■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■で済むと思っているのか?

【首相訪沖】首相「海兵隊が抑止力と思わなかった」

 鳩山由紀夫首相は4日、米軍普天間飛行場の移設問題に関し「昨年の衆院選当時は、海兵隊が抑止力として沖縄に存在しなければならないとは思っていなかった。学べば学ぶほど(海兵隊の各部隊が)連携し抑止力を維持していることが分かった」と記者団に述べた。また、昨年の衆院選で沖縄県外、国外移設を主張したことについて「自身の発言に重みを感じている」とも語った。

 ■在沖縄米海兵隊 米軍の第3海兵遠征軍の中核。沖縄県によると、在沖米軍の6割近くを占め、兵員約1万2千人が駐留。司令部はキャンプ瑞慶覧(沖縄市など)に置かれている。砲兵部隊を含む第3海兵師団、第1海兵航空団、第3海兵役務支援群などで構成。キャンプ・ハンセン(金武町など)には地上部隊が駐留し訓練場も備える。沖縄県によると、普天間飛行場(宜野湾市)には固定翼機16機、ヘリコプター36機の計52機を配備。朝鮮半島や台湾海峡での有事をにらみ、中東にも出動する。



 どうやら本当の阿呆のようだ。おめでたいにも程がある。

 これほどの圧倒的な無能でもカネの力で政治の世界で生きてこれたのだ。
 この恐ろしいまでの無能者の支持者と、この無能者にカネを与えた悪に、報いが訪れることを心の底から願う。

 もう絶句に近い。余りに無能。無知。どうしようもない。
 この(わきまえる)ぼくでも本当にそう思う。こいつはアウチだと。本当の「気違い」だと。

 ぼくらはものすごいことを目撃している。
 自由を「与えられた」人間がどういう選択をするか、サヨクに洗脳された人間がどういう選択をするか。とてつもない実験の中をぼくら現代日本人は生きている。良いモルモットだ。
 憲法一つ自分で決めれない。自分の国を自分たちで守れない。とにかく良い人ぶるのが正義だと思っている。でもとにかく自分だけが大事。
 こういう人間ばかりになると、こんな無能者を頭に戴いてしまうのだ。

 世界各国は良き教訓を得ただろう。
 日本人は原爆に焼かれ、生き残りはモルモットにされた。

 ここで日本は終るのだろうか。ほんの六,七十年前に多くの若者が命を賭けて守った日本が。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。