■2011年01月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■恥ずかしすぎるアホポッポ

こんな党作ったつもりではない…鳩山前首相(読売新聞)

 “創業者”が“共同創業者”の経営を批判――。民主党の鳩山前首相は30日、名古屋市内での街頭演説で「こんな党を作ったつもりではなかった」と述べ、党の現状を嘆いた。

 1996年の旧民主党結党時は、鳩山氏と菅首相が共に代表を務めた。その鳩山氏が菅氏の政権運営に懸念を示すのは、小沢一郎元代表の国会招致などを巡る党内対立が続いているからで、「友愛の心を持った、友達同士を大切にする民主党にしていかなければならない」と訴えた。


 おのれが精一杯からんでいる団体がしっちゃかめっちゃか(笑)

 経験に学ぶ人、歴史に学ぶ人ならこれだけでも「友愛」などというもののアホらしさがわかると思うのだが、そこはさすがルーピー。脱税したことも忘れ、平和破壊に邁進した自覚もなく、しっちゃかめっちゃかは盟友のせい。確か自分の政権がぽしゃったのも有権者が理解しなかったからだとかなんとか言ってたなあ(失笑)。

 母親もよくまあこんなアホに仕立て上げたもんやな。
 子供手当てがまったく効果無しというのを実証しとるで。

 そもそもこいつは何で選挙に当選してんの?
 有権者はそこから考えを改めるべきやろ。アホ選らんだんは誰やねんおい?

 こんなのがバッチをつけているという事実だけで、日本の政治がしっちゃかめっちゃかだということがはっきりしている。「こんな党」になったのなら、自分の政治理念と違うのなら、おのれの不甲斐なさを自覚しさっさとやめちまえ。このド阿呆が。
スポンサーサイト

■またやってしもたわ

韓国の侮辱行為に抗議せず サッカー協会(デイリースポーツ)

 日本サッカー協会は27日、25日のアジア杯日本‐韓国戦で韓国代表MF奇誠庸(セルティック)がPKを決めた後、カメラに向かってサルのまねをしたことに対して、韓国協会に対して抗議しない方針を明らかにした。
 日本人をバカにする行為として韓国内で話題となり、奇自身も「観客席に旭日旗を見たため」と説明。日本にも飛び火した“猿まね騒動”となっていた。協会は26日に韓国協会に対して、奇への事情聴取を要求。「セルティックでアウェーチームのサポーターからサル呼ばわりされていたため、差別発言に対するメッセージ」という弁明と、韓国協会からの「結果的に誤解を与えて申し訳ない」という言葉を受けて不問とすることになった。



 あーあ(落)

 悪しき前例をまたまた作りました。
 低俗朝鮮人におのれがどれだけ恥ずかしい生き物かということを思い知らせるべきだった。

 半万年低俗であった連中が変わるとも思えないが、やつらは強いものの言うことは聞く。それはもう中華の下僕生活の間-正に半万年-に培った民族的性癖とも言うべきものだ。

 中華のようにめったくたやれば良かったのに、日本人はやさしいから中途半端になってしまう。
 あげく無いこと無いこと都合よく悪者にされ、洗脳教育を見逃し続けた結果、ああいう玉けり専門キチガイ人間を作り出すことになってしまった。

 朝鮮との勝負は、将来民族の存亡をかけてやるときまで封印するべきだ。
 現実的ではないが(笑)、正直、良いことなんて何も無い。関わらないほうが良いのだ。
 見てみろあの韓流ばばあの醜さ。醜態という事例で写真をつけても良いくらいのものだ。
 テレビで朝鮮式改造タレントを褒めちぎってるやつもどうだ? あの下品さは一体何だ?


 日本サッカー協会はこれまでも数々の失敗を重ねてきた。
 今回はその失敗の中でも将来に大きな禍根を残す大失敗だ。

 パクチソンは良いとか、彼は別だと言うのもいるが、ぼくはまだ眉唾だ。
 朝鮮人なのだ。白人がアジア人を見るのと同じように朝鮮人は日本人を見下さないと自己が成立しないのだ。
 そういう連中だと理解し、はやくそんなアホなことはやめろと、言ってやれ。
 まあムダだろうし、関わりたくないのでぼくはやらんけどね(笑)

 あ、そういやぼくが認めていた在日朝鮮人の友人の一人、昨年帰化しました。という意味では日本人ですが、彼も昔は洗脳のお陰で相当酷いやつでした。今もまだ微妙っちゃあ微妙だが。
 まあそんな極々小数の(場合によってはパクチソンを入れる人もいるが)連中が良いからって、朝鮮人そのものが良いなんてことは、実際問題、半万年無いことだろうと思う。

 そういう印象を隣国の和を尊ぶ人々に”決定的に”持たれたという事実を、大多数の朝鮮人は真摯に反省し、謝罪と賠償をせねばならないと思う(笑)。

■その前に所属をどうにかしろ

民主・渡辺周氏、「竹島の日」式典に出席へ

 2月22日の「竹島の日」に島根県が開く記念式典に民主党の渡辺周国民運動委員長が同党国会議員として初めて出席する。渡辺氏は超党派「日本の領土を守るため行動する議員連盟」にも所属し、「竹島が日本の領土であることをしっかり訴えたい」と話している。


 おっと自己保身防衛本能が働いたか(笑)

 渡辺氏は日本破壊党というキチガイサヨク政党において異端である。
 ゆえに「普通」に近い位置にいると思っている。
 でも未だに日本破壊党に所属し、その破壊工作に、数の論理上ではあるが手を貸している。完全に疑うべくも無い工作員。それは否定できない。渡辺周氏は日本破壊工作員だ。

 昨今の所属政党の馬脚の現し方、正にキチガイ丸出し。周りから見ている関係者もその空気は読めているだろう。なんか土民ども(ぼくらのことですよ)からの風当たりが違うぞと。
 それでも変わらないのは、目的が日本の破壊であってそれを止めることはハナからできないからである。「日本を破壊してくれ」と選挙でお願いされたのにやめる理由が無い、というのが連中の道理だ。
 くどいがそのお願いをした罰は国民が背負う。ぼくのように普通の人(日本破壊党などに投票しない人)でもそれは等しく背負わなければならない。

 はっきり言って戦争に近いことでもしない限り竹島は帰ってきません。
 北方領土もロシアに大きな政変でも起きない限り帰ってきません。どちらも同じです。

 人間の作る世界とはそういうもので、イマジンで夢精しているようなお気楽パッパラパー状態では何の解決も望めません。

 いらないのなら今の日本破壊党のままで良いでしょう。そういう人がいてもぼくは「シね」とは思いますが否定はしません。
 将来倭省の役人になってぼくら普通の日本人を消しに来るのだから、今のうちに亡命でもして欲しいとは思うが。。

 で、今のままで良いなら日本破壊党ではいけません。
 このまま得意の先送り、見てみぬフリ、自分だけがどうにかぼーっとできれば他はどうでも良いと思うなら、選挙に行きましょう。日本破壊党では「いらない」になるので・・・まあ自民党かな。

 帰ってきて欲しいなら、”現時点では”キチガイサヨクに右翼と呼ばれる連中に投票するしかありません。
 普通の人はそれを自民党に担って欲しいと思ってますが、あの党はもうサヨクに乗っ取られています。福田二世のようなキチガイサヨクはじめ谷垣町村等々、保守とは名ばかりのサヨクばかりです。

 日本人は変化を好みません。なんとあの9条を変えれない国民なのです。
 でも、もう、変えねばならないところまで、本当に来ている様な気がします。

 渡辺氏のように、日本を破壊するのが目的の政治工作団体に所属しながら、逆のことを-保身だと思うが-するという中途半端ではいけません。やるなら破壊を止めてからにしてこそだ。
 というか、日本破壊党の工作員が「国益」とか「日本のため」とか、誰がどう好意的に聞いても「はあ?」としか思えんだろに。

■これが正体。そしてこれが世界。

BBC番組「怒り心頭」=前原外相(時事通信)

 前原誠司外相は25日の記者会見で、英BBCテレビの番組が広島と長崎で被爆した山口彊氏(故人)を「世界一運が悪い男」として取り上げたことについて、「怒り心頭というか、強い怒りと不快感を持った」と非難した。
 外務省によると、政府が在英日本大使館を通じて抗議したのに対し、BBCは謝罪した。これに関し、外相は「おわびをするなら、テレビで笑いながら話していたコメンテーターは原爆被害の悲惨さをもう一度認識し、二度と起こさないための努力をしていただきたい」と述べた。


 もっと性質(タチ)の悪いことお隣さんがやってるんですけどね。
 そっちに噛み付いたってこと、一向に聞かないんですけどね。


 アングロもそんなことやってるから「所詮海賊」だなんて言われる。
 ましてや一応天下のBBCやしね。

 まあ白人の深層心理を素直に見せたちゅうことなんやろうけど。

■結果オーライだが


死闘制した日本、決勝へ ザック監督「非常に厳しい試合だった」

 延長を含めた120分間の戦いを終え、2-2からのPK戦。日本の4人目は今野だった。「僕が決めたら、試合が終わる。気持ちを込めた」。ゴール右のネットが揺れ、ライバル・韓国との死闘にようやく終止符が打たれた。

 韓国は簡単に諦めてくれなかった。延長前半に1点をリードし、迎えた後半終了間際。5バック気味に固めた守備陣が耐え切れなかった。相手FKからのこぼれ球をことごとく拾われ、黄載元に痛恨の同点ゴールを決められた。内田は「みんなががくっときてた。顔を上げていこうと声を掛けた」という。

 気持ちを切り替え、奮い立たせて臨んだPK戦。GK川島が好守を連発し、日本は長友以外の3人が確実に蹴り込んだ。昨年のW杯決勝トーナメント1回戦で、PK戦の末にパラグアイに敗れた苦い経験を繰り返すことはなかった。

 「非常に厳しい試合だった」とザッケローニ監督。精根尽きるまで戦い抜いた先に決勝の舞台が待っていた。(共同)


 比較的冷静に見れた(ウソ)。
 一番大事なことは審判がもう本当に低質だってこと。これはアジアサッカー界の緊急課題と言えるだろう。

 さて試合。
 前半、ゲームは日本ペース。審判の理解しがたい数々の判定以外は非常に良かった。後半のスタミナが気になるが、それをやってこそ、と長年言われているので(できなかったが)、やらなきゃいかん。
 韓国はいつものとおり反日アドレナリンで洗脳サッカー兵隊状態。彼らにはほとほと反吐が出る(注意しておくが彼らは何がどうあっても彼らである。騙されるな)。

 前半終わりから90分終了まで、基本的に韓国ペース。あいも変わらず質の低いジャッジに加え日本のミスが目立つ。もちろんイライラ・ハラハラしながら同点劇を見る。

 延長、審判はもうどうでもいい(笑)と思ったら「これじゃあまずいと思っていたのだろう」逆プレゼントのPKで逆転。それまでのジャッジが余りに酷かったので良心のかけらがあったのだと思う。
 しかしここからが個人的に一番熱くなる。日本完全に引きまくり。転がっているボールを弾き返すことしかしない代表にイライラが爆発。夜中に嫁ともども大非難大会。
 こんなの面白くない。引くにしても引き過ぎ。マリーシア(ずる賢さ)が必要だと日本サッカーは言われているが、日本人にそんなことやっぱり徹底はできない。八百万の神々がそれを許さない。穢れが一番の悪なのだ。

 案の定、勝ちを目の前にして同点ゴールを決められる。

 言わんこっちゃ無い。日本人なら、日本人のサッカーをやろう。
 それでダメなら(特例)帰化人だらけの代表でワールドカップでも何でも出れば良い。

 川島の活躍で勝ちを得たが、あの延長戦のようなサッカー(引いて守るのは良い。でもあれは引きすぎ)をまたやるなら、ザッケローニは支持しないことになるだろう。日本人には日本人のマリーシアがあるはずだ。
 それは外人が見つけるのではなく、代表が世界との戦いを通じて見つけ出すのだ。

 代表の試合は、仕事ではなく、ましてや玉けり遊びでも無いのだ。

 それが”代表”であるあはずだ。

■こいつも仕事をしないだろう

死刑制度、存廃含め検討=江田法相(時事通信)

 江田五月法相は21日の閣議後の記者会見で、死刑について「(いったん執行すると)取り返しがつかない。制度としてあることが世界中の状況からみていいのかどうかも考える時期に来ている気がする」と述べ、制度の存廃も含めて省内で議論を進めたいとの考えを示した。
 また、法相は「(民主党の衆院選)マニフェスト(政権公約)に基づいて(行政を)行っていくのは当たり前だ」と語り、マニフェストに明記した取り調べの可視化(録音・録画)などの検討を省内で加速させる考えを強調した。

 
 こいつというかやっぱりキチガイサヨクは脳みそ腐ってる。
「取り返しがつかない」から長い長い審理を経て死刑判決が出てるの。
 腐った頭でもう一度考えてみろ。その間、遺族はずっと戦ってるの。

「取り返しがつかない」ことをやってしまったから死刑になるの。
 ウダウダ能書きたれてんと、さっさと仕事(死刑執行命令書にサイン)せいこのキチガイサヨクめ。
判決死刑

■台湾のため

李登輝氏「尖閣は日本領」発言に台湾で「日本へ帰れ!」=中国(サーチナ)

 台湾の李登輝元総統が「文芸春秋」のインタビューで「前にも言ったように、尖閣諸島は日本の領土だ。日本は道理に合わないことを言う中国に譲歩すること必要はない」と語ったことについて、17日付の中国新聞社は「李登輝氏の発言に、台湾では一斉に罵声(ばせい)が飛び交い、ブログでも『日本びいきの李登輝、とっとと日本へ帰れ!』などの書き込みがあったと報じた。

 記事によると、李登輝氏の発言に対し、台湾当局関係者が即座に反駁(はんばく)し、台湾総統府の羅智強報道官は「李登輝氏の尖閣諸島は日本領という発言は歴史事実に反し、しかも国家主権を侵害している」、国民党の邱毅氏は「李登輝氏の政権はとっくの昔に終わったのだ。いつまでも発言するな!」と批判した。

 しかし、台湾のネットユーザーの評価はもっと厳しいという。台湾のブログでは「台湾当局は李登輝氏の俸給を停止すべきだ」、「国民党の馬英九総統が今年も李登輝氏のところに新年のあいさつに行くならば、2012年の選挙では投票しない」などの書き込みが見られた。

 東シナ海の南西部の尖閣諸島は中国のほか、台湾も領有権を主張しているが、李登輝氏は尖閣諸島は日本領との立場を一貫して主張しており、2010年9月に発生した漁船衝突事件で、中国人船長が釈放されたことに対し、李登輝氏は「非常に残念」と発言したうえで、「きれいなお姉さんを見て、自分の妻だと言っているのと同じ、まったく道理に合わない」と批判した。(編集担当:畠山栄)


 台湾の中国人は相手にしないほうが良い。
 台湾人と話をしよう。台湾人なら真心尽くせばわかる。なぜなら中国人ではないから。

 李登輝さんがどれだけ台湾の為に力を尽くしたか、キチガイサヨクと中国人にはわかるまい。

 彼の発言は第一に台湾の為、日本のことはニの次なのだ。
 その彼が「尖閣諸島は日本の領土だ」と言う。
 それが道理だからだ。それが普遍の事実だからだ。

 台湾も道理に合わないことは止めて、今すぐ日本と共に歩もうではないか。
 人類共通の敵中国人に「弁え」というものを教えてやろうではないか。
 日本人と共に歩むか、中国人の奴隷になるか、台湾のためを考えて日本は行動すべきだ。

■いい加減破壊するのはやめてくれ

都営地下鉄車両内で携帯通信可能に 東京都が全面支援で年内目指す 全国の地下鉄に波及効果期待 

 ソフトバンクの孫正義社長は20日、東京都庁を訪問し、都営地下鉄の車両内で、走行中でも携帯電話のメールやインターネット機能が使えるよう通信環境の改善に協力を求めた。面会した猪瀬直樹副知事は全面的な支援を約束し、年内に通信開始を目指すことで一致した。国内の地下鉄では福岡市など一部を除き、駅構内以外での通信環境整備は遅れており、都が積極支援することで他の地下鉄にも波及しそうだ。

 今回の訪問は、孫社長がミニブログ「ツイッター」で提案し、猪瀬副知事がこれに応じる形で実現した。

 孫社長は、社団法人「移動通信基盤整備協会」の理事内定者の立場で協力を求めており、アンテナなどの整備費用は同協会に所属する通信各社が負担する。

 猪瀬副知事は「サラリーマンが電車の中で仕事をすることができ生産性もあがる」と協力を快諾。都が47%の株式を保有する東京メトロにも協力を働きかけていく。通信環境の改善は、スマートフォン(高機能携帯電話)の普及による加入者の要望が背景にあるとされ、孫社長は「社会的にも機が熟した。他の都道府県の地下鉄の環境改善も加速させたい」とした。


あまりいい趣味とは言えんな

 時代に逆行しようがどうしようが、「和」を破壊することは反対だ。
 孫氏のビジネスは成功はしている。が当然「和」ではない。かねてから主張しているとおり、孫氏(ソフトバンク)の唯一の功績は王さんにユニフォームを着せたこと、これのみに尽きる。それ以外の業績は全て「和」を破壊していると思っている。

 その「和」を破壊する重要なファクターが携帯電話だ。あれを操作している人間はまことに不細工である。
 あれが何かわかっているのだろうか。
 あれは「私」のひけらかしだ。しかも強制的に周りを巻き込む。
 強制的に「和」を破壊しているからトラブルが多発するのだ。携帯電話及びそれを弄くる人間が「和」を破壊しているから、その被害者である日本人が怒るのだ。日本人は「和」が安定していないとおかしくなる。理由はそれが日本であるからだ。

 仕事をするなとは言わない。「光の道」、是非とも欲しい。
 極々小数のスーパーエリート(多分アナタは違うはず)は寝る間も惜しんで”日本の為に”仕事をしてるのかもしれない。スーパーな人なら時間を作って効率よく仕事するとも思うが・・・

 しかし駅は公共の場だ。それが仕事であっても、他人から見れば「私」のひけらかし以外には見えない。
 当然それは「和」を破壊していることになるから結果は同じである。そして何より不細工である。
 好き勝手に「私」をひけらかす連中にプライバシーもへったくれもない。自らばら撒いてるんだから世話いらん。

 カネの為に「和」を売り飛ばす。
 当然日本の為にやっているとは思えない。だから反対だ。


 解決案はあるはずだ。
 例えば、携帯電話を含む個人端末に公共施設への入場を管理させるのだ。そんなものは持たない人格者は切符で良い。むしろそれのほうが良い。特典も特権もつけても良い。
 そして端末には公共施設に入場する際に一切の機能をストップさせるようにする。使用不能にさせるのだ。もちろん崖のギリギリ端とか便所の排気口近くとかには解除ポイントを設置しても良い。
 これで誰も困らない。どうせ首相でさえ大した仕事はしないのだからそんなにセカセカ辺りかまわず仕事する必要もあるまい。メリハリつけて仕事は仕事場でやれ。
 大事なことは「和」を破壊しないということだ。

■越南旅行邂逅82

日本が終わるのが早いかこの邂逅が終わるのが早いか



ハノイツアーの最後は、昨日もきた玉泉洞


またもやこの巨大スッポンを撮る


彼はツアーのガイド君(本当は英語をやりたいそうだ)


あの世で使うカネらしい


なに屋なんだろうか・墓標?


こういうプレートもあるし、違うか。


越南旅行邂逅83へ続く


■さてどっち?

鳩山氏、内閣改造を批判 「私には理解できない」「国民のみなさんは期待していない」

 民主党の鳩山由紀夫前首相は16日夜(日本時間同)、訪問先のインド・ニューデリーで同行記者団と懇談し、菅直人首相が内閣再改造で枝野幸男官房長官を起用したことについて「昨年の参院選で負けた時の幹事長だ。責任を半年で忘れていいのか。私には理解できない」と批判した。

 また首相に近い一部幹部で人事を決めたとして「挙党態勢を望んでいると言いながら、どうして身内だけでやろうとするのか」と批判した。

 各種世論調査で再改造内閣への支持率が小幅上昇にとどまったことについて「首相が最強の内閣と胸を張るほど、国民のみなさんは期待していない」と指摘した。

 党執行部が衆院選マニフェスト(政権公約)見直し方針を打ち出したことについて「大いに変えるとすれば、選挙で訴えなければいけない」と指摘した。(共同)


あなたは間違ってるわ

 麻生時代に築いたインドとの蜜月をアホポッポが壊しに行っている(のだろうと思う)。
 自分のやってること-引退撤回をはじめこのポッポの行動全て-が「理解できない」状態であることにまったく気づいていない。気づく人物であれば恥ずかしすぎて既に生きてはいないと思うが。

 でもまあ最後の一言「選挙で訴えなければいけない」というのだけは評価できる。
 根底がアホ菅への反抗から来ているだけに穢れすぎていてものも言えないが、言っていることは正しい。

 日本国民が望んでいるのは解散総選挙だ。


 日本のマスゴミは読んで字のごとく「ゴミ」である。
 自民末期のときに臆面も無く気がふれたような一方的な批判を流し続けた連中だ。
 この連中、ただプレスリリースを垂れ流すことしが脳が無いのに、民主党には非常に甘い。支持率が未だ20%近くあるのもこのゴミどもの操作だと思っているが、そんな連中でさえ批判めいたことを書かざるを得なくなってきている。ゴミにさえ見限られるキチガイサヨク。
 ゴミにすれば民主党を通して日本破壊工作を行っているのにそれを(形だけでも)批判しなければならない。
 もう完全に狂っている。マスゴミも政治も、やはり今は完全に狂っているのだ。

 さて問題、こいつらが素直に引退するか?
 どうぞ引いて下さいと言われて下がるか?

 下がらんだろう。
 ポッポ程度の脱税カス野郎でさえこの往生際の悪さだ。

 サムライなら自らを処することができた。
 でもこいつらはそんな高等な生き物ではない。
 (多分)日本人でありながら、堂々と日本を破壊しているのだ。それだけでも既に常軌を逸している。

 もう死んでもらうしかないのだ。
 こうなっては「やりすぎ」でないと救えない状態になりつつある。
 念仏平和教では余計に沢山死ぬ結果になる事実を身を持って世界に示すのだ。もちろん、どこの国も追従して9条を奉ってなどいないから、それみたことかと失笑されるかもしれない。

 まあどっちにしろ、「やりすぎ」を2千年以上今もって続けてる大陸の連中にそれをやってもらうか、日本人自らがそれをするかってことになってきていると思う。
 70年近くぼーっとしてきた仮(としておこう)日本人がようやく、日本か、それとも日本じゃないかを選ぶってことになってきているということです。

■今日もまた一人欠陥品が完成した

「ごめんね、ごめんね」とふざけた生徒殴った中学教諭を減給

 横浜市教育委員会は13日、同市栄区の飯島中学の男性教諭(57)が、掃除の態度がふまじめだったことに腹を立て、男子生徒に殴る蹴るの暴力を振るったとして、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

 市教委によると、教諭は昨年11月11日午後、担任する1年のクラスで掃除の指導をしていた際、足で雑巾がけをしていた生徒を注意。生徒がおどけて「ごめんね、ごめんね」と言ったことに腹を立て、生徒を床に押し倒し、顔を3回殴り、顔や腹をけった。生徒は帰宅後、保護者と病院に行き、顔や腹部の打撲で1週間のけがと診断された。

 教諭は「ばかにされたと思い、かっとなってしまった。本当に申し訳ない」と話しているという。


 またもやクソ餓鬼の更正する機会を奪ってしまった。
 正しい教師が罰せられた。クソ餓鬼に頭を下げる教師を見て、このクソ餓鬼が更正する可能性はゼロになった。それは拙ブログが保証する(笑)。

 拙ブログはいつものように男性教諭を擁護します。彼は悪くない。
 教師として正しい行為をしたまでだ。若干手数が多い気もするが。。。

 このクソ餓鬼も教師にいちびった口をきくくらいなら打撲程度で親に干渉させるな。
 中学生にもなっていちびり自体も肝が据わってない証拠。小物すぎるカスのせいで教師の権威も落とされる。
 教育全体の品位もガタ落ちだ。

 クソおちょくったキチガイをたしなめるのに口はいらない。なにしろキチガイだから言葉は通じない。
 はじめからなめてかかってくる相手には実力行使しかない。先生は聖人君子ではない。第一日本にそんな人物は数人しかいない。総理でさえあのザマだ。

 この教諭は「ばかにされたと思」ったそうだ。
 思わなくとも明らかにばかにされている。今回の横浜教育委員会の処分は教師をばかにするクソ餓鬼を増やす結果になる。教育を真剣に考えていないアホがいつものように間違いを犯したということだ。
 教育で間違いを犯すとえらいことになることは今の日本を見ても分かるが、日本の教育関係者はそのアホを飛び越してキチガイと化してしまっているのでわかっていない。

 この件のクソ餓鬼を見ればわかる。このキチガイは戦後の間違った教育から生まれた鬼子だ。
 ガキはしばけ。教育とはつきつめればそれしかないと思う。

■不安定

やっとエントリできました。

ネタはありますが、結構色々と障害があって中々手が回りません。
北のアホとかヨサノのアホとか、サッカー代表のこととか。。。
あ、あと前エントリのネタバラシとか(平成23年ね)。。。

特にパソコンの調子がどうもよろしくありません。
突然リブートがかかる症状が激発。まあ仕事も忙しいんですが。
れいんぼう
今年はこういう景色を一つでも見たいなあ。

■平成23年

あけましておめでとうございます。
今年もぼちぼち、よろしくお願いいたします。


世間では今日から仕事という方もおられるようですが、
幸いぼくは5日からに休み設定をしておりました。

明日は家でダラダラ日の予定です。
昨年末はあまりの脱力にメインの政治ネタを放棄しました
が、まあ今年も日本破壊党ですから(笑)

とりあえずいつものように、体重減らすことを
目標として今年最初のエントリを締めたいと思います。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。