■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■明記しないと勝手に押し付ける教師がいるもんで

竹島は「我が国固有の領土」…新指導要領解説書に明記へ(読売新聞)

 文部科学省は17日、中学校社会科の新学習指導要領の解説書に、韓国と領有権を巡って争いのある竹島を「我が国固有の領土」として新たに明記する方針を固めた。

 これまで指導要領や解説書には北方領土に関する記述はあったが、竹島の記述は日韓関係への配慮などで見送られてきた。民間の出版社は指導要領や解説書に沿って教科書を作成、竹島の記述の有無も出版社で異なっており、今回の措置は、今後の教科書作りに影響しそうだ。

 解説書は、10年に1度程度の指導要領改定に合わせて文科省が編集、小中高校の各教科ごとに作成し、指導要領の内容を補足する。

 同省は「教科書検定の基準として拘束力を持つのは指導要領だが、解説書も指導要領の解釈に関する記述には実質的拘束力を持つ」としている。指導要領同様、教師が授業を行う際の指針ともなる。

 同省は今年3月の小中学校の新指導要領の官報告示を受け、新解説書を6~7月に完成させる。新指導要領は小学校では11年度、中学では12年度から全面実施される。


地図を見れば(きちんと引かれていればの話だが)国境線でわかるので、わざわざ明記しなくて良いとも思うのだが、根性ババ色丸出しの「配慮」で、竹島は「我が国固有の領土」だと教えない教師が多いのだろう。日本の学校という公的機関で反日工作員(教師に化けている)が平然と子供たちを洗脳しているのが問題だ。その上教科書関係者においても同じく根性ババ色丸出し&工作員多いということは過去の実績?からわかっているので、今回の解説書に明記されてもそれに従うかどうかはわからない。

しかしながら「国歌と国旗」のときもそうだが、自分たちの思惑とは違う方向に向かっていると主張する反日連中からしたら、結果的に自業自得ということになるのではないか。
普通なら違和感ないものをわざわざ騒ぎ立てるもんだからかえって規制せざるを得なくなる。その騒ぎ方もどうもまともな考え方ができる人からすると「???」なだけに世論も味方しない。結構周到に洗脳プログラムを組んだりするわりにはこういう下手も打つ。そろそろ自分たちが相当胡散臭いということに気づくべきだと思うのだが。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。