■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■もう夢見る頃も過ぎたでしょうに

南京虐殺、犠牲者数で隔たり=戦後史は除外-日中歴史研究報告書(時事通信)

 日中両国の有識者による歴史共同研究の成果をまとめた報告書が31日、公表された。双方は、日中戦争の原因が基本的に日本側にあり、中国国民に深刻な被害を与えたとの見解では一致。しかし、南京虐殺事件の犠牲者数を中国側が30万人と主張したのに対し、日本側は2万~20万人とするなど、認識の隔たりも浮き彫りとなった。
 日中の有識者は共同研究を継続していく方針を確認しているが、政治体制の違いもあり、歴史認識の共有に向けたハードルは高いのが実情だ。
 歴史共同研究は両国の相互理解を深めることを目的に、2006年10月の日中首脳会談で合意され、同年12月にスタート。日本側は北岡伸一東大教授、中国側は歩平・社会科学院近代史研究所長が座長を務めた。
 報告書は約550ページで、古代から近現代までの歴史を、日本側委員と中国側委員がそれぞれの立場から記述した。国内世論に与える影響を懸念する中国側の要望で、天安門事件(1989年)などが含まれる戦後史は報告書から除外された。

 
 「相互理解」やって(笑)
 「共同研究」やって(笑)
 譲歩するのは日本だけ。向こうが認めないと話しは進まない。
 これが「共同研究」か? そもそも「研究」なのか?
もう夢見る頃も過ぎたでしょうに
 しかしどうして御破算にしなかったのだろう。
 税金使って「共同研究」しましたが、あちらさんと「共同」するのは不可能でした。税金無駄使いしましたと証明できる良いチャンスだったのではないか。無駄使い調査市民団体も、そんな「研究」ならやめろーとやるんじゃないのか(笑)。

 アホなこといつまでもやってんと、台湾と「共同」で独裁軍事帝国をどう滅ぼすか「研究」したほうが世界の為だ。

 歴史を真摯に見つめると、中華がしっかり存在すると必ず周りは大迷惑を被る。近い日本はなおさらだ。
 そうなる前に、世界は協力して潰してしまわねばならない。歴史の教訓とはそういうものだ。歴史に学ぶとはそういうことだ。



 追記(中国と書くと違和感ありまくりだが、ここは便宜上中国にしておきます)

「日中戦争の原因が基本的に日本側にあり、中国国民に深刻な被害を与えた」と一致したそうだ。

 戦争は当時でも別に悪いことではない。紛争の解決の一つの手段だ。回避する努力は必要だが、それは今でも同じことだ。
 それが人間の作る国際社会だとまず認識しておくべき。
 だから「原因が基本的に日本側にあ」ることは何の問題もない。相手があって成立することで、どちらか一方が「悪」なわけはないし、そうも言ってない(はずだ)。←ナチスのホロコーストと同一視するのは愚の骨頂。
 まあそれ以前に、自虐趣味で自分だけが悪いの的な態度は、美しいとはいえない。

 「中国国民に深刻な被害を与えた」のはそれこそ「基本的に」中国側に責任がある。
 保護すべき自国民を守れなかっただけなのではないか? ん?
 実際はその守るべき対象を殺しまくったんだろうけど、その罪まで日本に押しつけるのはちょいと無理があると、普通は思うのだが反日・親シナ・サヨク系統はそうとは思わない。基本が日本=悪だからもうどうしようもない。前提ありなので結果は決まっている。

 そんな自称学者が集まって税金使って売国を働いたのが、この「共同研究」の成果。
 こういうのこそ「仕分け」して欲しいし、こんな一方的な「研究成果」に影響されるアホがでないようにしないといけない。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。