■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■夜更かしした甲斐があった

【W杯アジア最終予選】日本、カタールに3-0快勝(MSN産経ニュース)

 【ドーハ=森本利優】サッカーの2010年W杯南アフリカ大会アジア最終予選で、A組の日本は19日、ドーハのアルサッド競技場でカタールと対戦し、3-0で快勝した。通算2勝1分けで勝ち点を7に伸ばし、W杯出場圏内の同組2位をキープした。

 バーレーンを1-0で下した豪州が、3連勝の勝ち点9で同組首位を堅持した。

 日本は序盤こそ堅さが見られたものの、前半19分にFW田中達(浦和)が先制。その後は終始主導権を握り、後半2分にFW玉田(名古屋)のミドルシュートで突き放すと、23分にはセットプレーからDF闘莉王(浦和)が頭で押し込み、ダメを押した。

 チームは20日、チャーター機で帰国する。日本の第4戦は来年2月11日、ホームで豪州と対戦する。

 一方、B組は韓国が2-0でサウジアラビアに勝ち、アラブ首長国連邦(UAE)は1-1でイランと引き分けた。


 良い試合だった。もちろん日本にとっては、だけど。
 1トップに複数のちょこまか動くシャドーを絡める。中盤でボールを奪い試合を組み立てる。選手にとっても、うまくいっただけに楽しい試合だったろうと思う。アウェーであれだけできると、これからのことについて良い事ばかり考えてしまう。元々「言霊」の国なので悪い事はできるだけ言わないのだが、ますます勢いが付いてきそうな気配。マスコミはもう突き抜けてますが、まだ何も決まったわけではないので浮かれるのはちょい早い。

 個人的に心配していた寺田選手も、序盤に若干のミスはあったが、合格点だと思う。中澤と闘莉王の2枚看板であるのは変わり無しだが、非常に心強いサブができたなと思う。岡田さんも一安心でしょう。
 ただ、呼ばれ続けるのに試合にはほとんど出れなかった坪井選手みたいになるとモチベーションも違ってくるのでそのへんはうまーくやって欲しいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。