■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■元々いないんだから

やっとこさまともな政府見解が出ましたね。
まあよかったとは思います。

靖国問題で政府答弁書決定 「戦犯」は存在せず 公式参拝であっても合憲
 政府は二十五日の閣議で、さきの大戦後、連合国によって「戦犯」とされた軍人・軍属らが死刑や禁固刑などを受けたことについて、国内法上は戦犯は存在しないとの見解を明確にした答弁書を決定した。首相の靖国神社参拝に関しては「公式参拝」であっても、宗教上の目的ではないことが外観上も明らかな場合には、憲法に抵触しないとの見解を改めて示した。いずれも民主党の野田佳彦国対委員長の質問主意書に答えた。

 答弁書は「(極東国際軍事裁判所やその他の連合国戦争犯罪法廷が科した)刑は、わが国の国内法に基づいて言い渡された刑ではない」と指摘。A、B、C各級の「戦犯」は、国内では戦争犯罪人とはいえないことを明確にした。

 この問題で自民党の森岡正宏厚生労働政務官(当時)は今年五月、「(戦犯とされた人々は)罪を償っており、日本国内ではもう罪人ではない」と発言したが、細田博之官房長官は「政府見解と大いに異なっているので論評する必要もない」と述べていた。

 また、答弁書は首相の靖国参拝に関し、「戦没者の追悼を目的とする参拝であることを公にするとともに、神道儀式によることなく、宗教上の目的によるものでないことが外観上も明らかである場合は、憲法二〇条三項の禁じる国の宗教的活動に当たることはない」との見解を改めて表明した。

 靖国参拝について藤波孝生官房長官(当時)は昭和六十年、「首相、閣僚が国務大臣としての資格で戦没者の追悼を目的として、靖国神社の本殿、社頭で一礼する方式で参拝することは、憲法の規定に違反する疑いはない」との政府統一見解を発表している。

 首相の靖国参拝をめぐっては、大阪高裁が拘束力を持たない「傍論」で靖国参拝を「公的行為」と認定。憲法の禁止する宗教的活動に当たるとしたが、政府見解はこれを真っ向から否定した。

日本に「戦犯」が存在しなくなった今(そんなの元々いませんが)、
中国と朝鮮と「イマジン的平和」が大好きな左翼のみなさまは
どう自分達を正当化していくのであろうか?

「それでも戦犯は戦犯だ」となるのかな(笑)


ただ、神社という神道の祀りの場ではその作法に従って欲しいと思う。
神道は日本人でさえ意識できないくらい日本のあらゆる事象に
浸透している宗教である。
その神道の「神」を祭るのだからそこに神道的な心が無くては、
その「神」の存在さえも否定することになるように思う。

神道の神を拝む際に神道の作法をすることが、
憲法の定める特定宗教の助長になるのだとしたら、
そんな憲法なんか変えちまえと思います。

神道は古代から現代にかけて日本人がその心の優しさをもって
作り出し受け継いだ素晴らしい宗教であり信仰です。
後から作った憲法で制限されるのはとても好ましいとは思えない。

参考:A級戦犯・靖国参拝問題の基本的事実
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■盧大統領来日は困難 首相の靖国参拝を批判 日韓外相会談

盧大統領来日は困難 首相の靖国参拝を批判 日韓外相会談 町村信孝外相は27日夕、韓国の潘基文(バンキムン)外交通商相と都内の外務省飯倉公館で会談した。潘氏は、小泉純一郎首相の17日の靖国神社参拝について「韓国国民の気持ちを踏みにじるものだ」と厳しく批判...

■何度でも同じ事だと思うのだが

靖国問題で政府答弁書決定 「戦犯」は存在せず 公式参拝であっても合憲引用開始政府は二十五日の閣議で、さきの大戦後、連合国によって「戦犯」とされた軍人・軍属らが死刑や禁固刑などを受けたことについて、国内法上は戦犯は存在しないとの見解を明確にした答弁書を決定

■<ヤンキー兄ちゃんら優勝する><米2大紙・両極見解の訳>

『日々日常』本サイト『アメリカ二大紙、両極の見解の訳』(以下引用)小泉純一郎首相が神社にコインを投げ込んだ波紋がまだ、汀(みぎわ)を洗っている。それでも、曲解や誤解のさざ波を日本の方から押し返す動きが出ていることは喜ばしい。とりわけ、首相が....

■「戦犯」は存在しない!

「反対派の論理破綻」民主・野田氏靖国問題で政府答弁書決定 「戦犯」は存在せず 公式参拝であっても合憲 連合国によって「戦犯」とされた軍人・軍属らが死刑や禁固刑などを受けたことについて、国内法上は戦犯は存在しないとの見解を明確にした答弁書を決定した。首相の

■靖国問題で政府答弁書決定 「戦犯」は存在せず 公式参拝であっても合憲

やっとまともな公式見解だしました。政府は二十五日の閣議で、さきの大戦後、連合国によって「戦犯」とされた軍人・軍属らが死刑や禁固刑などを受けたことについて、国内法上は戦犯は存在しないとの見

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。