■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■熱弁(終わりに向けて)

「日本はまだ鎖国的」 首相、「東アジア共同体構想」になお意欲 異例の熱弁

 鳩山由紀夫首相は17日、都内で講演し、持論の「東アジア共同体構想」の狙いについて「『開かれた国益』という言葉をあえて使いたい。日本という国がまだ鎖国的な意識を持っている。一人一人の心の壁を取り除くことが大事な発想だ」と意義を強調した。その一方で、内閣支持率低迷を念頭に「(自身の)ビジョンをあまり評価をいただいていない」と恨み節をこぼした。

 首相は日本国際問題研究所が主催する「東アジア共同体の構築を目指して」と題したシンポジウムに出席。原稿に目を落とすこともなく、予定の倍近い約20分間にわたり弁舌をふるった。

 「旧政権と大きく違うのは東アジア共同体を積極的に構想することだ。役所間の軋轢(あつれき)が障害になっている部分もあるが、日本を世界に向けてひらく。もっともっと開国させる」

 首相は「開国」や「鎖国」というキーワードを使って「東アジア共同体構想」の意義を強調したが、こうした言葉は外国人参政権に絡んで使ってきた。

 民主党代表だった平成14年8月には「『日本列島は日本人の所有物と思うな』という発想は日本人の意識を開くことで、死を覚悟せねば成就は不可能。そこまで日本を開かない限り日本の延命はない」(夕刊フジのコラム)と主張。党幹事長だった昨年4月には「日本は鎖国をしているわけではない。地方の参政権は付与されてしかるべきだ」と述べている。

 今回の講演で首相は、日本が「鎖国的」な例として日本語の壁で介護や看護などの資格取得がままならない外国人の例を取り上げ、「日本のおじいちゃん、おばあちゃんを助けようと思っても助けられない。こんなばかなことが現実に起きている」と訴えた。

 外国人参政権問題には、連立政権を組む国民新党が反対していることもあり、この日は触れなかったが、「国と地方を同格にする」「政府とNPOが同格になる」と訴えるなど最後まで“鳩山節”を全開させた。


 こいつは本当にアホだから前の駄弁(東アジア共同だどうたらこうたら)はすっとばすことにします。

 で「日本のおじいちゃん、おばあちゃんを助けようと思っても助けられない。こんなばかなことが現実に起きている」を取り上げます。

「助けられない」のは、教育と工作によって助けようともしないアホを大量に作り出したことが原因。
 日本人は「和」の生き物だから本来はそんな心配はしなくていいものを、クソサヨクどもが「和」を破壊してきたためにこんな心配をしなくてはいけなくなった。

 外国人に力を借りても良い。しかしあくまで外国人だ。外交がヘタこけば敵性に変わるやも知れない。
 外国人はそういう目にさらされながらも他国で生きていくことを選ぶかどうか選択する必要がある。それをわきまえずに権利だ自由だ人権だと、わきまえることが「和」を保つ重要素であるこの国で明らかな破壊行動を取られては、受け入れに拒否感を持ってしまう人がいても仕方がない。
 もっと言えば、初めから敵性をあらわにしている連中もいることをはっきりさせたい。問題は「実は特定外人優先」のアホがその敵性外人を念頭に日本の破壊を行っていることだ。ポッポもその一人。

「日本のおじいちゃん、おばあちゃんを」侵略者だ人殺しだ強姦魔だアジアの人々を傷つけるだ、散々貶めてきたのは誰だ? 貴様らクソサヨクではないか。
 それを「助けよう」などど今更偽善者ぶるのは冗談もほどほどにしてもらいたい。貴様らが「助けたい」のは三馬鹿による日本の支配だろうが。そのために叡智ある先人である我々の「おじいちゃん、おばあちゃん」をもダシに使うなんて、畜生にも劣る所業。地獄へ行け。
 今までどれだけ彼らを傷つけてきたか、死を以て償っても余りある罪だと、日本に対してそれだけのことをしてきた罪深く穢れた連中だと、そういう正しい認識があればこんなアホがうじゃうじゃ出てくる世の中にはならない。

 日本人をアホにして、爺婆を助けない世の中にしようとしているのは、どう考えても貴様ら以外にいない。
 わきまえない連中には「鎖国的」で何が悪い。「NO」を言う必要があるときは、毅然と「NO」と言おう。


 アホポッポの熱弁ついでにアホ日本人も熱弁してみました。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。