■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■アグリ終了

F1撤退スーパーアグリ事実上の解散(日刊スポーツ)

 F1のスーパーアグリの鈴木亜久里代表(47)が6日、資金難を理由に同シリーズから完全撤退することを発表した。都内で記者会見を開き「2年4カ月にわたり戦ってきたが、本日その活動に終止符を打つことになった。苦渋の決断を下した」と話した。11日に決勝が行われるトルコGPにも出場しない。
 スーパーアグリは06年からシリーズ参戦。90年日本GP3位の鈴木代表、04年米国GP3位の佐藤琢磨、日本人で2人しかいない表彰台経験者が組み「純和製チーム」を目指してスタートした。年間予算が500億円以上のチームが多い中、親会社を持たず、強豪の約2割とみられる低予算で切り盛りしていた。昨季は通算22戦目となった5月スペインGPで初ポイントを獲得し、ランキング9位と健闘した。
 しかし、昨夏、主要スポンサーだったSSユナイテッドの契約不履行で経済的バックボーンを失い、経営状況は悪化。ホンダに物心両面で破格の支援を受けてしのいできたが、新スポンサー探しが難航するなど、もはや限界だった。
 鈴木代表は「ドライバーとして表彰台に上がり、オーナーとしてポイントも獲得する夢も実現した。本当に幸せだと感じ、感謝している」と話した。一方で「これからF1をやりたい、という相談を受けたら、やめた方がいいとアドバイスするかも」とも。自動車メーカー主体の現状、プライベートチームが生きられる世界ではなくなった。
 シーズン途中でF1チームが消滅するのは、02年に経営破たんしたアロウズ以来。前日、佐藤がホンダに支援継続を求める異例の声明を出したが、これでチームは事実上の解散となる。日本モータースポーツ界の夢を乗せて走ったスーパーアグリは、無念さを抱えたままサーキットを去った。


残念だが、「プライベートチームが生きられる世界ではなくなった」という一言が全て。
世界最高峰の技術を競う場であるなら、莫大な資金を投入できる大企業が独占してしまってもしょうがないかもしれない。世界一の「称号」はカネを持っているどこかが獲り、純粋なレース好きはプライベーターが参加できる条件でのトップを狙うしかないということになる。カネが全てとは言わないがー♪ってなとこでしょう。

ぼくも少し夢を見た。琢磨がアロンソをバトルの末にぶっこ抜いたシーンは、日本レース史上屈指の名場面として語り継がれるだろう。
たまーに表彰台というレベルまではいけるかも、そういう夢を見た。
亜久里代表も良い夢を見たんではないでしょうか。白人世界で戦うその理不尽さも十分体感したことでしょう。敵は日本にもいるってことも。

F1はもう選手を応援するという話ではないようだ。チームとそのナショナル、国を応援するということになるのだろう。
それはそれで良いとは思うが、ピケ(父)あたりから見ている一個人としては何とも寂しいような気がしないでもない。
まあこれで日本からはこんな酔狂な夢にかける大きな男は当分出てこなくなるでしょう。


最後に一つだけ、勝手なことを書いておきたい。
ホンダが相当な支援を行ったらしいが、他の日本企業はどないした?夢は見ないのか?経費削減かなんかしらんが日本を売り中華を利する目先の経済活動は行っても、日本の夢はもう見ないのか?世界に名だたる日本の企業は何をしていたのか?今回、日本の企業でスポンサードに名乗りをあげた「気持ち良い」企業はあったのか?・・・それが心残りだ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■【契約不履行】についてサーチエンジンで検索してみると

契約不履行 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。