■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■無

はじめてみたぞこのサイトでこんな点数なんて。
超映画批評『靖国 YASUKUNI』
あの汚らわしい『あなたを忘れない』でさえ55点も取っているのに。

まあ見てから考えてみようなどと思ってる人は、この不潔な映像がいかなる評価を、とりあえずであってもされているかご覧になってから、見ようかなと考えてみてもいいんではないでしょうか。
ちなみにYahoo!映画では現在1.75点(5点満点)です。
Yahoo!「靖国 YASUKUNI」

長くなりますが、ついでに上記Yahoo!映画のユーザレビューで星5つをつけた方々のコメントをひらっときます。そのかもし出す空気をご堪能ください。たまーに耳を傾けるべき意見もあったりします。

ゴミ?
投稿日時:2008/04/01 01:28:52 投稿者:tanakarin1959さん
 「ゴミ」とか「上映中止」は当然とか、よくそんなことで片づけることができるなと関心(笑)しながら読んでいます。右左関係なく、靖国反靖国ではなく、映画すら自由に上映し、批評しあうことができなくなっているという現実に危機感を持つべきでは? 批評は作品の内容についてなすべきだが、作品も見れないと批評なんてなりたたないということをお忘れなく。


上映もできない国なんです
投稿日時:2008/04/01 03:27:54 投稿者:yjsgr013さん
根性がないというか大和魂がないと言うかくっさいくっさい国なんです。アメリカ人によるアメリカ批判した映画がアメリカでは普通に上映されて批判もでるけど、それはそれで評価されるんです。この国は評価するに値しないくっさいくっさい国なんです。この映画を観たけりゃぜひアメリカ合衆国へ


尊皇愛国心があるのなら投稿日時:2008/04/01 13:39:58 投稿者:asahigamabusii4さん
靖国へ以前参拝していた天皇陛下(昭和天皇陛下以降)がなぜ靖国神社を参拝をおとり止めになったか ご存知ですか?
日本国民がこの映画を見て、偏らずにいろんな角度から日本を知る事が重要です。そして未来の日本をもっと大事にしようと思うのなら絶対見るべきです。
日本国歌の君が代も 教育機関で”君が代”の意味をしっかり教えればもっと自身をもって国民も歌えるようになるでしょう。世間を見てもわかると思いますが、愛国と右翼は別物です。


自民党と右翼の圧力により上映中止!戦前?
投稿日時:2008/04/01 19:25:08 投稿者:char3zeon_7777さん
◆観るな!絶対に観てはいけないと言われると、マスマス観たくなる!

◆『美しい国・日本。』日の丸・君が代強制  日本の素晴らしい教育!

■教育関連3法改正の主なポイント■
・学校教育法=教育の目標への「愛国心」などの反映▽副校長や主幹ポストの新設
・地方教育行政法=教育委員会への外部評価の導入▽人口5万人以下の市町村教委の統廃合▽教員人事権の市町村への委譲
・教員免許法=更新制の導入▽厳格な修了認定の仕組み
◆国民を機械扱いして愛国心を強制する政府 「女性は子供を産む機械」

06年暮れに成立した教育基本法の改正を受けて、安倍内閣は08年度から5ヵ年計画で教育現場を一気に変えてしまおうともくろんでいる。その準備が07年から始まるが、恐ろしい中身になりそうだ。なにしろ59年ぶりに改定された教育基本法は『個の尊重』よりも『公への奉仕』を強要するシロモノだ。これに合わせて、数々の法改正や学習指導要綱が変わって行く事になる。

まず、07年の通常国会で教員免許に更新制度が導入され、気に入らない教師は排除されるし、教育委員会のあり方も議論される。国旗・国歌法のときも『現場は変わらない』とか言って、従わない教師は何百人も処分されるようになった。『わが国と郷土を愛する態度』(改正教育基本法)がない教師や生徒は、放逐される事になる。そんな体制が07年から固まっていき、08年09年あたりに完成される。このスケジュールにピタリと合わされているのが憲法改正手続だ。07年通常国会で、国民投票法が可決される見込みで、このあと、3年かけて、憲法改正プロジェクトがスタート。安倍政権2期目での改正を狙っている。普通だったら大論争になるが、その前に教育で『国家への奉仕の精神』を叩き込み、世論を骨抜きにしようという魂胆だ。

『戦前の政治システムは国家第一主義で、その反省から戦後は個の尊重に変わった。それを戻そうとしているのが安倍政権です。教育基本法が変わり、自衛隊法が改正され、憲法改正が断行されれば、日本は忠君愛国の戦前に逆戻り。それがあと2、3年で完成することになります。』(政治評論家・本澤二郎氏)

冗談ではなく『お国のために』なんて言葉が復活しそうだ。(ゲンダイ)

◆洗脳“DVD”こんなものが教育現場に!

“靖国礼賛洗脳DVD”で授業

青年会議所作製 文科省が採用


 日本の侵略戦争を「自衛、アジア解放のための戦争」だったと肯定・美化するアニメーションDVDを教材にした教育事業が、文部科学省の研究委託事業「新教育システム開発プログラム」に採用され、全国で実行されようとしていることが十七日、明らかになった。

 問題の教材は、日本青年会議所が作製した「誇り」と題するDVD。青年会議所は、採用されたことを大宣伝し、全国の学校でDVDを使った教育事業を行おうとしています。すでに二月から六月にかけ、全国の学校など九十三カ所で実施または予定されている。

 DVDは、戦死した青年が現代に現れ、女子高生を靖国神社に誘う内容。日本の侵略戦争を「大東亜戦争」と呼び、「愛する自分の国を守りたい、自衛のためだった」と教えています。日本の植民地支配については、「道路を整備し学校を設置した」というだけで、侵略・加害の歴史にはふれていない。

日本青年会議所は、この“靖国礼賛DVD”をマスコミには公表しようとしないからフザケている。「外部に販売しているものでない」と言うのだが、中学生に見せておきながら一般公開できないのはヘンだ。税金を15億も使っている以上、政府自民党は説明せよ!


映画館シネパトスに、がっかりです。
投稿日時:2008/04/03 02:55:05 投稿者:jpopiniさん
映画にかかわる放映施設としては、あまりにも情けないです。善し悪しは見てからでないと、わかりません。その大事な役割を担うべき映画施設の銀座シネパトス、なんと自らこの機会を放棄してしまいました。民主主義の国にこんなことって、ちょっと恥ずかしくなりました。がっかりです。もう、シネパトスに二度と入りたくなくなりました。


観ていない! でも、あえて投稿します
投稿日時:2008/04/03 18:21:07 投稿者:pararax1013さん
まだ観ていない映画について投稿することはすまいと思ってきましたけど、
この映画をめぐる状況に非常な懸念を感じたので、書きます。
今、私たちの国は別に軍国主義に向かっているとは思えないし、中国、北朝鮮のように異常な検閲、秘密警察、強制収容所があるわけではない……右傾化なんてたかが知れたもの……でも、なんとなく異端とされる人達をよってたかってバッシングして何も活動できなくする……又は不愉快な政治的、社会的反響を呼ぶ、この映画の様な作品が自発的に中止される事態に追い込む(又は上映側の過剰反応にしても)……非常に全体主義的な風潮が確かに存在し、高まってきていると思えるのです。
表現の自由、言論の自由なら何でも許されるのか!という意見もあるでしょう。
確かに何でもよいわけではない。でも、その映画自体の是非をあくまで議論されるための
自由な空間は絶対あるべきです!とにかく、様々な点で今日の日本は中国の後追いをしてきているように感じられますね。
あえて★五つとします。


表現の自由だ!
投稿日時:2008/04/07 11:44:12 投稿者:fu1965maさん
この映画を拒む映画館が多い。これは憲法に反することだ!今までにない映画だから上映すべきだ!


左翼マスコミのダブルスタンダード?!
投稿日時:2008/04/08 19:37:01 投稿者:みじんコさん
過去に同様の上映反対運動された作品と言うと
極東国際軍事裁判でA級戦犯として裁かれた東條英機を主役に描いた
「プライド・運命の瞬間」があるのだけれど
wikiでこの作品の事を調べてみたら既に
「靖国 YASUKUNI」に関する記述があったので引用してみます


>完成直後から国内外で賛否両論の嵐を巻き起こし、反対の立場からは上映反対運動が起こったが、その際には靖国 YASUKUNIとは異なり、表現の自由への圧力についての議論はあまりなされなかった。
映画労連などは、この映画やムルデカ17805については上映反対をしつつ、「靖国 YASUKUNI」については表現の自由を守って上映をしろと主張するなど、イデオロギーからの二重基準による訴えをした。
最終的には東映系で145映画館において公開が行われた。


・・・うーむ、この記述からすると、今回の「靖国上映反対」に対する
表現の自由を盾にしたマスコミの批判は左翼マスコミのダブル・スタンダードであると言われても仕方ないかもね。


考えさせられ
投稿日時:2008/04/13 03:33:11 投稿者:kanbuki_puratinaさん
是非見てほしいと思う作品です


ネットウヨが
投稿日時:2008/04/14 00:35:16 投稿者:wetnweutnさん
必死だなW
毎年八月十五日に靖国で何が起きているか。
マスコミがなぜこの異常な映像を放送してこなかったのか。
靖国には行ったこともないが国粋主義を気取る妄想ネットウヨどもは是非ご覧あれ。


いや、十分ありでしょ。いいよ。
投稿日時:2008/05/02 12:47:26 投稿者:frafgさん
◆ちよっとあなたたち、勘違いしてませんか?

 俺はさぁ、ありと思うよ。いや、すんげぇよかった。なんかレビューを概観するとさ、なーんだかなぁ。政治的な発言で映画を評論っちゃってるけど、すべての真実を描くことなんて不可能だぜ。おわかり?
 中国の監督さんがさ、溜めてたのを編集したわけだろ。彼が面白いと思った映像を抜き出しているさ。だけどさ、聞けよ。これも一つの真実なんだよ。日本人が恥部を描かれたとか思っていたとしたら、とんだ勘違いだぜ。
 じゃあ、靖国神社のパンフレットとかPR映像はなんなんだよ。あれだって一部の事実しか紹介していないだろう。つまり、客観的であることを求めること自体間違ってんだよ。捏造でなく、一部の紹介・編集にとどまるのはあたりまえなんだよ。
 あと南京大虐殺は事実だから。ちゃんと兵士たちの陣中日記の中で詳細に記録が残されているんだよ。ただ、六十何万人も殺されたのは大嘘だけどさ。少なくとも捕虜は何万人と殺されているんだよ。
 なんか近頃の日本人は怖いね。たしかに中国に歪んだ歴史の捏造があるのも認めるが、揺るぎない日本人の蛮行や恥部の歴史もあるんだよ。それはれそれで一つの事実として受け止める雅量というものをもってもらいたいと思うね。


中国は、嫌い。でも・・・。
投稿日時:2008/05/04 16:17:58 投稿者:edokko62さん
どれくらい偏向しているのかと思い、観にいきましたが、これのどこに問題があるのでしょうか?この映画に悪評価をつける人は、中国のチベット弾圧を批判できないと思いました。でも、中国、韓国は、嫌いです。

関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■ [ポール]

橘さんこんばんは。

GW?>
昨年九州に旅行してえらいめに遭いましたから(^^;今年はおとなしくしております。
仕事も今のところ順調で出勤は無い予定なので、あとは月末予定のバンコク旅行のために節約モードであります。

しかしまあこの映画に関する映画人のコメントは本当に「しゃらくせえ」って感じですね。
偽善者ぶって「日本人なら」とか「右も左もない」とか「見てから意見しろ」とか。日本の映画「魂」は既にもう死んでいると思っていいかもしれませんね。

■零点ですもんね [橘]

 ポールさん、GWいかがお過ごしですか?

 あの批評が全てを言い表していると思いますよ。
 しかし、エントリ内のコメントは読むのが大変。

 非論理的な文章を『どういう思いで書いたのか?』と言う事まで考えて読むと結構疲れます(爆)

 日本に長く住んでても、支那人や朝鮮人って日本の事何も知ろうとしないんですよね。

 そのアホさ加減が良く出てる映画です。
 常識的な人間からすれば、『金のムダ』です(苦笑)
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。