■2012年05月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■越南旅行邂逅85

今日から1泊のハロン湾ツアー


まずは早朝のホアンキエム湖周辺。いますいます


朝もはよから多くの人が歩いたり体操したり


一方ちょっと町に戻ると行商のおねいさんがたくさん


どうやら時間で移動しないといけないらしい


宿でバイキングを食べてチェックアウト


お天気は思わしくないようで。。。


越南旅行邂逅86へ続く
スポンサーサイト

■当たり前なので話を変えます

日の丸「損壊罪」創設=刑法改正案提出へ―自民(時事通信)

 自民党は24日、日本を侮辱する目的で日の丸を傷つけたり汚したりした場合に処罰できる「国旗損壊罪」を新たに盛り込んだ刑法改正案を、今国会に提出する方針を固めた。25日の党総務会で了承した上で来週にも提出する。

 
 もちろん外国人にも適応するんやろな。
 さっさと改正して、特別な外国人にも厳格に適応して欲しいもんやでしかし。


 話変わるけど、ずっと前から思とったことがあります。

 町中よく外国の店(料理屋でも雑貨でもブランド品でも)見かけますね。
 例えばイタ飯屋、イタリア国旗掲げてますが日の丸は無い。

 なんで?

 自分だけマンセー&反日洗脳された日本人ではなく、イタリア人経営としよう。
 とすると日本という外国で商売するんやったら相手国の尊重は必要なんとちゃうか?

 ぜんっぜん見いひんな。
 一度ミナミのアメリカの服屋やったと思うが、入り口に日の丸と星条旗を掲げてたな。
 あれは好感度高かった。

 日本に対して敬意を表してるんやなと思って店に入ってみた。
 もちろんそない結構なモン買えるわけないけど、店に対して好感は持てた。

 でも他の国ではほとんどみない。
 インド料理屋とトルコ料理屋の店内で見かけたくらい。

 他はどうなってる?
 特に中華料理と朝鮮料理(ちゅうか焼肉屋)。あんたら日本に敬意払ってるか、いやいやそもそも敬意を持ってるか、いやその前に相手に敬意を払うという気持ちがあるか?

 無いとしたらそれはなぜなのか、どうして無いのにココにいるのか、どうか説明して欲しい。
 その理由は日本人に受け入れられるのかどうか、そろそろ公表して欲しいもんだ。

 ちなみに捏造ネタの代表格「強制連行」は通用しませんよv(^^)v

日本が嫌いなら出てけ

■穢れは根から絶て

外国人参政権付与 民主議連が活動再開へ

 日本に居住する永住外国人への地方参政権付与を目指す民主党の議員連盟が30日に政権交代後初めての総会を開き、活動を再開させることが24日、分かった。議連は野党時代の平成20年1月に発足し、参政権付与を求める提言をまとめたが、党内で異論が相次ぎ、21年衆院選の政権公約(マニフェスト)には盛り込まれていない。



 まだやんのかゾンビどもめ。
本当に汚らわしい人間だわ

 次の落選はまず決まりなんであせっとんねんやろ。
 敵(民主党を支持する外国人)から「はよせい」と突付かれとるんやろ。ホンマの売国奴ちゅうのはこういう連中のことを言う。

 その売国奴リストはこれだ。
 これでもまだ次回こいつらに投票するヤカラどもは八百万の神の祟りによって腐って死んでいくだろう。

 ちゅうてもまあ既に腐っとるからなあ(笑)日本的に見れば完全に穢れ。
 生物的に死んでもらうのはちょっとアレやけど(正直言うとそれがベスト)、政治的には死んでもらわんといかん。もちろんそのシンパも同様やで。


 そういや大阪の民主党現役議員の映像YouTubeで見たなあ。
 なんや、民潭の会合でヘコヘコ頭下げて「みなさまのお陰で当選できました」とか言うとったなあ。
 選挙権のない連中の「お陰」て、なんかええモンもろとんちゃうか?え?くまだよ?

 どっちゃにしろ、民主党なんてもんは日本人の生活なんかどうでもええちゅうのがよくわかろう。
 ええ加減みんな分かってるやろと思うけど、多くの民主党議員(工作員としてもええで)のバックにおる薄気味悪い敵(多くは中国人、朝鮮人だ)の排除のことも真剣に考えたほうがええでほんまに(^^)
 穢れは根元から絶たんとなんぼやっても同じやで。

■こういうのは拡散したほうが良いと思う

<サンデー時評>日本政府は「礼」を欠いていないか(サンデー毎日)

 ◇岩見隆夫(いわみ・たかお=毎日新聞客員編集委員)

 ほう、そんなことがあったのか。とても信じられないような話だった。

 たまたま、特定非営利活動法人・水エネルギー研究所(東京都北区)の名古屋貢理事長(六十二歳)にお会いしたのが始まりである。世界の水資源の危機に取り組んでいる研究所だが、そのこととは関係ない。

 名古屋さんは、

「実は去年の震災(3・11東日本大震災)で、台湾の方たちが被災地に直接出向いて、約五十億円の現金をお見舞いに配ったんです。被災者のみなさんは大変喜ばれたと聞いてます。ところが、日本政府は感謝状一枚出さない。マスコミもまったく報道しない。私、許せないんですね。日本はいつからこんな礼節を忘れた国になったんですか」

 と憤慨して語ったのだ。突然、五十億円と言われても、われわれ庶民にはイメージしにくいほどの巨額である。かつて東京都府中市で起きた現金強奪事件(一九六八年)が三億円、田中角栄さんのロッキード事件(七六年)が五億円、いずれも大騒ぎだった。本当に五十億?

 しかし、話を聞いてみると、実話である。名古屋さんは震災が起きた時、

〈何ができるか〉

 と思いをめぐらせた。お金を配るのがいちばんいい。それもすぐに、だ。お金さえあれば、下着でも買える。食べものでも当座ほしいものが手に入る。これをまずやらなきゃ、と考えたが、自分の手元にはない。

 名古屋さんは、かねてから昵懇の台湾経済界の実力者、台湾区帽子輸出業同業公会(台中市)の廖松岳理事長(五十六歳)に電話を入れ、その趣旨を訴えた。震災発生の数日後である。しばらくすると、廖さんから電話があり、

「お金を配ることになったよ」

 という返事だった。

 廖さんと関係の深い台湾仏教慈済基金会と共同で支援活動を始めることになったという。最初の〈志工〉(台湾でボランティアのことを言う)グループが東京入りしたのが昨年五月、基金会日本分会のメンバーも加わり、貸し切りバスで現地に向かった。学校、公民館、文化センター、体育館などで、罹災証明を持参した被災者すべてに、封筒に入れた見舞金(一人四万円から七万円、平均五万円)を手渡したのである。

 支援活動は十二月まで十回に及び、岩手、宮城、福島三県の主要市町村で九万六千七百七十六世帯に配られた。動員された〈志工〉は延べ四千二百八十三人という。市町村別の見舞金配布状況も資料として残されている。最多は宮城県東松島市の一万二百八世帯、五億四千七百四十二万円、最少が岩手県の最北端、洋野町の二十七世帯、百三十五万円。

 ◇直ちに、現地で配る台湾方式に被災者感激

 さて、五十億円はどこから調達され、なぜ配られたのか。台湾の仏教団体〈慈済〉の機関誌によると、

〈私たちは被災者の方々を家族の一員と考えています。家族が苦しんでいる時、もっとも直接的な助けとなるのは見舞金です。お金があればすぐに必要なものを買いに行けますね。このお金は世界三十九の国の慈済人たちから愛情を込めて寄せられたものです〉

 という。

 とにかく、日本赤十字などに集まった義援金の配布がもたついたのにくらべ、直ちに現地に乗り込む台湾方式の機動力はみごとというほかない。被災者からは感謝の手紙が多く寄せられた。

 当時の模様を被災地出身の国会議員に尋ねてみた。

「ええ、私、目の前で見ましたから。列をつくってみなさんもらっていた。ありがたかったと思いますよ。だれでも知ってることです」

 しかし、メディアが報道しないから、大きな額の見舞金をいただいたのを、被災地以外の人は知らなかった。

「それは宗教団体だからですかねえ。ちょっとわかりません」

 現地のメディア関係者にも聞いた。

「気仙沼市には少なくとも二回来ました。事前に市の広報紙で予告したから行列つくって。記事にしなかったのは、善意とはわかっていてもお金の出所がはっきりしないのと宗教がらみで、触りにくいというか、放置した形になったんでしょうね。地元紙も報じていない。台湾、金あるなあ、なんて言い合ったりしたけど……」

 こうして、五十億円という超大型の見舞金支援は新聞、テレビで紹介されることもなく、忘れ去られようとしている。それでいいのだろうか。

 再び、仲介役になった名古屋さん。

台湾側から『お礼を言ってほしい』と催促されているわけではまったくない。あれきりです。しかし、私としては、ちょっとやりきれない気持ちですね。政府や民主党関係者にも何人か会って頼んでみたけど、反応がない。日本人は忘恩の国民になったのか、と思ってます。

 台湾側は日本のことにいろいろと気を配っている。去年も八田さんの公園を造ったりしているのに」

 八田與一さん(一八八六-一九四二年)は生涯を台湾の水利事業に尽くした日本人技師である。戦前、南部の嘉南平野に当時アジア最大の烏山頭ダムを建設する難工事を十年かけてやり遂げ、いまも平野は有数の穀倉地帯として潤っている。

 昨年、馬英九総統の提案で台南市に〈八田與一記念公園〉が造られ、開園式には日本からも八田さんと同郷の森喜朗元首相が出席した。命日には毎年、墓前で慰霊祭が催されるという。

 ところで、五十億円の問題を書こうか書くまいか、私は正直迷った。書くことにした理由は二つある。一つは〈メディアと宗教〉のあり方で、メディアは特定宗教に利用されるのを気遣って極端に自己規制してきた。しかし、それはもう古い。宗教団体の内情をよく研究し、知らせるべきは知らせたほうがいい。五十億円問題はそれにあたる。

 二つ目は、仁・義・礼・智・信という伝統的な道徳律のすたれ、特に礼。名古屋さんの不安はよくわかる。

<今週のひと言>

 ツリーのあとは城だ。江戸城再建。


 メディアと自称する連中のやっていることはご覧のとおりだ。台湾の方々の行動を目の当たりにすれば心動かされるはずのだが、既に敵に心を売り渡している連中のやることはこういうことだ。
 政府が「「礼」を欠いて」いるのも当然。民主党、いや自民党でも同じようなモンだったろう。選んだのは日本人だ。

 はっきりしておくことがある。
 
 日本人が既に「礼」など持ち合わせていないという事実だ。
 クソサヨクの導く「解放」に嬉々として協力しているという事実だ。

 知らんぷりするな。あんたのことだ。

 恥ずかしいなと思えるそれこそ「最後の良心」があるなら、やることは決まっている。
 そしてそのコトもすぐ分かるはずだ。

 ちなみにスマホ弄くるしか能の無い人間にはその応えは永遠に分からない。

■そういう雑誌だとはわかってはいるんですが(笑)

千葉・松戸で憲法記念日の集い――大江さん「人間のモラル」強調(週刊金曜日)

「2012年松戸憲法記念日の集い」(主催・実行委員会)が五月三日、千葉県松戸市で開催され、大江健三郎さんの「ひろげよう!憲法9条 不戦の誓い…ノーモア ヒロシマ・ナガサキ、そしてフクシマ」と題した講演会は、一三〇〇人を超える来場者で賑わった。

 大江さんは「五月三日は自分たちが戦争という過ちを犯したことを国民全体が認め、それを世界に宣言した日。憲法は私にとって大切なもので、これによって未来が開けた」と、日本国憲法と自身の結節点を語った。  

 また、昨年の東京電力・福島原発事故については「少なくとも一〇年、原発を再稼働させないという法律を作る必要がある。この一年、再稼働への動きを私たちは押し戻してきた。日本の民主主義は決して弱くない。再稼働を歓迎するのは政界や経済界、官僚、それに米国だけ」と、再稼働を急ぐ民主党政権を批判。「次の世代がこの地球上で生きていくことを妨げないことが人間の根本的で最大のモラル。すべての原発を停止すると不景気が少し長引くかもしれないが、今を生きる私たちが担えるものを引き受け、次世代への重荷を軽減させましょう。自分の一生を考えると、今一番大きな変化を迎える時代を生きていると思う。あきらめていては何もできない。一人一人が声を上げることが大切」と呼びかけた。

 憲法で保障された教育を受ける権利を奪われているとして、松戸自主夜間中学を運営する「松戸市に夜間中学をつくる市民の会」が始めた憲法記念日の集いも、今年で二九回目。実行委員会には七三の市民団体が参加した。

 今年初めて参加したという一児の母親は、「原発事故をきっかけに、誰が私たちを守ってくれるのか考えた。それは憲法だと気付いた。憲法は難しいと思っていたが、私たち生活者が主権者であり、主役なんだと知った」と話した。

(吉田敬三・フォトジャーナリスト、5月11日号)


なんでやねん!!

 自分の足でロクに調べもせずに偏ったイデオロギーで事実と思わせるような嘘八百の作文書き、日本人に対して「罪の巨魁」なるおどろおどろしいネーミングを用いて罵倒し、多くの人生を大きく狂わせたその張本人に「人間のモラル」などといっちょ前に言って欲しくない。
 大江健三郎こそ、「人間のモラル」の対極に位置する人間だ。困ったことに日本人であって、作文の巧さは認めるが。。。

 こんな死にかけの嘘つきまで引っ張り出して、あいもかわらずヒダリ臭い芝居を沢山の人間が演じとる。
 一児の母なる人物は「誰が私たちを守ってくれるのか考えた。それは憲法だと気付いた。」とのたまう。

 おいおい。まったくおいおいだ。
 9条があっても、津波・原発から何も守ってくれへんぞ。あの映像見てわからんのか。
「考えた」とは一体何を・・・一児の母ということは最低でも17,18歳だ。まあ(十代に限らず)日本人の多くは自分一番キチガイ教信徒やからアホなことを言うのは既にデフォルトやけど、「考えた」上でその結論に達している。
 これはもう救いようが無い。
 意見は意見としてあって言いと思うが、その思考の回路が理解できない。「我々を守るのは憲法」だと考えるその、別にヘリクツでもええけども、それがまったくわからん。
 日本人が手を出さんかったら他の世界は誰も悪無いてか?どんだけ日本人をコケにしとんねん。
 自分だけはちゃうてか?どんだけ他人をコケにしとんねん。


 いったい9条が守るのはなんや?
 通り魔から守ってくれんのか?
 外国の工作員から守ってくれんのか?
 戦争から守ってくれんのか?
 だったらチベットにもウイグルにもべトナムにも、そしてあんたらの大好きな中国にも、大嫌いなアメリカにでもおすそ分けして差し上げたらどうや?
 ソマリアの人や東ティモールの人、セルビア、イラン、イラク、クウェートの人々に、9条が無いから戦争になったんですよと言えんのか。それは逆に殺されても仕方ないくらいの侮辱やぞ。

 一体この連中は何を守るんやっちゅうねん。

■越南旅行邂逅84

これ終わらせないとなんとなくむずかゆいから・・・


今度は豚まん(一般には肉まん?)を買い食い


でまだまだみやげ物を物色


そこいらの壁にプリントしてあったこれは?ケータイ番号?


ぶらり中にみつけたこの店がまた旨かった


↑のコーンスープもこのチャーハンも


この青菜の炒め物もバリウマ(ビールもすすむのだ)


越南旅行邂逅85へ続く

■越南旅行邂逅83

本人も忘れていた頃に復活(^^;;


昼飯はマンゴーシェイクと


ハンバーガー。なんといってもパンがうまいから。


白人様のお通りだい


人気らしいチェー屋さん


女の子、ではなくチェーの具のアップ(^^)。缶は練乳です


おやつのあとはみやげ物の買い物(これはネクタイ)


越南旅行邂逅84へ続く

■南京の話を続けろよ(続々・ええねん)

入れ墨よりやる気が大事=河村名古屋市長(時事通信)

 名古屋市の河村たかし市長は17日の記者会見で、大阪市が職員の入れ墨の有無を確認する調査を行ったことに関連し「やる気があることの方が大事だ」と述べた。市職員の入れ墨については問題にしない考えを示したものだ。
 市長は「職員になってから入れ墨を入れるのは公務員としての倫理観があるので遠慮してほしい」とした上で「改心した人で入れ墨が入っている人は採用してはいけないのか」と強調した。


 あんなあ、やる気があってもアホやと余計迷惑やねんけど。
 あんたの元同士アホポッポ見てみい。やる気満々のアホそのものやろ。

 そもそもその「やる気」は仕事のやる気ではなく、紋々入れていちびるやる気でしょうが。
 そんなんは排除してええねん。

「改心し」ても、紋々入ってるアホは消してから来いと言えば良い。
 消せん紋々なんか、そんなもんわかって入れとるんやろ。子供やあるまいし。
 一生後悔するかもしれんのにいちびるからそうなる。そんな思慮の浅いもん使う余裕あるかいな、今の日本に。

 現実見せて痛い目にあわさんといかん。そこから這い上がって来いと、それでええやんけ。
 カスの分際で調子のった代償やで。周りの多くに迷惑かけとることもわからんアホな連中や。自分が一番と思とる恥ずかしい連中や。好き勝手やることが、世界に一つだけの花になることと思とる救い用のない連中や。
 才能ある、いや本気でやり直そうとするんやったら公務員でなくともできる。やってみせてみいよ。

 紋々入ったアホは公務員には採用してはならない。
 現在入ってるアホもクビ。しかも今日付けや。


 それでええねん。

■続・ええねん

ガガもデップも「市職員お断り」橋下市長、入れ墨問題で 最多環境局は半数以上が「採用後に彫った」(1/2)

 大阪市の全庁調査で職員110人が入れ墨があると回答した問題に絡み、橋下徹市長は17日の定例記者会見で、米人気歌手のレディー・ガガや俳優のジョニー・デップがファッションとしてタトゥーを入れていることを引き合いに「有名人もタトゥーを入れているが、好ましくないのか」と問われたのに対し、「もしガガさんやデップさんが市職員になるといったら、断りますよ。俳優や歌手だからみんなに支持される。市職員(の試験)を受けるわけないとは思うが」と述べた。

 橋下市長は「僕だって(大阪府)知事になる前までは髪の毛も茶色で、偉そうなことは言えないが、市長や知事になるとなったら黒く染めるわけですよ。公務員だし、税金で飯食うわけだし、人に命令だすわけだから。それは違うだろうということですよ」と指摘。「入れ墨(の是非)は個々人が判断すればいいが、公務員は違う。そこは許されない」と結論付けた。

 一方、全庁調査で入れ墨をしていると回答した職員が部局別で最多の73人にのぼった環境局で、約半数は別の調査で採用後に入れ墨をしたと答えていたことも分かった。会見で橋下市長は「何でそういうことを平気でできるのか。職場の風紀は(相次ぐ)不祥事の問題に影響している」と憤った。

 環境局によると、全庁調査に先立つ今年2~3月、市民からの投書などを受けて、局職員約3200人を対象に独自に任意調査を実施。この結果、69人が入れ墨をしていると回答し、うち半数が採用後に入れたと答えたという。

 ワンポイントのタトゥーが大半で、花や骸骨(がいこつ)、羽根、稲妻などの絵柄を数センチ四方の大きさで上腕部に入れているケースが多かった。一方で、約30センチ四方の唐獅子模様を背中に入れている事例もあったという。

 入れ墨をした理由については「若気の至りだった」「友達がやっていた」など、深く考えないままファッション感覚で入れたとの回答が多く、後悔や反省の気持ちを示す人も。環境局では入れ墨を消すよう指導しており、これまで数人が医師に相談したという。


 アホ丸出しどもの続き。

 まず、「有名人もタトゥーを入れているが、好ましくないのか」という質問をしたやつ。誰かは知らんけど、質問する立場から即刻去ることを強くお勧めする。
 程度の低さ丸出し。刺青野郎ども(めんたもおるやろうけど)と同じレベル、いやそれ以下。
 こんなアホは一度痛い目をみたらええねん。

 ついでに、橋下上手いなあと紋々の是非をアジテーションとして扱う連中もちらほら。
 上手いのは上手い。けどこんなんアジテーションとはちゃうやろ。
 アカンからアカンのや。自由にアカンことするんやったら、そら痛い目見てもらわんとアカンやろ。多くの人に不快感を与えるのは他人の自由を奪ってとることに他ならん。足らんのはそれを個人の自由と権利が凌駕してると決め付けているから。個人自由万歳アーヴィバヴィバ。
 そんなことをほんの数十年続けた結果がこのありさまや。日本人はアホばっかりになった(何度も証明しているが民主党が与党第一党)。
 そらアカンやろ。


 そいでもって自らをアホだと公言している刺青バカども。なんと「採用後に彫った」のも多いという。
 こういうアホを採用したほうもアホだ。だから赤字が続き、市内、いや府内、いやいや国中アホだらけになる。
 まとめて掃除(龍馬風にいうと「洗濯」)されてしもたらええねん。少なくとも日本の為になるんやからすすんで消えてもらいたいけど、個人キチガイはそうはいかんから強制、こいつらの嫌いな強制で消えてもろたらええねん。


 全ては自由と権利でガキどもを甘やかすことが原因だ。
 親の最低限の資格すら備えていないアホがこういう自由に紋々を入れるアホを作り出す。
 ちんちくりんの教育がそれを助長し、自由と権利でお墨付きまで与えている。

 ほんとうにおしまいは近い。
 これは実感であると、多くの人は感じているはずだ。
 正直言って橋下さんのやりかたでも甘い。アホは加速度的に、というかほとんどの日本人は既にアホになっている(何度も証明しているが民主党が与党第一党)。増やす作業も当然だが、消す作業も、是非やって欲しい。


 それでええねん(と思う)。

■ええねん

大阪市の入れ墨職員「気質を象徴している」 作家・溝口敦氏

ノンフィクション作家の溝口敦氏の話

 「入浴やゴルフ場のお断りなど、入れ墨の否定は社会的に認識されている。他の自治体とは比較できないが、今回の結果では入れ墨をしている職員の割合が高いように思え、大阪市職員の気質を象徴している。入れ墨によって示される気質が、公僕としてふさわしいのかという問題がある以上、市として降格といった罰則などを決めてもよいと思う」


 降格、追放、大賛成。

 アホはアホの世界でのたれ死んだらええねん。
 若いうちから自由だ自由だ好き放題やらかしてんねんからそのまま自由に死んだらええねん。
「私」が自由(自分勝手)に「公」に入ることなど無礼千万。
 わきまえも知らんアホどもはそのまま「私」のまま自由に死んだらええねん。本人が自由に選んだ道や。誰も邪魔せえへんわい。自由万歳じゃ。

 しかしまあカタギの人間が何を調子こいて紋々なんか入れとんねん。
 自由キチガイ教の信者そのもんやんけアホ。宗教キチガイがファッションなかんか知らんが、いちびりもほどほどにしとかんとあかん。
 まして「公」務員でそんなことやってええんかあかんのか、宗教に洗脳されてない普通の人間やったらわかろうもんや。
 わからんから自由キチガイ教の信者やとゆうこっちゃ。洗脳されとんやで。

 自由キチガイ教信者は宗教色がキツイ(本人はアホやからちゅうものあるが自覚がない)のでニュートラルな立場で行動ができません。だから公職からは追放。


 それでええねん。

■すごいことになってきてるんやけども

「プレミアでプレーできたら」帰国の香川、マンU監督との面談明かす

 サッカー日本代表MF香川真司(23)=ドルトムント=が16日早朝、ドイツ1部リーグ2連覇とドイツ・カップ優勝を果たした充実のシーズンを終え、羽田空港に帰国した。移籍が濃厚な香川は「まだ何も決まっていない」としつつ、14日にイングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドの本拠地を訪問、ファーガソン監督とも面談したことを明かし、「僕の中で今はプレミアリーグが1番。そういうところでプレーできたらいい」と話した。

 香川によると、訪問は約2時間。監督との会話の詳細は明かさなかったが、「話を聞いたことはすごいよかった。いい言葉をいただいた」とにこやかな表情を浮かべた。

 序盤の出遅れを取り戻して連覇を達成した今季については「いろんなことを経験でき、中身の濃い1年だった」と回顧。6月開幕のワールドカップ(W杯)アジア最終予選については「結果を残せるよう、しっかり準備したい」と力を込めた。


 なんかもう想像の域を超えてきてますね。まるでゲームの世界(笑)。
 マンチェスター・ユナイテッドて、これが普通に語られるなんて、なんかもう不思議な感じがします。
 サー・ファーガソンと会えるてことだけでも、会いたいと思われるだけでも相当なもんですけどね、ほんの数年、いや2,3年前からしたら。。。

 長友のインテルと言い、近年のドイツラッシュと言い、正に隔世の感、夢が広がりますね。
 こうして欧州でレベルアップした選手の力が代表に還元されて、先に世界一になった「なでしこ」に追いつけ追い越せで上を目指していって欲しいものです。あくまでも日本のサッカーで。

■九州からの帰国報告

 GWフルフル使って九州に行ってまいりました。
 もちろん月曜日から仕事してますよ(笑)

 まず飛行機で鹿児島へ、1泊目は霧島温泉、続いて電車で鹿児島経由の指宿(たまてには乗れず)、そのまま西大山から枕崎、とんぼ返りで指宿泊。
 翌日からは鹿児島市内2泊、その後夜に九州新幹線で八代入り。

 ケンミンファンとしてはここは捨てがたく。。。

 熊本で友人と合流しそのまま船で島原、長崎へ。
 長崎で1泊後、同ルートで熊本に戻り2泊。

 そんな感じで、相当堪能してまいりました。3キロは増えてるでしょう(涙)
 そしてまたしても佐賀と宮崎には行けませんでした。高千穂近くまで(幣立神社から日向往還の石碑のある町)行ったんですが。。

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。