■2011年05月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■限界

 PCの調子がめちゃめちゃ悪くてカッカしてます。

 勝手にリブート、突然フリーズはもう頻発。

 普通に動き出すまで電源オンオフ再起動とセーフモード起動を何度も繰り返してやっとです。

 つい最近がんばってると伝えた[FOOTBALL MANAGER2010]も[XML parsing error!]だなんだとエラーで起動しなくなりました。

 わざわざイライラするためにキーボード叩く訳にはいきませんので、エントリの更新はかなり稀になると思います。

 よろしくお願いします。
 あ、ついでにウチのPCのように、クソサヨクもさっさとくたばってください。
スポンサーサイト

■辞めさせるのは当然として、名前も公表して欲しい

国歌斉唱「不起立の教員やめさせる」 維新の条例案、橋下知事 政令市も検討対象

 大阪府の橋下徹知事が代表を務める「大阪維新の会」府議団は16日、5月議会に提案を予定している府立学校での国歌斉唱時に教職員に起立を義務づける条例案について、対象を「府下の公立学校」に拡大する方針を決めた。罰則規定はないが、府教委は政令指定都市の大阪、堺両市を除く市町村の小中高校教員に対しては任命権、懲戒処分権を持つ。

 一方、橋下知事は報道陣の取材に対し「政令市も含めて(条例の)対象にすべき。府議が議論して決めたルールに府内の教員は従うべきだ」と強調。「起立しない教員は意地でも辞めさせる。ルールを考える」と、政令市も含め違反すれば処分する考えを示した。

 府教委は平成14年以降、府立学校に対し「教育公務員としての責務を自覚し、国歌斉唱にあたっては起立する」と文書で指示しており、今年3月には卒業式での国歌斉唱時に起立しなかった守口市の中学校教諭を戒告処分にした。ただ、政令市の教員については地方教育行政法で政令市に任命・処分権があるため、府教委は「条例の適用対象となり得るかどうか、これから検討する」としている。

 また、橋下知事は今春府立高校での入学式で国歌斉唱時に起立しなかった教員が38人いたとし、「国旗、国歌を否定するなら公務員をやめればいい。もう(個人を)特定している。やらないなら府民への挑戦と捉えてやめてもらう。公務員だからといって守られるわけがない」と述べた。


 残念ながら橋下さんに賛成だ。
 ここまでやらないとキチガイサヨクは引かない。日本の破壊という大悪事を意識してやっている工作員なんだから罰を与えるのは良しとしよう。全て奴らキチガイサヨクのいちびりのせいで、こんなアホな条例まで制定され、府知事に「意地でも辞めさせる」とまで言わせる。
 あくまでキチガイの分際でやりすぎたことが原因だ。悪と責任の所在はキチガイサヨクにある。職を辞めさせて済む話でもない(やっていることは日本の破壊だから)のだが、「和」の国日本ではいまのところこの辺りで妥協せざるを得ない。キチガイサヨクはありがたく思うことだ。

「国旗、国歌を否定するなら公務員をやめればいい。」
 全てはこれに集約されるだろう。わざわざ「公」に反することを教える為に教職に就きたいなら、「私」塾でやれ。これは拙ブログでもずーっと言ってる。
 そうせずに「公」学校に侵入して「私」教育を進める。大いなる悪意を以てしてだ。
 こんな狂ったことをする連中にはやはり罰を与えねばならない。日本国では罰を与える為に法を整備しなくてはならない。当然の成り行きだ。大阪が初だなんてそれこそおかしな話で、ここまで野放しにした国民が悪いのだ。

 それでもぼくら普通の日本人はわざわざ立法して罰まで決められると、正直うんざりする感は否めない。「国旗、国歌を否定する」どころか逆に肯定の立場だからだ。普通のぼくらからすれば、わざわざ貶める連中が理解できない。
 でもキチガイサヨクはやってきた。「和」の人々が声を上げないのを良いことにやりたい放題、我々の子供達を洗脳し続けてきた。この罪は非常に大きい。

 橋下さんは「(個人を)特定している。」と言う。
 是非公表して欲しい。公立学校に子供達を通わせる親達も、自分の子供達をキチガイサヨクの「私」教育で洗脳されたくないはずだ。国際社会だ云々だ言うが、自分の国の国歌を悪意に曲解して歌えもせず、国旗に敬意を払わない人間を外国人が「人」とみなすと思うか?そもそもそんな人間を排出する学校に通わせたいと思うか?

 この教師を騙るキチガイ工作員の名前と勤務校を公表して欲しい。これは国民の知る権利として要求したい。我々の子供達を守る自衛の手段である。是非公表して欲しい。

■リハビリ

 最近エントリまで書けないのでリハビリ気味なものを。


 いつもの3馬鹿相手のツッコミも書くことが同じようなものになってしまって続かない。
 例えば「対馬の領有権主張は正当」…日本の古地図が根拠に=韓国(サーチナ)とか 【中国ブログ】中国人男性が日本人女性にモテる?理由とは か、一言「アホ」で終ってしまう。
 これではまるでツイッターでの呟きネタになってしまう。
 ケータイ弄くるしか能の無い人間と同じにされては困るのでそういう呟きネタではほとんどエントリしない(ように、一応は心がけている)。

 政府というか民主党というか菅というか、そのへんのキチガイサヨクには何も言うまい。悪いのはそんなキチガイサヨクに権力を委託した日本人であって、守れとか保証しろとか言うほうがそもそも間違いであることに早く気づいて欲しいと思う。
 あえて言うなら、これだけ酷いことになってしまったのに、政府関係者、原発関係者、その他諸々(民主党に投票した低脳下衆野郎どもも含めて)まだ誰一人として自らを処していない、ということだけ、そういう点で既に「日本」は滅んでしまっていることを指摘しておきたい。貧乏ネタで売っていたかわいらしい女の子が死を選んだ。もっともっと「死」が相応しい連中が、日本中にうじゃうじゃいるとぼくは思っている。

 復興するなら滅ぶ前の「日本」でないと意味が無い。
 ケータイなど無く、路地では子供達の走り回る声がいつも聞こえていた、そんな時代の日本だ。
 ポポポポーンなど言う前に普通に挨拶をし、名を名乗る、そんな時代の日本だ。

 調子に乗ってきたぞ(笑)

 でスポーツの話。

 サッカー代表の南米選手権。やはり厳しいかな。寄せ集めで勝負するには失礼すぎるしね。
 残念だが、辞退しかないだろう。
 その分、ACLでグループリーグを突破した我がセレッソに期待しよう。
 いきなり大阪ダービーで潰しあうのは痛いが、できれば勝ちたいな(^^)

 F1を久しぶりに最後までみた。
 タイヤがしょぼいのか新装置の効果なのか、オーバーテイクがめちゃめちゃ増えててびっくりした。
 既に最先端と最速を競う場所では無い以上、そういうエンタメ的な方向性は間違いではないのだろうと思う。
 カムイが活躍しているのでまた見る機会は増えそうだが、あの熱は二度と戻らないだろう。
 上手くいえないが、何かがやはり足らない。

 相撲の件、このへんにしておこう的な空気が決定的だ。
 いやいや、八百長があかんと言うならもっと辞めてもらう力士も協会関係者もいるぞ。
 某記事ではガチンコ力士は4人だけだって言うやん。
 数年後、また同じようなことが起きると思いますけどね。いや八百長(人情相撲とどう判別するのだ?)もダメだーって言うならですよ。

 でゲームの話。

 先日友人より中古ゲームを頂いた。ブレードストームという英仏の百年戦争を題材としたゲーム。
 なんとあの売国企業コーエーの手によるものだが、ぼくが金を払った訳ではないのでそれは笑って許して欲しい(^^;
 まだ数回プレイしただけだが、ゲームそのものはまあまあ面白い。
 グランツーリスモ5が例のネットワーク障害でやる気を無くしたので、良い息抜きになるだろう。

 FOOTBALL MANAGER2010をこっそりちびちび続けている。
 もうかれこれ10年近くになると思う。
 セレッソで3年、その後アトレチコマドリーに引き抜かれて6、7年目になっている。国内リーグも欧州リーグも総なめしたが、これが中々止めれない。アグエロも32歳になってしまった。


 なんやかんやでこのへんでエントリしときます。

■旅行記は無理だけど

いやあ良かった。
本当に台湾に行って良かった。

旅行記は書けないけど、
撮って来た写真は何枚かアップしようと思います。
なんと1/3が食べ物の画像だったりするのだけど(^^;;

まずは何と言っても、
[Pray for JAPAN]系とでも言いましょうか
そういった類のものから。


竹田駅横で開催していた写真展の案内
写真家は日本人のようでした。


その写真展にあった千羽鶴
来客の台湾人の方々が折ってくださってました。


屏東夜市のカキ氷屋さんでみかけた女性の方
ぼくらは見向きもされませんでしたけど(笑)


台南の市街散策中みかけた電光掲示板
「日本がんばれ!!」も「Pray for JAPAN」もありました。


鄭成功が祭られている延平郡王祠で
情けない政府に代わりお礼を述べてきました。


たまたま入ったカフェが教会系で
日本について考えようという取り組みぽい・・・


番外(笑)こういうのもありますよ
是非一度台湾へ! ほんとに是非!


生涯二度目の飛虎将軍廟にも足を運ぶ
色々とお話を聞き、四時間くらいお邪魔してしまった。


台南駅にて、大学生の抱負というか希望というか・・・
右端に「日本加油!」とありますね。


上の「加油」の近くにあったメッセージプレート
ぼくらの気持ちを代弁してくれてる(はず)。


今回は台湾の南部を重点的に行きました。
当初は台東から墾丁まで行く予定でしたが、
台北松山空港で台東行きの便が取れず
急遽新幹線で高雄に向かいました。
高雄に1泊、隣の屏東に2泊、台南に3泊というスケジュール。

おいしいものを沢山食べました。2kgは確実に増。
日本人だったおじいちゃんと熱い会話もできました。
女の子に一緒に写真を撮ってくれとまで言われました。
沢山の人が「にほんじんですか?」と声を掛けてくれました。

そして本当に多くの台湾人があの地震と津波について
心を痛めてくださってます。

我々日本人も、台湾との関係を
今一つ考え直してみるべきでは無いでしょうか。
恥知らずで情けない政府とは別に、
我々日本人が真摯に台湾と向き合い、
これこそ本当のwinwinの関係を
築いて行くべきではないでしょうか。

台湾へ行って見てください。
できればツアーではなく、個人旅行で。
間違いなく、おいしいものは食べれます(^^)

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。