■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「思う」でやっていいレベルじゃない

外国人参政権「国益との議論ある」 首相、安全保障上の影響に言及

 鳩山由紀夫首相は9日の衆院予算委員会で、永住外国人に対する地方参政権(選挙権)の付与について「国益につながる議論はある。例えば基地の問題や安全保障の議論があるかもしれない」と述べ、参政権付与によって、国の安全保障に問題が生じる可能性があるとの認識を示した。首相が国防上の観点で参政権付与の問題点を指摘したのは初めて。

 自民党の高市早苗元沖縄・北方担当相が、参政権を与えられた外国人の意思で地方自治体の首長選や住民投票の結果が左右され、国益に悪影響を及ぼす懸念をただしたのに答えた。

 首相は政府提案による付与法案の今国会提出に関しても、「内閣の内部でまだ考え方が1つにまとまっていない。各党でも意見を一致させていかなければならず、あまり強引に行ってもいけない」と、慎重な姿勢を示した。

 これに対し、北沢俊美防衛相は参政権の付与に賛成する考えを表明した。母国の国防義務を負う在日韓国人や中国人に日本の地方参政権を与えた場合の安全保障上の影響についても、「危険性はないと思う」と述べた。

 一方、首相は平成7年2月の最高裁判決のうち、拘束力を持たない傍論部分で「地方選挙権の付与は禁止されない」とされたことに触れ、「私どもの解釈では憲法に抵触しないという判断を有している」と述べ、地方参政権付与は合憲との解釈を示した。

 この判決の本論部分では憲法15条が定める選挙権について、「わが国に在留する外国人に及ばない」としている。さらに憲法93条で地方参政権を持つと定められた「住民」は「日本国民」を意味するとして、外国人の参政権を否定している。


 アホポッポ、本論より傍論を判断基準にするとは・・・いやはや・・・・・・

 こんなポッポが任命した現役の防衛大臣が「危険性はないと思う」と公式発言。
 この北沢なる人物がどれほどの能力を持っているのか知らないが、間違いなく人事のミスだ。ミスでないとしたら、それはもう国に対する犯罪だ。知らなかったじゃなくて知っていてこの人事を行ったのだから。
 恐ろしい大金をもらっても何も知らない(と言い張る)おっさんだから、こんな小物(発言からして大人物では決してない)のポストなど知らなくて当然かもしれないが、総理大臣なんだから任命責任はあるはず。


 本当にこの政権は危険だ。もしこのまま時間を使わせてしまうと、我々の世代は間違いなく、後世から弾劾される。1億総痴呆時代の愚行と言われる。
 少なくとも後世まで日本が存在すれば、の話しだが。


 自衛官のみなさんもこんなトップじゃやる気も失せるでしょう。
 もし有事の際に士気が低くて国民に被害が及んだらどうするんでしょうね。
 ポッポも北沢なる小物も、やってることがわかっているのかな?

 まあわかってやってるから、売国奴と呼ばれるんやけれども。。。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。