■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Change?

【神隠し公判】星島被告に無期懲役判決 (1/2)(MSN産経ニュース)

 東京都江東区のマンションで会社員の東城瑠理香さん=当時(23)=が殺害されバラバラにされた事件で、殺人罪などに問われた2室隣の星島貴徳被告(34)の判決公判が18日、東京地裁で開かれた。平出喜一裁判長は無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。

 公判前整理手続きの段階で、星島被告が起訴事実を認めたため、公判の争点は、星島被告の量刑に絞られていた。

 検察側は論告で、「自らの思い通りになる『性奴隷』にするために襲った。殺害が当初から計画されたものではなかったとしても偶発とはいえず、拉致した時点で必然だった」と指摘した。

 遺体損壊・遺棄についても「被害者の存在を消すことで完全犯罪となるよう計画した。切断した遺体をゴミと同様の方法で投棄している。まさに鬼畜の所業」と非難。被害者が1人でも死刑判決が確定した類似の3つの事件を例示して死刑を求めた。

 弁護側は「当初は殺害を想定していない」と計画性がないことを強調。星島被告が反省を深めているとして「無期懲役として、被害者の冥福を祈らせるべきだ」と死刑回避を主張した。星島被告は最終意見陳述で「謝っても気持ちは収まりません。1日も早く死刑にしてください」と述べた。

 判決は、公判前整理手続きの段階では10日に指定されていたが、平出裁判長が結審の際に「評議に慎重を期したい」として、18日への変更を提案。検察、弁護側ともに了承した。

 また、公判で検察側は、肉片の写真や、マネキンを使った遺体切断時の再現画像を法廷の大型モニターに映し出す異例の立証を行うことで、星島被告の犯行の特異性・残虐性を強調した。だが、あまりの生々しさに耐えきれなくなった遺族が退廷したほか、顔を背ける傍聴人も続出した。このため、検察側の手法は物議を醸した。

 起訴状によると、星島被告は昨年4月18日夜、東城さん宅に侵入し、わいせつ目的で自室に連れ込んで包丁で刺して殺害。遺体をノコギリや包丁で解体し、翌月1日ごろまでに、自室のトイレに流したり、別のマンションのゴミ置き場に捨てたりしたとされる。


>「検察側の手法は物議を醸した。」
 そこまでやらんと変わらんと思ったからやったのだろう。でも変わらんかった。卑怯極まりない鬼畜野郎を死刑にできなかった。弁護士なる連中が「死刑を回避」するために方便並べたためだ。残念ながら変わらなかった。
 キン豚野郎の指導の元に行われた日本人拉致が明るみになったときも、結構たくさんの日本人は動いた。ちょっとしたムーブメントにはなった。でも変わらんかった。同胞をキチガイ野郎の国に拉致されても、救い出す事も安否を確認することもできない我が国を変えることはできなかった。

 変わらんと日本アウチ。と何度か書いたが、やはりアウチだ。
 民主党に変わったら余計にアウチかもしれない(爆)。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■Re: Change? [ポール]

 橘さん、こんばんは。

 正直、裁判員なんてできそうもないのですが、もしこの事件の裁判員だったなら、誰がなんと言おうと(弁護士が死刑回避のために法を悪解釈するエセ法学士だろうが)ぼくは死刑を選択したと思います。

 まあなんとも後味が悪いですが。。。

■Re: Change? [橘]

 ポールさん、こんにちは。

 結局、検察の使った手法は『裁判員制度』を見越しての事だったと思います。

 刑事事件を裁くという事は、それだけ不愉快な現実を見せられても理性を持って判断を下すという大変な作業というわけです。

 目を背けたくなるような現実を直視できない軟弱者には、所詮裁判員など出来ないわけです。

 今回の判決はそれとして、上訴すると思われますので、高裁の判断に期待しましょう。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。