■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■目線はどこを向いているのか?

首相問責決議めぐり衝突 国民新「民主は独善」(MSN産経ニュース)

 民主党と国民新党が25日、麻生太郎首相の問責決議案の提出問題で衝突し、国民新党が「今の状況である限りは院内の野党共闘の場には出ない」(亀井静香代表代行)と、民主党との協議拒否を宣言する事態に発展した。

 発端は国会内で同日開かれた野党4党国対委員長会談。国民新党の糸川正晃委員長が参院への決議案提出を主張すると、提出に慎重な民主党の安住淳委員長代理が「じゃあ中川昭一前財務相の時の消極姿勢は何だったんだ」と食ってかかった。

 安住氏の指摘は、民主党が中川氏の問責決議案提出に動いた際に、中川氏と自民党時代に同じ派閥で「弟分としてかわいがっていた」(自民党議員)という亀井氏が難色を示したことを指す。

 安住氏から「党に伝えろ」と言われた糸川氏は亀井氏らに報告。その後の記者会見で亀井氏は「安住氏は国民新党のことをあざ笑った」と怒りをあらわにし「民主党は野党共闘と言いながら、事実上独善になっている」と批判した。


 既にその「雰囲気」を出し始めている民主党。恐ろしい恐ろしい。日本どうなってしまうんだろう?
 予想どおりオバマ政権はかなりクリントン(男)の影響が強い面々を揃えてきてる。

 そもそも社民党なんかとも組むなんて政党、日本人の国で政権を担当して良いわけがない。ましてやこれから先、あのクリントン時代のようなことになるかもしれないのに。

 小沢には、敵は自民党でも国民新党でもないことがわかってないのだろう。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。