■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■敵を理解する大きな心

朝鮮日報、中島の2プレーを「非紳士的」と非難 (MSN産経ニュース)(1/2ページ)

朝鮮日報電子版より

 日本が連覇を果たしたWBCで、韓国の朝鮮日報(電子版)は日本のショート・中島の2つのプレーを挙げて「国際大会ではあまり見られない非紳士的」なプレーと非難した。

 問題にしているのは、日本が併殺で無得点に終わった七回の中島の二塁へのスライディングと、六回裏の日本の守備で、イ・ヨンギュが二盗を試みた際の中島のタッチプレー。

 七回の場面では、一死一、三塁で4番城島が三塁ゴロで併殺に倒れた場面で、一塁走者・中島が二塁に滑り込んだ際に、二塁手のコ・ヨンミンに体当たりするようにスライディングしたシーンを「国際大会ではあまり見られない非紳士的な守備妨害動作」と表現した。この場面は守備妨害の有無に関わらず、併殺が成立していた。

 六回裏の日本の守備では、一塁走者のイ・ヨンギュが二盗でヘッドスライディングした際に、中島が「イ・ヨンギュの頭の方向に左足を向けた」と指摘。同選手が第2ラウンドで内海投手から頭部に死球を受けたこととあわせて紹介し「相手に大きなケガをおわせる危険な守備だった」と非難した。いずれの場面も、試合中に韓国ベンチが抗議したり、審判が試合を止めて問題視するような場面はなかった。

 同紙の電子版は、トップページで問題としているプレーの写真を掲載。写真上に赤丸をつけて解説するなど、韓国の敗戦よりも大きく報じた。


 わかる。わかるよ。

 劣等民族に敗れた原因を、あくまで劣等側に見出すしかないという心境。
 選手達はよくやったのに周りが足を引っ張る。マスコミとはそういう質(タチ)を持っているのだろう。あの国とこの国の一部は方向がちょいと異質だけど。

「体当たりするようにスライディング」
 これは全然問題ない。どこでもやっている。国際大会云々とあるが、これだけ大きな舞台では余計そうだろう。ましてや体の小さい日本人相手なら普通にやってくる攻撃だ。自分達だけ被害者面はしないで頂きたい。

「内海投手から頭部に死球」
 これは間違い無く危険球。日本なら即退場だが、WBCにそんなルールは無い。人間が投げるのだからすっぽ抜けもあるし間違って当ててしまう場合もあるだろう。故意ならアホだが真相は当然知らない。

「頭の方向に左足を向けた」
 野球はできないので良く分からないが、ヘルメットが割れるのは始めて見た。「イ・ヨンギュ」なる韓国人の度胸も大したものだが、「相手に大きなケガをおわせる危険な守備だった」かどうかは良くわからない。


 韓国チームのプレーには拍手を送るが、やはりそれ(反日)で食ってる輩はどうにかせんといかんぞと思います。
 せっかくの良いプレーも台無しにしてしまうことになりかねん。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。