■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■悲惨

【湯浅博の世界読解】相手は脱米入亜に乗らず (1/2ページ)

 民主党の小沢一郎幹事長が、近く議員140人の異常な大訪中団を送り込むのだという。民間人も含めると総勢600人を超える。新人研修なみの強制参加なら同情に値する。だが、小沢流「離米入亜」の数合わせなら独立した議員としてのバッジが泣く。

 小沢幹事長が年ごとに、引き連れる数を増やすのだから、あちらもさぞ満足だろう。盛大に歓待して記念撮影でもすれば、労せずして囲い込める。議員たちが中国得意の「ハニートラップ」に引っかからないことを祈るばかりだ。

 国際社会は過酷なリアリズムの中にある。米国が中東に足を取られている間に、中国は攻撃性の高い空母を建造する計画だ。「空母はつくらず」はウソだった。昨年6月の日中合意に反して東シナ海のガス田を新たに単独で開発している。日本の抗議には「解釈の違い」でごり押しだ。

 鳩山政権は北朝鮮や中国に対する「脅威の認識」が薄いから、抑止力を軽視する傾向が強い。友愛や調和ばかりの夢想家が権力を握るとろくなことがない。(東京特派員)


 こういう行動をする人間を普通は売国の徒というのじゃないのか。走狗という言葉もあったな.
 湯浅氏は「同情」と書かれているが、参加するこの議員どもに日本の国会議員たる矜持があるとは思えない。

 こんな連中は中華からしたら軽蔑すべき存在だということがわからんのだろう。
 自分たちが表面上チヤホヤされて(日本の国益より中華の国益を優先しているのだから当然)いるだけの唾棄すべき輩という自覚はないだろう。自覚していればその面を人様に向けれるはずがない。生きていけるはずが無い。岩手の人間は日本国の売国奴を政界に送り続けた実績をよくもまあ作った(オオサカモヒトノコトハイエナイノダガ)。

 あちらは「礼」の国だと建前はそうなっている。4千年(これからしてウソっぱちだが)らしい年月がその叡智を生み出したとしている。それを重んじる国だと(笑わせるが)言っている。もう全て大嘘。
 この記事の引用部分四節を読むだけでお先真っ暗になるのだが、そうではないのが今喜んでいる「夢想家」どもだ。

 極東にイマジン国家が完成されつつある。
 もちろんその行く末は中華人民共和国倭族自治州。あなたの上司は中華のお人、上級役人も中華のお人、いい男は僻地労働か小作人、いい女は中華のお人の妾か愛人。賄賂は当然、全て共産党員のさじ加減、档案に「倭族」と登録されて正に現代の「大地の子」状態。
 ああ素晴らしきかなイマジン、それが天国か地獄か、ジョンもまさかと思っているだろう。


 こんな民主党などに政権を奪われた、そこまで国民に愛想をつかされた自民党はその罪の大きさを思い知るべし。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。