■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■現在進行形の不毛地帯

日中歴史共同研究、「南京事件」は両論併記へ(読売新聞)

 日中両国の有識者による「日中歴史共同研究委員会」(日本側座長=北岡伸一・東大教授)が24日にも最終報告をまとめ、このうち「総論」を発表することが明らかになった。

 時代ごとに担当委員が執筆した論文を盛り込んだ「各論」も近く公表される見通しだ。

 ただ、南京事件の犠牲者数など両国の争点となっている論点を巡っては溝が埋まらず、両論併記になる見通しだ。

 1945年以降の現代史については公表を見送る方向となった。中国側が現在の中国政府への批判につながることを懸念したためとみられる。

 日本軍が37年に中国・南京を占領した際に起きた南京事件に関しては、中国側は政府の公式見解「犠牲者30万人」を譲らず、日本側も「数万人から20万人まで」など様々な説があると主張したため、両論併記とすることとした。日中戦争についても、日本側は「軍部の一部勢力に引きずられて戦線が拡大した」との見解を示したが、中国側は「計画的な中国への侵略」と結論づけ、かみ合わなかった。

 現代史に関する公表が見送られるのは、米英など連合国がいわゆる「A級戦犯」を裁いた東京裁判(46~48年)や、天皇陛下の中国訪問(92年)などの評価で意見が対立したためだ。89年の天安門事件なども、「中国側には触れられたくないテーマ」(関係者)だという事情があった。


 いつまでこんな不毛な「研究」を続ける?
 共産党独裁軍事国家相手にいったい何を期待するのだ?
 民主党ともども頭イってもうたとしか思えん。イマジンのやりすぎは体にも頭にも毒だ。

 向こうの「触れられたくないテーマ」は公表見送りなどの措置、こちらの(表現はどうかと思うが)「触れられたくないテーマ」は両論併記など、まったく馬鹿げている。
 こんなことは研究でもなんでもなく、サヨクも騒ぐ歴史の捏造にほかならない。
 ウソも言い続ければ本当に本当のこととされてしまう。そもそもこんなこと始めること自体アホ丸出しだが、この事態を放置した東大教授の責任も重い。事なかれな政治はもっと悪い。ハラキリものだ。

 基地外とは話など通じないということは半島の基地外とのことでもわかるだろう。
 日本にいるその基地外の代弁者どもも相当とち狂っていることもわかっただろう。

 いい加減にこんなアホなことはやめて日本は日本の歴史を語れば良いではないか。
 深いぞう、日本の歴史は。一本筋が通ってるからね。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。