■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■に?

「外国人参政権反対」のデモに催涙スプレー 新宿で高校生逮捕

 デモ参加者に催涙スプレーをかけてけがを負わせたとして、警視庁新宿署は24日、傷害の疑いで神奈川県に住む高校3年の男子生徒(17)を逮捕した。同署によると、男子生徒は容疑を認め、「声をかけられてかっとなり、もみ合いになった。催涙スプレーは護身用に持っていた」と話している。

 逮捕容疑は、同日午後1時ごろ、東京都新宿区西新宿の新宿中央公園多目的運動広場で、33~41歳の男性3人の顔に催涙スプレーのようなものを吹き付けて、軽傷を負わせたとしている。

 同署によると、3人は「在日特権を許さない市民の会」が主催するデモに参加した後、帰る途中だった。デモの警備をしていた警察官が異変に気づいて駆けつけ、男子生徒を取り押さえた。デモには約500人が参加し、「外国人参政権に反対」などと声を上げながら行進していたという。


「外国人参政権反対」なのはまともな日本人なら当たり前の話だが、このタイトルはちょいとおかしい。
 産経による誘導のように読める。

「外国人参政権反対」を主張する「良い人」たちが民主的にデモを行っているときに、催涙スプレーがかけられたと読める。「デモに」とあるからだ。デモ側に同情を引き込む算段か。

 しかし記事を読むと違う。
 あくまで「デモに参加した後、帰る途中」に催涙スプレーをかけられたのだ。

 確かにサヨクは穢れた薄汚い連中なので後をつけて各個撃破したのかもしれないが、そんなことは判明していない。このガキの国籍ももわかってない。あくまで「参加した後」の揉め事になっている。
 だが普通の男子高校生が「催涙スプレーは護身用に」というのは胡散臭い。いまどき学校間闘争の兵隊でもあるまいし、3人のおとなを相手に「声をかけられてかっとな」るようなちょっと危ないガキだったのかもしれない。
 洗脳された工作員の可能性もある(日教組が牛耳っている以上、日本の学生のほとんどは洗脳されていると見て間違いない)が、少なくとも、産経のこの記事のタイトルはおかしい。「てにはを」もきちんと使えないのに、言葉を扱う仕事はしてはいけません。もちろん朝日のようにウソばっかりは論外だけど。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。