■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■冗談じゃない!

岩崎宏美、盗作「冗談じゃない!」 万博ソング問題に怒り

 岩崎宏美 歌手、岩崎宏美(51)が25日、東京・立川市市民会館でデビュー35周年記念ライブを行った。「聖母たちのララバイ」のほか歌手、岡本真夜(36)に作詞作曲してもらった「手紙」など17曲を披露。

 岡本は今、自曲が上海万博PRソングに盗作された疑惑の渦中にあるが、岩崎は「自分がもし作った曲を盗作されたら、『冗談じゃない!』と怒ります。でも、ブームにもなるんですね」と不思議そうな面持ちだった。


 ほんまやで。
 岡本真夜もなんで許可しとんねん。相手は中国人やぞ。
 音楽を作る才能はあってもアホはアホ。アホならアホなりに自分のクリエイティブな仕事の成果を保護すべく手をうっておかんとイカンのに。非常に今の日本人らしい(←それをボケたと言われてる)。
 相手(中国人)のことも見えてない人間が書く詞など、イマジンお花畑だけの世界であろう。どういうモノかこれでタカが知れた。聴くまでも無い。

 やつらはバレたから仕方なしに「使うけど」と言う。礼も信も何もあったもんやない。
 しかも逆ギレしとるそうやないけ、あちらの中国人。こういうのを人の皮を被ったケモノと言うのだ。


 ほんでもって一番納得でけへんのは、それに便乗してCD売り出したりするカネカネキンコ主義の業界。そしてそんなんを買うウルトラ級のアホ購買客(日本人)。

 結局、こういう連中が「音楽」というものをダメにしているんだと思う。

 自分達の「創作」を守りたいなら、ここで断固反対の立場を取るのがクリエイティブな世界に生きる者の努めではないのか? そこに誇りは無いのか? あんたらの作品はそんな程度のモノなのか?
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。