■2010年06月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■闘士であるからして

篠山転落死女児、告別式の日に市内の小学校教諭らが組合員歓迎会開催

 兵庫県篠山市立古市小学校で今月2日に校舎3階から同小1年の女児(6)が転落死した事故で、女児の告別式があった4日、同市立城南小学校の教諭11人が県教職員組合(兵教組)に加入した教諭2人の歓迎会を開き、飲酒していたことが分かった。城南小は29日、会見を開き、校長らが陳謝した。

 同校によると、歓迎会に参加したのは全教諭16人のうち、校長らを除く11人。教諭らは4日午後6時半から約2時間、市内の焼肉店で飲食した後、同9時から約2時間半、市内の居酒屋でカラオケを楽しんだという。

 10日になって保護者から市関係者を通じて学校側に連絡があり事態が判明。同校の教諭らは新組合員の歓迎会を毎年4月に行っていたが、今年は行事などの都合で6月に延期していた。

 会見した宮田正彦校長は「その日に歓迎会があったことは知らなかった。(他校の事故とはいえ)教師としてモラルに欠ける行為で、誠に遺憾。弁解の余地はない」と陳謝した。


 日教組の闘士が子供達を見ているはずがない。
 まして、奴らにモラルを求めるなど愚の骨頂。
 奴らは共に戦う同士を歓迎していたのだ。大方、キムチとマッコリでドクトは韓国領だと確認していたんだろう。
 奴らは教師などではない。闘士だ。日本という国を破壊するためのキチガイ軍の兵士だ。平和主義者、いや平和主義者であるなら奴らに対して鉄槌を持ってせねばならない。それが平和を守る、子供を守る意思表示だ。
 問答無用に全ての日教組は日本の敵だ。例外は無い。余りに酷い。
スポンサーサイト

■職務怠慢

みんなとの連携、法相が批判(産経新聞)

 千葉景子法相は29日午前、民主党の枝野幸男幹事長が行政改革分野でみんなの党との連携に言及したことについて「参院選後いろいろなことはあるのかもしれないが、選挙をやっている中で(発言が)出るといささか困惑はする」と批判した。千葉氏は今回参院選で神奈川選挙区から出馬しており、同選挙区にはみんなの党から中西健治氏が立候補している。


 おいオバハン、あんた自分の仕事をしてからモノ言えよ。

■AC&AC

中国人48人が来日直後に生活保護申請 大阪市、受給32人

 大阪市西区に住む70代の姉妹2人の親族の中国人48人が5~6月に入国した直後、市に生活保護の受給を申請し、32人がすでに受給していることが29日、分かった。市は「入国直後の外国人がこれほど大量に申請した例は初めて。非常に不自然」として調査を始めるとともに、法務省入国管理局に対して入国管理の厳正な審査を求める。

 市によると、姉妹2人は平成20年7月、中国・福建省から来日、11月に日本国籍を取得した。今年5~6月、姉妹の介護名目で同省から親族48人を呼び寄せ、大阪入国管理局が審査した結果、48人は1年以上の定住資格を得たという。

 48人は外国人登録後、平均6日間で市内5区に生活保護の受給を申請。いずれも日本語は話せず、申請窓口には同じ不動産業者が付き添っていたという。



 組織的やないけアホチン(AHO-China)。
 どこぞの貴族でもあらへんのに、なんで48人もかしずいて世話せなあかんねんこのアホチン(AHO-China)。

 最近では、子供手当てがキチガイ外国人どもに良いように利用されて、ぼくの税金が正に無駄使いされてるんやけども、この生活保護も昔からある代表的な-特に大阪では-キチガイ外国人-特にアホチョン(AHO-Chon)優遇制度となってる。もちろん税金の無駄遣いでしかも日本人を差別していることに他ならない。
 本当に大人しい平和友好的な日本人やからこそ特権で生きていられるということに、キチガイ外国人どもは気づいていない。それどころか増すまず増長し、挙句の果てに未だに被害者面。アホチン(AHO-China)とかアホチョン(AHO-Chon)とかはそろそろ覚悟しておいたほうがえーやろな。

 なぜなら日本人はプチッときれる。
 我々はかつて、大中華帝国とも大ロシア帝国とも、大白人帝国とも戦った誇り高く勇気ある(若干無謀な)民族だ。食い物にするにはそれなりの覚悟をしておいてもらうのがスジちゅうもんやろ。

 それにしてもほんま帰化できるのユルないか。7月に来て11月に取得て・・・
 ほんまこんなことまかり通る世の中になってもうたら、そら攘夷も激しなるでしかし。
 キチガイ外国人の世話はサヨクが自腹と我が身でやったらええねん。どうせヒマやろうしそれで心が満たされんねんやったらそれでえーやないけ。チョンに犯されチンにカネと命を取られ、それでもサヨクは満足して死ねるはずや。9条どおり先に殺されるんやから。
 それを見て少しでも目が覚める日本人が増えたら、それはそれで結果的には貢献したことになるやもしれんぞ(笑)
 まあサヨクのアホはアホなりに少しは日本に貢献しとけ、ちゅーこっちゃ。

■デンマークに勝利

【W杯】日本、歴史的勝利で決勝Tへ

 【ルステンブルク(南アフリカ)=森本利優、奥村信哉】サッカーのワールドカップ(W杯)は24日夜(日本時間25日未明)、ルステンブルクのロイヤルバフォケング競技場でE組の日本-デンマークを行い、日本が3-1で快勝、勝ち点を6として、同組の2位で1次リーグを突破し、決勝トーナメント進出を果たした。

 日本は前半17分に本田(CSKAモスクワ)、同30分に遠藤(G大阪)のフリーキックから直接ゴールを決めた。デンマークは後半36分、トマソンが1点を返したが、日本は同42分、岡崎(清水)が押し込んで3点目を挙げた。

 日本の決勝T進出は、2002年日韓大会に次いで、2大会ぶり2度目だが、自国開催以外のW杯では初めて。岡田武史監督は日本人監督として史上初めて1次リーグ突破を実現させた。

 決勝T1回戦で日本は、F組1位のパラグアイと29日午後4時(同午後11時)からプレトリアで初の準々決勝進出を懸けて対戦する。

 E組のもう1試合はすでに1次リーグ突破を決めているオランダがカメルーンに2-1で勝ち、3連勝で勝ち点を9に伸ばした。

 日本は初戦のカメルーン戦(14日、ブルームフォンテーン)に本田(CSKAモスクワ)のゴールで1-0で快勝。2戦目のオランダ戦(19日、ダーバン)では0-1で敗れた。



 マスゴミうるさいぞぉ・・・ホンダホンダ、オカダオカダ、カワシマカワシマ。。

 いやしかし、試合はよかった。寝不足で仕事することも苦にならん。
 ぼくにも選手起用や交代など色々と一家言はあるが、サッカーとはそういうスポーツだとサッカー先進国は体言しているということで。。。
 日本対デンマークを見て将来の日本のサッカーについてこう思うというところを書いておこう。4年後に読み返したときどう思うか。

 まず絶対的ストライカーが日本には出てくる土壌が非常に少ない。なぜならこの国は「和」の国だから(和の効力についてはもうみなさん見ての通りです)。
 だったら、攻撃はフリーキックが打てる位置まで確実に攻め込める戦術を突き詰めれば良いのではないか?
 たまにサイドからドリブルで進入する。ワンタッチパスでエリアに飛び込む。アーリークロスでズドンも狙う。ミドルレンジからも積極的に打つ。
 それは普通に試合中の選択としてありえる。全然問題ない。

 言いたいのは日本のスタンダードとすべきスタイルだ。そろそろ確立する時期ではないかと、何かで読んだ。
 もちろんどれが正解であるとかは言えない。日本にも釜本がいれば何も小細工はいらないのだから。

 でも毎回そんなクラスの大物が現れる確率にかける訳にはいかない。
 日本のスタイルとして、献身的に相手を追い掛け回してボールを奪取すると、美しいパス回しでゴール付近まで進出。そこからの得点パターンとして、フリーキックでバンバン取るチームだとすれば、ファウルを取られないように相手DFも引く、そのことによって流れの中のシュートも増えてくる。そこを得意戦術として磨くのはどうか。多種多様のフリーキッカーを備えるということは、日本にはそれほど難しいことではないと思う。
 今回のデンマーク戦のように成熟した展開ができれば、それは日本のスタイルとして認知されるようになるのではないか。

 もちろん、必須項目は「和」。これがなければ、日本の代表として機能しない。
 すべては「和」だが、動くボールを上手くシュートできないのなら、止まっているボールをシュートすれば良い。止めた状態でシュートを打てる環境をチームで作り出せば良い。

■ニセモノだもの

石原都知事が激怒、演説中の白真勲コールに「日本人ならルールを守れ!!」(産経新聞)

 「日本人ならルールを守れ!!」

 都内で行われたたちあがれ日本の参院選第一声の際、“応援団長”として演説をしていた石原慎太郎・東京都知事が激怒する場面があった。演説中に近くで民主党比例代表候補の白真勲氏に対する「白真勲コール」を聞かされたためだ。

 新宿駅西口の小田急百貨店前で24日午前11時すぎ、たちあがれが演説を開始した。ところが、与謝野馨共同代表の演説中に、100メートルも離れていない京王百貨店前に白真勲氏の宣伝カーが止まり、鈴木寛文部科学副大臣らが演説を始めた。

 与謝野氏は演説を終えると、すぐさま白氏の宣伝カーに直行、「公党間の約束で決めた場所に勝手に入ってくるな」と白陣営に抗議した。鈴木氏らは一時演説を中断させたが「公道でやるのだから自由だ」と拒否し、結局演説を強行した。

 与謝野氏はその後、怒りを抑えきれないまま、記者団らに「政治生活でこんな選挙妨害をされたのは初めてだ。これこそ民主党の姿だ」。

 小田急百貨店前では共産党、たちあがれ、公明党の順で街頭演説をすることになっていた。


 正しく今の腐った日本を象徴している。

 堂々とルールを破り、「公道でやるのだから自由だ」と開き直る。
 まるでどこかの国のよう・・・と思ったらその張本人はハクシンクン。
 日本破壊党を地でいってるような男だ。まだ民主党にちょっとでも気のある日本人はこのハクシンクンのことを調べてみてください。拙ブログがずーっと民主党は日本を破壊すると主張している意味がわかります。
 ココでこんなアホ作文読んでいるヒマがあったら、さっさと敵を知る時間を作ったほうが日本のためになりますよ。

 他国の為に日本の議員なったハクシンクンを立てる民主党。
 普通の神経では意味が分らないと思いますが、民主党とはそういう連中の集まりです。未だに信じているらしい人が多いのが本当に不思議なのだが、日本の為にということではないのです。彼らのやっていることは。

 そんな連中のこと、まだ信じますか?

■私は日本に行きます!

【外信コラム】ガンジスのほとりで 私は日本に行きます!

 わがニューデリー支局で雇っている助手の一人は現在、日本語学校の上級コースに在籍している。日本語を学び始めて3年目の彼女が、今週、日本を初めて訪問する。

 驚くほどの量の練習が実り、数カ月前に行われた日本語スピーチコンテストの全国大会で入賞。賞品にもらった電子辞書を宝物のようにして持ち歩いている彼女だけに、訪日が決まった途端、喜びで地に足がつかなくなった。訪日のための休暇をもらいたいという私への打診も、いきなり「私は日本に行きます!」と日本語で切り出してきたので、何のことかさっぱりわからなかったほどだ。

 もともとインドでつきあいがある日本人の方々に恵まれたのだろう。彼女は「日本人はみんないい人」と思っている。さらに、私も「日本はいいところだ」と連発するから、すっかりそれを信じ切っている。

 とはいっても、日本にも危険は潜んでいる。20代半ばの彼女はちょっとしたインド美人。それだけに、「日本でも痴漢というけしからん輩(やから)にあうかもしれないから気をつけるように」と忠告すると、「ニューデリーのバス内でも体を触ってくる男は多くて、触られる度に殴ったり、ペンで刺したりしてるから大丈夫」との反応だった。なんともたくましい。

 彼女の滞在はわずか10日間。帰国後「想像通り、日本はすばらしい国でした」と言ってもらえるような経験になればいいな、と願っている。(田北真樹子)


ぼくも心からそう願っております。


どうぞ時間の許す限り
日本をお楽しみください。
いい画像1forINDIA

いい画像2forINDIA

いい画像3forINDIA


■無知なだけなのか?

プロミスが中国本土に7月進出=消費者金融で日本初(時事通信)

 消費者金融大手のプロミス <8574> が、7月上旬に中国・深センに進出し、個人向け融資に乗り出すことが22日、分かった。日本の消費者金融が中国本土に進出するのは初めて。過剰貸し付けを制限する改正貸金業法が18日に完全施行され、国内の事業環境が厳しさを増す中、高い経済成長を背景に資金需要がおう盛な中国市場を収益の柱に育てたい考えだ。



 まじめな日本人が相手だからこそ成り立っているということを、そしてその日本人を食い物にして膨張するだけしてきたということを、その当事者がわかっていないようだ。

 アホみたいな金利でカネを貸して、まともに回収に応じる人が大多数を占める国なんてほかにあるのか?
 アホみたいに真面目な日本人だからこそ、こんなあくどい連中がでかい顔して暴利をむさぼっていられるのだ。それがおかしいから(美しい国ではないから)安倍さんがちょいと規制したのだ。だから日本の破壊が目的であるクソサヨクどもは必死に足を引っ張ったのだ。同調したのは真に残念なことにアホ日本人だが。

 いくら日本で上手くいかないからって、「公」も何も無く、商を蔑むこと極まりない儒教影響下の中華で同じことをしようとするなんて究極のアホ。日本でやってることも、またそこでカネを借りることもアホに変わりは無いが。
 さっさと滅んで跡形も無く消し飛んで欲しい。日本と、汚いカネに関係のない日本人に迷惑をかけずにね。

■番組名からして

韓国「日本武士の起源は高句麗人」、中国は日本人の反応に注目(サーチナ)

 19日、中国の環球網は「韓国メディアの『歴史整形』が日本ネットユーザーを激怒させている」と報じた。報道によれば、韓国メディアはこのほど、「古代の高句麗人が製紙技術と製鉄技術を日本に伝え、関東付近に作った武装集団が日本の武士の起源となった」と報じたという。

 これに対し、環球網は「韓国メディアの報道に対し、日本のネットユーザーは『韓国の虚構の歴史』に対して反論している」と報じた。

 報道によれば、韓国のKBSテレビは6月12日、「武蔵野の開拓者」と題する番組を放送した。報道では、「666年、古代高句麗の最後の国王の息子・若光が日本に逃れ、埼玉県付近に定住した。668年、高句麗の滅亡を知った若光は関東一帯に散っていた1799人の高句麗人を集め、高句麗郡を作った」と報じた。

 続けてKBSテレビは、「1799人の高句麗人は製鉄技術に優れていたため、彼らの作った鉄製の農機具は日本の農作物の収穫量向上につながった」としたほか、「(1799人の高句麗人は)日本に製紙技術を伝えたほか、彼らは関東一帯で武装集団を形成し、これが日本の武士の起源となった」と報じた。

 また、関東一帯で発掘される鉄製の武器や農具がその証明であるとし、関東が駿馬の生産地であるのも、駿馬の生産に優れていた高句麗人が関東に住んでいたためであると報じた。

 これに対し、環球網は「KBSでの報道は日本人の強烈な不満を招いた」と報じたうえで、日本ネットユーザーの反応を伝え、「日本の2チャンネルでは、韓国は歴史のねつ造を止めるよう希望する声が殺到した」と伝えた。(編集担当:畠山栄)


 いまさらあの連中に「強烈な不満」なんて気持ちを起こすか?

 どうしても日本の歴史を作りたくてしょうがないんだろう。
 自分の国の歴史が余りにも惨めで悲惨で何にも誇るべきものがないのに、となりの劣等民族の国だけどうして、逆に言えばなんでもあったのだろうと、そう思っているのだろう。ナチスが言ってたみたいな優等民族だと自分達が思い込まされて、いや嬉々として思い込んでいるから、他人のものを平気で自分のものだと言えるのだろう。
 逆の場合-残念ながらほとんど実際には無いんだけれど-半島発のものを日本起源なり、とか言えばどうなるか想像できると思う。
 あちらのやってることは明らかな民族差別。差別の嫌いな一部の日本人がそんな彼らに肩入れしているのは世界七不思議の一つとしても違和感無いほどの愚かさなのだが、こういうことを言っていることに対して一体どういう気持ちが湧き上がって来るのだろうか? 見てみぬふりをするしかないのだろうが、一体いつまでこんな茶番を続けるのだろうと心底心配する。

 しかしまあ番組の名前も『歴史整形』なんだからどうなってんだか(笑)という話。
 顔は弄くるわ歴史は弄くるわもうほんまに(呆)
 その前に、もしかして、高句麗は朝鮮だと思ってるんじゃないだろうな(爆)
 まさかそれも「整形」するのか?いや半島ではしてしまっているのか?

■今はこれしかできないが

【W杯】英紙、GK川島のプレーを「ひどいヘマ」

 日本では0-1で敗れたオランダ戦を「善戦」ととらえる向きがあるが、サッカー先進国のメディアはオランダMFスナイデルのシュートを許した守護神、川島のプレーを「ひどいヘマ」(balls-up)と辛辣に批評している。

 英大衆紙サンは日本-オランダ戦について、格の違いを見せたGKのプレーぶりを解説。オランダ・アヤックスに所属するGKステケレンブルフは前半38分、MF松井のドライブシュートを「魔法のように繰り出された横っ飛びで防いだ」と表現した。

 対照的に、スナイデルの強烈なシュートを防げなかったGK川島は「大失態をおかし、試合の流れを変えてしまった」と説明。正面であれば、世界基準のGKとしては止めるのは当然といった向きで、「ワールドカップで出たひどいヘマで、川島がオランダに勝利をプレゼントした」と報じた。

 ドイツの国際放送ドイチェ・ヴェレは「スナイデルのシュートを川島はそらすことしかできなかった」と報道した。


 サンなんてものは日本でいう朝日しんぶ・・・いやいや東スポみたいなもんですから(笑)

 でもまああのゴール、確かに川島のミスに見える。
 本人は目玉飛び出すくらい悔しがってるはずだ。ゴールキーパーという人種はチームが勝っても1点取られると悔しくてたまらないというし、またそういう人間にしか務まらないという。
 そんな人間からしたらあれはショックなことだろう。頭では弾いているはずだから。

 だが川島だけのミスではないというところがミソ。
 オランダの10番がなんとノーマークでいたこと、そんな自由な空間でシュートを打たせたこと、全体が引いている状態なのにそんなエリアを作られたこと。日本代表のミスだ。
 確かに負けない戦い方をしていたと思う。うまくいけば勝てた可能性は1~1.8%くらいあったかもしれない。
 でもそこまでだ。圧倒的な差が両国にはある。あんな小さな国なのに。

 多分サッカー以外でオランダに負けることはほとんど無いはずだ。チャリ関連の国あげての整備とかは別として、チューリップもひょっとしたら品種的には越中あたりの農家が丹精込めて作っている花のほうが評価は高いかもしれない。風車にしたって日本の風車もあちらに勝るとも劣らない。木靴も日本の職人は結構良いものを作るはずだ。
 そしてもちろん戦争にも勝った。ボロ勝ちした(あとで卑怯な復讐劇を見せてくれたが)。

 まあとにかく、今の日本にはこの戦い方でしか世界と勝負できないということははっきりわかったはずだ。
 あのオランダのような小国にできて日本にできないわけはない。サッカー関係者の奮起を期待する。

■越南旅行邂逅63

フエ王宮観光は実質3時間


メットかぶったアオザイさんが職場へ


いろかたちが非常に美しい


さてようやく出口に


帰路にあった軍事もの


チャリでこの橋をギーコギコ


昼飯はなんと、しゃぶしゃぶ!


越南旅行邂逅64へ続く

■越南旅行邂逅62

そろそろ帰ろうかな


極彩色


結構これも極彩風


かなり奥にあって誰も見てない


多分ここが一番奥になると思う


帰りはこの道を・・・


暑さ退避で立ち寄った講堂?


越南旅行邂逅63へ続く

■どっちもどっち

菅首相「基地問題どうにもならない」「もう沖縄は独立した方がいい」と発言 喜納参院議員が暴露


 菅直人首相が副総理・国家戦略担当相だった昨年9月の政権交代直後、民主党の喜納昌吉参院議員(党沖縄県連代表)に対し、「基地問題はどうにもならない」「もう沖縄は独立した方がいい」などと語っていたことが15日分かった。

 首相は23日に沖縄訪問を予定しているが、就任前とはいえ、国土・国民の分離を主張していたことは大きな波紋を呼びそうだ。

 喜納氏が、鳩山前政権末に記した新著「沖縄の自己決定権-地球の涙に虹がかかるまで」(未来社)で明らかにした。

 この中で喜納氏は政権交代後、沖縄の基地問題に関して菅首相と交わした会話を紹介。喜納氏が「沖縄問題をよろしく」と言ったところ、首相は「沖縄問題は重くてどうしようもない。基地問題はどうにもならない。もうタッチしたくない」と漏らし、最後は「もう沖縄は独立した方がいい」と言い放ったという。

 喜納氏は著書の中で「半分ジョークにしろ、そういうことを副総理・財務相であり、将来首相になる可能性の彼が言ったということ、これは大きいよ。非公式だったとしても重い」と指摘している。



 歌唄いのままでおったらえーのに。
 ただの歌手だから仕方ないかもしれないが、菅が日本破壊党に所属してるという事実をわかっていない。
 日本の国益になることをするわけが無いではないか。沖縄は日本から独立したのもつかの間、中華の配下に入るの。それが中華のご意向だし、反日勢力の目指す結果だ。菅は彼としては何も間違ってはいない。間違っているのはそんな人間を選んだ有権者と、それをわかっていないアホ歌手(参院議員)だ。

 アホの証拠に、こんなこと(非公式)を公表することによって失われる国益のことを考えていない。
 まあこいつも日本破壊党なんだし、日本以外の国の国益になることをしているという点では正しいのかもしれない。

 とにかくこの二人のやってることは何一つ日本の為になってはいない、ということだ。

■一喝しよう

菅首相、在任中は靖国参拝せず…参院で答弁(読売新聞)

 菅首相は15日の参院本会議で、靖国神社への参拝について「首相在任中に参拝するつもりはない」と述べた。

 首相は「これまで個人的には何度も参拝したことがある」としたうえで、「靖国神社にはA級戦犯が合祀(ごうし)されている。首相や閣僚の公式参拝は問題があると考えている」と述べた。自民党の佐藤正久氏の質問に答えた。


 日本の国の慰霊は日本の国の意思で決めるべきことではないのか?
 いわゆる「A級戦犯」云々を考慮するということは、他国(極東3馬鹿)の言い分を大した知恵も無く唯々諾々と受け入れているだけのことではないのか?
 この国の代表なら、この国の為に死んだ方々の為に頭を下げろ。
 そんな基本的なこともでけへんのに一丁前なこと抜かすなこのドアホ!
死ねボケ

■1勝


【W杯】「チーム一丸」の舞台 闘莉王が長谷部が中村憲剛が… (1/2ページ)

 試合終了を告げるホイッスルが鳴った瞬間、ベンチにいた選手はピッチへ飛び出した。そこかしこにできる歓喜の輪。日本は初戦でほしかった勝ち点3をつかみ取った。「チーム一丸の勝利」。長谷部は誇らしげに胸を張った。

 チーム一丸-。それは試合前から始まっていた。国歌演奏時、ピッチ上のイレブンも、ベンチにいる控え選手もスタッフも、みんな肩を組んで君が代を口ずさんだ。チーム発足以来、初めての光景だった。

 「肩、組もうよ」。ロッカールームで言い出したのは闘莉王だったという。主将の川口が選手全員に伝え、ゲームキャプテンの長谷部がそれならと「ベンチも組んでくれますか」と岡田監督にもお願いした。もちろん指揮官の答えは「いいよ」。断る理由がなかった。

 前半39分に先制ゴールを決めた本田は、長い距離を走ってベンチの仲間に飛びついた。「(中村)憲剛に(点を取ったらベンチに)『来いよ』といわれていた」と本田は打ち明ける。控え選手は90分間、ピッチ上の選手を鼓舞し、ピッチ上の選手は控え選手の分まで責任を持って戦う。これぞ「チーム一丸」だろう。

 4年前は違った。個々の能力は今回のチームより高かったが、主力と控えの温度差が大きく、最後まで一枚岩になれなかった。結果は惨敗。中沢、中村俊ら前回ドイツ大会を経験した選手は、そのことを今でも悔いている。

 逆に言えば、4年前の失敗があったから、誰もがチーム一丸となることの重要性を知っていたともいえる。この日の日本にひとりよがりのプレーはなかった。ベンチも含め、同じ方向を向いていた。「(矢野)貴章もオカ(岡崎)も、点を取りたい、活躍したいではなく、勝つためにプレーしていた」。中沢はうれしそうに途中出場の2人をたたえた。

 岡崎は言う。「チーム一丸じゃないと勝てなかった」。日本は続くオランダ、デンマーク戦へ向け、勝ち点3以上のものを手に入れた。(森本利優)


 勝った!

 国歌演奏のときから雰囲気が違ったように見えたのはそういうことだったのか。
 正に「和」の状態。これならヘタな試合はしない。ブーイングの出るプレイはしない。日本人だから。
 それほど「和」が大切だということを、元々は日本人ではなかった闘莉王がきっかけとなって思い知らされただろう。今の日本人はそれを忘れている。いや、眉唾で見るように洗脳されている。

 あれだけはっきり多くの選手が「君が代」を歌うのを初めて見た気がする。
 「和」なのだ。我々が今必要としているのは。
 「和」を尊ぶ日本人が歌う歌が「君が代」であって、仰ぎ見る旗が「日の丸」なのだ。逆のことを言う連中が結局どういうことをしようとしているのか、これだけでもよくわかるだろう。


 いきなりズレた(笑)

 しかしまあ、あのチーム状態でよくまあ粘りましたね。
 守備陣の集中力には頭下がります(足らないものは全ての日本人と同様「和」だけだったということかな)。

 特に長友は海外移籍に弾みをつけたんじゃないですかね。
 エトォクラスをシャットアウトできれば、まあ贅沢言えば何度かゴール前に進出してシュートを打つなどをしてほしかったが、食指を動かすクラブがあってもおかしくない。運動量の多いサイドバックは今のサッカーでは非常に貴重だ。
 日本の為にも、彼のこれからの活躍に大いに期待する。

 大久保も自ら「体がキレている」と言うくらい、キレキレでした。今の彼を使わない手はないと思う。
 ただゴールが欲しい。FWだし。

 気になる点を上げるとすると、やはりあのフォーメーションというか本田の1トップというのは、外道というか余り好い気がしない。
 1トップは森本で遠藤の位置に本田なら納得できるのだが。。。。どうも岡田さんの起用法にはずーっと納得できないものが多い。
 今回これで成功したからもうこのフォーメーションで行くんだろうけど、なんか違うような気がしないでもない。

 あと内田はどうしたんだろう?
 誰も触れないのは何かあったのだろうか?

 俊輔と本田の関係も「和」の構築という点においてどうか?
 それが気になる。

■松川氏は正しい

満員電車でアイフォーン操作の男性殴り逮捕(読売新聞)

 満員電車で携帯電話を操作していた乗客に腹を立て、駅のホームで殴ったとして、警視庁戸塚署は14日、東京都東村山市栄町、会社員松川弘容疑者(45)を傷害容疑で逮捕した。

 乗客の男性は殴られた際によろけて、ホームに入ってきた電車に腕をぶつけ、右手骨折の重傷。同署は詳しい状況を調べている。

 同署幹部によると、松川容疑者は14日午前8時頃、新宿区の西武新宿線高田馬場駅のホームで、杉並区の男性会社員(49)を殴り、重傷を負わせた疑い。松川容疑者は、上りの満員電車内で携帯電話iPhone(アイフォーン)を操作していた男性に「マナーを守りましょう」と注意した。しかし、男性が無視して操作を続けたため、一緒に同駅ホームに降り、口論の末に殴ったという。



 松川容疑者は「言うことを聞かないので、かっとなった」と供述しているという。

 拙ブログは松川氏を擁護します。
 松川氏はまず口頭で注意した。ホームに降りたのちも、ここでは被害者と呼ばれるクソ阿呆と口論し、間違いを指摘したはずだ。
 それでも改めないクソ阿呆が、正義の罰を受けたのだ。腕一本で済んでありがたく思え。
 「和」を尊ぶ日本人(ケータイ弄くってる奴らは含まない)全ての怒りだ。

 この考えは変わらない。ケータイは100%、「和」と正反対の位置に存在する機械だ。
 あれが存在する限り、「和」を破壊する者と「和」を破壊された者の衝突は永遠に続くだろう。
 その先にあるのは「和」の無い国、すなわち日本ではない、何か得体の知れない見てくれ東アジア人の国になる。まあ国ではなく、倭省になるということだろう。それは酷いぞ。いくらなんでもそれはわかるはずだ。

 法と公警察でこのクソ阿呆を罰することができないのなら、例えばマスコミとかが名前を公表することによって社会的罰を受けるようなシステムにしなければならない。でないと、義憤に駆られた(短絡ではあったが、ほとんどの人間は聖人君子ではない)「容疑者」はどんどん生まれていくだろう。
 それは普通の人には非常に不公平に写る。悪いのはケータイを弄くっているクソ阿呆なのだから。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。