■2011年04月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ありがとう、台湾


GWに6泊の予定で台湾
行きます!

スポンサーサイト

■中国へのODAは不必要である

超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ 東日本大震災(産経新聞)

 民主、自民両党など超党派の有志議員が14日午前、国会内で会合を開き、東日本大震災の復興に向けた平成23年度1次補正予算案の財源として検討されている政府開発援助(ODA)の2割削減への反対で一致した。同日中にも菅直人首相あてに再考を申し入れる。

 会合は自民党の中村博彦参院議員が全国会議員に呼びかけ、同党と民主、公明、みんな、たちあがれ日本、新党改革の各党から約20人の議員が参加。中村氏は会合後、「復興支援はやぶさかではないが、ODAが人道上、大切なのは復興と同じだ。一銭たりとも削減できない」と述べた。


「一銭たりとも削減できない」と中村工作員は言うとるけど、それは反対。
「ODAが人道上、大切なのは」大いに認める。国際社会の一員たる日本にとって必要な経費である。

 しかし、特に中国に対してまで「削減できない」とする姿勢に工作員たる影が見える。実に怪しい。
 中国には純粋な目でみても「敵」という意識を持っておかなあかん。
 友好は大事やけど、仮想的として対策、即ち危機管理を怠ってはならないという教訓は今身にしみて全国民が感じているこっちゃ。あんな津波は想定外、あんなミサイルは想定外、そんなん通用するか?
 基本、外国は全て仮想的や。いつまでもイマジンしとったらあかんでしかし。

 経済的にも支援には当らん。
 一人当たりではまだ日本との差はあるやろうが、なんちゅうても経済力世界第二位の大国である。
 内陸の農村部には、その二位の恩恵に預かられへん可愛そうな方々は確かにいる。だがそれはあくまで中国の問題であって我々が積極的に「一銭たりとも削減できない」と啖呵切って援助することやない。
 格差を是正し、成長を続ける経済でもって自国民を「人道上」救うことだ。そう相手に働きかけてこそ政治であろうに中村工作員は程度が低い。利権があり、そのカネで工作していると見て不自然ではない。

 日本は憲法どおり敵はいない危機は無いとしてきたが、そのお陰で数万の死者を出した。
 その反省を踏まえ、敵は敵として認識し、対立しないよう外交努力を払い、その裏でしっかり対策を練る。危機管理とはそういうことだ。小学生で理解しとかなあかんこっちゃで、こんなこと。


 増税論まで出ている今、不必要な費用は一切削減すべきである。
 中国へのODAは不必要。するなら将来を見据え、応えてくれる国に対してだろう。

 しかしまあ中村工作員の策動に乗っかってしまった、たちあがれ日本の議員は誰だろうか?
 軽率すぎて支持できない。しいてはたちあがれ日本の見識にも疑問が出る。
 日本の政治家はほんとうに程度が低い。

■すっきりするためにどうしてもエントリしときます

 このエントリは、普段ならここまで書くとボツにしていたものです。
 特に後半部の鼻息の荒い部分は、主に芸能マスゴミ関係者とか突然募金活動なんぞをし始めたり良い人風になったりした方々及びあっち系に向けた個人的な(若干冷静さを欠いた)感想です。

 興味の無い方、いやそもそもぼくのことを知らない方は、もっともっと良い情報というか普通の情報を発信しているサイトさまへすぐさま飛んでください。







 GW、会津方面に観光に行こうと考えていた。それが一番の援助だと思っていた。

 しかし、こんだけ政府-役人-企業(東電)が狂っとるとなると、わざわざ二次被害に遭いに行くようなもんやと判断した。狂っている連中の発表やからこれも信憑性なんかあるわけ無いんやけど、レベル7というのは完全にアウト。福島の海沿いは長期にわたって立入禁止・進入不可になるやろ。仙台に入るのにも大きく迂回せなあかん。
 もし本当にレベル7なら一刻も早く広範囲の周辺住民を疎開させるべきなんやけど、狂っている政府役人はそれをせえへん。なんでやろか?あまりにも不自然であり、恐怖、疑心暗鬼ばかりが先行する。

 こんな事態になってしもた責任は、一体誰が取るんやろか?

 東電のそれなりの地位にいる連中は全員クビであることは間違いない。その意思決定に関与できる関係者もしかりや。原子力系の役人連中-これはもちろん過去に遡って-も処罰は免れん。天下っているデブ親父どもや御用学者などは詐欺罪で立件に動いてもええくらいや。
 そして政治家、特に政府いや民主党の責任も重大。自民党も含め、こいつらは過去の日本の責任を無いことまででっちあげて糾弾してきよった。ぼくらのじいちゃんばあちゃんを殺人鬼や強姦魔やと散々辱めた。

 天災はある程度仕方ない面もあるけど、この原発の問題が人災であることは誰の目にも明らかや。従って責任の多くは政府政治家にある。その為の政府であり政治家でもある。
 みんな菅程度の無能野郎ばかり責めてるけど、アホポッポも小沢も同じやで。当然仙谷とか前原とか枝野とかの小物もがん首そろえて打ち首。当然の話や。
 自らをもって処するのが従来の日本人やったんやけど、こいつらはそうではないので手を下してやらんといかん。腹も切れん卑怯者は卑怯者として処罰して後世に汚名を残す。大丈夫や、連中は日本人やないので怨霊にはならん。

 勘違いして欲しないんやけど、民主党の連中はしっかりやっとる。何をって、日本の破壊をや。
 こいつらはそれが本職やねんからしっかりやっているとしか言い様があらへん。罪悪感などあるわけないと見るのが普通の感覚や。
 天災で実際に(民主党が)手を下す前に日本は破壊されたけれども、多くの国民は負けへんかった。それは世界各国が感嘆しているとネットでも話題になった。都会では絶滅寸前やった日本人がまだまだおったんや。数少ないええニュースの一つやった。

 それではと民主党は原発でもって世界的に日本の地位・信用を破壊した。長い時間の努力と個々の日本人が世界で培ってきた「和」を日本破壊党は見事に打ち壊して見せた。まったく見事やった。してやられた。
 外国人観光客なんかもうこーへん。メイドインジャパンももう売れへん。こんな政府誰も信用せーへん。でけへん。できるわけあらへん。

 しかし、そういう政府を選んだんや。

 おいおい逃げるなあんたや。
 全人類において信用そのものを無くしたんは、我々日本人や。残念やなあほんま。

 責任を取るんは日本人。もうなんべんも書いているけどこうなるわやっぱり。
 それ以外に責任の所在があらへんのや。9条さえ変えれん、わざわざ日本破壊党にその実施までお願いしたのも何を隠そう我々日本人やったんやな。それも民主的にや。その意味くらいは分かるやろ?
 いくら国民一人一人は素晴らしいと外国人に褒められようが、政治に対して致命的な無知をさらけ出してミスを犯したのはその同じ日本人や。逃れようの無い重い重い責任や。
 ほんまのはなし、直接票を投じた連中は万死に値するんやで。わかってんのか?

 自衛隊に対してもや。
 彼らに対して少しでも思いを致したことがあったんか?
 まさか朝日新聞に書いてあることがほんまのことやと思ってんのとちゃうやろな?
 洗脳されたことを恥じもせず、「知る」努力もせずに今まで空気に任せて侮辱(無視)してきたんとちゃうんか?
 彼らに名誉を与えず、いまだ日陰者として、いや場合によっては犯罪者のごとく扱う風潮を、これまた「逃げて」認めてきたんとちゃうんかおい!


 そういうキチガイサヨクどもに、今こそ心の底から言おう。

「恥を知れ」と。



「がんばろう」とか「信じてる」とかええ加減胡散臭なってきたぞ。
 あんた民主党を選んだんちゃうんか?
 あんな憲法一つよう変えんかったんちゃうんか?
 臭いもんにはフタをしろ方式で、逃げ回ってたんちゃうんか?

 調子ええこと言うなよ。

 拉致事件のとき何かしたんか?
 応援ソングでも歌ったんか?
 支援活動なんかしたんか?
 ブルーリボン知っとんのか?

 わかりやすい天災やから動いたんか?
 それこそが偽善やろがい!

 同じ危機管理やろが!
 相手が北朝鮮やったら何か不都合でもあんのか?
 面倒くさいと思ったんやろが!
 関係あらへんゆうて逃げたんやろが!

 そんな思考を導く洗脳に疑問は持たんかったんか?
 そんな洗脳を教育と称する連中に疑問は無かったんか?
 そんな教育で洗脳しようとする政治に疑問は無かったんか?
 一つでも真剣に考えたことあったんか?

 無いから変わってへんねやないかい!
 そもそも助け出すこともでけへん状態を恥じることもせえへんやないかい!

 おまえらの責任重すぎやんけ。
 敵はおれへんのちゃうんかい!
 津波はこーへんのとちゃうんかい!
 ふざけてんちゃうぞこら(怒)


 万単位の人が死なんとわからんかったっちゅうこっちゃぞ。
 いまさら大したこと無い名前つこて偽善するな。一国民として黙して普通に行動しとったらええんじゃ。
 拉致被害者の方々は、今でもあのとんでもない地獄で精一杯ギリギリのところで生きとんねんぞ。
 どうも知らんようやけど、彼らも同じ日本人やぞ。
 わかっとんのかこのドアホ。

■微笑みの国から





■ごぶさたです

 最近何を書いても行き着くところはこうなる。

 現憲法廃棄。そして新憲法制定。

 天災はある意味仕方が無い面もある。
 しかし被害の度は「人」で左右される。
 今回も明らかに人災により、将来的な面も含めての被害は拡大の一途を辿っている。


 この「人」由来の災い。
 全て現憲法、特に前文と9条に帰結する。

 あの駄文には敵はいないと書いてある。
 いないから何もしなくて良いことになっている。
 何かあったらではなくそもそも何も無いと書いてある。裏を返せば何かあったら日本人は死ねと、そう書いてあるとしか読めない。実は危機管理は憲法違反なのだ。

 ・・・笑い事ではない。


 約60年ブクブクと脂肪と「我欲」を溜め込んだ日本人は、本当に敵はいないと勝手にイマジンするに至った。
 自由で平和だと、勝手にイマジンしてアホ丸出しの憲法に洗脳された「良い市民」を演じていた。

 そうして最後に選んだのが民主党だ。誰の目にも明らかな反日政党、破壊工作団体だ。
 敵もいないし危機も無いから酷いことは起こらない。もしもの為に必要なことは目先のカネの為に思考停止で放棄し、必要な人員にはなんと「暴力装置」とまで呼んで蔑(さげす)んだ。

 当然こんなアホばかりの市民が選んだやつらは、見事敵の思惑通り、まさに「敵」そのものだった。
 何も敵は半島と大陸だけでは無い(ちなみに連中が敵でなかったら、一体なにがどういうものが敵なのか教えて欲しい)。
 敵はそこにいたのだ。北朝鮮の拉致実行犯と同じように、そこにいたのだ。

 敵を選んだ連中は何度も言っているが具体的な行動で反省して欲しいが、そもそもこの今の憲法を野放しにしていた全国民がやはりあんな憲法の上に、いや日本を命を賭して守った方々の御霊の上に胡坐をかいて寝転んでぐうたらかまして侮辱して無視して、あの美しい日本をこんな国にしてしまったことを、今こそ痛烈に反省することが必要だと-この一文、よくまとまっていないけれども-そういうことが大事なんだと思うに至っている。

 その反省なくして復興などおぼつかない。
 復興させる。そんなのは当然だが、そのやり方だ。

 今も最前線で泥にまみれて、放射能を浴びて必死に戦っておられる自衛隊をはじめとする英雄のみなさんを、あの方々を暴力装置と、これからもそんな侮辱極まりない言葉で呼ぶのか?

 もう答えは出ているはずだ。


 結果、やはり憲法の創生しか無いとそう思うわけであります。
 まだ「日本人」は滅んでいない。現憲法の洗脳から抜けて、日本人の心で日本を創って行こう。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。