■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■個人の悪も良くないが集団で大悪事を働いている連中がいますよ

【外信コラム】台湾有情 NHK番組の傷跡

 日本で4月に放送されたNHKスペシャル「シリーズ JAPANデビュー 第1回『アジアの“一等国”』」が日台の民間各界に深い傷跡を残している。番組内容をめぐり視聴者が集団で提訴する事態に発展したのにNHK側にいっこうに反省の気配がみられないからだ。最も傷ついたのはこの取材に応じた台湾の日本語世代の人々だろう。

 先日、産経新聞台北支局に福地茂雄NHK会長あての「偏向番組に対する抗議状」の写しが届いた。差出人は「老台北(ラオ・タイペイ)」の敬称で知られる蔡焜燦(さい・こんさん)さんを代表とする「台湾歌壇」の有志60人だ。

 抗議状は「私どもは日本時代に日本国民として生まれ、日本人としての教育を受けた日本語世代を中心に、日本の伝統的な短歌を40年以上詠み続けています」との自己紹介から始まる。NHKには植民地統治の功罪両面を話したのに、放送されたのは批判部分ばかりだったという。

 NHKが「恣意(しい)的で偏向、歪曲(わいきょく)に満ちた編集態度で日本語世代を傷つけた」にもかかわらず、何ら誠意ある対応をとらないことを厳しく批判、「(番組の)訂正」を求めている。

 末尾の「日本語世代の台湾人は知日、親日、愛日、懐日(日本を懐かしむ)はあっても『反日』はいません」との言葉からは叫び声が聞こえてくるようだ。近隣で最も親日的な台湾の人々の痛みを顧みないようでは日本の明日はない。(山本勲)



 少し前の記事だが、のりピーヤク漬け事件なんぞで犬HKの大悪事をすっ飛ばすわけにはいかない。
 ニセサーファーも汚れた元アイドルも、敵による工作の結果。ついでにお塩とかいうチンピラも劣化日本人の慣れの果てだ。

 そしてこの台湾侮辱事件。犬HKでふんぞり返ってプロパガンダ映像を作り続ける工作員もまた、敵の工作だと見る事もできるのだ。こういった連中は敵の前では恭順の姿勢。あたりまえだがこいつは日本人でも敵の工作員。
 犬HKの罪は恐ろしいほど深く大きい。知れば知るほどあの天下の大悪党朝日○聞と肩を並べてしまうほどだ。

 しかし犬HK職員(工作員)のほとんどは日本人なのだ(と思う、多分)。
 なぜ日本人が敵の工作員に成り下がるのか。
 工作員に成り易い様に洗脳されているのだ。教育によって。

 今でさえこんな状態の日本で、反日工作員育成機関である日教組の支持する民主党が政権を盗ればどういうことになるか、そんなことはぼくのようなアホでもわかる。
 日本国中工作員だらけになって国が混乱する。洗脳の浅い人、幸い洗脳されずに済んだ人、こういった「日本人」と敵のコマに成り下がった自覚の無い日本人工作員とそこら中に潜伏している本物の工作員が争うようになる。
 得をするのはどいつだ? ほら得意のイマジンだ。
 わかるはずだ。得をするのは日本人ではない。

 敵だ。

 犬HKがこの件でやっているのは、「日本人」側に立つ人間を減らしていることに他ならないのだ。
 犬HKは間違い無く、敵の工作機関だ。ビタ一文払う必要は無い。ケリでもくらわせてやれ。

 そしてもちろん、民主党にもケリだ。
 輿石が参院議長だという噂もある。こうなることは、正に死刑執行書に自ら署名することに等しい。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。