■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■日本人でないことが痛い

戦後60年 李登輝前台湾総統インタビュー ネタ元

60回目の終戦記念日を前に台湾前総統である李登輝氏(82)は産経新聞と会見し、「他国が靖国神社をうんぬんする資格はなく、小泉純一郎首相はきちっと時間通りにやればよい」と述べ、小泉首相による8月15日の靖国神社参拝を支持した。


あいかわらずGJしかなさらないですね(^^;
日本の政治家でこれを言える人物がどれほどいるか。

郵政で公約を守り通すなら、8月15日靖国参拝も公約です。
お願いしますよ。ほんま。


米中関係や今後の日本の国際的な役割に関しては「米国は戦略的に中国包囲網を作っている。中国はいくら軍拡しても米国に勝てないことを知っており、米中戦争は起きない。米国は世界の石油を握っている。日本は世界戦略の中で態度をはっきりさせねばならず、日米同盟を基軸に民主主義と自由主義の陣営にあって政治的な役割を果たすべきだ」と指摘。日本が国連安全保障理事会の常任理事国になろうとしていることについても「当たり前のこと」と支持する姿勢を示した。


当たり前のことと支持していただいてますね。
でもなあ・・・日本がやり方を間違った感じがしますね。
三馬鹿の反対をどうするか見通しが甘かったです。
共産中国に拒否権があるんだから、それをどうにかしないと。

でも李登輝さんはいつまでも日本を見捨てない。
本当にありがたい御仁であると思う。

どうして日本はこのような人が手を広げて握手を求めているのに
三馬鹿のほうにヘコヘコするのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。