■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■自民?民主? いや違う

領有の明記見送り「理由は特にない」 福田首相(MSN産経ニュース)

 福田康夫首相は14日夕、都内で記者団に対し「我が国の領土問題に、しっかりとした考え方を持たないといけないのは当然だ」と強調した。しかし、拉致や核問題を抱える対北朝鮮政策の上で、対韓関係をこじらせたくないという「配慮」もあり、結果として竹島に対して「日本固有の領土」という領有権をめぐる記述を見送る判断をした。

 首相は、竹島に関する記述を新学習指導要領の解説書に初めて盛り込んだことは「成果だと思っているようだ」(文相経験者)という。9日の日韓首脳会談でも、「深刻な憂慮」を示す李明博大統領に日本の立場を伝え、理解を求めた。

 しかし、領有権明記を求める文部科学省に対し、外務省はホームページ上に「韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法な占拠」と明示しているにもかかわらず、北朝鮮問題への影響を懸念し「主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)開催前から高村正彦外相らが文科省サイドに穏便な対応を求めてきた」(文相経験者)という。

 両省が対立する中、首相は、文相と外相の両方を経験した町村信孝官房長官に「手柄」を与える形で調整を委ねた。結果は町村氏が14日午後の記者会見で公表。領有権の明記見送りの理由を(1)日韓関係頓挫への懸念(2)6カ国協議や日本人拉致問題解決への悪影響(3)韓国の政治状況-と指摘し、韓国側に「冷静な対応を期待したい」と述べた。一方の首相は「理由は特にない。関係部署でいろいろ相談して決めたことだ」とはぐらかした。

 せっかくの「成果」も中途半端な対応によって、政府の立場をあいまいにした。同日、首相が韓国側を刺激しないよう「竹島は日本固有の領土」との言葉を一度も口にしなかったことも、首相の指導力をかすませる逆効果になった。


なんなんだおい。日本の政治屋はどうなっている?
やっとの思いで戻ってこられた被害者の方を誘拐犯へ返せなどと言う加藤というヤツ。
我が国の国土を不法占拠している相手に配慮までして「理由無し」と答える福田というヤツ。


おい民主党、こんな自民に票を投じなくてはならない国民のことをどう思う?

民主党の中に加藤や福田のようなヤツや、ひょっとするともっと酷いのがいる。
政権を取りたいなら、自民を批判する前にやることがあるだろうが?
加藤や福田のようなヤツを追い出せ!話はそれからだ。


しかしもう麻生さんが立とうが自民は選挙勝てないだろう。
この期に及んで福田なんぞを首班に指名したことを後悔するべきだ。
自民党政権では北方領土を復帰させることができなかった上に竹島を韓国に取られた、そして尖閣諸島もその先鞭をつけた、ガス田も共産党独裁の国に奪われた、カネも散々毟り取られた、という外交結果を残した。これはもう政権担当能力がないと見なすべきだ。

ただ民主党がどうも・・・なだけに、国民としては非常に暗い気持ちになる。
となるとやはり平沼さん、あなたしかいないと思うのだが。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。