■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■検察支持決定

【小沢氏不起訴】法廷攻防へ 人権派ら異色弁護団 検察も総力戦

 1月23日、約4時間半にわたる最初の任意聴取を終え、記者会見で身の潔白を訴えた民主党の小沢一郎幹事長。その隣にいたのは小沢氏側が付けたとされる衆院議員、石川知裕(ともひろ)被告(36)の弁護人だった。小沢氏の立件を視野に入れ、石川被告らから供述を引き出そうとする「最強の捜査機関」。これに対し、小沢氏側は“実力派”で知られる弁護士が連日接見に訪れ、石川被告らを強力にサポートし、両者のギリギリの攻防は起訴直前まで続いた。

 「簡単には自供させられないかもしれないな」。ある検察幹部は石川被告に付いた弁護人の名前を聞き、懸念を示した。石川被告の弁護人となったのは、オウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚や山口県光市の母子殺害事件の被告らの主任弁護人を務め、死刑廃止運動を先導する“人権派”の安田好弘弁護士だった。

(以下略)


 安田が出てきた時点で、ぼくは盲目的かつ一方的に検察を支持します。
 このクソ弁護士が「活動」を行うという、ただそれだけで自分の社会生活が脅かされているように感じます。以前にも書きましたが大きな社会不安をこのクソ野郎から受けているということです。

 故に、クソ安田が弁護しようとする小沢は悪人と、このブログでは”決定”いたしました。
 冷静さを欠こうが、ヘリクツであろうが、たとえ小沢が(ありえないが)潔白だろうが、周りからして真っ黒クロスケ。
 完全にアウチだと決め付けます。

 小沢をブタ箱へ!(ついでにアホポッポも)


 いつもながらこの件というかこの弁護士については、いつもの下品さに更に磨きがかかります。
 本心で素直に書くともっと酷くなります(笑)。
判決死刑

関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。