■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■文章の内容は至極正当

テレビ朝日に銃弾? 脅迫文に「反日放送やめろ

 テレビ朝日(東京都港区)に、散弾銃の銃弾のようなものと脅迫文が入った封筒が郵送されていたことが23日、警視庁麻布署への取材で分かった。同署は脅迫容疑で捜査。テレビ朝日では1月にも銃弾が送りつけられる事件が発生しており、関連を調べている。

 同署の調べによると、20日午前11時ごろ、テレビ朝日の集配センターで不審な郵便物が見つかり、社員が封筒を開けて確認したところ、長さ5、6センチの散弾銃の弾丸のようなものと、脅迫文が入っていた。

 同署によると、脅迫文は1枚で、手書きで「反日放送をやめろ」「中国・北朝鮮を支援するような発言をやめろ」という趣旨の文言が書かれていたほか、特定の番組を批判していたという。

 封筒のあて名には「テレビ朝日御中」と書かれており、差出人は記入されていなかった。消印は19日だが、局名は不鮮明で確認できないという。


 暴力を是とはしない。

 しかし、朝日に対して暴力的な何かが行われても、ぼくは冷静だ。そんな対象になったとしても致し方ないと判断するだろう。因果応報、自業自得。償うには大き過ぎる罪が朝日にはあるが、一向に改善する方向にない。
 もちろんその犯人は法によって裁かれねばならないし、その犯罪を是とはしない。

 同じことは犬HKにも日教組にも、その他もろもろの工作機関にも言える。
 世の中にはやっちゃあいけないことを、法を犯してまでしてしまう人がいる。
 少なくとも朝日をはじめ諸々の工作機関は、日本人に対してやっちゃあいけないことを、今でもし続けていることは確かなことだ。しかもそれは間違いなく確信的である。
 だから同じくやっちゃいけないことで対抗する人が出ても、それはそれで致し方ない。アホガキはしばかんとわからん、というのと同じだ。
 朝日らもその覚悟でやってるのだろうと思うしかない。奴らの出方を見るとそういう態度だと思える。

 ただ街宣右翼と同じく、イメージレッテル植え付け作戦の一貫の可能性もある。
 そこは注意しなければならないだろうが、素人にそんなことはわかろうはずもない。

 一つ確かなことは、朝日の罪は地球より重い、ということだけだ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。