■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■誰が?

 本当に知らないことが多いなと、自分の無知を恥じるわけですが、西村眞吾氏のサイトにこんなことが書いてあります。

嘘と大陸

(前略)本年は、日韓併合百年にあたる。
 その引き金を引いたのが、日韓併合に消極的だった伊藤博文の暗殺である。その犯人は、朝鮮人の安重根と言われている。
 一九〇九年十月二十六日、ハルピン駅頭で確かに安重根は膝をついてブローニングのピストルで伊藤博文を撃った。
 しかし、伊藤の体内から発見された二発の銃弾は、ブローニングのピストルのものではなく、フランス騎兵銃のものであった。それも伊藤の体の上から下に抜けたものであった。跪いて発射したのなら弾は伊藤の体の下から上に抜けねばならない。
 果たして、伊藤は誰に殺されたのか。(後略)


 こんな謎は初めて聞きました。
 つい最近クソ犬HKで、わが日本の総理大臣で非業の死を遂げた英雄と、朝鮮のテロリストを同格か逆転か、それ以前に歴史をしっちゃかめっちゃかしたいつものプロパガンダ番組を放送したそうですが、もしこの安重根とかいう安っぽい朝鮮人が犯人でないとすると、無理やり捏造してもまだまだ数が少ない英雄がまた、ただの未遂犯で終ってしまいます。
 朝鮮としては是非ともテロリストであって欲しいところでしょう。是非とも人殺しであって欲しいところでしょう。
 民族の哀しみというのはこういうところにも出てくるんなあと、してはいけない同情までしてしまう。

 だから、今のままの日本ではいけないのだ。国がしょぼいとはそういうことなのだ。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。