■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■先にやることがある

陸自連隊長発言、処分含め検討=北沢防衛相(時事通信)

 陸上自衛隊第6師団第44普通科連隊長の中沢剛1等陸佐(47)が「(日米)同盟は『信頼してくれ』などという言葉だけで維持されない」と発言したことに関し、北沢俊美防衛相は12日の閣議後会見で、処分を含め対応を検討する考えを示した。
 防衛相は「(政治や外交という)国家意思にかかわることを現場指揮官が公式に発言する規律の問題を、シビリアンコントロール(文民統制)の観点から整理する必要がある」と述べた。

 
 中沢剛1等陸佐は何も間違ったことは言っていない。正にそのとおりだ。
「信じてちょーだい」とか言っておきながら裏切ってるんだから、そんなんじゃ信用されませんよってこと。
 人間なんだからあたりまえの話。
 現場で命張ってる人間からしたら危なくてしょうがないし。


 確かに文民統制の観点から、言っちゃいけないことだとは思う。

 ならどうして、自衛隊などという中途半端なことをやめて、日本軍としてきちんと位置づけて法整備しないのか。
 中途半端な立場と装備と法律と、こんな状態でとやかく言えるものなのか?
 そもそもこの自衛隊は憲法に規定されていないのだ。実は恐ろしい集団(になりうる)ということをなぜ政治家は言わないのか?


「国家意思にかかわること」を言わせないのなら、まずその「国家意思」をきちんとしたらどうだ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。