■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■おくりびと

 遅れ馳せながら「おくりびと」を観た。
 いやあ良い映画だった。年取ったせいか涙もろくなって困る。

 外国人に受ける秘密も、なんとなくわかった。
 観る前までは、日本人の死生観や「穢れ」の感じ方などわかろうはずもないと決め付けていたが、完全に甘かった。
 長い年月に渡って蓄積された日本文化の持つ様式美や、本来我々が持っていた心の機微にまつわる様々な所作。
 出演している役者さんたちやスタッフの技量にもよるのだろうが、実に美しく感動的でした。
 滅び行く「日本」を封じ込めた日本映画の名作の一つになったと思う。
 ヒロスエももっと評価されて良い。

 久々の映画が、実に良い映画だった。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。