■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■敵は存在することをまずは認識することから始まる

ミサイル関連物資、北朝鮮に不正輸出 都内の商社強制捜査へ 神奈川県警(MSN産経ニュース)


 軍事転用可能な物資を、経済産業相の許可なしに第3国経由で北朝鮮に不正輸出した疑いが強まったとして、神奈川県警は25日、外為法違反(無許可輸出)容疑などで都内の対北朝鮮貿易商社を強制捜査する方針を固めた。近くこの会社や関係施設などの家宅捜索に乗り出す。

 県警の調べでは、この会社は機械部品を扱う商社。輸出された物資はミサイル製造には欠かせないものといい、大量に北朝鮮に運び込まれた疑いがもたれている。

 こうした物資を北朝鮮に直接輸出することは規制が強く、実質的に難しいことから、最近は第3国を経由して、運び込むケースが目立っている。

 公安当局は、北朝鮮側が“迂回(うかい)輸出”の指示を出しているとみており、現在実施している対北制裁の度合いにも議論が起こる可能性が出てきた。

 北朝鮮への不正輸出をめぐっては、国際原子力機関(IAEA)が2007(平成19)年、北朝鮮の核関連施設への査察で核兵器製造に転用可能な日本製真空ポンプを発見。

 神奈川県警が同県内の機械装置メーカーや都内の貿易代行会社を家宅捜索し、昨年7月、代行会社社長を書類送検したばかり。

 16年には核開発転用可能な周波数変換器が、18年には生物兵器の製造に転用可能な凍結乾燥機がそれぞれ不正に輸出され、都内などの対北朝鮮貿易商社の経営者が逮捕されるなど摘発が相次いでいる。

 警察幹部は「対北貿易商社の経営陣が確信犯的に不正輸出を行っているケースが多い」との見方を示している。


 敵に武器を売るということは、ぼくを殺す敵の手に、この会社から買った武器があるということだな。
 殺人幇助罪でも良いんじゃないか(カナリマジ)。ちゅうか普通に利敵行為なんだからスパイ(日本以外の普通の国では重罪)でしょうが。

 こういった敵の関与が十分に考えられる会社が、堂々と「仕事」をしている日本と言う国は本当に不思議な国だと思う。
 内に敵がいるということなのだが、「平和」勢力は見えないのかダンマリだ(その「内なる敵」と「平和」勢力は実は味方同士だということがネット上では当たり前の常識になってきた)。
 これは究極の偽善だと思う。日本がおかしくなっている一つの原因だと思う。やつらはそれをわかっているから「平和」の隠れ蓑で日本の「和」を破壊している。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。