■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■トーシロ

生徒の父に差別文書=高校教諭を逮捕-福岡県警(時事通信)

 生徒の父親に人権を侵害する文書を送り脅迫したなどとして、福岡県警久留米署は21日、脅迫と偽計業務妨害の疑いで、同県久留米市立高校教諭吉田威容疑者(37)=同市国分町=を逮捕した。
 同署によると、吉田容疑者は昨年9月7日から10月3日の間、生徒の父親(38)にはがきや封書で6回にわたり、人権に関する差別的な内容の文書を郵送して脅迫。久留米市に約20回の対策会議を開かせるなどし、通常の業務を妨害した疑い。容疑を認めているという。
 久留米市教委によると、文書には「消えうせてほしい」「早く死ね」などと書かれていた。吉田容疑者は生徒の生活指導問題をめぐり、父親とトラブルになっていたという。

 
 読み終わってもどうも釈然としない。
 この記事、話しが終わってないのだ。ちなみにプロの書いた(はずの)記事。

 吉田という教師が生徒の父親を文書で脅迫したということだが、どういう「差別的な内容」なのか、どういうトラブルがあったのか、指導される生徒はどういう人物だったのか、まったく、ほとんどと言って良いほど大事な情報が欠落している。

 この記事で判断できるのは、こんなアホ教師に子供は任せられない、ということだけだろう。
 これはそのとおりで、「消えうせてほしい」「早く死ね」などと書いた文書を送りつけるとは言語道断だ。
 しかし、最近は親に子にもアホが多い。子供を持つ親ならというか、普通に生活しているだけでもガラだけ大きくて中身がパッパラパーの大人にみえる人が本当に多い。いちびり過ぎのガキも腐るほどいる。

 そんな中で、このある意味一方的な内容の記事では、現場の教師を萎縮させるだけの風潮を作り出すことにはならないか。
 確かに教師の中には日教組をはじめとする国家破壊工作に従事する工作員と化しているヤカラもいる。
 でもあくまで希望だが、そんなアホばかりでは無いはずだ。現場の教師は相当がんばっているはず(方向は間違えずにお願いします)だ。

 大江のようにウソは書いてないのだろうが、もうちょっと「中身」を書いてもらわないと読み終わったあとにどうも不快感が残ってしまいます。

 このエントリは素人が書きました(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。