■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■どうすれば変わるのか

北朝鮮が「テロ支援国家」では無くなるそうだ。
もちろんアメリカがそう言ってるだけだが、現実の北朝鮮は「支援」程度ではない「テロ国家」そのものだ。

拉致被害者のご家族の心痛はいかほどか・・・
何も出来ない日本という国は一体なんなのか。

こんなことになってもまだアメリカにすがらねばならないご家族のお気持ちを考えると胸が痛い。
どうして日本は何も出来ないのか? 唯一出来る経済制裁をしても、味方であるはずの日本の中から「効果が無い」やら「対話が重要」などの意見がでる。
軍という暴力装置を最大限に悪用して権力を維持している金の野郎に、「お話していただけませんか」などというやり方で本当に話が前に進むと思っているのか?
日本も「力」で脅すんだ。それが国際社会だ。もちろん戦争してでも拉致された日本人を助けるのが本来の日本政府であり日本軍だ。
無理して正面切ってぶつかる必要もない。そのための戦略・戦術だ。そして軍とはそういう使い方をするものだ。我が国にはほんの数十年前の輝かしくも哀しい経験がある。
アメリカ軍が要らないというなら日本軍でやれば良い(日本軍もいらないとか言う9条タイプはもうそれこそ「テロ支援」に等しい)。現にアメリカはそう言っているに等しい。

スパイ防止法さえできない、連れ去られた同朋を助けることもできない、あげくカネをまきあげられる。
何だこの国は? 先の戦争のときのように何十万人も死なないと変われないのか? たった百人程度の拉致者の数では日本は変われないのか?
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。