■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■どうするもこうするも

どうする「国民栄誉賞」 2冠連覇の北島へ授与検討(産経新聞)

 政府は、北京五輪の競泳百メートル・二百メートル平泳ぎでアテネと2大会連続で2冠を果たした北島康介選手(25)に対し、国民栄誉賞の授与を検討している。政権のイメージアップにつなげたい首相官邸サイドの思惑も見え隠れするが、「表彰の基準が不明確」といった指摘もある。パフォーマンス好きではない福田康夫首相が、最終的にどう判断するか。

 国民栄誉賞は昭和52年8月に首相の父、故福田赳夫元首相が在任中に創設し、第1号は本塁打世界新記録を樹立した王貞治選手(当時・巨人)に贈られた。最近では、シドニー五輪女子マラソンを制した高橋尚子選手が受賞している。

 政権側としては、大きな功績を挙げ、国民的に称賛を受けたスポーツ選手や文化・芸能人らをたたえることで、世論の好感度をアップさせたい狙いがあるが、なかなか思い通りにはいかないようだ。

 高橋選手が受賞した際には、同じシドニー五輪の柔道女子で谷亮子選手(当時は旧姓・田村)が金メダルを獲得したが、「なぜ谷選手には贈らないのか」との批判が官邸に寄せられ、当時の森喜朗内閣の支持率が下落した例もある。

 谷選手は北京五輪でも銅メダルを獲得し、5大会連続でメダルを獲得した実績に加え、結婚や出産、子育てと柔道を両立させてきたことが国民的人気の背景にある。今回、北島選手だけが対象となれば再び議論が起きることも予想される。


 タイトル読みの時点で「先にヤワラちゃんやろうが」と思いましたが、なんてこたあない。記事でも触れられている。当然の話だ。個人的には「国民」の「栄誉」たるコンセンサスやフクダ風情のためによるタイミング等々考えると諸手を上げて賛成というわけではないが、授与するなら(あくまでするならです)二人にだろう、今回は。

 しかし、オリンピックにおける結果による「賞賛」が授与の理由になるなら、やっぱり北京の金ではその資格は無いと思う。野球と男子サッカー以外の代表選手たちにはたくさんの感動をいただきました。それは確かです。4年間の努力はそれはもう大変なことだったでしょう。その思いも当事者でないぼくらには理解はできにくいかもしれない。

 それでも北京でやった競技大会はオリンピックなどではないと思う。あれがオリンピックなら、そのうち本当に人造人間ばっかりの政治ショーになる。あんなのはただの政治的スポーツ大会という位置付けでよい。
 「国民」の「栄誉」たるもの、単にスポーツだけの結果だけで授与するわけにはいかないとぼくは思っている。腕は一流だけど精神が腐っていてはダメなのだ。
 そういう意味で、半分偽者だがオリンピックとは言え非人道国家であり共産党の一党独裁の軍事国家である北京政府が政治的に利用した大会に参加したということは、やっぱり人間として誉められることではない。

 結果だけ見れば二人は授与にふさわしいと思う(前回Qちゃんが授与されたとき、どうしてヤワラちゃんには授与されなかったのかちょっとひっかかるが)が、こんな調子ならオリンピックの度に何人か国民栄誉賞が出てしまう気がしないでもない。なんてったって王さんと肩を並べるということなんだから慎重であることに問題はない。


 ・・・・・・なんか話がしっくりいってない気がするが、まあいつものことです(笑)
 とにかくがんばったは良い、よくやりました。でもご褒美もらって喜んでいるだけでは筋肉馬鹿と言われても仕方が無いのではないのか? あの国の政府に一言言うなり態度を表明するなりしてこそ真のアスリートなんではないのか? と言いたいのです。あくまで「国民栄誉賞」の対象者としては、ですけどね。
 まあ彼らにしたら、あの国より先に自分の国のマスコミに言いたい事山ほどあるでしょうけど。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。