■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■変な映画に肩入れしないでこっちを見ろ

【外信コラム】北京春秋 「助けてください」(MSN産経ニュース)

 「陳情(直訴)者の常連の99%は精神に問題がある。偏執的な精神障害だ」。北京大学の教授が中国メディアの取材でこう発言し、陳情者が大学に抗議に押し寄せ大騒ぎになった。真意は不明だが、弱者の痛みを知らぬ発言だ。

 陳情とは、主に地方の司法機関の不正や政府による土地強制収用、当局の暴行などで人生をねじ曲げられた人々が、地方から北京に来て中央機関に“直訴”することを指す。いわば中国社会の暗部が凝縮されており、北京には陳情者が住み着く通称「直訴村」と呼ばれる区域がある。

 陳情の推移を取材し続けてきたので、直訴者の友人も多くなった。北京に住み着いて10年、20年の者もいる。春節(旧正月)前の大みそかなどは、決まって野宿する直訴者の友人数人に「気持ち」としてできる範囲のお年玉を渡してきた。

 「強盗殺人の共犯」とされて10年近く服役し、出所後に「冤罪(えんざい)」だと直訴を続ける人。子供を当局に殺害されたと訴える人、戸籍がなく野宿を続け、氷点下の寒風の中で死亡したお年寄り…。直訴村にある最高裁の陳情窓口の近くで、保安要員に暴行された女性もいる。そうした怨恨(えんこん)は想像を絶する。

 私の電話番号が出回っていて、早朝に知らない直訴者から電話がくるときも多い。彼らは必ずこう訴える。「何とか助けて。お願いします」(北京 野口東秀)


 今の中国が大好きな人、出番ですよ。
 あなた方が助けるべき人たちが沢山いるそうですよ。溢れる慈愛の精神でがんばってください。

 小説「大地の子」でも主人公の育ての父が陳情する場面が出てきたが、この「陳情」という一見平穏な言葉からは想像できない酷いモノだった。法なんて無い。この国が「人治」と言われる所以だ。しかもその「人」が共産党員なのだ。
 記事でもその酷いモノの一端に触れているが、中国のそのあたりを是正するように、日本をダメだと、中国が良いという人は是非そういう風に動いて欲しいものだ。

 もちろん共産党政府からはにらまれるが、そんなの中国が好きな人には関係無いはず。
 好きなのは中国であって共産党政府じゃないはずだから。


 チベットの件で露呈したように、日本が嫌いで中国が好きな人(の一部は、にしておきます)は単なる共産党政府の手下に過ぎない。

 今の日本にも恐ろしいほどいるこの手下どもは、本当に助けなければならない人たちを助けてはいない。
 金正日を支援して大多数の北朝鮮人を飢え死にさせている人たちと同類だ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。