■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■この主張に賛成

【主張】中国調査船 首相抗議せねば禍根残す

 奄美大島沖の東シナ海で活動中の海上保安庁の測量船「昭洋」が中国の海洋調査船から作業中止を要求され、4時間近く追跡されるという異様な事態が起きた。

 昭洋の活動場所は日中間の排他的経済水域(EEZ)中間線から約40キロ入った日本側海域だった。にもかかわらず、中国の「海監51」は1キロ弱まで近づき、「この海域では中国の規制が適用される」と主張した。

 中国側は日中中間線を認めておらず、大陸棚は中国大陸から沖縄本島近くの沖縄トラフまで延びていると主張し、そこまでが自国のEEZだとしている。昭洋は「日本の大陸棚で、国際的に正当な調査だ」と答えたが、調査継続に支障が出たため海域を離れた。

 これまでは日本側のEEZで中国調査船が違法な調査活動を行い、海保の巡視船が中止を要請してきた。今回はあべこべの事態で、正当な日本の活動が中国の妨害行為により中止を余儀なくされた。重大な権益の侵害であり、あってはならないことだ。

 このような前例はなく、岡田克也外相は「極めて遺憾だ」と不快感を示し、程永華駐日大使に厳重抗議した。しかし問題は、再発が防げるかどうかである。

 案の定、中国外務省の姜瑜報道官は「活動は完全に正当で合法だ」と中国側の行動を正当化した。有効な抗議の手段を講じなければ、日本は「中国の海」となってしまうのを傍観する立場に追い込まれよう。

 駐中国大使を召還する必要はないのか。国際司法裁判所への提訴で、中国の権益侵害の問題を取り上げる方法もあろう。調査活動の安全確保のため、自衛隊の活用も視野に入れる必要がある。もてる手段を再検討すべきだ。

 事態を放置しておくと、中国側はさらに既成事実を積み重ねてこよう。海軍力を背景に、都合の良い解釈を力で押しつけてきているのが現実である。

 鳩山由紀夫首相と胡錦濤主席は昨年9月の初会談で、東シナ海を「友愛の海にしたい」「平和友好協力の海にしたい」との考え方で合意した。だが、中国側は日本が断固たる対抗措置をとれないと見切っているのだ。

 首相はこうした事実から目を背けず、直接抗議しなければならない。国際社会の中で毅然(きぜん)とした対応をとらなければ、大きな禍根を残すことになる。


 どんどんやられてますよ。世界中で。この「友愛」とかいう甘っちょろい夢想のお陰で。
 この平成の売国王(脱税王とも)鳩山が総理の座にある限り、いや民主党が政権を担当している限り日本は消滅の方向に向かう。それが今進行している事実だ。これは(受動側の)アホでも(能動側の)アカでもわかる。

「死ねばみんな神さん」とされる日本のような超平和主義国家で、鳩山家の墓が汚される事件が起こる。
 もちろん、日本人の「和」そのものの崩壊も大きかろう。しかしこれは本来あってはならないこと。事実、多くの日本人が嫌悪感を示すだろう。
 だが、それも黙して(結果認めて)しまうほど、鳩山の罪は大きい。そしてその罪による被害は刻一刻と拡大している。何しろ一国の総理大臣がその国を破壊する工作に勤しんでいるのだ。

 完全に能力の無い、明らかな無能者を選んだ国民がその被害を直接受けるのは仕方がないのだろうが、余りに無念。
 皇室ある限り日本は滅びはしない。しかし、虐殺の天国である大陸が敵なのだ。やつらの基本理念は日本ではありえない皆殺しなのだ。中華と中華シンパがよく「日本がやった」と言う、あの殺しすぎが伝統なのだ。しかもそのやり方が完全に基地外。
 ここの本当の恐怖を知らない人が多すぎるのが一番つらい。アホだとは言いたくないが、どれだけ控えめに言ったとしてもやっぱりアホだとしか言い様がない。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Blue Ribbon News

ブログ内検索

賛同

有害指定?

キッズgooはじかれサイト同盟
当ブログはキッズgooにより
なんと有害指定されています

NO MORE ASAHI!

朝日新聞購読拒否
ネタ以外で朝日新聞は読みません

文楽みくじ

「小倉百人一首」

問い合わせ先

カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。