■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■はからずも麻生氏登場となったわけだが

福田首相が辞任(MSN産経ニュース)

 福田康夫首相は1日夜、緊急記者会見を開き、内閣を総辞職すると発表する。福田内閣は昨年9月の発足から1年が過ぎたばかりだが、揮発油(ガソリン)税の暫定税率をめぐる与野党攻防でガソリン価格が1カ月の間にリットル当たり25円程度上下する混乱を引き起こしたほか、4月に導入した後期高齢者医療制度に関しても「高齢者いじめ」と世論から強い反発を受け、内閣支持率は2割程度にまで低迷していた。

 7月には、北海道で開催した主要国首脳会議(洞爺湖サミット)を経て、人心一新のため念願の内閣改造を断行したが、大幅な支持率回復はなく、秋の臨時国会を前に、新テロ対策特別措置法案の延長の是非や新たな経済対策、衆院解散総選挙の時期などで連立を組む公明党との関係も微妙になっっていた。福田首相はこうした状況から、今後、自らが政権を維持することは困難と判断したとみられる。福田首相の後継には、自民党の麻生太郎幹事長が有力視されている。

 福田首相は平成18年の小泉首相退任に伴う自民党総裁選への出馬を検討したが断念。だが19年9月に安倍晋三前首相が体調不良などを理由に突然退陣したため、その後行われた自民党総裁選に出馬し、麻生幹事長(当時)と争って勝利して第91代首相に就任した。

 内閣総辞職は、内閣を構成する首相と全大臣が一斉に辞職することで、国会はただちに、国会議員の中から新たな首相を指名し、新内閣が発足する。



 まさになんで今頃・・・


 最初から最後まで、いやこの人物の名が耳に届き始めた頃から、つかみ所の無い、薄い印象だった。日本人が世界からつけ込まれる一番の原因である「譲る」精神を、魑魅魍魎の外交の世界でも存分に発揮した男。味方の朝日なんかからも叩かれちゃあ、いくらなんでも「自分はあかんのとちゃうか」と思ったはずだ。
 そうだ。あんたはあかんかった。こんな時局にあんたを担いだ自民党もだ。

 かなり遅くなったが退陣は賛成だ。
 が、既に遅い。民主党は本当に最悪だが、こんなめちゃめちゃな日本にした自民党にはちょっと頭を冷やしてもらわないといけないと思う。麻生さんでももう遅いのだ。

 残念。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■No title [ポール]

橘さん、こんばんは。

まったくなんだったんでしょうね。
党もよくこんなおっさん担ぎましたね。

確かに麻生さんわかりませんね。
マスコミが必死に持ち上げてますから、対抗馬が浮上するのは間違いないです。いつもの判官びいき的な心情移動がありそうです。

■唐突に [橘]

 ポールさん、こんにちは。

 いきなり辞められても困るんですけどね(苦笑)
 だったら、何のために総理になったのでしょう?

 最初から最後までこの人はわからない人でした(苦笑)
 下馬評では次期総理は麻生さんなんですが、これもどうだか・・・
 最近の自民党は全くわからなくなりました(脱力)
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。