■2012年01月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■朝まで生テレビ 大阪市長“独裁・橋下徹”

大阪の歴史を作っています。

これが日本の歴史になるのかどうか、
さすがに朝生なんで内容は長いですが、
見逃した方は是非ご覧になってください

http://himado.in/80995


たぶん、
なぜ橋下さんが勝つか、
わかると思います。
番組には「分かりたくない人」が
たくさんでていますので、
そのへんの関係も見てください。
橋下さんは色々な面でかなり「上手い」、
というかアンチがしょぼすぎるんですけども、
そのあたりも十分留意して見てください。
発信力、これは相当なものです。
恐ろしいと思うサヨクの気持ちもまあ
わからんでもないかな(笑)。


今は大阪の話ですが、
これは日本の話になる可能性があります。

もう民主党に投票してしまうような
間違いを犯すことはやめましょう。

これは大阪から始まるかもしれない。

スポンサーサイト

■山口のおもひで

もう先々週になりますが、嫌なことから逃れたくて(笑)
温泉につかりにいってきました。
場所は山口県の湯田温泉。
街中にあって温泉街の風情はあまりないが、
宿泊した宿はかなり高級。
臨時収入でちょっと冒険してみました。

山口の印象は、人がかなり気さく、だということ。

一枚目の画像の瑠璃光寺でも、山口大神宮でも、中也記念館でも、
気さくに話しかけてくれて色々話ができました。
嫁は毎年行きたいと申しております(^^;;

取り急ぎ記録として画像を2枚だけ。


まずは観光の目玉である瑠璃光寺五重塔。
カメラマンがたくさんいましたが、
彼らの目当てはカワセミでした。
ちなみにここはぼくにとっては約7年ぶりの二度目。


続いては3泊もした高級宿の部屋露天。
あんまり経験のないレベルの宿で本当にまったりできた。
ここだと外に出なくても良い感じ。
もちろん、メシもべらぼうに美味い。

■遅いんです(たぶん)

石原新党、3月結成目指す…亀井・平沼氏と一致(読売新聞)

 国民新党の亀井代表、たちあがれ日本の平沼代表、東京都の石原慎太郎知事が25日夜に都内で会談した際、3月末までの新党結成を目指す方針で一致したことが、26日分かった。
関係者が明らかにした。3氏は既に党綱領づくりも進めている。民主党、公明党などとの選挙協力を検討することも確認したという。

 平沼氏は25日の記者会見で、新党構想について「自民党、民主党の一部にも働きかけ、70~80人を糾合することが目標だ」と語っている。3氏は今後、新党参加の呼びかけを急ぐ構えだ。


 平沼氏、良いだろう。
 石原氏、まあ良いだろう。
 亀井氏、なんでやねん。

 (亀井氏に対して)100歩譲ってそこまではまだしょうがないかなと思う。一部サヨクから見ればアウトだろうけど。

 しかしなんだ?
 民主党、公明党、自民党て。

 今まで散々日本を破壊してきた連中ではないか。
 現在進行中の民主党が堂々と名を連ねているではないか。
 反日工作団体だぞ? まだわからんのか。

 日本の破壊に手を貸した実績が、その党の構成員なら絶対ある。
 完全に穢れているのだぞ。完全にだ。

 こういうレベルではもうないのだ、平沼さん・・・・
 遅すぎたのだ。国民含め、危機管理を無視してきた結果だ。

 せめて福田二世政権時にでもやればよかったのだが、もう完全に遅い。
 そういうことはもうあの方々はわかっているとは思う。

 しかし他に誰もいないのだ。
 なにせ国民は民主党に投票するようなアホばっかりなのだから。

 彼らは自分達しかいないと思っている。
 まあ実際そうなんだろうけど。

 でももう彼らではないのだ。



 さて、誰だ?




あなたならできるわ

■責任の取り方の一例

<君が代訴訟>教職員の敗訴確定へ 最高裁が弁論開かず(毎日新聞)

 学校行事で日の丸に向かって起立し君が代の斉唱を求める東京都教委の通達は違憲として、都立学校の教職員らが義務がないことの確認などを求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は判決を2月9日に言い渡すことを決めた。2審判断を見直す場合に行われる弁論が開かれず、教職員が逆転敗訴した東京高裁判決(11年1月)が確定する見通し。

 1審・東京地裁判決(06年9月)は「教育基本法が禁じる『不当な支配』に当たり、憲法が認める思想・良心の自由を侵害する」として通達を違憲と判断し、賠償も命じた。これに対し2審は「不当な支配に当たらず、憲法にも反しない」と逆転敗訴としていた。【石川淳一】


 こうなって当然の話。そうでないと普通の人は納得しない。
 どの世界にも通用しない趣味の悪いサヨク思想で、子供達を変態に洗脳してきた教師を騙る工作員は腹を括ったほうが良いだろう。もうこういう連中をのさばらせておく余裕は日本にはない。

 彼らは、自分達が作ったサルどもによって日本の「和」を破壊した。日本を破壊したのだ。みろ、政治家どもの醜態を。あれがそのサルの成れの果てだ。
 工作員であることを自覚している連中は逃げ方を考えているだろう。一部自決するよう「心の祖国」からコントロールされているかもしれない。日本の警察は追い込めば良い。もしまだ乗っ取られていないのならばできるはずだ。
 しかし自覚していないおめでたい(が非常にタチの悪い)工作員はパニックを起こすだろう。既にヒステリックな傾向を表している者もいるようだ。
 これは子供達の教育上非常に由々しき事態だ。教育・大人に対する不信は消せないほどその心に疵を付けるだろう。


 青山さんがおっしゃるように、ぼくらの多くがその変態洗脳の被害者である。
 ネットの力で少しはまずいと思っている人も増えたが、何度も言うように民主党に投票するようなアホの極地に到達している今の日本人、極左からミギに行かず、そのままヒダリから突き抜けてミギに行った様に思い込んでいる連中も多い。その点、自分マンセーキチガイの朝鮮人ではなく左派日本人が言う「ネトウヨ批判」も一理あると思う。

 もう大人でさえ君が代を歌えないのだ。
 その意味を知らないのだ。意図的に教えられていないというのが正解だが。
 なにより、「我が国」を「この国」と言う国民なのだ。「国史」ではなく「日本史」なのだ。ワタクシがブクブクに膨張しすぎて国でさえもう他人感覚なのだ。何が「絆」だ。

 ガラガラポンで済む話ではない。
 こんな工作員(教師)どもを放置してきた我々の責任だ。
 敵に付け入る隙をさらけ出しすぎた。死んでからでは遅い。いやもう遅い。

 我々は日本をここまで窮地に陥れたのだ。
 日本を変えるとき、こういう工作員どもを道連れにすることでぼくらのようなアホでも責任の少しを取ることができるかもしれない。
 今のうちに近くにいる工作員に目星を付けておこう。驚くほど沢山いることに驚愕すること請け合いだ。
 もちろん、もっと上手く責任を取る方法があるという方はそれを広く世間に広めて欲しいと思います。そっちのほうがマシかもしれませんので。

■絶対

死刑回避、改めて訴え=光市母子殺害で弁論―弁護側「未熟な少年」強調・最高裁(時事通信)

 山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死などの罪に問われ、差し戻し控訴審で死刑を言い渡された当時18歳の元少年(30)の差し戻し上告審弁論が23日、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)であった。弁護側は「母性に甘えた未熟な少年による犯行だった」と改めて死刑回避を訴え、結審した。判決は年度内にも言い渡される見通し。
 弁護側は、それまでの主張を全面的に翻した差し戻し控訴審と同様の弁論を展開した。
 遺体の傷痕の鑑定結果などから、被告に殺意はなく、傷害致死罪にとどまると改めて主張。供述を翻した理由は、二審までは幼すぎる被告を心配した当時の弁護人が、事実関係を確認していなかったためだとした。
 その上で、新供述の方が客観証拠と符合していると指摘し、被告は更生可能で、死刑判決を破棄して改めて審理を高裁に差し戻すべきだと訴えた。
 検察側は「犯行の動機や態様が極めて悪質で、死刑を回避すべき事情はない」として、上告棄却を求めた。

 

 これ、色々と何パターンか書いてみた。
 感情的にキチガイ連発になったパターン、すこし押さえてキチガイ少な目のパターン、キチガイサヨクだけを非難したパターン、キチガイ弁護士罵倒の方向へいったパターン。
 何にしろ、登場するのは犯人のクソ餓鬼含め多くがキチガイだ。それしか形容の仕様が無かった。
 結局時間の無駄になった。


 結論は一つしかない。

 死刑だ。

 絶対。

■アホポッポより真剣に「命を守りたい」なと

譲り受けた子猫、翌日殺す…男を詐欺容疑で逮捕(読売新聞)

 子猫を殺す目的でだまし取ったとして、神奈川県警麻生署は24日、川崎市麻生区岡上、自称会社員広瀬勝海被告(45)(動物愛護法違反で起訴済み)を詐欺容疑で再逮捕した。

 譲り受けた動物の虐待を巡って詐欺容疑を適用するのは全国的にも珍しいという。

 発表によると、広瀬被告は2011年11月、猫の新しい飼い主を捜すインターネット掲示板で知り合った東京都調布市の女性(52)から、虐待して殺傷する目的なのに育てるとうそを言い、雄の子猫1匹を譲り受けた疑い。子猫は引き取った翌日に、自宅近くの川へ投げ捨てて殺したという。調べに対し、広瀬被告は「かわいがる振りをした」などと供述し、容疑を認めている。

 広瀬被告は昨年11月、子猫計3匹を殺したとして動物愛護法違反(殺傷)容疑などで逮捕・起訴された。


 悪い奴もいるもんだまったく。
 子猫を「川へ投げ捨て」るて。心の闇とか人格形成がどうたらとか、そういう問題ちゃうで。
 はじめから「悪」なんやでこういう人間、いや人型生物は。
 これまでの45年で、ほかに悪いことようけやらかしとるで。ほんま悪いやっちゃ。


 ウチ、結構前からネコを飼おうと嫁と相談を続けています。
 マンション暮らしで共働き、日中をほとんど留守にすることになるからなかなか踏み切れません。更に趣味が旅行という・・・
 飼いたい気持ちだけが先行してネコに寂しい思いをさせる(特に子猫の場合は)のは忍びないと、飼わないほうが良いのではないかと逡巡しています。

 里親募集のサイトもしょっちゅう巡回してますし、保護センターに一度見学に行こうかなとも考えています。
 十数万する血統書付きにはまったくこだわりはありません。基本的に買うという行為で飼おうとは思っていません。可哀想なネコの数十万分の一を引き取るというスタンスです。

 とはいえ、色々と考えてもやはり日中無人になるという障害が大きい。
 日中無人の間、檻の中(ゲージと表現を和らげてもネコにしたら同じ)で10時間近く過ごさせるのはやはり酷。
 2匹同時に引き取るという策もあるが、どうにかその無人期間の良い解決策はないか。。。

案外ネコ絵て持ってない・・・

■通勤日誌

 この前、通勤電車内であることに遭遇しました。

 突然、おっさんAが横にいるおっさんBに「見んなや」と大声を上げたのです。

 なんてことはない、ケータイの画面をちらりと見られたので怒ったという話。
 ついでにおっさんAの顔にも一瞥をくれたらしい。汚い顔だ。
日本列島ズタズタ作戦

 近年多発している、和を破壊する非日本人と和を破壊された日本人の争いです。
 もちろんケータイ弄くるしか脳のないおっさんAが非日本人で、確かに覗き見なんて下品だけど和を破壊した行動に無言の抵抗をしたおっさんBが日本人です。

 拙ブログでは圧倒的におっさんBを応援しています。
 そのときも「お!おっさんBやってまえ!」と勝手に興奮しましたが、残念ながら次の駅でおっさんAが降りてしまいました。

 もしあのままいさかいが続いていくと電車を止める事件になるんでしょうな。
 つくづく、非日本人=ケータイ弄くるしか脳のないアホは迷惑な連中です。いい加減もう撃って良いと思います。


 そもそも見られて嫌なもんなら、人前で弄くったりすんな。
 ミニスカートはいて「パンツ見るな」と逆切れする露出狂と同じ程度やないけ。

 ケータイ自体が「ワタクシ」のひけらかし。
 そんなん弄くりながらプライバシー云々など100年早いと思う。裸で歩いてんのと同じ。サルと同じ。
 まず人間に戻れこのドアホ。
 身勝手な電波飛ばしまくって何がプライバシーじゃ。何が自由じゃ。

 と「文春文庫山岡鉄舟第三巻」を読みながらサルに一瞥をくれるぼくでした。

■○○予告(最近流行り)

 もう本当に危険。

 何がって自分がです(笑)。

 昨日もスマホ見ながら下向いて歩く生き物と衝突、危うく死にそうになりました。
 まあぼくが殺してしまうかもしれないんですが。

 一体全体、一日何人に「前見て歩けこのボケ」と言わなければならないのでしょう。
 間違いなく、事件を起こしそうです。ギリギリです。
 最近、特に危険な香りがします。

 民主党に投票するような頭スカスカどもにケータイなんぞ持たせるな。
 アホに決まってるんやから100%宝の持ち腐れや。

 あー撃ちたい(爆)
おまえはもうしんでいる




 ちゅうことで、本当に危険なので3日ほど温泉に浸かってきます。
 山口市湯田温泉です。
 山口のみなさま、どうか前を向いて歩いてくださいね。

■正直街道まっしぐら

昨年末、「母に会いたい」=800人で李受刑者を捜索―広島県警(時事通信)

 広島市中区の広島刑務所から、殺人未遂罪などで服役中の中国籍李国林受刑者(40)が脱走した事件で、同受刑者が昨年末、刑務官に「母に会いに中国へ行きたい」と話していたことが12日、関係者への取材で分かった。広島県警は約800人態勢で行方を追っている。
 関係者によると、李受刑者は昨年末、妹からの手紙で、中国にいる母親が心臓病を患っていることを知った。同受刑者は刑務官に「母に会いに行きたい」と話していたという。
 一方、県警には「下着姿の男が刑務所近くのマンションに入り、別の服を着て出て行った」など、50件以上の情報が寄せられているが、李受刑者の行方に直接つながるものはなく、同受刑者が関係したとみられる窃盗などの被害も確認されていない。県警は新たに、写真と似顔絵、逃走時に身に着けていたものと同種の下着と靴の写真を公開した。同受刑者の左頬には約10センチの刃物で切ったような傷痕がある。

 

 散々悪事働いといて何ゆうとんねん。
 その時点で親不孝すぎるやないけ。残留孤児やゆうたかて中身は中国人、儒教イデオロギーでは親は何よりも優先されるんやろ。
 そやったらそんな悪事働いて親悲しませるようなことすんなアホ。
 悪事に日本人も中国人もない。大目に見ろとか言うキチガイは頭入替えろ。
 まあ中国人の悪事は強烈やけど。。

 それにしても日本の治安はぐっちゃぐちゃやなあ。
 オウム連中もどうやら地下で張り切っとるようやし、ドラゴンかなんかしらんが中国人の犯罪組織も今回盛大にお働き頂いたやろ。どう考えてもお膳立てができすぎ。
 おまけに北朝鮮の工作機関である朝鮮総連や敵国韓国の民潭まですき放題やらかしとる。平然と生活しとる。
 更に内輪からもキチガイサヨクが内部かく乱のため、日々奔走しとる。

 恐ろしい日本になってもたもんや。
 こんだけ敵が気持ちよう活動して我々一般市民が不安でしょうがないってのに、まだまだ犯罪者をウェルカムしとる。敵に権利も献上しまくっとる。なんと参政権まで頂いてもらおうとしとる。
 もう度を越して狂気の沙汰。本人は良い人ぶって頭イってしもとるんやろうが、正真正銘の敵になってしもとる。
 イってしもてるもんやさかい、これが愚民政策の結果やちゅうことも自分のみ至上主義で洗脳された日本人は認められんやろ。そのうち火病でも発症するんとちゃうか(失笑)。

 これはえらいことになりよるで。
 敵は敵としてはっきり白黒つけなアカンのやろな、そろそろ。
 甘ちょろいことしてたら、あんたらの子もえらい目にあうで。
 自分だけの問題とちゃうんやで。
 絆が大事なんやろ?
 敵にも絆か?アホくさい。


 お!
 この鬼畜中国人、つかまったようです。
 広島県警の面子もあるしね。

 もしこのまま捕まらずに逃走を続け、そのうち人を殺したらキチガイサヨクはどうしてたでしょうね。
 鬼畜中国人の人権を守れてやるんでしょうね。鬼畜の事情も理解しろとのたまうんでしょうね。

 自分の身内を献上しろっての。女の子作って年頃になったら貢げっての。


 しかしまあいやあ良かったよかった。
 どうせならどさくさて射殺しても良かったのに(正直すぎるぼく)。

■さっさと消えろよ

大阪府教師「君が代不起立でクビでもいいという教師は多い」(週刊ポスト)

改革には痛みを伴うというが、大阪では本当に流血の事態を迎えるかもしれない。橋下徹・大阪市長が唱える教育改革に真っ向から抵抗を続ける学校教師たちは、3月の卒業式での「君が代斉唱時の起立」阻止に向け、実力行使も辞さない姿勢を露わにし始めている。

松井一郎・大阪府知事は、就任会見で教育基本条例案の早期成立を明言している。2月に条例案が府議会と市議会に提出されれば、「効果」がまず最初に試されるのは、その1か月後に控える府立校の卒業式だ。そこで一部の教員による実力行使が起きる気運は高まっている

「大阪市教委は式典での国歌斉唱にピアノ伴奏を強制しており、それに悩む音楽教師が多い。そんな中で条例が成立すれば、教師たちは恐怖に怯え、さらに精神的な圧迫が強まることになる」(『日の丸・君が代』強制反対ホットライン大阪・井前弘幸氏)

文科省調査によれば、2009年度中にうつ病などの精神疾患で休職した教員は全国で過去最多の5458人。教員に占める休職者数の割合を示す「休職者出現率」は、大阪は沖縄に次いで全国2位。政令指定都市では、大阪市が1位、堺市が3位と群を抜いている。

「そうして精神的に追い込まれた教師や、その姿を見た同僚教師が粛々と卒業式の国歌斉唱で起立するとは思えない。“何が何でも君が代斉唱を潰す”と息巻く教師もいるだけに、せっかくの子供たちの門出が暴力的な行動で台無しにされるかもしれないと心配しています」(元府立高校長)

東京の都立高校の元教諭で「不起立のジャンヌ・ダルク」と呼ばれた女性のケースでは、こんな異様な光景が見られた。

「不起立を続けて迎えた2008年の卒業式、この女性教諭は“今日も不起立なら免職処分か”といわれていました。しかしその日は、小中学校合わせて25人の卒業生しかいない養護学校に、数十人もの支援者が詰めかけ、『君が代不起立』『日の丸・君が代強制反対』といった物々しい横断幕やゼッケンが掲げられた。

生徒や保護者らの戸惑いの中、女性教諭は支援者に歓声と拍手で迎えられ、不起立を貫きました」(当時の様子を取材したフリーライターの山田祐氏)

「教育は2万%強制」といって憚らない橋下市長による「君が代強制」となれば、インパクトはこの比ではない。2000校・約5万人に及ぶ府立校とその教員の間で同時多発的な“意思表示”が起きれば、想像し得ない大騒動が予想される。すでに「実力行使」計画は進んでいる。

「国歌斉唱の際の不起立運動を組織的に呼びかける動きは、府教委の監視が厳しいためにやりにくくなっている。しかし、議会の始まる2月には、府庁と市役所を教職員と支援者で包囲する大規模集会を予定している。条例阻止を最後まで訴えたい」(前出・井前氏)

“その先”について、大教組に加入する府立中の中堅教師は不気味な予言をする。

「2月までは条例案の修正・撤回の呼びかけに力を尽くすが、それでも橋下や松井が議会提出するようなら、3月の卒業式で多くの教員が反発的な態度に出るのは間違いない。具体的な方法はまだ決まっていないが、いずれにしても世論に大きな影響を与える方法でなくてはならない。

何人かの教師が不起立で抵抗するくらいではニュースにもならない。“クビになっても本望だ”という教師が少なくないことを橋下は思い知るはずだ」

民意をバックに強気の攻勢に出る橋下氏の“正義”と、劣勢になりながらも信念は曲げない教師たちの“正義”――。その衝突は、流血の事態が避けられそうにない。


 中身はなんてことない。
 教師を騙るキチガイどもが好き勝手ほざいてるのを、反橋下風潮に印象操作して記事にしたという内容。
 多くは人間関係に起因するだろう「精神疾患」の原因も橋下のせいにしようとも読める。
 週間ポストがどういう雑誌かは知らないが、こんな記事でまさか売り上げを伸ばそうとしているなら、なんとか龍ではないがそれこそ「終わり」だ。

 読むこともない(そもそもこのブログもそうなのだ)が、ただ一つはっきりしていることは、こいつらキチガイどもは「学生」を無視している、ということ。まったく教師を名乗る資格もクソもない。
おめえは図に乗りすぎた

 どんどん、「君が代不起立でクビ」になってください。
 公立学校にあなた方は必要ありません。
 自由に「私」で塾でも開いて好き勝手ほざいて下さい。

 もし人々が共感するならその私塾は大盛況でしょう。その「信念」なるものが理に適っているのなら、ぼくも素直に頭を垂れましょう。
 でもそうではない。現に記事でも橋下が「民意をバックに」と書いてある。

「流血」も覚悟しているほどなら「クビ」なんて怖くいないはず。
 命は地球より重いと言うのなら、さっさと辞めてワタクシの教えを「公」ではなく勝手に「私」やりやがれ。
 貴様らがキチガイ風をふかすから「強制」にされてしまったのだ。わかっているのだろうか?

 そもそも「強制」の必要などなかったのだ。

 拙ブログもこのようなキチガイ(自称)教師がいなければ「強制」には反対だ。
 だが、キチガイがウヨウヨいるなかでは、仕方なく「強制」を受容するしかない。

「強制」の責任も教育の荒廃も責任は全てキチガイ教師にある。
 心が日本人ではなく恥を知らぬだろうから自らを処せとは言わない。責任を取って「クビ」になれ。キチガイを晒せ。そうして初めて、おのれを知れ。

 罪が重すぎるのでその後なんて知りません。
 勝手に野垂れ死んでください。それも「自由」です。

 まそれならそれで本望かもしれんけどね(失笑)。

■あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年こそ、日本にとって良い年にしたいですね。


良いなあと思った画像

サッカー関係ですが、愛に満ち溢れています。

ちなみに、GW熊本に行く予定です。


それでは今年もよろしくお願いします。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。