■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■その程度で行き過ぎ?

遅刻83人にゲンコツ、宇和島の中学教諭…行き過ぎと謝罪(読売新聞)

 愛媛県宇和島市の市立中学校の男性教諭(41)が、学年集会に遅刻した2年生の男女83人全員の頭をゲンコツで殴っていたことがわかった。うち生徒7人の頭にコブができ、男性教諭は「行き過ぎた指導だった」と、保護者らに謝罪したという。

 学校側によると、男性教諭は今月3日、2年生の生活態度について指導するための学年集会で、生徒が集合時間に7分遅れたことに腹を立て、全員を正座させたうえ、一人ずつ順番に殴ったという。ほかの教諭6人が制止しようとしたが、止められなかったという。

 同中学の校長は「情熱的な指導の教諭だが、生徒に痛い思いをさせてしまい申し訳ない。再発防止に努めたい」と話している。


ゲンコツぐらいで何を騒いどんねんあほ。中学生にもなってわーわーわめくなクソガキが。ん?親か?

83人もの生徒が集団で遅れてくるということは、
計画的な反抗もしくはダラダラとわざと遅れて来たか、
それか別のいかんともしがたい事情(例えば担任教師に説教垂れられてたとか)があったかだ。

まあ反抗かダラダラのどちらかだろう。
よってゲンコツは正当だ。しかも平等に「男女83人全員の頭をゲンコツで殴ってい」る。

万に一つ正当な遅れる理由があったとしても、83人のうちの一人(日直でも学級委員でもいい)が連絡に走るべきであった。その程度の機転を中学生に求めても罰はあたるまい。
そしてゲンコツが不当に行われたとしても、その程度の不条理は学校でも十分ありえることを理解しろ。
ゲンコツをガンガン振り回す教師がいたら生徒は防衛本能で遅れないように動く。陰口叩いてもそう動く。それを体罰だなんだで規制するから子供になめられるのだ。親がしばかないのに先生がしばかずに誰がしばく?

そもそもゲンコツでコブが出来た程度で、いちいち学校に申し立てる親がどうかしてる。
宇和島という土地は友人が移り住んだが故に好感を持っているのだが、アホな親はどこにでもおるってことですね。
そんなアホな親にいちいち「謝罪」なんかしてるから教育が成り立たないのだ。あげく校長が「生徒に痛い思いをさせてしまい申し訳ない。」だと。あーあほらし。痛みのわからん人間に他人の痛みがわかるはずもない。

南予のガキもあかんな。幕末の四賢侯の一人を産んだ風土も今は昔か。
アホな親が日本を滅ぼす。アホな親を学校が作り出す。アホな学校を日教組と役人が作り出す。そこに共産かぶれのマスコミや知識人が絡む。気持ち悪い戦後日本の図式。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■No title [ポール]

智也さん、お久しぶりです。こんばんは。

 なんとも「ドラマ」ですね。
 そういえば中学時代のグラサン体育教師(もちろんめちゃめちゃ怖い。でも威圧感だけで実際に手を下したのはみたことない)が今友人の住んでいる校区の校長になってます。
 でその校長がもうすっかりやわらかくなっちゃったらしく、あの○○先生がと居酒屋で笑いあったのはついこの間です。

 ちょっとビールが入っててよくわからず書いてますが、裕子先生がどういうお人か、よくわかった気がします(笑)。

■ご無沙汰です [智也]

お久しぶりです、ポールさん。

>中々厳しい校風の学校に

何しろ“私立の高校”でしたので、校則は中学並みにかそれ以上に厳しく、抜き打ちの所持品検査・頭髪検査・服装検査はちょくちょく行われてましたし、中学ほどは多くなかったものの、女子生徒にも容赦なくビンタやゲンコツや正座などの体罰をする先生も少なくなかった訳です。

そして、一度の忘れ物で木の棒とかで思いっきりケツバットする先生も数人いた訳ですが、女の先生でケツバットをしていたのは、僕にケツバットを喰らわせた女性教師の「●藤裕子先生」(当時20代半ば、顔=中々の美人、髪型=セミロング、性格=典型的な男勝り、身長=170くらい、バスト=推定Cカップ、ウェスト=やや細め、ヒップ=かなり大きい)だけでした。
確かに裕子先生は忘れ物には異様なまでに厳しかったけど、授業は丁寧で分かりやすく、見た目と性格のギャップがかえって受けていましたし、忘れ物さえしなければケツバットされる心配もありませんでしたので、評判はとても良かったです。

後で知りましたが、その裕子先生ご自身も「某私立女子高」に在籍していた当時は忘れ物や課題の未提出が非常に多く、その為、色んな先生たちから容赦なく、ビンタ・ゲンコツ・正座・両手にバケツを持って立たされる、そして「木の棒」または「竹の棒」で思いっきりケツバット等の体罰されるのが日常茶飯事だったそうです。
さらに驚く事に、女子高生時代の裕子先生のお尻を木の棒で思いっきりケツバットしまくっていた教師の一人が何と「僕の父方の伯父」に当たる人で、裕子先生が高1と高3の時の担任が僕の伯父だったので、高校生時代の裕子先生にフルスイングのケツバットをする機会が非常に多かったという事でした。

裕子先生の意外な過去を知るきっかけとなったのは、僕が高校を卒業した数日後、僕の高校卒業を祝いに訪れた伯父に、僕の高校の卒業アルバムを見せたところ、裕子先生の顔写真を見た伯父が「おっ!●藤裕子じゃないか、懐かしいな~」と発言した事で、おかげで女子高生時代の裕子先生について色々と知る事ができた訳です。
伯父にとっての裕子先生は「色んな意味で、大変印象深い教え子」だそうですが、裕子先生にとっては僕の伯父は、もしかしたら余り思い出したくない存在かも知れません。
伯父の元教え子が僕の行っていた高校の教師になるとは、単なる偶然かもしれませんけど、これも何かの縁だったのではないかと、今でもそう思っています。

■No title [ポール]

>が<

ほんまや(笑)
ぜんぜん気づきませんでしたわ。

■No title []

なんで、>が<になってんのよ、みんな?

■No title [ポール]

智也さん、はじめまして、こんばんは。
書きこみありがとうございます。

おニャン子を例に出してくるあたり、つかみはグゥですね(笑)
しかし世代はそう離れていないのに、一度の忘れ物で「女性教師に木の棒で思いっきりケツバット」とは中々厳しい校風の学校に行かれてたようですね。当時はまだあったというところでしょうか。
個人的には少年野球チームでしか「ケツバット」を受けた経験がありません。学校ではもっぱらゲンコツ・ビンタ・サンドイッチ(両頬同時ビンタ)に正座というところでしょうか。いや真面目でしたよぼくは(^^;

全員に等しく厳しい罰を与えられるケツバットが理想的な懲罰である(要約しすぎなのは勘弁ください)、というお説ですが、個人的には手段はなんでも良いと思っています。
ゲンコツで途中からは痛みは少ない懲罰だとしても、全員に手を下したことに意味があるということです。集団生活の中においての連帯責任を意識させることが重要だと思います。
確かに理不尽に痛い思いをした生徒と、しなかった生徒では後の気持ちの持ちように違いがあるかもしれませんが、痛みという感覚で左右されるものを「平等」に与えるのは中々難しいと思います。もちろん「全員に手加減してのゲンコツ」などは論外です。
だから「ケツバット」なんだと言うことだと思うので、怪我の可能性も少ないという点も合わせて反対ではありません。
が、なにせ83人。振りぬきの角度によって痛かったり痛くなかったり、当り所によって痛かったり痛くなかったり等が絶対に生じます。こういうことからも手段は何でも良いと思うのです。

痛い、痛くない、まあラッキー、アンラッキー程度で生徒も受け止めることができれば良いんですけどね。生徒にすれば意味なく怒って殴ってムカツクてなことなんでしょうけど、それも不条理の一面だと思います。
今回の件のようなことは、数年後の同窓会なんかで思い出話の一つになるような程度のものだと思います。けど親とマスコミが騒いだのでそんなものでは無くなってしまいったことが残念です。子供の思い出を一つぶっつぶしただけでなく、非常に胡散臭いものにしてしまった特にマスコミの罪は本当に大きい。子供を守れとか声高に言う連中が、実は子供を守ってなんかいないという現実。サヨクとかイマジン理想主義ではよくみられる現象です。


しかし満里奈にケツバット、うーむ(イミシン)。

■個人的な意見として [智也]

男女83人の生徒が集合時間に7分遅れた原因が気になる所ですが、3分で集合せよというシステムに問題がある事を差し引いても、「その程度で親が出てくるな、そしてニュースになんかするな」には同感ですね。

ちなみに僕は昭和50年生まれの人間ですが、中学の頃は(女子でも容赦なく)ゲンコツ・ビンタ・ケツバット・正座などの体罰が普通の時代でしたので、全校集会や学年集会に遅れてきたクラスの生徒全員が、集会が終わるまで正座させられる位なら何度も見ました。

僕自身、忘れ物をしてゲンコツ喰らったり、授業が終わるまで教室の後ろで正座させられた事が何回かありましたし、あと、中学1年のとき体育の授業に遅刻してグラウンドを10周走らされた事もありましたけど、僕に非があるのは明らかでしたので、先生を恨む気持ちが全くなかったと言ったら嘘になりますが、遅刻や忘れ物しないよう心掛けましたし、お陰で高校(私立校)では、忘れ物は1年のときに1回だけ(科目担当の女性教師に木の棒で思いっきりケツバットされました)で、遅刻に至ってはゼロでした。

よって、遅刻した83人への正座&ゲンコツは正当であると言いたい所ですが、強くゲンコツしたのは初めの“7人”だけで、7人目をゲンコツした時点で拳が痛み出した為、8人目からは、かなり加減してのゲンコツだったのが実情のようです。
これでは不平等だったと言わざるを得ません。

かと言って、83人全員の頭を強くゲンコツしたら、副主任の拳が痛むのは火を見るより明らかですし、ましてや全員に手加減してのゲンコツでは何の罰にもなりませんので、ここはやはり、男女83人の生徒のお尻を木の棒か竹刀で1発ずつ思いっきりケツバットするべきだったと思います。

ケツバットなら83人全員に等しく厳しい罰を与えられますし、お尻は人体で最も肉が分厚い為、木の棒や竹刀とかで思いっきり強くケツバットしても、せいぜい棒の痕のアザができるか蚯蚓腫れになる位で、骨折とかの怪我の心配がありませんので、まさに理想的な懲罰であると思うのですが、どうでしょうか?

余談ではありますが、元おニャン子クラブの「城之内早苗さん」は、中学生のとき男性教師に木の棒で思いっきりケツバットされて、お尻の割れ目と棒の痕のアザでお尻が十字になってしまった経験をお持ちで、同じく元おニャン子クラブの「渡辺満里奈さん」は、中学生のとき男性教師にビニールテープでグルグル巻きにした木の棒で思いっきりケツバットされて、お尻に太い蚯蚓腫れができてしまった経験をお持ちであるとの事です。


















■コメント&続報ありがとうございます [ポール]

都筑てんがさん、はじめまして、こんばんは。

3分前に集合を促し、その後に移動-集合という決め事なのに、その3分の前に集合していないことに怒ったようですね。
どうして集合を促す3分前以前に集まらないことに怒ったのか、ルールを決めてそれを守るように指導する側がルールをよく理解していなかったということなのか、そこが気になりますが、生徒には落ち度は無かったようですね。それでも7分遅刻はしてるんですけど。

とにかくこのシステムは良くないですね。自衛隊でもないのに3分で集合できるわけない。だから引率の担任もはじめから遅れることを想定して動いているのかもしれない。その馴れ合いというか認識が「怒り」でちょっと理性を欠いたげんこつ教師には容認する範囲を超えていたということでしょうか。


<<そしてゲンコツが不当に行われたとしても、その程度の不条理は学校でも十分ありえることを理解しろ。
<非がない人間が不当に殴られたとなれば、そりゃ抗議が起きてもおかしくはないでしょう。

この抗議は親がやらかしたようですね。
考えられる流れでは、殴られてコブができた生徒が親に泣きついた、あるいは他の殴られた生徒がその理不尽さを親に訴えた、その親が学校に抗議したという感じでしょうか。現場に居合わせた別の教師が事後に問題にしたかもしれません。

どちらにしてもぼくは「その程度で親が出てくるな」と言いたい。そして一番言いたいのはニュースになんかするなと言いたい。エントリにもあげたように「その程度の不条理は学校でも十分ありえる」ということです。いちいち親が出てくることもないと思います。ぼくの目には、記事にも何か「すわ暴力教師」「子供に虐待」というようなあの「思想」が見え隠れしてしまうことを正直に言っておきます。

確かに「非がない人間が不当に殴られた」ことは良くないことですが、ある程度の「力」の作用なくして秩序を保つことは相当に難しいと思うのでゲンコツ・ビンタなんかはそれ相応に使ってしかるべきと思います。
そして「非がない人間が不当に殴られ」ることもあってしまうのです。みんな経験してると思いますけど。

ただ、これをやりすぎて虐待になってしまったら問題です。「抗議」がなかったらエスカレートするかもしれませんが、そのへんの歯止めとして親の動くタイミングも難しいところです。まあ今回では「抗議」は早いと感じているだけなんですけどね。まだ地域内の認知「あの先生よく殴るから気をつけや」程度にしておいても良いかなと。

教師の側もちょっとした権力を子供に行使できるというとこから、もっと自分を律して正しく「暴力」を使うように心がけて欲しいと思うのです。自衛隊と同じです。「力」を持つもの、与えられたものはその「力」を正しく使わねばなりません。そして誤解のないように使わねばなりません。
「すわ暴力教師」的な記事はあらぬ誤解を産み、助長しているように感じています。

ということで教師と生徒・保護者との関係をギクシャクさせる(=社会不安を招く)マスコミの問題とさせていただきます。ただ「体罰の是非」の問題ではないとも言いきれないと思います。まあ複雑な問題がたくさん絡んでますので非常に難しいのですけれど。

結局はそんなマスコミに踊らされるぼくのような愚民がアカンってことになりますか・・・(泣)

■「体罰の是非」の問題じゃないのでは? [都筑てんが]

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20080712-OHT1T00090.htm

同校では授業開始3分前にBGMを流し、教室移動や準備を促すアナウンスをしている。全3クラス男女83人はアナウンスが流れた“後”に、それぞれ担任教師に引率され音楽室へと入った。

 しかし学年副主任を務める男性教諭が、アナウンスの“前”に到着しなかったことに激高。全員に正座を命じると、自分の近くの生徒から順に頭部を、げんこつでたたき始めた。他の教諭が「やめた方がいい」と制止しようとしたが、げんこつ先生は聞く耳を持たなかったという。

(中略)

遅れたのはあくまでも3分前集合。しかも生徒らは担任に引率されていた。げんこつ83連打は理不尽とも思われる状況だが、市教委では「日ごろの生活態度の乱れから学年集会を開いた経緯がある。その怒りが生徒に向いてしまったのではないか」と話している。


この問題は、担任の責任で「落ち度の無かったかもしれない生徒全員が殴られた」っていう問題であり、「体罰はいい・悪い」とかいう問題じゃないのでは…と思います。


<そしてゲンコツが不当に行われたとしても、その程度の不条理は学校でも十分ありえることを理解しろ。

非がない人間が不当に殴られたとなれば、そりゃ抗議が起きてもおかしくはないでしょう。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。