくださいと言わんばかりの愚策の連発。
 悪の国がそこにあるのに、わざわざ遠い(例えば)関空に基地置いてどうする?

 仮にも防衛大臣ならそんなことくらいわかるだろうに。
 わかってるのにやらないのは犯罪である。やらない犯罪。政治家にはこの手の犯罪者が非常に多い。

 誰の命を守りたいのだ鳩山?ついでに北沢?
 ソマリアでもイラクでもアフガンでもチベットでもウイグルでも北朝鮮でも、そこへ行って「命を守りたい」と言って来い。丸腰で一人で、おかあちゃんも嫁はんも抜きで。
 悪の国だぞ悪の国。反日サヨク(←イマジンが好きなのに共産党独裁軍事帝国も好き=イッてる人)が大好きな国だぞ。どうやって誰の命を守るんだ?

 政治をしろ政治を!
 それが貴様らの仕事やないか!

■ノーリーズン

「鳩山首相の県外移設約束は軽率」 たちあがれの平沼氏が批判

 たちあがれ日本の平沼赳夫代表は5日、米軍普天間飛行場移設問題をめぐる鳩山由紀夫首相の対応を「安易に有権者に県外移設を約束したことは政治家として本当に軽率だった」と批判した。

 「県外だ、国外だと無責任なことを言って、やっぱり現実を見たらそうは言っていられないということで了解を求めに沖縄県へ行った。この人に指導力はあるのか」とも指摘した。都内で記者団に語った。

 同党の与謝野馨共同代表もJR有楽町駅前での街頭演説で、県外移設は民主党の公約ではないと首相が釈明したことについて「ばかなことを言ってはいけない。民主党の主張と党代表が言ってることは同じだ。ああいうインテリの秀才は言い訳をする」と批判した。


 本当に軽率。歴代政府の「軽率さ」が重く見えるほど全てが軽い。
「指導力はあるのか」どころか、何かの別の「能力」さえ無いとするのが妥当。
 こうなると良いなあ、これが欲しいなあと言えば、母親含む周囲の取り巻きが勝手に用意するんだから、何かの能力を伸ばす機会には恵まれなかったのだろうと思う。まあ恐らく無かったのであろうけどその素質があった、とすればの話ですけど。
 アホになってしまった本人は気の毒だが、そんな人物が首相になってはいけない。それ以前に政治を志してもいけない。いや支持して調子にのせたアホが最もいけない。そのアホは有権者なのだから。

 とにかく、こんな明らかなアホにはとっとと退場を願うべきだ。
 とにかくで良い。もう理由なんぞいらない。

■ラストシンジ

 ようやくJ1復帰後初のサポートに出陣してきました。
 シンジの移籍が突然発表され、忙しいことに今日(昨日になってしまってますが)がセレッソ最終戦になるということで、買い物予定をキャンセルしてのことです。


 キックオフの1時間前に着きました。
 半イベントのようなものなのか、さすがJ2とは違うのか、セレッソサポは少し多く見えました。
 中央右側に陣取るのは今日の相手、ヴィッセル神戸サポのみなさん。


 ゲームはいきなりヴィッセルのゴールで始まり、セレッソは前に出せない&後ろで左右に振るという代表のようなパス回しで、どうも乗り切れない。
 しかし播戸の執念のゴールで同点、すかさず今日で見納めのシンジのフリーキックによる逆転。
 今日の審判はどちらのサポにとっても不満はありましたが、彼の採った前半4分にもなるロスタイムの出来事。


 後半はセレッソが押し気味に進めるがゴールは奪えず、そのまま2-1で終了。
 シンジの移籍セレモニーになり、記念撮影(オフシャルサイトのトップページに正面画像があります→もちろん随時更新されるのでご注意)


 シンジのセレモニーの間、ヴィッセルサポもみなさんは結構残っていらっしゃる。
 そして我らのシンジにもエールを(^^)!
 感謝!!


 当のシンジはスタジアムを一周してご挨拶。
 移籍先がドルトムントというのも驚いたが、その彼が代表でWCに出れないのもどうか?


 シンジがスタジアムから姿を消すと、今度はかつて我々が力の限り応援した嘉人が来た。
 もちろん、こういう律儀な男に対して礼を失する態度はありえない。大きな大きな嘉人コールで応える。

 その後、なんとも気持ちの良いことにセレッソとヴィッセル両サポによるエールの交換。
 ちらっと代表にもエールを。
 イイゾ、ヴィッセル(^^) キミたちは男前だ!!



 帰りは近所のとんこつラーメン(+野菜)を食べた。
 スタジアムからは全然違う場所にあるのだが、ヴィッセルサポも見かけた。
 だが、今日は仲間だ。これからも健闘を祈る。

 中々良い土曜日だった。
 嫁も「今度神戸いこか」と言ってた。

■みなさまの

「名誉傷つけられた」 NHK偏向報道訴訟でパイワン族男性が意見陳述

 NHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー アジアの“一等国”」に出演した台湾少数民族・パイワン族や視聴者ら計約1万300人が、番組内容に偏向・歪曲(わいきよく)があったとしてNHKに計約1億1千万円の損害賠償を求めた訴訟の第2回口頭弁論が14日、東京地裁(安浪亮介裁判長)であった。パイワン族男性が「パイワン族の名誉を徹底的に傷つける放送で、決して許すことはできない」と意見陳述した。

 意見陳述をしたのは、パイワン族の長老、バジェルク・タリグ(華阿財)さん(71)。1910年にロンドンで開かれた「日英博覧会」でパイワン族を紹介した企画を、番組内で「人間動物園」と表現したことについて、「パイワン族が動物扱いされたり、見せ物にされたりしたことは断じてない」と反論。「NHKがパイワン族に対する人種差別と人権無視の事実を認め謝罪するまでは絶対に許さない」と話した。


 犬HKは人種差別もしませんし、人権無視もしません。

 あくまで中共のご意向のまま、中共に逆らうものは「人間」ではないのです。
 だから「人」種差別にもなりませんし、そもそも無い「人権」という権利を主張されても困るのです。
 犬HKとはそういう組織です。

■越南旅行邂逅59

ここ(フエ王宮)は広い+暑い


色々と修復中なんだが・・・誰もいない


なんか向こう側に良いものがありそな気がする(だけ)


装飾物はとても目が引かれる


これも惹かれるものがある


屋根もなんとなく奈良で見たことあるよな・・・


ぼくは猫に惹かれる?


越南旅行邂逅60へ続く

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。