■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■不安実現

【断 潮匡人】改造内閣は姿勢を正せ(MSN産経ニュース)

 三度、小言を申し上げる。8月1日、福田康夫改造内閣の閣僚が次々に記者会見した。

 昨年9月26日、第1次福田内閣の閣僚初会見で国旗に正しく敬礼した石破防衛大臣と泉国家公安委員長は内閣から去った(昨年10月6日付小欄)。

 さて、第2次福田内閣はどうなったか。なんと、ほぼ全滅。登壇時、降壇時ともに敬礼したのは町村信孝官房長官ただ1人。宮中の認証式でも前回同様、天皇陛下への失礼が繰り返された。

 これだけでも退場勧告に値するが、なかには、無事、初会見を終えた安堵(あんど)感で降壇時の敬礼を失念した初入閣組もいたであろう。登壇時には敬礼した伊吹文明財相、野田聖子特命相、保岡興治法相、舛添要一厚労相、中山恭子特命相、林芳正防衛相の6閣僚はイエローカードに止めたい(登壇順)。だが、残る閣僚は、もはやレッドカードだ。これでは何のために国旗国歌法を制定したのか。制定に際し、会見場に国旗を掲揚したのは何のためか。

 驚き、悲しむべきことに、レッドカード閣僚名簿には福田総理も含まれる。首相が直立不動で正対した相手は国旗ではない。カメラの放列である。

 レッドカード閣僚が正対し、敬礼した相手は記者団である。「よろしくお願いします」と神妙に首を垂れた。マスコミには敬礼しても、奉仕すべき国家の象徴には欠礼する。まるで本末転倒だ。

 「安心」を「実現」する前に、正すべき姿勢があろう。官邸の日章旗が泣いている。(評論家)


 自己保身、大衆迎合政治屋の集まり。所詮フクダ程度の元に集まる連中なんだからしょうがない。麻生さんも何を血迷ったか、結果的に自民党に引導を渡してしまった感がある(「麻生、お前もか」)。

 今まで泣く泣く自民党に票を投じてきたが、次の選挙は自党民以外の政治「家」に投票する事にする。第一条件は「自民党以外」だ。ここまできて「民主党」と言わせない現実を、民主党の政治「家」はよく考えていただきたい。あなた方の一番の問題は内包されているということを。


 さて総理や各大臣にまで庶民感覚だの国民の目線だのが重要だと言うが、政治のトップにいる人間が大衆に迎合してどうするとは思わないか? やることやれば偉そうにしててもちょいワルでもそんなに問題にしない。個人的には多少の利権も認めるし、現実的な身分の差を感じることも特に不平に思わない。
 大所高所から全体を俯瞰して政治の方向を決める頭(トップ)が下々のことばかり考えていては先へは進めない。そんなことにこそ役人どもを使うべきだろう。そのためにぼーっとしてるおっさんおばはんが山ほどおるやろうに。
 もっとも、「国旗に正しく敬礼」することさえできない連中にそんな政治的感覚があるとは到底思えないのだが。

 守るのは個人だけで国を守る意識が欠如した政府に、「安心」を「実現」する力どころか、その気持ちさえないだろう。第一、誰の「安心」なのかフクダのこれまでの動きを見ていると「不安」にならないほうがおかしい。 日本人が「安心」するのは「個」の集合体である「和」が安定しているときだ。それがわかっていない(例:中華に和を求めようとしている)政府がどのツラ下げて「安心」を「実現」などと言えるのか。馬鹿にするにもほどがある。
 こんなにも日本国民を馬鹿にした政府は一刻も早く退陣して腹でも切ってもらいたい(この国では死ねば罪も死ぬのだから)。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。