■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■北の大地でも

【断 佐々木譲】滝川市の不祥事処理法

 北海道以外でどれほど報道されているのかはわからないが、北海道滝川市では唖然(あぜん)とするようなでたらめが続いている。

 暴力団夫婦が生活保護費として2億4000万円を不正受給していた問題だ。詐欺事件として立件されたので、滝川市はいまや被害者面である。しかし市は監査委員が何度かその異常さを指摘していたにもかかわらず、毎月500万円以上もの介護タクシー代を支給し続けていたのだ。市長も不正の報告を受けながら何も対応しなかったのだから、市が被害者を名乗るのは無理がないか。

 そもそも市長は最初、問題の暴力団員とは面識がないと主張していた。その後、面識があったことを「思い出した」という。さまざまなことを想像させる「面識」と「記憶の復活」ではないか。

 先日の臨時市議会では、市長の不信任決議案が提案されたが、反対多数で否決された。つまり議会は、市長の責任を問うような問題ではない、と支給を事後承諾したのだ。

 減給だけで居直った市長は、関係職員や退職職員らからの拠出による基金を作って、そこから市の損害分を補填(ほてん)させるという。この不祥事の責任の所在を、徹底して薄め広げてしまおうということだ。

 北海道のあちこちを回るが、衰退した町の住民がよく「この町にはもうまともなひとがいないのですよ」と自嘲(じちょう)するのを聞く。そんなことありませんよと慰める気も失(う)せるような自治体も、たしかにある。滝川市は、まちがいなくそのひとつだ。(作家)


これは滝川スタイルというやつなのか。恐ろしい町やな、滝川市。
札幌から列車で富良野へ行く途中に停車したとき、のどかーな雰囲気(大阪人から見ればですけど)を感じたもんやったけど。。。
ヤ○ザと関係し、限りない疑惑の目を持たれている市長は、なんと議会が反対多数で否決。議会とうまくやる市長ってやつか。こういうのは普通の日本語では「癒着」って言うんやけど滝川スタイルでは議会運営がうまくいっているということなのか。
なにも国会議員だけとちゃうねんな。胡散臭いのは。まったくもって唖然としますな。

滝川にはもう一円も観光銭を落とす必要はないですよ。ヤク○の贅沢に使われちゃいますからね。北海道旅行は滝川をスルーの方向でよろしゅうおたの申します。住民のみなさんも税金納めても○クザに流れてるんやったらそら、納得できませんわな。
まあ大阪も人のことは言えませんけど(^^;
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。